IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パソナテックの派遣・正社員採用の評判と開催しているセミナー

就活

今回は、IT派遣・ものづくりエンジニア転職求人サイトを運営しているパソナテックについてご紹介していきます。IT派遣・ものづくりエンジニア転職を考えてる方、少しでも興味がある方は是非ご覧ください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

エンジニアが仕事選びについて最も重要視するのは「環境・仲間」

まずは、エンジニアが仕事選びの際にどのような点を重要視しているのかについてみていきましょう。 年収を重要視することはいうまでもありませんが、エンジニアが足りていない現状だと、どの企業も報酬を多く支払う傾向にあると伺えます。年収以外の観点で、エンジニアが重視している点を紹介します。

成長できる環境・仲間

エンジニアは営業職などの外部の人と関わる部署とは違い、社内にいることがほとんどです。そのため、社内の人間関係を重要視するエンジニアが多いようです。 また、優秀なエンジニアは、技術などにおいて、より成長したいと考えており、一緒に働く仲間についても重要視しています。例えば、「こんなCTO(最高技術責任者)がいる会社なら、自らの技術も伸ばしていけそうだ」や、「こんな文化や考え方を持った人がいるなら、成長できそうだ」などのように、スキルを向上させられるイメージがわくことが重要と考えます。そのため、職場環境や一緒に働く人は転職時にもっとも考慮することではないでしょうか。

働き方

働き方も、「環境・仲間」に近いですが、勤務体系がどのようになっているかは関心ごとのようです。日本企業では一般的に、「固定時間制度」「フレックスタイム制度」「裁量労働制度」の3種類の働き方があります。 開発という、集中力や技術的進歩が問われる職業において、どんな勤務体系かは重要 です。ストレスを極力排除し、開発に集中する意味で、エンジニア自身が定められた時間の範囲内で、始業と終業の時刻を決定することができる「フレックスタイム制度」や、労働時間と成果・業績が連動しない仕事において適用される「裁量労働制度」がエンジニア向きな働き方と言えるでしょう。

使用する言語

エンジニアにとってはどんな言語で実装するのか、も重要です。 現職で使用している言語を使える職場か、に始まり、今後エンジニア個人としてのスキルアップをはかるために、自身が未経験の言語を使っている職場にあえて飛び込んだりと今後のキャリアを考える際に言語は重要な要素となってきます。 そもそも、特定の言語を使えることが応募の条件になっていることもあるため、言語は外せない確認点と言えそうです。

評価制度

エンジニアにとって会社にどのように評価されるのかは気になる点です。評価で何を重視するかによって、有利に働くかどうかなど気になる点です。また、評価制度は会社のビジョンとシンクロすることが多いにあるため、会社の方針やビジョンを調べるとどんな点を重要視しているのか知ることができるかもしれません。

エンジニアが仕事選びについて重要視する点について確認してきました。 エンジニアの方であれば、1つは当てはまる観点があったのではないでしょうか。 これらのチェックポイント以上の点を踏まえたうえで、多様な働き方が可能なパソナテックのご紹介をしていきます。 理想の雇用形態で、重視するポイントに合致する職場で働きましょう!

充実したサポート体制のパソナテック

多様な働き方で自分にあったワークスタイルを選択できる

パソナテックでは、様々なキャリアやライフスタイルに合わせた雇用形態での就業が選択可能であり、希望通りのワークスタイルに合わせた働き方ができます。 また、大手企業から注目されている成長企業を中心とした求人が常時2000件掲載されています。 パソナテックでの就業形態は以下の通りになります。 ⑴派遣社員 派遣社員とは就社ではなく、就職という形態であり、特定の技術や就業条件にこだわる方、様々なプロジェクトで経験しスキルアップをしたい方は、派遣での就業が良いでしょう。また、パソナテックでは充実したサポート体制でエンジニアの方をフォローしていきます。 ⑵プロフェッショナル社員 プロフェッショナル社員とは長期に渡り安定した働き方ができます。また、プロフェッショナルさの追及を求めている方には最適な就業形態でしょう。職域、地域を限定して働くことにより、自分のライフスタイルにあわせながらキャリアを十分に積むことが可能です。 ⑶紹介予定派遣・正社員 紹介予定派遣・正社員とは特定の会社に就業し、将来に向けて自分の力を活かしていけるようになりたい方、マネージャ職など組織の中で活躍していきたい方は、正社員での転職が最適でしょう。また、紹介予定派遣の制度は、最大6か月まで派遣社員として企業で仕事をして、仕事と会社を体験した後、正社員に挑戦することができます。会社や仕事が自分に合っているのかしっかりと確認することができます。 ⑷在宅・フリーランス 最近、新しい働き方として注目されている在宅・フリーランスはWeb上で業務委託の仕事を依頼できます。発注、検収、決済まで行えるクラウドソーシングサービス"Job-Hub"では、時間・場所に囚われず自分の生活にあわせた仕事選びを可能にし、スキルやパフォーマンスにあった報酬を得ることが可能です。 このようにパソナテックでは、幅広く多様な働き方から選択できるため自分に合った選択肢が見つかるでしょう。

独自のキャリアマップデザインでエンジニアをサポート

パソナテックでは、IT業界の代表的なスキル指標である「ITSS」「SFIA」「SWEBOK」などを参考にパソナテックが独自に体系化した「PT-ITSS」に基づきたスキル診断や適性検査を行います。様々な状況を体験した経験豊富なカウンセラーがエンジニアの方に対して適切なプランニングを行います。 また「PT-ITSS」を利用することにより、このような効果を実感することができます。 ・現在の自分のポジションと目指すべきポジションが明確になる。 ・エンジニアとしての正当かつ、客観的な自己評価をできるようになる。 ・目標に達するために経験すべき仕事、スキルが明確になる。 ・エンジニアとしてのキャリアプランに最適な業務に就くことができるようになる。 「PT-ITSS」を活用できる職種は数多く、エンジニアとしての不安や不満を解決するようなサービスになっています。

パソナテックならではの充実したスキルアップ支援体制

パソナテックでは、エンジニアの方がより多くの情報を収集できる機会、またいち早くスキルアップできるような様々なイベントやセミナーを数多く行っています。イベント・セミナーについては後ほど詳しくご紹介します。

ご紹介した通り、パソナテックではエンジニアの方を充実したサポート体制で受け入れていることが分かります。

パソナテックでの派遣・正社員採用の評判

パソナテックではエンジニアの方に最適な職場が見つかるように、カウンセラーがその人の能力に見合ったアドバイスを提供しています。また、その効果がしっかりと利用者の方に実感してもらえています。

パソナテックでは、自分の能力に見合った企業を紹介してくれる

先ほど紹介した「PT-ITSS」を利用することにより、現時点での能力から目指すべき目標を明確にすることで、スムーズに転職をすることが可能です。またエンジニアとしての能力が初歩てきな位置であるなら、いきなり正社員をめざすのではなく、まずは派遣社員として経験を積むことによって自身をつけれるようなプランの提案をしてくれます。 これまでの派遣会社は、自社の利益のことしか考えていないため、多くが目先の事しか言おうとせず、辞めようとしてもなかなかそうさせてくれない派遣会社はたくさんありました。しかしパソナテックでは利用者を第一に考えているからこそスムーズに転職することができるのではないでしょうか。

パソナテックでは、IT関連の企業の求人が数多く揃っている

パソナテックでは数多くのIT関連の企業の求人が揃っています。また、大手企業から成長中の企業まで幅広く掲載されています。また、他社求人サイトよりも圧倒的に大手企業の求人が多く、成長中の企業の掲載もあるため、自分に見合った企業が必ず見つかります。またIT関連に特化しているため、良質な求人が多く存在するのも特徴です。

正社員の求人はもっと必要

IT関係の派遣が多い反面で、正社員の求人はまだまだ少ないようです。またテクニカルサポート系の仕事とコールセンターの仕事など、仕事の種類に少し偏りがあるようです。改善点としては、エンジニア自身のスキルが上がりやすいような企業での仕事をもっと増やしていければ良いでしょう。 正社員での求人を増やすことに成功すれば、さらに他社求人サイトとの差を広げられ、また、エンジニアの利用者の増加を見込めるはずです。

パソナテックでは、エンジニアをしっかりとサポートできる体制と、他社求人サイトと比べても圧倒的なIT関連の求人数によってスムーズな転職を実現できます。 また、このようなサービスにより短期間で転職に成功しているということも特徴としてあげられます。よってIT関係の転職を考えているのであればパソナテックを利用する価値は大いにあると言えます。

パソナテックで行っているイベント・セミナーとは

次に、先ほど少し触れたパソナテックで行っているイベント・セミナーについて詳しくご紹介します。パソナテックではエンジニアの方により多くの情報交換の機会や、技術向上を見込める無料セミナーなどを数多く行っています。業界の第一線で活躍中の経験豊富な講師を招待し、最新技術動向をしっかりと学ぶことができます。 ここでは実際に行われているイベント・セミナーを紹介していきます。

エンジニアのためのコミュニティ「博多TECH塾」

「ちょっと寄って行かんね?」という気軽に来てもらえるようなをコンセプトで、所属する企業や組織に関係なく、エンジニア同士が気軽に集い情報交換することのできる場を提供しています。仕事現場や技術的な情報や意見交換を行い横のつながりを築けるのにうってつけの場となっています。 エンジニア同士が互いにキャリアやスキルアップにつばがるような機会を得ることができるコミュニティとなっています。福岡のエンジニアを盛り上げていこうと、2013年12月に発足し、精力的にに勉強会などを行っています。

グローバルエンジニア転職支援サービス

パソナテックでは「日本の高い技術を習得したい」という外国籍のエンジニアの方の転職支援を行なっています。外国籍のエンジニアと採用意欲の高い企業をマッチングさせ、直接コミュニケーションを取れる場を設けています。 グローバル化が進む現代で、日本と海外を繋ぐエンジニアを目指そうとしている外国籍のエンジニアをサポートしています。「日本の高い技術を世界に普及させたい」そんな夢を持った外国籍のエンジニアの方を募集しています。

「なごやかスタディ」 エンジニアが主体となって開催している勉強会

「エンジニアの交流の場を作りたい」という想いからエンジニア自身が主体となって開催している勉強会です。講師は現場で働くエンジニアが勤め、自身が気になっていることをテーマにしています。幅広い年齢層で、様々な方面、分野で仕事をしているエンジニア同士が教えあったり議論したりと自分が思っていることを熱く語れる場になっています。 また、交流したあとは食事に行くなどより仲を深めているエンジニアの方もいます。 「スキルアップしたい」「エンジニアの知人が欲しい」「自分の知識を講師として教えたい」などの思いを持ったエンジニアの方はぜひ参加しましょう。

来社登録・キャリア相談

パソナテックでは業界専門のキャリアカウンセラーが、エンジニアに関する仕事・キャリアに関する相談を全国で受けています。また、平日はもちろん、夜間や土曜日も相談ができるというのはパソナテックだからこそできることです。

TOEIC® IP TEST

パソナテックではグローバル化に伴い、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト「TOEIC」を、必要性の高まる英語力を身につける支援として、TOEICの団体特別受験制度をパソナとともに実施しています。仕事に活かせる英語力の把握と向上に必ず役立てるでしょう。

PASONATECH CONFERENCE 2017

パソナテックでは「PASONATECH CONFERENCE 2017」と言った、エンジニアのキャリアアップのためのイベントを行なっています。今話題のAI、IoT、VR/AR、Fintechなどのテクノロジーは単なるブームではなく、未来に繋がるような技術と言えます。 このようなテクノロジーを活用した製品やサービスについて、その世界で活躍してきたエンジニアの方を招待し、「エンジニア」として次のキャリアに活かせるヒントを紹介していきます。 大手企業の優秀なエンジニアのトークセッションを無料で参加できるのは、長年第一線で優秀なエンジニアの転職や派遣、育成をしてきたパソナテックだからこそできることなのです。

パソナテックでは数多くのイベント・セミナーを実施しています。それは、自社の利益を優先している一般の派遣会社ではなく、エンジニアのことを第一に考え、親身になりエンジニアに寄り添うように接してきたという実績から、これほど多くのイベント・セミナーを開催できている理由なのでしょう。

IT派遣・ものづくりエンジニア転職なら「パソナテック」

いかがでしたでしょうか。 IT関係の求人数が圧倒的に多く、またエンジニアのサポートも手厚く行っているのはパソナテックだからこそ実現できるサービスです。エンジニアとして初歩的な方や、ブランクがあり自身がない方、またエンジニアとしてのスキルアップを目指す方や情報交換やエンジニア同士をマッチングさせるなど、エンジニアの幅広いニーズに応えることのできるサービスは他にはありません。

このようにエンジニアに寄り添うようにサービスを展開しているからこそパソナテックが「13万人のエンジニアに選ばれる」理由なのでしょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング