面接官を感心させる「志望動機」の作り方

就活ノウハウ

面接官を感心させる「志望動機」の作り方

更新日時:

portrait-child-hands

あなたがなぜその会社に入りたいのか、企業に対する思いや熱意を伝えるのに非常に重要な「志望動機」。採用する側も、合否を決定するうえでかなり参考にしている部分です。

しかし、「何をどうやって伝えればよいのか」「どうすれば自分の意思が伝わるのか」とお悩みの方も多いはずです。そこで、面接での効果的な志望動機の作り方についてご説明します。

なぜその企業を選んだのか?

基本的なことですが、「なぜその企業を選んだのか?」ということは大切なことです。自分はどうしてこの企業に入りたいと思ったのか?数ある企業の中でなぜこの企業なのか?ということを自分の中で明確にしておきましょう。そこがわかっていないと、イマイチな志望動機になりがちです。

たとえば、次のようなことを基準にしてすすめていけばよいでしょう。

  • 何がきっかけでその企業・業界に興味を持ったか?
  • 企業の理念や特色はどんなものか?
  • 企業に対してどのような感想を持ったか?

志望動機を作るにあたって、とにかくその企業について細かくリサーチすることが重要です。

自分が「できること」に結び付けてみる。

その企業を志望する理由がはっきり定まったら、その企業で自分がどんなことができるか、どんなことをしてみたいかを考えてみて、さらに志望動機を固めていくことが重要です。ここでは、なるべく「上から目線」にならないよう注意しましょう。自分がどういったことでその会社に貢献できるのか、自分が今まで学んできたことや培ったことと絡めて作っていくことが大切です。

「こんなことができる!」というアピールだけでは印象もよくありません。また、「〇〇ができないから学んでいきたい」なども、意欲は伝わるかもしれませんが、その企業を志望する動機としては少し弱いです。その会社でどんなことをしているのかリサーチしたら、自分がどんなことをしみたいかを具体的に想像してみましょう。

ポイントは「具体性」

実際に志望動機を作ってみる時、「企業理念」や「特色」などについて共感したから、良いと思ったから、という理由ももちろんいいでしょう。しかし、そこに具体性がなければ、説得力がありません。

その企業の理念や考え方のどんなところに共感したか、なぜ共感したか、自分の経験や考え方に基づいて作っていきましょう。

また、ありがちな志望動機に「自分は〇〇がしたいから」というものもあります。これ自体も悪くはないのですが、「自分が〇〇したい」理由についても具体的に作らなくては企業に自分の思いを伝えるのは難しいです。

また、次のようなことにも注意が必要です。

  • その企業を褒めるだけの文章になっていないか?
  • どんな企業・業界でも言えることではないか?
  • 経験談や自分語りだけになっていないか?

自分の文章が一方的だったり、曖昧だったりしていないか確認しておくといいでしょう。

強い志望動機を持ち、面接に挑もう

志望動機をしっかりさせることで、さらに企業への思いは強まるはずです。面接官にうまく自分の気持ちを伝える術を学び、採用への近道を探っていきましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)