IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職サイトと転職エージェントの違い|サポート体制や合格率

転職サービス・サイト

転職サイトと転職エージェントの違いを、メリット・デメリットを含めて、詳細にお話します。その上で、転職に成功する為の、転職サイト・転職エージェント利用のコツを丁寧に説明しています。希望の仕事に向けて、あきらめず、そして確実に進めるように、事前の準備を怠らず。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職エージェントでは、キャリアコンサルタントの支援が一番のメリット
  • 転職サイトは、年齢・性別に合ったサイトを選んで登録することが大事
  • この先長く働ける企業を探すには、転職エージェントの利用をおすすめ

転職エージェントと転職サイトとの大きな違いは、転職エージェントでは、担当アドバイザイーがついて、対面形式で対応してくれます。逆に、転職サイトでは求人を探すことから、応募、対応まで全て自分で行わないといけないのです。 転職エージェントを利用した場合はあなたの担当者と実際に会って相談に乗ってくれます。求人の紹介から内定後の条件交渉までサポートしてくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

転職エージェントは相談窓口

転職エージェントとは、求人の紹介から始まって、応募企業へ出す履歴書のポイント、面接の対策をアドバイスなど、個別にサポートしてくれる転職相談窓口のようなものです。 あらかじめ自分の経歴や希望する職種を登録しておくと、担当アドバイザーから連絡が来ます。都合の良い日時を打ち合わせし、対面形式で面談し詳細の打ち合わせを行います。 その面談では登録内容の確認と、現在転職エージェントが紹介できる求人の中から、厳選されたおすすめの企業やあなたの希望条件に合っている企業を紹介されます。 もし、提示された求人の中に応募したい案件があれば。その場で企業説明やどんな人材を募集しているか、更にはどのような自己アピールが有効かなどの有意義な情報を教えてもらえることもあります。 ただし、なかには、その場で回答をもらうことが出来ない場合もありますが、後日きちんとメール等で連絡が入るので安心できます。 その後は、転職エージェントの担当アドバイザーの指示に従って応募し、面接に挑んで転職を目指します。もちろん気に入った企業が無ければ、更に面談、紹介を続けて、転職エージェント側から、後日改めて求人紹介をしてもらうこととなります。

転職サイトはデータベースとして活用

転職サイトとは、その名が示す通り多くの求人情報が掲載されているサイトです。 転職サイトは登録時に自分の履歴書と職務経歴書を入力しておくと、企業からスカウトメールが来る機能や応募の際に手間が省けるようになっています。 求人情報を探す際には、細かく条件を指定して応募企業を検索することが可能です。 ある転職サイトの場合、業界や職種、残業時間、駅近や福利厚生といった様々な指定オプションがあることもあります。また、口コミ一覧やおすすめランキングなども掲載されている場合もあり、紹介文にはない、実際の条件を知る為の参考にもなります。 転職サイトは、自分のペースに合わせて、他企業の情報を探せるデータベースとして貴重なサイトといえるでしょう。

転職エージェントと転職サイトそれぞれのメリットは?

転職エージェントと転職サイトでは明確な違いがあり、それぞれのメリットも存在しています。 転職エージェントは未経験でも担当者のフォローがあり、転職成功の確率があがります。また、転職サイトは自分のペースで自由に転職活動ができるというメリットがあります。 転職エージェント、転職サイトは、それぞれのメリットを理解して、自分の転職活動スタイルに合わせて使い分ける必要がありますので、個々の特徴を紹介します。

新しい業界にチャレンジしたいなら転職エージェント

転職エージェントでは、キャリアコンサルタント(キャリアドバイザーとも言われる)の支援が一番のメリットといえます。 転職エージェントでは、転職のスペシャリストから企業へ応募する際の選び方やアドバイスを直接受けることができるので、自分の知らない業種の知識、新しい業界で活かせる自分の強みを知ることができます。 転職エージェントは、対面形式だからこそ、自分自身を第三者の目で見てもらうことができるので、自分にしかない個性に気づかせてもらえることもあるし、転職市場において、あなたという人材はどれくらい価値があるかを判断されます。 その為、シビアな面もありますが、短期間で納得のいく転職先を見つけるには必ず通る道です。 また、転職エージェントでは、それぞれの業種に特化したアドバイザーが在籍しているので、様々なノウハウや内部の詳しい情報を得られる点も魅力です。 例えば、dodaであれば、Web・ITエンジニア、メディカル業界、金融業界、海外勤務など9種類の特別コンテンツを用意しています。 更に細かいことでいえば、転職エージェントの担当アドバイザーからは、面接対策や、履歴書の書き方も細かく指示が来ることが多いのです。 今まで、自分だけで取り組んでいた時には完璧だと思っていたことも、転職のプロからすると改善すべき点が見つかりますので、求職者にとって非常に恵まれた環境だと言えます。 特に未経験の職種に挑戦する場合は、企業に対して、これまでに培った自分の能力が、いかに即戦力として使えるかをアピールする必要がありますので、転職エージェントのアドバイスは採用してもらう為の大きな力になります。 これら全てのサポートが無料で利用できるのですから、登録しておいて損はありません。

気軽に応募できる転職サイト

転職サイトは、自分のペースで希望する業種の求人を検索し、気に入った企業に気軽に応募できる点がメリットといえます。 事前に履歴書と職務経歴書を登録しておくことで、後は志望動機を記載して応募完了となりますので、多ければ1週間に30社に応募することもできるのです。 これといった特定の企業を志望しているわけではなければ、条件にあった企業何社にも応募できます。 空いた時間に企業検索をして、口コミを読みながら内容を吟味して、応募企業を選び、落ち着いた時に志望動機を添えて応募する事ができるので、効率のよい方法といえます。 なので、自分のペースで気ままに転職活動をしたいという人にはおすすめです。

転職エージェントと転職サイトのデメリットは?

転職エージェントは担当アドバイザーとの繋がり、転職サイトは個人での作業ですので当然それなりのデメリットもあります。 転職エージェントの場合は、担当アドバイザーとの面談の為、時間の都合をつけないといけない点があげられます。 一方で、転職サイトはブラック企業が混じっている場合や、担当者がいないので、直接アドバイスなどが受けられないので、失敗しても修正点がわからない点が大きなデメリットとなります。 その他の細かい注意すべき点を紹介します。

転職エージェントには密に打ち合わせて、自分の意思を伝える作業が必要

転職エージェントでは対面形式で転職相談やアドバイスを行うので、事前打ち合わせためにスケジュールを調整が必要です。 転職エージェントでは、転職サイトのように自分で企業を探して応募することはできないことが多いので、良い求人を見つけて、すぐ転職活動をしたいと思っても難しいのが転職エージェントを利用した場合のデメリットです。 また、転職エージェントとの対面形式で行う面談では、自分の意思や希望内容を明確にしておく必要があります。 なんとなく転職したいという気持ちでは、転職エージェントの担当者アドバイザーでも、どんな求人を紹介すればよいかわかりません。 転職したい理由は何か、次働きたい職場の雰囲気、仕事内容や給与面、また福利厚生の条件、職場の立地や通勤時間の許容範囲などを自分なりにまとめておかないと、貴重な面談時間が無駄になってしまいます。 転職エージェントの担当者は企業の面接官ではありません。よきアドバイザーになってもらうためにも、自分の言いたいことや伝えたいことを素直に話しましょう。

転職サイトは良い求人を見極める力と問題点を見直す作業が必要

転職サイトにはたくさんの企業求人が掲載されていますが、それらの中にはブラック企業も混ざっている可能性もゼロではありません。 あると思っていた福利厚生が、よく見ると記載されておらず、細かく見込み残業時間が書かれているなどの落とし穴を見抜く力が必要となります。こうした注意を怠ると、転職したのにも関わらず、またすぐに転職したくなるという悪循環になりかねません。 また、未経験者歓迎の企業も多数存在しますが、こうした企業に応募する際はしっかりと下調べをする必要があります。未経験者を育てようとしているのかどうなのか、どんな人材が求められているか把握した上で志望動機や自己PRを作成する必要があります。 転職サイトでは、気軽に応募出来る分、1社に送る社作成する時間が短くなり、書類作成においても、コピーペーストで済ますなど、作業が適当になりがちですが、それでは企業に対する準備不足となり、良い結果は生まれません。 そうなるといつまで経っても内定どころか面接まで進むこともできず、結果、いつまでたっても転職できなくなり、転職サイトを利用する意味がなくなってしまいます。 しかも、転職サイト利用では、すべてを自分でこなさなければならないし、企業から細かいフィードバックが来ることは稀なので、自分の履歴書や自己アピールの悪かった部分がわからないままになります。 応募後の結果をみて、自己分析や客観的にうまくいかなかった理由の解明を確実に行わないと、転職サイトをうまく使いこなせない部分があります。

転職サイト、転職エージェントどちらを使えば良いのか

転職エージェントと転職サイトの違いについて紹介してきましたが、この先、長く働ける企業を探すには転職エージェントの利用をおすすめします。 転職の際は不安や悩み抱えていることが多いですが、それを伝え、理解してくれる担当アドバイザーがいて、それらをできるだけ多く解決してくれる企業を、転職エージェントが厳選して紹介してくれます。 また、女性ならではの不安として、育児休暇や産休からの復帰についても内部事情を把握した転職エージェントに聴くことが可能な場合もあります。 転職エージェントの担当者が女性であれば、悩みを共有しやすいといったメリットもあるので、女性は特におすすめ。信頼関係の築ける転職エージェントを選んで、満足できる転職を実現させましょう。

有名転職サイトでも選択は慎重に

有名転職サイトといっても「とある事情」で、あなたの要望に(希望年収・勤務地など)に全くといってよいほど、答えてくれない可能性もあります。 転職サイトには、それぞれ「若者向け求人が多いサイト」や「40代の転職しづらい層でも雇ってくれる企業の求人が多いサイト」、「女性が働きやすい職場が多く掲載されている転職サイト」など様々な特徴があります。 つまり、転職サイトはあまり得意でないタイプの求職者が登録してきても、「本当は嫌だけど、法律で定められているので仕方なく転職支援をする」というケースが多々あるのです。 これでは、双方不幸になってしまうので、転職サイトは、年齢・性別に合ったサイトを選んで登録することが大事なのです。

転職に成功する人の心得

成功する人は、退職しないで転職活動を行う 転職サイト・転職エージェントは強い味方

転職を進める際に、一見すると会社を辞めてから転職活動をスタートした方が、落ち着いて活動できそうに思えますが、実際には、転職サイトを使うにしても、転職エージェントを使うにしても、仕事をつづけながら転職活動をスタートした方が有利になることが多い傾向があります。 それは、仕事を続けていた方が、追いつめられることがないからです。 会社を辞めて無職となった人には、月々の生活を支えるために雇用保険の失業給付金が支給されます。 ですが、現在の制度では、自己都合で退職した場合、3ヶ月間は失業給付金を受け取れず、収入ゼロの状態が続くことになります。加えて、社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わることで毎月の負担が増加します。 更に、転職サイトを使うにしても、転職エージェントを使うにしても、転職活動が長期化するほど、貯蓄を切り崩すしかなく、焦りから条件に合わなくても、目先の企業への入社を決めてしまうケースも見受けられます。 その点、働きながら転職活動をしていれば、お金の心配はありません。時間をかけて、転職サイトで希望の求人が出るのを待つこともできますし、転職エージェントの担当アドバイザーとじっくり打ち合わせることも可能です。 働いていると、なかなか時間が取れず、転職エージェントとの打ち合わせや、企業の面接に行けないのではないか、と不安になりますが、多くの場合、応募した企業に事情を話せば、就業時間後の面接を実施してくれる場合もあります。

転職理由が明確

退職理由とは、今の職場に対する不満の中でも、特に我慢できなかったことといえます。退職する決意に繋がった事柄のことです。この、“自分が何を我慢できないのか”について、転職に成功する人ほどハッキリしています。 なぜなら、退職理由は次の職場を選ぶ際の重要な判断基準になるからです。転職エージェントとしても、それが明確ならば、希望した職場を提案しやすくなります。また、転職サイトでの調査で迷う事も少なくなるでしょう。 意外かもしれませんが、退職理由自体に良いも悪いもないのです。残業時間や、経営方針、はたまた仕事内容の不満でも構いません。 もちろん、給与面の問題は必須です。重要なのは、自分が前職の何が不満だったのか、曖昧にしたまま転職活動を始めないことです。 職場を変えればつい何でも解決されるような気になってしまいますが、良い条件ばかりに気を取られ、気付かず前職と同じ不満を持つような職場を選んでしまうことも実際にはよくあることなのです。 効率的に転職活動を進めるだけが、転職成功の道ではありません。自分にとって理想的な職場へ確実に転職するためにも、まずは退職理由を明確にして、『最低でもこんな職場は選ばない』という基準を持っておきましょう。

『必ず叶えたい条件』を実現する

転職に成功する人は、『最低でもこんな職場は選ばない』という消極的な基準だけでなく、積極的に職場を選ぶための軸となる『必ず叶えたい条件』も明確にすることを怠りません。転職エージェントの担当者からもよく聞く意見です。 転職活動を始めると、色々と希望条件が出てくるのですが、中でも理由がはっきりしているものが、『必ず叶えたい条件』に該当します。

必ず叶えたい条件の例

必ず叶えたい条件の例 家のローン返済と生活維持を考えた最低年収 体調を崩さず、家庭も守れる残業時間 進むべき業界 必ず叶えたい条件は、転職活動が終わるまで変えてはいけません。理由がある以上、妥協しては転職しても後悔が残るだけです。 転職サイトや転職エージェントで求人を探していると、綺麗なオフィスやユニークな福利厚生がある会社など、予想もしていなかった条件に目移りしてしまいがちです。 次々に現れる魅惑的な求人に気を取られて、転職本来の目的を妥協してしまわないよう、『必ず叶えたい条件』が叶う求人だけを選びましょう。

あきらめてもよい条件も決めている

叶えたい希望の中には、『必ず叶えたい条件』までは理由がハッキリしていない、なんとなく叶えたい希望もあるでしょう。 転職に成功する人は、求人を探し始める前に、それらの希望を『できれば叶えたい条件』と定義して、転職先を選ぶ際の判断基準の一つにしています。 『できれば叶えたい条件』とは、言い換えると、いざというときには『あきらめてもよい条件』です。希望する条件すべてが叶う職場が見つかれば良いですが、すべてが叶う条件の求人はなかなか出会う事は難しいかもしれません。 その場合、何かしら条件をあきらめる必要が出てきます。その際は『できれば叶えたい条件』からあきらめるようにし、『必ず叶えたい条件』は絶対に譲らないことが重要です。 必ず叶えたいmustの条件と、いざというときにはあきらめてもよいbetterの条件をハッキリさせておくだけでも、確実に理想的な転職が実現しやすくなります。

応募企業を1社に絞らない

応募企業は複数

転職の際、応募する求人は一社に絞るべきではありません。行きたい会社が明確な人ほど、複数の企業に興味を持つことは難しいかもしれませんが、“本命の会社”がはっきりしているほど、応募企業は二社・三社と増やすべきなのです。 こんな時ほど、転職サイト、転職エージェントを有効に活用しましょう。 理由は、本命の企業の面接に向けて、他の会社で面接に慣れるためです。どんなに対話力が優れている人も、初回の面接から本来の自分を出し切れることはまれです。第一志望の企業の面接を受ける前に、まずは面接慣れしておくことが重要です。 転職エージェントの担当アドバイザーと打ち合わせるのも良いですし、転職サイトの口コミで経営課題などを把握しておくことも良いかもしれません。 また、会社によって合格率は異なるものの、一般的に、最初の関門である書類選考の通過率は25%程度、その後の一次面接通過率も25%程度と言われています。 内定の出る確率が決して高くないことを加味しても、できるだけ複数の企業に応募しておいた方が良いでしょう。

面接直前に必ずトイレに寄る

面接の前にトイレ

転職に成功する人は、面接時間の30分近く前には、会場の近くに到着しています。しかし、そのまま企業受付には行かず、少し離れた場所にある、人目に付きにくそうなトイレへ行きます。 理由は、身だしなみの最終チェックを行うためです。 鏡の前に立ち、髪型や服装の乱れがないかチェックします。 人間の第一印象を決めるのは、55%以上が外見だと言われています(メラビアンの法則)。髪型は整っているか、服装にだらしない部分はないか、顔や服にゴミが付いていないか、靴は汚れていないかも念入りに確認します。 転職エージェントの担当アドバイザーからの指摘でも多く見受けられます。また、転職サイトの口コミにも多く掲載されています。

口臭をチェックする

これも忘れてはいけません。面接は、密室で行われる事が多いからです。特に、転職の場合は、人数も少ないので、小さな個室で行われる事も多く、口臭、体臭が相手に伝わりやすいのです。 また、ふだん口臭がない人も緊張していると臭いが出やすいため、知らずしらずのうちに悪印象を持たれたり、健康状態に不安を与えている場合が。少しでも臭いが気になった場合は、歯磨きをしてから面接へ向かいましょう。煙草やコーヒーなども控えた方が良いでしょう。

ラスト5分のチェックを忘れずに

この他、応募書類(のコピー)をもう一度読み返しておくのも手です。これは、面接で志望動機を尋ねられたとき、履歴書や職務経歴書に書いた内容と矛盾しないようにするため。もし企業に付くまでチャンスがなかった場合は、人目に付かないトイレで確認できます。 特に、転職エージェントと打ち合わせた内容や、転職サイトに記載した内容は、緊張の中で忘れてしまうこともあるので、今一度転職サイトの記事を確認すると良いでしょう。 面接時間ギリギリの到着を目指すのは、遅刻はもちろん、髪型や服装の乱れ、心の準備不足など…リスクの温床です。トイレに寄ることを前提に30分早く行動する。たったこれだけで、面接で不利になる要素が減り、内定がグッと近づくでしょう。

会う人すべてが面接官

転職エージェントの担当アドバイザーからの助言を受けて、転職サイトの口コミもチェックして、いざ会場に向かうと、受付の人も面接官受付や案内の人、すれ違う社員たち、あるいはビルの1階にいる人々と、その会社の人達が沢山います。 転職に成功する人は、それら全ての人を面接官だと思って行動しています。面接中だけでなく、会場に着いてから去るまでの間、ずっと礼儀正しく、にこやかにふるまっているのです。 これは、どんなに面接官の前で完璧に振る舞っていたとしても、面接官以外の人から「さっき面接に来ていた人、受付でとても態度が悪かった」ということが伝わってしまったら、評価は一気に下がってしまうためです。 面接官だけでなく、それ以外の人にも“見られている”という意識を持ち、受付の人には礼儀正しく、すれ違う面接会場の人にも挨拶を、そして面接官を待つ間も姿勢に気をつけておくことが大切です。

さあもう一息 最後の確認を忘れずに

転職サイトの登録、転職エージェントの担当者との打ち合わせから始まって、面接も無事に終わりました。 その結果、内定の通知をいただいても、まだ気を抜いてはいけません。 転職サイトなどに記載されていた情報をもう一度思い出して、次の項目を確認しましょう。

内定承諾前に必ず給料について確認する

転職エージェントの担当アドバイザーから助言を受けている人は当然伝えられていますが、転職サイトだけを利用している人は忘れがちですが、内定後、給料について必ず詳しくチェックすることが重要です。 よほどお金に関心がない人は別として、「転職後に思ったより給与がもらえない…」という事態が発生したら困りもの。 そのため、入社を決める前には必ず正確な給与額を確かめておきたいものですが、内定時に企業側から提示される書類を見ただけでは不十分。残業代や各種手当てを含むかどうかで、実際の支給額が大きく変わる可能性があるからです。

耳より情報をもう少し

転職サイト・転職エージェントや、成功への道程をお話してきましたが、転職サイトなどについて、もう少し耳より情報をお話します。

複数の媒体を利用する

ここまで転職サイト、転職エージェントを例にお話をしてきましたが、ハローワークや人材紹介会社など複数の手段で求人をチェックすることが成功への秘訣です。 大型の求人転職サイトといえば、『リクナビNEXT』や『マイナビ転職』が有名ですが、採用を行う企業がお金を払って求人を掲載する“求人広告転職サイト”のため、掲載されている求人はごく一部です。 より効率的に求人を収集するなら、『Indeed』(インディード)という求人検索エンジンがおすすめです。

Indeedは、ネット上のあらゆるサイトの求人をチェックできる

Indeed は『リクナビNEXT』や『マイナビ転職』『ハローワーク』を含む数千サイトの求人を、一括で検索することができる、求人に特化した検索エンジン。 一般的 な求人転職サイトほど詳しい検索はできないものの、ネットに出ている求人のほぼ全てを取得できます。その上、利用料は無料です。 職種や勤務地などの条件を設定しておけば、新しい求人が出たタイミングでメールを受け取れるため、効率的な情報収集が可能です。 一方、ネットで見られる求人は一部に過ぎないということも、転職成功者たちは理解しています。 競合他社への配慮から秘密裏に募集を行う企業はもちろん、求人広告を使わずに採用活動をする企業もあり、ネットにない求人は、『非公開求人』という名前で呼ばれています。 特に、エグゼクティブの求人は重要な事業戦略に紐づいているので、公にはしたくないため、内々にエージェント(ヘッドハンター)に頼むことが多く、転職サイトや総合転職エージェントのデータベースにはほとんど掲載されることはないでしょう。 これらはヘッドハンティング型転職エージェントと呼ばれています。

相手の情に強く引かれる必要はありません

転職サイトでも、また転職エージェントならなおさら、少しでもコンサルタントの対応に違和感を感じた場合は、すぐにそのサイトを使うのをやめましょう。 「自分に都合よく使ってやる」くらいの強気な姿勢で人材紹介会社を活用する人の方が、希望に合致した求人が見つかり、良い結果で転職を終えています。

転職エージェントは「相性」が命

転職サイトとは異なり、転職エージェントでは、転職エージェントに登録すると一人のエージェントが専任として、あなたの担当になります。でも、この担当制度が、転職エージェントの落とし穴とも言えます。 それは、「転職成功の是非がエージェントとの相性に左右される」ということです。エージェントといっても、所詮人間です。友達や恋人と同じように相性があります。 エージェントとの相性が悪いと、エージェントの好みの求人ばかりで、自分の希望に沿った求人が見つからないとか、コミュニケーションの齟齬が頻繁に起こったりとか、無駄な労力を使ってしまいかねません。 エージェント側も努力はしているのでしょうが、中には実力不足の方がいることも否定できません。 では、どうしたら相性の良いエージェントに出会えるのでしょうか。

転職エージェントには複数登録する

自分と相性の良いエージェントを見定めるためには、複数の転職エージェント会社に登録し、比較検討すれば良いのです。具体的には、3~4社に登録し、そこから相性が良いと感じた1~2社に絞っていくのが賢い使い方です。 相性の良し悪しは、複数のエージェントを同時進行で利用して、転職活動を進めて行けば、比較論で分かっていくものです。 しかし、質の悪いエージェントは一見すると判断が難しいかもしれません。 そこで、以下に質の悪いエージェントの特徴リストを紹介します。

エージェント絞込リスト

・希望と違う求人ばかりを勧めてくる。 ・具体的なアドバイスがもらえない。 ・言っていることがわかりにくい。 ・業界のことに精通していない。 ・何となく本音で話しづらい。 ・なにかにつけて対応が高圧的。 ・仕事中でも構わず電話をかけてくる。 ・会社のメールアドレスに連絡してくる。

転職エージェントは変更できることを知っておく

転職エージェントの見分け方がわかっていても、運悪く相性の悪いエージェントにあたってしまうこともあります。 ただし、前述しましたが、相手もお仕事ですから、ドライに考えて、エージェントの交代を要求しましょう。方法としては、メールでも構いません。 そうすれば、転職エージェント会社自体とのお付き合いは続けられます。 転職サイトにおいても同様に、自分との相性、内容の良し悪しを吟味して付き合う事が大切です。

転職サイト・転職エージェントを使って新しい舞台へ

記事のまとめ
  • 転職エージェントでは、キャリアコンサルタントの支援が一番のメリット
  • 転職サイトは、年齢・性別に合ったサイトを選んで登録することが大事
  • この先長く働ける企業を探すには、転職エージェントの利用をおすすめ

以上、転職サイト、転職エージェントについてお話をしてきました。 基本的には、自分のスタイル、希望に合わせて、転職サイト、転職エージェントどちらかを選んで、転職活動を進めていけば良いと思います。 特に、年齢も若くて、さほど切羽詰まった理由もない方は、転職サイトから初めて、世の中の色々な業種を調べてみるのも良いかもしれません。 特に、転職サイトでは、企業情報だけではなく、口コミや評判など、身になる情報が記載されているこがあります。こうした転職サイトに登録してみて、自分のスキルとその評価を試してみるのも良いかもしれません。 一方で、経験豊富な年齢の方、切羽詰まった理由がある方は転職サイトではなく、転職エージェントに登録し、専任担当者のもと、確実に希望の企業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 どちらにしても、最後は自分自身で切り開くしかないので、執念を持って勝ち取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング