就活を制するための5つの戦略|早くて早すぎることはない

就活ノウハウ

就職は人生を大きく変える一大イベント!だからこそ後悔しない結果を出したいですよね。そために必要なことは、早め早めの行動。周りの就活生が動き出した空気を感じ取ってからのスタートでは遅いです。就活は早過ぎることはありません。しかし、行動すればいいのとも違います。

更新日時:

就活を制するための5つの戦略

1.職種・企業・業界研究

就活で失敗しないためにまず第一に『やらなくてはならないこと』は職種・企業・業界研究です。 職種研究 職種を知り自分の能力との照らし合わせ、自分の長所を伸ばすことが出来るか『対象の職種(仕事)に就きたいか』などあらゆる観点から分析していきます。 業界研究 業界について広く知識を深めていくことが必要です。その為に興味のある業界について知り、その周辺企業についても研究を進めていくことで社会構成など幅広い知識を習得できるようになります。 企業研究 「働く」をテーマに考え自分が働くことで何を求めるのか何が得れるのかを明確しておくことが大切です。それは、次のようなものです。 給料、休暇、福利厚生、勤務地 女性が活躍する環境(働く環境について) 社会貢献 その点を明確に研究対象企業の特徴や強み弱みを分析し研究を進めていくことが必要です。 これらの情報は就職情報サイトや各企業の公式サイトにも詳しく掲載されています。

2.エントリーに関する正しい知識

企業への入り口ともなるエントリーとは就職を希望する企業に対し入社意思を伝える行為のことを指しています。 エントリー方法には2種類あります。 プレエントリー 本エントリー それぞれのエントリーの意味をきちんと理解しておきましょう。

3.プレエントリーとは

「プレエントリー」とは企業側に新卒採用に関する資料請求を求める情報収集活動の一環です。就職サイトや各企業の公式サイトなどにプレエントリーに関する情報が掲載され登録を行うシステムとなっています。ただ、プレエントリーを登録する際にも企業側の設問に回答しなくてはなりません。 設問の内容は簡単なアンケートレベルのものから300~500字と本エントリーと同レベルの設問を受けないとプレエントリーを受け付けない企業もあります。そのため、学生側からしてみると「めんどくさい!」「今は時間がないから、あとで」といった思考になりがちです。 しかし、基本的に就活の行程のなかでプレエントリーを行っていないと説明会や本エントリ-の情報収集できません。就活を円滑に進めるためにはプレエントリーは行いましょう。 大学3年生の3月頃には就活解禁となりプレエントリーが可能となります。その時までには研究を含めた準備は進めておくことが望ましいでしょう。

4.本エントリ―の提出

一般的に説明会後にエントリーシートが公開されます。エントリシートを企業の公式サイトや就職情報サイトを通じて提出した時点で本エントリー扱いとなります。 大手企業などの場合はエントリーシートの締切が1次~3次まで複数回に分割されている場合があります。多くの学生は企業研究やエントリーシートの練習を行うために2次、3次の締切に提出するケースが多いことをおさえてきましょう。つまりは、提出者が少ない1次締切が望ましいということです。

5.希望企業

1の解説において準備段階で職種研究や企業研究を進めていく中で『自分の能力とあっているか照合する』ことに触れていますね。その際に、現実的にあなたが受かりやすい企業をエントリーすることが望ましいでしょう。 人気の企業は必然的に倍率が高かいため受かる確率が低くなることは言うまでもありません。きちんと自分の能力にあった受かりやすい企業を選択することが受かるための近道であり効率的です。 倍率が低い企業のイメージをブラックや零細企業ばかりと勘違いする学生も多いようですが、それは間違いです。大手企業などでも、あらゆる理由から倍率が下がっている場合もあります。 自分自身で正しく見極めるためにも、企業・業界研究は必須事項となります。

まとめ

『受かりたいなら早く正しく始めよう。就活を制するための5つの戦略』をご紹介しました。就活はなによりも前準備が肝心です。前準備を雑にしてしまうと、それなりの結果しかついてこないということを忘れずにしっかりと前準備を行うことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)