IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【第二新卒】外資系への転職方法とコツ|金融/コンサル/メーカー

業界・企業研究

第二新卒者で外資系をめざすにはどうすればいいのでしょうか?面接でのコツやおすすめの転職エージェント、外資系企業はどんな第二新卒者の人材を求めているのかなど、ご紹介します。実力重視の外資系に転職して自分を高めてみませんか?

更新日時:

外資系企業が求める第二新卒者とは?

外資系企業に転職したい、自分の力をためしてみたい…そう思っている第二新卒の人も多いことでしょう。もともと狭き門といわれる外資系企業ですが、第二新卒者でも見事に転職に成功している人もいます。では外資系企業は、どんな人材を第二新卒者に求めているのでしょう。まずそれについて、ひもといていきましょう。

第二新卒者でも、やはり英語力は必須

外資系企業は、「英語力が高い」「論理的な思考にたけている」などが、人物を採用するときに重要視されます。また業種や職種にもよりますが、国内外関係なく、世界の情勢を把握しておくことも必要で、コミュニケーション能力も求められます。第二新卒者は、英語力に自信がない人は、英会話スクールに通って、英語力を身につけることが好ましいです。

日本企業とのちがいって?

日本企業との大きなちがいは、「どうしてその会社をチョイスしたのか?」ということより、「なぜその職種・業種をえらんだのか?」ということを問われるところです。第二新卒で外資系に転職したい人は、これをポイントにして、自分の志望動機をまとめておくようにしましょう。

経験よりもスキルを重視

外資系企業は、転職についてはポジティブなイメージを持っており、「キャリアアップ」の好機ともとらえていますから、転職者にも門戸はひろげられています。ですが経験よりスキルを重視し、日本企業以上に「その人がどういうスキルを習得しているか」について厳しくチェックすると思っておいてください。 第二新卒者は、すでに社会で数年働いた経験もあるので、スキル面で期待されることは間違いありません。各企業にとって、その人がどんなスキルを持っていて、会社にどう役立つのかというのは、とても大事ですから、具体的になんのスキルを外資系企業は求めているのか、転職エージェントなどで相談しながら、転職活動にのぞみましょう。

第二新卒の外資系総合転職エージェントはこちら

第二新卒者が外資系企業に転職したい場合、どんなエージェントを利用するといいのでしょうか。以下ご紹介していきます。

マイナビエージェント

外資系に転職を希望する第二新卒者は、大手の総合エージェントは避ける傾向にありますが、大手のエージェントもぜひとも利用するべきです。 その理由は、外資系企業のための専門部署があるので、専門性が高いですし、外資を専門にする中小規模のエージェントより、優良求人も多く、面接攻略法などのノウハウが充実しているからです。 緊急の求人は、大手の転職エージェントのみに情報が流れることが実は多く、企業側は競合他社に動きを察知されないように、秘密裏に大手エージェントの専門部署だけに求人を依頼するケースもあるため、大手の転職エージェントは1,2社はかならず登録しておくようにしましょう。 その中でも、自分に合った企業へ転職をしたい方には「マイナビエージェント」がおすすめです。 首都圏&関西圏を中心に求人数トップクラスの「マイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系企業・国内企業のグローバルなポジションにおいて、国内の実績はナンバー1を誇ります。イギリスや中国など、世界中に拠点を置いており、外資系の専門部署も情報が豊富で、業界出身者に仕事内容や面接の攻略法なども聞くことができます。 外資系企業の独占案件数は国内最高クラスなので、外資系の転職をねらっている第二新卒者は、かならず登録するようにしましょう。

業種別、第二新卒者におすすめの転職エージェントは?

つぎに業種別の転職サイト・エージェントに注目してみましょう。

コンサルティング業界「Consultant転職」

ムービンストラテジックキャリア Consultant転職は、コンサルティング業界に特化している転職エージェントです。コンサルティングの現場を、身を持って体験してきた元コンサルタントがエージェントですから、人脈・コネクションも有しており、ひとりひとりの第二新卒者に適した職場を紹介し、相談に乗ってもくれます。

コトラ

外資系金融に特化している転職エージェントがコトラです。業界に精通しているスタッフたちが、第二新卒者の転職活動も手厚くサポートしてくれるので、心強いです。外資系の金融企業はなかなか転職がむずかしいので、中長期的な手助けを受けられるのは安心です。求人は職種や条件、年収、キーワードから検索できるので、便利でもあります。

アンテロープ

外資系金融・コンサルティング業界の2つを、得意としている転職エージェントです。金融と両軸での運営なので、案件はやはりM&Aや企業再生、事業戦略などの金融関連の求人が多いです。こちらのサービスによって転職した人ならば、入社後もサポートが受けられる「スタートアップ・コーチング」というシステムも魅力的です。

ISSコンサルティング

こちらも外資系の専門転職エージェントですが、特に機械や化学、搬送(自動車)などのメーカーの求人に強いエージェントです。世界的な一流企業からの求人も数多く、外資系企業で働くトップやリーダーにインタビューした記事も読め、第二新卒者の方には転職活動の参考にもなります。

ヘイズ・ジャパン

ファイナンス関係の企業を中心として、不動産業などの求人も掲載されている転職エージェントです。ファイザー、ノバルティスファーマ、グラクソスミスクラインなどの外資系製薬会社の優良求人が多いのも特徴です。

第二新卒者の面接対策はどうする?

第二新卒者が外資系をねらって、転職したい場合、面接はどう攻略すればいいのでしょうか。コツは以下のとおりです。

業界内でコネのある人もその話はほどほどに

業界に知人がいる場合、その人の話ばかり引き合いに出してしまい、肝心の自分のアピール、売り込みが足りなくなる人がいます。面接はあなたのよさを伝えるところです。くれぐれも知人の話はほどほどにしておきましょう。

会社のファンであることを訴えすぎない

外資系の大企業での面接では、ついついその会社のファンであることを、訴えたくなる第二新卒者も多いかもしれません。その会社のファン、製品やサービスについてくわしいのは、もちろんいいことではあるのですが、入社すれば、あなたはその製品の供給する側にまわるのです。 あまり熱を持って会社のファンであることを、話さないほうがいいです。企業が求めているのは、あくまでも一緒に働いていい仕事ができる仲間なのです。

自己PRは自己中心的になることではない

外資系企業では、自己主張がハッキリとできる人が求められていると、思われがちです。日本の企業と比較すると、確かにハッキリと自分の考えをのべないといけないケースもあります。 しかし「この仕事がしたい」「ぜひやらせてほしい」と自分の願望や根拠のない自信をただ一方的に話すのはNGです。自己中心的に自分の希望を話すことと、自分の能力を客観的に分析して、考えを伝えることとは全く違うので、注意しましょう。

面接での希望額提示・年収交渉はしないほうがいい

外資系企業は、お金に関してもオープンで、面接で希望の収入額提示や年収の交渉をしてもOKだと勘ちがいしている人もなかにはいるのですが、それはやってはいけません。特にありえないような高い額を提示するのは問題外です。やはり最初は採用する側から、収入面については提示してもらうようにします。

外資系の面接官は人事のプロフェッショナル

日本企業の面接官とくらべると、外資系の面接官はあかぬけていて、洗練された雰囲気の人も多いです。応募者の第二新卒者をきびしく質問攻めにすることもありません。予想外に面接が盛り上がるということも考えられます。 しかし相手は人事のプロであり、話が盛り上がったから採用ということにはなりません。話をすすめながら、あなたの価値を見極めています。リップサービスもときにはあるので、油断しないようにしましょう。

外資系企業への転職も夢じゃない!

外資系企業の転職には、英語力はどうしても必要になりますが、ただ英語ができるだけではダメで、英語であなたになにができるのか。ということも問われます。 将来的に外資系企業に転職したいと考える方は、早いうちから英語を話せるようになるための訓練も必要ですが、その英語力であなたにはなにができるのか、ということも考えながらキャリアを積んでいきましょう。

関連タグ

アクセスランキング