IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントのメリットとデメリット・おすすめエージェント15選

転職サービス・サイト

転職をする際に必ず一度は転職エージェントにお世話になる人は多いと思います。ここでは転職エージェントのメリット・デメリットを考え、転職エージェントを使うべきケース、最大限メリットを出すための活用方法などについてお話をさせていただきます。

更新日時:

転職エージェントのメリット

転職エージェント各社の広告はいたるところで見ることができます。非公開求人多転職に有益な情報がもらえそうですが、漠然としていてあまりよくわからないと思います。ハローワークやネットから応募する求人サイトと、転職エージェントの違いについてよく疑問になる点です。転職エージェントを利用するメリットについてお話をしていこうと思います。

デメリットなく転職活動のプラン作成ができる

転職活動を開始されるときに、どこから情報を得て、どの情報を生かして、どのように計画で転職活動を行えばよいかわからないといった状態になるが多くあります。ネット上には情報は数多くあります。その中でどういった情報を信じてデメリットなく応募するべきか迷うことが多くあると思います。そのような場合、転職エージェントは取捨選択した情報を提供します。方向性と計画性を持った転職活動をデメリットなく行えるようにサポートしてくれるのがメリットです。

デメリットなく非公開求人を閲覧ができる

転職エージェントは集客のために、非公開・公開求人の2種類を持っています。非公開求人の方が、数が多く質が高い求人でメリットが多いものです。基本的には公開求人に応募する人が多いですが、約半分の数の人が非公開求人に応募するようです。

デメリットなく求人のマッチングができる

転職希望者の経歴に応じて、星の数ほどある求人の中から数十件まで絞って情報提供をします。こういった洗練された情報を見ることで比較検討がしやすく、デメリットなく閲覧できます。

デメリットなく転職市場の動向や相場観に認識ができる

総合商社へ転職する場合、中途で転職することは針の穴に糸を通すレベルになります。転職エージェントを利用せずに商社への転職活動をする場合、可能性のない求人に力と時間を使うことになります。こういった場合に商社以外で合致した求人を転職エージェントであればデメリットなく提案することができるので、選択肢・可能性が広がるメリットがあります。また転職エージェントの面談では求人紹介や、デメリットなく業界の動向を知ることができます。

スケジュール調整してくれるメリット

面接日程の調整時に失敗するデメリットが多くあります。原因は日程調整がうまくいかないというデメリットです。日程調整の連絡が遅れてしまい、チャンスを逃すデメリットが多くあります。多くは現状の仕事が忙しく連絡できないというデメリットが原因です。しかし採用企業側から見ると普通のビジネスのアポ取りと同じで、企業から「面接で会いたい」という返事をしているのでデメリットなく通常通り2、3日のうちに返事か来ると予想しているはずです。しかし現職が忙しく返事が伸ばし伸ばしになり機会を失うのです。転職エージェントを利用している場合、適切なアドバイスや、どうしても日程調整が直近で難しい場合はデメリットなく企業側に中間報告、企業との間に入ってやりとりを代行をし、転職希望者の方の企業評価の劣化を避けるように立ち回ってくれるというメリットがあります。

職務経歴書の添削してもらえるメリット

職務経歴書は転職活動で重要な書類です、転職活動に不慣れな場合は注意が必要です。企業が知りたいのは、どういった貢献をしてくれるかだけです。転職エージェントは、こういったズレを修正して、企業にPRできる内容へと添削してくれるメリットがあります。

面接対策のメリット

丁寧な転職エージェントは面接対策をしてくれるメリットがあります、面接対策の有無で、面接の通過率は3割程度違いがあるそうです。もし 面接慣れしていない場合、アドバイスは受けた方が賢明です。面接官の基本的なスタンス、個別企業の面接ポイント等、情報を転職エージェントから提供するので効率的でメリットがあります。

相談できるメリット

信頼できるエージェントであれば、客観的に事実情報を提供し、貴方の長所・短所などの判断材料を教えてくれるメリットがあります。 身近な人間の場合は、主観的なアドバイスになるので情報が偏ります。エージェントは中立的な立場で客観的な情報を提供します。

キャリア相談のメリット

志向性や希望に応じて、転職エージェントはアドバイスができるというメリットがあります。不確定性が高い現在では、計画通りのキャリアは誰も実現できないのが現実です。結局は自分自身で行動をして決めていくことになるので、エージェントに答えをもとめるのではあくアドバイスとして考えることが重要です。

不採用理由が聞けるメリット

採用で見送りになった場合などに理由や評価等を確認することができるというメリットがあります。今後の選考に活かせるため重要なメリットです。書類選考や1次面接段階においては他応募者との比較により見送りとなり理由しか開示しない場合が多くあります。企業から見ると応募してきているうちの1人なので、個別の見送り理由の対応に割く時間がなく、難しい場合もあります。

年収交渉のメリット

会社員の場合、年収交渉はできないと考えていただいた方が無難です。逆に希望年収を高くすると、不合格になるでデメリットがあります。子供が生まれるという理由や最低希望は○万円、最高希望は○万円などと希望は明確にすれば、転職エージェントは、間に入ってうまく交渉してくれるというメリットがあります。

非公開の求人の閲覧メリット

転職エージェントには非公開求人が実は半分以上あります。転職活動を有利に進めるためには、選択肢を多く持っていた方がメリットがあり有利に働きます。非公開の求人情報はメリットの1つです。 非公開の求人を作る理由は大きくは下記のようになります。 ○新しい事業なのでライバル他社に求人情報を知られたくない場合にメリットがある ○選考負荷を低減させるため人材紹介のみで採用を希望している場合にメリットがある ○まちのスタンスでピッタリの条件の人が現れたら採用したい場合にメリットがある ○求人への登録者の数を増やすためにメリットがある 企業体質の改善のために、リストラや派遣社員縮小を行った会社はデメリットがあり、大々的に採用活動ができません。同僚が辞めさせられたような場合でその直後に求人募集を見た場合などは会社に対する信用不信になり社員のモチベーションの低下などのデメリットが起こることがあります。 このような場合も非公開求人を利用するメリットがあります。

転職エージェントのデメリット

デメリット① ダメな担当者に当たってしまう可能性がある

転職エージェント会社にはもちろん複数の担当者が存在し、ベテランから経験の浅い担当者、意欲がある担当者・ない担当者などと様々なタイプの担当者がいます。ダメな担当者にあたってしまうデメリットもあります。

デメリット② 担当者の仕事が遅い場合がある

転職活動はスピードが重要です。人気・優良求人は応募者が多く殺到します。そのような求人の情報提供に応募期限に間に合わず、志望度が高い企業に応募できないなどというデメリットがあることもあります。

デメリット③ 情報が偏っている可能性がある

転職エージェントも担当者によって得意分野があり、逆に知見のない不得意分野もあります。不動産業界は得意でも、インターネット業界は全く知らないということはざらにあります。エージェントの得意分野の求人情報ばかり提供される場合、自分の限界がエージェントの志向に左右されるのでこういった部分は気にしなければならないデメリットです。

情報が不確かな場合のデメリット

最新情報ではなく過去の情報(担当者が過去に経験した)を提供されることががあります。経験が浅い担当者の場合は経験に裏打ちされた情報の提供が難しいというデメリットがあります。逆にベテラン担当者の場合は経験と知識があるのですがそういった情報が最新のものになっていない可能性があるというデメリットがあります。ですから転職エージェントの担当者に「企業から提供されている最新情報であるか?」を確認することが重要です。情報は出所のによって正確さが変わってきますが、企業からの情報だから信頼性が高いなどと検討をしないで信じてしまうと、実際はそれが過去のものだったといったというデメリットもあり、注意が必要です。

柔軟に転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの情報を鵜呑みにせず、その時に応じて自分の方向性・志向性に合わせて柔軟に転職エージェントのメリット、デメリットを使い分けることが、幅広く求職活動を行うことにつながり、選択肢を狭めるというデメリットを回避することになります。

大手総合型と専門特化型

○大手総合型 大手総合型は、リクルートエージェントやdodaといった、色々な職種の求人を取り扱う人材紹介会社を指します。求人数が多く選択肢が多いところが魅力です。企業規模が大規模なので全国展開しているところがあります、たとえ地方でも利用しやすいというメリットがあります。 ○専門特化型 専門特化型は特定の業界や職種に絞って活動している人材紹介会社です。ごくたまに全国対応の会社もありますが、基本的には大都市圏が対応範囲という会社が多いようです。また業種や職種を絞っているので、深い知識や企業との太いパイプを売りとしています。 ○総合型・特化型の例コンサル ある転職希望者は、未経験からSEになりたいとして、SE特化型の転職エージェントに登録しました。転職活動の過程で、SEだけでなくネット業界に興味をもちました。そんな場合に特化型の場合少ない不得意な分野から紹介するので数も少なく質もよくない求人を紹介することになります。 総合型の場合は、業界問わず幅広く数千件の案件を保有している場合がほとんどなので、大きな違いになります。就職活動の目的がはっきりしている場合特化型の転職エージェントの方が豊富な情報を持っている可能性が高いので有用です。こういったことを踏まえて総合型・分野特化型、双方の人材紹介会社の強みを把握し、平行してうまく利用していくことが重要です。

専業担当と分業担当

専業担当型:転職エージェントの担当者1名があり、法人企業と個人転職希望者を担当するタイプ 分業担当型:転職エージェントの中で、法人企業担当と、個人転職者希望者の担当が分業されているタイプ 一般的に、専業担当型は特定企業や業界の詳細な情報提供、分業担当型は幅広い求人情報の提供がポイントです。

転職エージェントを使うべきケース

現在の転職市場を把握したい場合

転職市場は景気の変化に対応して、業界や職種の人材ニーズは日々変化します。転職活動のタイミングによっては待遇や収入などに大きな変化がでるというデメリットがでます。ですから転職を決心する前に転職エージェントへ登録、キャリアコンサルタントと面談することでタイミングにあった転職活動がデメリットなくできます。転職キャリアコンサルタントは転職市場の変化を日々把握しています。

キャリアの自己認識したい場合

保有するキャリアやスキルが世の中でどう評価されているのか確認が必要です。もし企業内で重宝され、必要不可欠な人材だとしても転職市場でその経験やスキルを必要としたニーズが少なければ、人材としての流動性が低く、現状よりも良い条件の転職先は難しいものになります。逆に劣悪な条件で勤務していたとしても、転職市場にニーズが高い業務で流動性の高いものであれば好条件の企業への転職の可能性があります。

履歴書・職務経歴書の添削がほしい場合

キャリアコンサルタントは採用のプロです。企業の人事担当者が見るポイント、通過しやすい履歴書の傾向などを把握しています。もちろん業界や職種によって職務経歴書はことなりますが、どのような場合でもデメリットなく魅力的な文言があるのでそういった場合には意見を聞くのに役立ちます。

面接指導をしてほしい場合

面接を得意な人でも一度は面接指導を受けた方がいいようです。企業の人事は面接のプロなので姿勢・目線・話し方、細かい仕草も逃さずチェックします。事前準備の有無などは一目瞭然でわかります、そういった準備の度合いが企業への情熱としてとらえられます。事前に一度準備をすることでデメリットなく落ち着いて面接を受けることができます。

直接企業とのやりとりをする時間がない場合

就業中に転職活動を行うケースでは、平日昼間は仕事をしているので、転職先企業と連絡が取れない場合が多々あります。面接等の日程調整、スケジュール管理等なども代行してくれるので、就業中の仕事への影響なく、ゆとりをもって転職活動を行えます。内定した場合デメリットにならないよう入社日の設定や円満退職のためのアドバイスをするなど、いろいろな部分でデメリットなくサポートを行ってくれます。

より良い待遇での転職が決まるよう交渉したが時間がない場合

転職活動では、採用する企業側が主導権をもち、求職者の立場が弱くなりがちです。こういった場合に転職エージェントを入れることで、デメリットなく平等な交渉権を得ることができます。年収交渉に関しては自身では交渉しにくいので、代理人を挟むことで、デメリットなく入社後の関係も崩れずに快く入社することができます。

デメリットを回避し、最大限メリットを出すための活用方法

転職エージェントの活用法

満足のいく転職のためには、転職エージェントを活用できるかどうかがポイントになります。面談をおろそかにしたり、担当者との意思疎通ができなければ、デメリットがのこり、転職エージェントのメリットを活用することができません。

転職エージェントとの面談は転職成功の第一歩

登録面談の印象は転職エージェントから見た転職者の印象です。 登録面談の際は、キャリアコンサルタントと良い関係を築くことが転職活動の一部であることを意識し、デメリットないように礼儀作法などにも気を付けて面接をおこなってください。 ●面談時のポイント  ○前職の愚痴はいわない:マイナスの印象を与える対応はしない  ○礼儀作法を守る:キャリアコンサルタントの面会時に礼儀をわきまえる等、社会人としてのビジネスマナーを意識  ○希望をはっきりと伝える:志望業界・職種を詳しく伝える:仕事内容、職業名、勤務地域、雇用形態、給与の目安、志望動機など。ここでの質問、回答で今後の紹介案件が決まります。また面談での受け答えで転職エージェントに与えた印象が書類選考を左右します。

転職エージェントと信頼関係

担当のキャリアコンサルタントとデメリットなく信頼関係を築くことができた場合、満足の行く転職ができる可能性がデメリットなく大きくなります。転職エージェントにとっては、転職者はビジネスパートナーです。ですから両者のあいだの信頼関係は、会社の上司や同僚と同じく、一つの仕事を共同で成し遂げることをミッションとしたビジネス関係です。ビジネスパートナーと信頼関係を築くための第一歩は、社会人の基本中の基本であるホウレンソウ(報告・連絡・相談)です。 ○ホウ(報告) 自己応募や他の転職エージェントを介して応募している案件などの情報でも共有 ○レン(連絡) 企業との面接が終了した時は、迅速に面接の手ごたえや感想、入社意欲等を担当者に伝える ○ソウ(相談) 応募企業ごとに履歴書を見直してもらう・模擬面接を受けるなどしてエージェントにもアドバイスをもらう ○定期的なコンタクト ビジネス上の付き合いで、人と人が関わる場合にはコミュニケーションが重要です。転職エージェントと築いた良好な関係は、転職者にとって大きな力となります。担当者決定後は、メールや電話、面談などで定期的にコンタクトを取り、転職状況の進捗を報告しアドバイスなどをもらいましょう。キャリアコンサルタントと相性が合わないケースは担当者を替えてもらうことも必要です。うまくいかない関係のまま転職サポートを受けるより、自分に合ったキャリアコンサルタントを見つけて活動していく方が効率的に活動することができます。

得意分野や拠点数

転職エージェントは、求人数、キャリアコンサルタントの質、得意な業種や分野、拠点数などが異なります。キャリアコンサルタントや他の応募者との兼ね合いなどで紹介される求人が変化します。多くの求人にアクセスしたい場合や、短期間で効率的に転職活動を終わらせたい場合、複数の転職エージェントに登録し、各々のエージェントの強みと弱点を把握して使い分けるのが大切です。

情報収集・面接対策・キャリアパスの相談で活用

20代と30代の転職活動は難易度に大きな違いがあります。20代では、一定水準以上の転職エージェント複数社を利用するだけでデメリットなくく、もしくは転職サイトのみの利用や企業HPへの直接応募等でもデメリットなく転職成功することができます。30代になると戦略的・計画的に転職活動ができない場合、転職成功にはなりません。こういった場合、戦略を立てる上で必要な情報を持つ転職エージェントを活用できるかが転職活動の成否に影響します。 ○戦略的な転職活動を行うための情報収集 ○努力を成果につなげる面接対策 ○キャリアパスについての相談 上記の3つがエージェント活用のポイントです。

戦略的な転職活動を行うための情報収集

転職エージェントは多くの非公開求人を保有しています。ですから数社の転職エージェントに登録し、面談を経てデメリットなく情報収集をすることがおすすめです。ネット上や転職サイトに公開されている情報は氷山の一角です。30代で多忙な場合、エージェントに希望を伝え良い情報があればという待ちの姿勢の場合も多くありますが、そのような態度だとエージェント側が本気にならないので、デメリットなく情報を取りに行くというスタンスが必要です。ですから自分はどういった求人に応募が可能で、また年収はどのくらいの可能性、などといった転職市場の市場価値を理解、分析することも必要です。20代に比べると30代の転職は3割程度の成功率にまで下がります。ですから現状・状況を理解し、自分はどのあたりの企業をターゲットにして、どのくらい応募して、どのくらいの期間をかけるのかといったように、営業活動や業務を進めるのと同様にデメリットなく転職活動の戦略を立てる必要があります。

努力を成果につなげる面接対策

現職の業務では自信を持っている場合でも、面接では何を自己PRしたら良いのだろうと真っ白になることがあります。部下の指導をしていた人、マネージメントをしていた人など話すことに自信がある場合のほうが、面接になると話せない場合があります。転職エージェントで面接の対策依頼をすることが重要です。自分の主張が偏っていないか客観的にチェックしてもらう、募集背景などから求人先が必要としている人物像を分析することなどを行ってくれます。多忙な時間の合間を利用して、数時間かけ事前準備して面接に行く手間を考えると、事前の面接対策をしっかりとした方がもちろん合格の確立が高くなります。

未来のキャリアパスについての相談

現職の社内で先輩から入手できるキャリアパスは社内でのキャリアの話になります。学生時代の知人友人から得られる情報も同様にデメリットなく友達目線から見たものであり、参考になりません。実は、出版されている転職関係の書籍も、転職エージェントや変化するリアルな転職市場を生のデメリットない情報としてとらえきれてないものが多くあります。素晴らしいキャリアを持つビジネスパーソンは、通常、webメディア、ブログ等で情報発信しています。しかし稀有な経歴・実績を持つ人から見たキャリアパスなので一般化することはできません。現実的なキャリアパスについて相談する場合は、やはり転職エージェントが最も妥当な存在です。転職エージェントは、デメリットなく転職支援を数多く経験しており、どのような転職の選択肢があるかを実体験に基づいて説明することができます。専門家としての幅広い視点から現実的かつ客観的、そいて転職やキャリアパスの有用なデメリットなく情報を提供できるのは、やはり転職エージェントが一番有望なので、まずは相談してみるのが重要です。

おすすめ転職エージェント

doda

「doda」は人材大手のインテリジェンス社が運営している業界規模2位の転職エージェントです。案件の量には定評があります、大手有名企業からベンチャー企業まで、デメリットなく幅広い求人からあなたにあった求人を探すことができます。幅広い選択肢をみてみたい場合にはおすすめのエージェントです。

doda
doda

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒採用領域ではリクルートと並ぶ最大手です。転職エージェントとしては業界4、5番手です。リクルートやインテリジェンスに比較すると現在、登録者が少ないので、サポートにも余力があり面倒見もよいようです。求人量の面では「リクルートエージェント」「doda」「JACリクルートメント」などの最大手エージェントに軍配があがります。サポートを重視する場合は「パソナキャリア」「typeの転職エージェント」などがおすすめです。

マイナビエージェント
マイナビエージェント

type転職エージェント

「type」は東京・神奈川・千葉の案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントです。 知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、dodaなどに比べると低いですが、老舗エージェントです。関東圏で転職の場合は満足度が高いようです、求人量はと、まずは「リクルートエージェント」「doda」「JACリクルートメント」といった最大手エージェントの方が豊富です。

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、国内最大手の総合転職エージェントと言われています。もちろん担当者によってサービスに差は大きいですが、口コミでの評価はデメリットなくトップになっています。、第二新卒案件からハイキャリア層といった幅広いユーザーから好印象との評価を受けています。業界やポジションに関わらず、転職活動をする際には必ず利用することになるエージェントです。

JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、イギリスが発祥の外資系転職エージェントです、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績1位です。総合転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件では質・量・サービス共に最高レベルです。キャリアやスキルに自信のある方は、デメリットなく必見のエージェントです。

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、人材派遣領域で業界2位の「パソナ」が運営している、20000社弱と取引実績のある信頼できるデメリットなく優秀な転職エージェントです。パソナの社風が社会貢献を重要視しています。ですから社員も利益追求のための紹介ではなく、親身な転職者をデメリットなくサポートをしています。求人数では、手厚いサポート・フォローには定評がありまる、初めての転職に不安がある場合にはおすすめです。

アデコ(転職エージェント)

「アデコ」は世界60カ国に拠点を持っており、人材派遣事業をメインに人材業界の世界一位のシェアを誇る企業です。そのネットワークや経験を活かし、転職エージェントサービスでも「求人の量・質」「提案力」の2つのポイントでは、幅広い層からトップクラスと評価されています。転職などサポートをそこまで求めない場合には、デメリットなく登録すべき転職エージェントといえます。

ワークポート

ワークポート」は、IT・Web領域に特化した総合転職エージェントです。総合力では最大手の「リクルートエージェント」や「JACリクルートメント」に及びませんが、IT・Web業界に限れば、案件の質・量ともに充実しています。IT・ Web業界を志望する場合にはおすすめです、デメリットがない場合はまずは「リクルートエージェント」や「doda」といった大手エージェントがおすすめです。

アイデムスマートエージェント

「アイデムスマートエージェント」は、国内最大級の求人サイトをデメリットなく長年運営している「アイデム」の転職エージェントです。転職エージェントを開始したのが最近ですので、「求人の質・量」「提案力」では評価は芳しくありませんが、第二新卒を中心に親身なサポート体制は定評があります。総合力では「リクルートエージェント」「doda」に及ばない感があります。、サポートの質では「パソナキャリア」がとびぬけており、もし他のエージェントでうまくいかなかった場合に利用してみるのがおすすめです。

エリートネットワーク

「エリートネットワーク」は、小規模でありながら知名度の高い小規模エージェントです。従業員の多くがリクルート出身で業界知識や人脈に優れています。小規模で親身に話を聞いてくれますが、案件が限られ、登録すべき人を選ぶエージェントといえそうです。通常は、まずは「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」といった大手どころで活動をすることが多いと思います。

ロバートウォルターズ

「ロバートウォルターズ」は、世界24カ国において人材紹介ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。バイリンガル・スペシャリストの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは大きな信頼を勝ち得ています。バイリンガルコンサルタントが多く所属しており、金融、IT、製造など26の分野の専門チームがあり、専門的で高度なコンサルティングをデメリットなく提供可能な部分がポイントです。英語に自信のある外資系志望のハイキャリア層におすすめのエージェントです。

マイケルペイジ

「マイケルペイジ」は、世界34カ国で人材ビジネスを展開する外資系転職エージェントの大手です。外資系エージェントは、基本的に高収入でですぐに転職が決まりそうな人以外には連絡が来ないという現金なところがあります。デメリットなく年収800万以上で外資系求人だけ欲しい人にはおすすめのエージェントです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ」は、第二新卒や既卒、デメリットなく若年層をターゲットにした特化型エージェントです。未経験歓迎求人を多く持ち、紹介できる案件はありませんと言われることありません。 まずは「リクルートエージェント」「パソナキャリア」といった大手総合転職エージェントで転職活動をしてみて、上手くいかなければ「ハタラクティブ」を利用してみましょう。

転職エージェントneo

「転職エージェントneo」は、企業ネオキャリアが運営する中規模転職エージェントです。ネオキャリアは、新卒採用のコンサルティング事業を出発したので、20代・30代前半の若手の転職サポートに強みがあります。第二新卒の転職を除いて、あまりいい評判がないので、デメリットを考えて他のエージェントの方がいいかもしれません。

ランスタッド

「ランスタッド」は、人材派遣をメインに世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系企業です。外資系の特徴である淡白さがあり、求人の強みも少ないため、評判はそれほどいいものではありません。何かいい案件を発見した時以外はほかのデメリットがないのでエージェントを利用した方がよさそうです。

いかに情報収集をしたかどうか

今の時代は、いかに情報収集ができたかが、将来のキャリアを左右する時代です。それぞれのエージェントのメリットとデメリットをしっかり見極め、実りのある就職活動にしていきたいですね。

関連タグ

アクセスランキング