新卒就活サービス「OfferBox」の特徴、評判

就活サイト

いよいよ自分の就く企業を探す、という段階にさしかかってきた就活生のみなさん、ネットの求人サービスは最大限に活用していますか?今回は就活生の皆さんに「OfferBox」という他にはない利点を持った就活サービスについてお話しします。

更新日時:

一個人を大切にする「OfferBox」

そもそも「OfferBox」とは、”次世代を担う若い人財の可能性を拡げる仕組みを”と願う職業紹介事業「i-plug」が運営する新卒逆求人サービスです。自身のプロフィールを個性的に作成し、互いの理解を深める少人数制の選考に繋げます。また、すべての機能がスマートフォンに対応するなど、非常に先進的です。

「OfferBox」の魅力

魅力は3つあります。 まず1つ目。それは、 「脱履歴書」で自分の人となりを企業に見てもらえることです。自分の経験や興味、エピソードといったことを文章以外にも、写真、動画、研究スライドなどの豊富な手段で伝えられます。 次に2つ目ですが、皆さんは自身を客観的に見られますか?自身を主観ではなく客観でとらえ、分析できれば、なにが強みでなにが弱みなのかがわかります。そうなれば、美点を伸ばして活躍できること間違いなしです。ということで、「適性診断AnalyzeU」でお手軽に自己分析できることが「OfferBox」の魅力その2です。50万人以上が受けたといわれる「適性診断AnalyzeU」を無料で受けられ、自身の取り組みや人間関係における長所と短所、就職活動のポイントがわかります。これをもとに、自己PRを作成することも可能です。 最後の3つ目は、考え抜かれたオファーの仕組みです。企業が学生一人一人と向き合えるよう、オファーは1社100通まで、そして一斉送信不可になっています。オファーの際に企業が見る項目は、学歴が9%に対して、過去の経験32%、自己PR23%と「人となり」が見られることが圧倒的に多いです。そして、プロフィール入力率60%以上の学生のオファー受信率は97.2%と非常に高く、これらを併せて考えると、企業は真剣に就職活動に向き合う学生一人一人の個性をしっかり考慮していることになります。これはとても有り難いことでしょう。

「OfferBox」紹介求人

「OfferBox」には、 大手からベンチャーまでの企業1200社以上が登録しています。この数には圧倒されます。 その企業の中身ですが、データで見ていきましょう。所在地が関東、関西ともに47%を占めています。従業員数は中小のところが併せて4分の3以上です。非上場企業が85%と多く、業種では、通信・ITが半分近いです。全体を通して、あまり大規模ではない、もしくはできたての企業が多いと考えられます。ただ、登録企業の多さから言えば、決して大手が少ないというわけではありません。

「OfferBox」の評判

だいたいこのような評判になっています。 ・人とは違った就職活動をしたい方におすすめ ・一人一人を大切にしている ・忙しくてもエントリーや説明会への足労不要だから負担にならない ・大企業からオファーが届くかもしれない ・どんな企業からオファーが来るかわからないので視野が広がる 特に上から3番目は、卒業研究や論文に忙しい大学生の皆さんには好都合なのではないでしょうか。

おわりに

「OfferBox」、どうでしたか?大手ではない就活サービスで、ここまで情報を詳細に開示しているところは珍しいな、と筆者は感じました。それだけ自信があるということだと思われます。本当に一人一人を尊重するサービスですので、興味のある方には登録の価値ありです。 エントリーのかたわら、こういった逆求人を利用するのも良いと考えます。それでは皆さんのご多幸をお祈りしております。 他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)