IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】転職が怖いと感じてしまう理由と対策|人間関係/上司

転職の悩み・不安

転職活動に対して、怖いというイメージを持っている人はたくさんいます。怖いと感じる理由は、人それぞれ異なりますが自分以外の人は転職に対してどのような点に怖さを感じているのでしょうか。転職に対して怖いと感じさせる理由や対処法を紹介していきます。

更新日時:

転職が怖いと感じる理由とは?

転職に対して怖いと感じたことはありますか。今の職場をやめて自分は本当に大丈夫なのだろうかといった、誰もわからない未来に対して恐怖心を感じている人も多いようです。 転職が当たり前になってきたからこそ、仕事を探す人の心には新しい不安が生まれています。これから転職する人やこれまでに転職を経験した人は、どのようなことに怖いと感じてきたのでしょうか。 人が転職に対して感じる怖い理由について紹介していきましょう。

転職活動をして次の会社が見つかるかが怖い

今の安定した生活を捨てることは誰でもためらいがあります。 転職をするということは、今勤めている会社を辞めて新しい環境に自分の人生を投資することを意味しています。だからこそ、転職することが自分の人生にとって本当に良い選択なのかわからず、迷ってしまい次第に将来に対する不安が襲いかかってきます。仕事を辞めたのはいいものの、本当に自分を必要としている会社はあるのだろうか。と漠然とした未来に向けて悩んでしまいがちになってしまいます。 次の会社が見つかるかどうか不透明な未来がみなさんの心に「転職は先が見えないから怖い」という思いを芽生えさせているようです。

次の職場で人間関係が構築できるか怖い

転職が実現した後に待っているのは、新しい職場で出会う先輩や上司達です。 転職理由で最も多い項目は、「人間関係による悩み」と言われており転職する人はとても気にしている部分なのです。 もし上司に嫌われたら入社直後にもかかわらず会社に行きたくなくなってしまうかもしれない。会社には必ず気の合う仲間と気の合わない仲間がいるものだからこそ、できれば気の合う仲間と楽しく毎日仕事ができたらこんなに最高な職場はないともいえるでしょう。 人間関係がうまく構築できるかどうかは、入社してみないとわからないものです。だからこそ、面接中ではわからない会社内部の状況に転職を志したみなさんは、これから先の人間関係に不安を抱えているのです。

自分が転職先で活躍できるか怖い

面接を無事に突破して、転職活動終了の目処がつき、一息つきいた矢先に待っているのは、即戦力として活躍できる存在と見込まれて入社してくれたという周囲から浴びる機体の視線です。 転職市場においては、企業は一から人材を育てるつもりで採用する新卒者とは異なり、すでに社会人としてのノウハウやマナーが備わっていることが当然であり、プラスアルファーとして今、会社に足りないスキルや経験を有している人材を採用したという目的で行っている企業が多くあります。 もちろん、社内にいる人は会社に足りない人材やスキルを有した人物を会社が新しく雇ってくれることで、業務がスムーズに進行することができるようになると期待しているのです。 人事だけでなく、社内全体が中途採用者の入社とスキルを待ち遠しく思っているため、本当に自分が会社の期待するスキルを持ち合わせているのかどうかについて、怖くなることがあるようです。

転職での人間関係が怖いと感じるときの対処法とは?

転職することに対して皆さんが怖いと感じる理由の1つに、先ほども挙げた「人間関係」という問題があります。中途採用であれば、年齢と社歴はイコールとはなりません。時には、年齢は自分よりも年下であっても社歴やキャリアが自分よりも上である場合は、言葉使いや接し方にも戸惑いがあることでしょう。 また、プライドの高い人は、中途採用者に対して当たりが強い場合もあり何かとまだ転職に対して偏見を持っている人もいるのが日本の現状です。会社のキーパーソンがわからないうちから、何か粗相をしてしまい嫌われてしまったらと思うと、人間関係のつながりがまだ明白ではない入社初期はどの人が味方かわからず怖いと感じることでしょう。 いざ、自分が社内の人間関係に怖いと感じることがあった場合、どのように対処すればよのか紹介していきます。

直属の上司が怖い

転職してきた人は、初めに社内のことを把握してもらう目的で各部署の研修を受ける機会が与えられることが多々あります。業務内容を部署ごとに把握するという目的もありますし、自分が入社後に所属する部署は車内に置いて各部署と連携する機会が多い場合に名前と顔が一致していない状態では、頼み事もしづらいことでしょう。 だからこそ、会社は新入社員に対して各部署の研修を設けている場合が多いのです。そんな研修に置いて各部署巡りをする際にあなたと共に各部署に挨拶回りをしてくれる人は、直属の上司である場合があります。入社間もない状況で、上司と二人っきりで各部署お挨拶回りや研修の挨拶などをして回る際、仕事が重なっていて忙しい時には新入社員に時間を割いている暇は正直なところないかもしれません。 上司は普段から仕事の量が新人よりも何倍もあります。仕事にはタイムリミットがありますので、終わるまで帰れないこともあります。上司は仕事の進行具合によっては態度にすぐ出る人もいますので、怖いと感じることでしょう。 とにかく上司が怖いと感じた時は、話しかけないことが鉄則。仕事を中断させることにつながり油に火を注ぐようなものです。

質問は1回でまとめて行う

上司との人間関係が悪くなると通常業務において不都合が生じることが多々出てくることでしょう。一度嫌われてしまうと、教育はされず放置という状況も少なくありません。 入社直後は初めての業務ばかりで自分が何をすれば良いのかわからず、ただ時間だけが過ぎていく辛い時があります。気を使って上司に「何か手伝えることはありませんか?」と一言聞くのではなく、自らのジャッジで今できることを上司に伝えてくと良いので心がけてみてください。 そして、その際は必ず1つ提案するのではなく2つ、3つとまとめて質問をしたり確認をすることで、質問をされる上司の側からしても聞くならまとめて聞いてくれという気持ちがありますので、お互いにとって理想的な気遣いと関係性が築いていくことができるようになるでしょう。

怖いと感じる人とスケジュールをずらすこと

社会人になると仕事のスケジュールは自分で計画を立てて行うものです。フレックスタイムなどが導入されるようなっている中、人間関係がうまくいかずに自分の中で怖い人としてレッテルを貼っている人がいる場合、一緒の職場にいることや座席が近くであればなおさら気持ちも萎えてしまうことでしょう。 そんな時には、自分のスケジュールに怖いと感じている人と関わる時間を少なくする計算を軸に、コントロールすることが大切です。内勤であれ外勤であれ自分の抱えている仕事を完了することを最優先にした場合、どうすれば計画通りにことを運べるのかを重視して、スケジュールをマネイジメントするように心がけてみてください。 仕事が忙しいという理由であれば、怖いと感じている上司や周囲の苦手な人に対しても、正当な理由で関わりを持ちそうになった時に断る理由として抜群の効果を発揮することになります。

転職が不安で怖いと感じたときにすべきこと

転職活動をすると気持ちを固めてスタートを切ったもの、うまくいかずに不安や苛立ちが募ってしまうことがあります。 転職活動は基本的に自分一人で行うものです。面接の練習をしてくれる友人や、履歴書の添削をサポートしてくれる転職エージェントの人との繋がりもありますが、最終的には面接や筆記試験で試されるのは転職者自身なのです。 なかなか思うように転職活動が進まずに転職に対して不安で怖いと感じてしまった時にどのようなことをすべきなのかについて紹介していきます。

転職をしようと思った理由を思い返す

転職活動をしているととにかくみんな不安を抱えています。「ちゃんと転職先が決まるかな?」とか「ブラック企業じゃなければいいのに。」など、入社するまで本当の会社の実態がわからないからこそ選考中の会社がある中でも転職に対して急に怖いという気持ちが生まれる場合があります。気持ちの浮き沈みが激しくなる中で、どうしても転職に対して不安という気持ちが抑えきれなくなった場合にしてほしいことがあります。 それは、「転職をしようと思った理由を思い返すこと」に他なりません。今の職場を捨てて、新しい環境にチャレンジするということは勇気と決断力がなければ成し遂げられません。やめる当初は、「今より絶対に給与が多いところで働く」と意気込んでいたかも知れません。しかし、この意気込みこそ転職活動の原動力です。気持ちがネガティブな悩みに押しつぶされそうになった時には、ぜひ転職活動をスタートした時の熱い気持ちを振り返ってみてください。 明日からの転職が心なしか肩の力が抜けていつも以上の力が発揮できるようになることも期待できます。

転職を応援してくれた仲間を思い出すこと

転職をしようと決断した時に、あなたは誰かに相談をしましたか? 家族に相談をする人もいますし、恋人や友人や職場の仲間に心の内を伝えることがあるかもしれません。 特に前職を辞める際にはほとんどの場合「引き止め」があります。本当にやめてしまっていいのかについて、上司と時間を設けて話し合いの場を持つことだってあります。自分のことを気にかけてくれている仲間が多いにもかかわらず自分で決断して転職すると決めたからには、自分を送り出してくれた人の気持ちを忘れてはいけません。 転職活動をしていると焦りや不安から、怖いという恐怖心も芽生えてきます。そんなときは怖いという気持ちに負けずに、送り出してくれた自分の味方である仲間たちのことを思い出して、次のアクションに向けた原動力にしてみると良いでしょう。転職活動は一人かもしませんが、あなたの周りには助けてくれる相談に乗ってくれる仲間がたくさんいることを忘れないようにしましょう。

不安を吐き出すこと

転職に対して怖いという気持ちが芽生えてしまっても決して自分を責めたりしないでください。誰でも怖さを感じるものですし、真剣に自分の人生を考えているからこそ怖いと感じているのです。 そんな怖さを感じた時には、自分の中だけで悩んでしまうよりは、言葉に出してしまう方が発散できます。溜め込んでいても自分の中にいつまでも残ってしまいますが、言葉にして吐き出すことで悩みは外へと吐き出されます。 弱みを口にすることはよくないことと思うかもしれませんが、自分の人生が閉じかけている時にそんなことは全く無意味なのです。自分の人生をかけて大勝負をしたあなたは、決してこんなところで終わるような人物ではないと気持ちを奮い立たせて、言葉に出してみると自然と悩みは打ち消されてしまうものです。

どうしても転職先の上司が怖い時の対策

いつも不機嫌そうな表情を浮かべている上司をあなたならどのように感じますか。コミュニケーションがうまく取れそうな気は起こりにくいです。しかし、そのようなタイプの上司は会社に一人はいるものです。そして、このような人物の下で働くことになったとしたらそれは、運命なのです。 話しかけても、会話が弾まずにどうしていいか分からず、なんだか怖いという人にとって上司が怖い時の対策を紹介します。

コミュニケーションを図ろうとする

怖い上司はどの会社にもいます。しかし、怖い上司は一日中怖いかというと人間はそれほど集中力も持続せず、キャラクターも1種類しかないということはありません。誰でも喜怒哀楽があるように、怖い上司にも感情がありますし仕事上でのあくまで1つの表情として捉えてみると良いでしょう。職場では口数が少なくとっつきにくい上司でも、飲み会などの席では饒舌に会話を楽しんでいる場合だってあります。 怖いと感じた上司はあくまでも仕事上での顔にすぎません。自ら話しかけて、職場外で食事をしたりコミュニケーションを図る努力をしてみると良いでしょう。

無理に関係を作ろうとしない

コミュニケーションを図ったけれども一向に関係が改善されないというケースも中にはあります。そのような時には、少し上司と距離をとってみる方が良いでしょう。自分は距離を縮めようと活動したが、結果が伴わなかった。次は上司が心を開くまでじっと待ってみようというスタンスでいると良いかもしれません。 相手が心を開いていない時にいくら行動をしても場合によっては逆効果を生み出すことになるかもしれません。無理に関係を作ろうとはせず場合によっては、距離をとってみるのも良いかもしれません。

上司が怖いのは思い込みかも

上司といえば、たいていの場合自分よりも年上であったりキャリアが長い場合が多いことでしょう。どうしても今の若者は年上の人との関わり合いが下手で、次第に苦手というイメージを持っている場合があります。上司においても同じことが言えるようで、怖いと思っているのは実はあまり話したくないという潜在的な意識の中から勝手に上司を敵にしてしまっている可能性があります。 自分ではそんなつもりがなくても、脳が勝手に判断して上司を悪者に作り変えていることがあります。上司の良いところ探しや自分よりも優れているところを見つける作業を行うことでリスペクトの気持ちが湧いてきたり、親近感が湧いてくることもあります。

転職にまつわる怖いを捨てて、夢への第一歩を踏み出そう

転職は不安がつきものです。無事に転職先が見つかるかどうかは誰もわかりませんし、結果がどうなるのかさえも活動をした後にしかわかりません。もしかしたら仕事が見つからない場合もありえますし、入社後に人間関係に悩むかもしれません。 環境を変えるということは次に何が待ち受けいるかわからない環境に身を投じることを意味しているのです。ただ、転職は怖いと思っていても待ってはくれません。自分が不安に押し潰れそうになった時は、「なぜ転職しようと思ったのか?」と原点を思いかす時間を過ごしてみるのも良いでしょう。 強い気持ちが重要な転職市場において、夢を実現するためにもまず第一歩を踏み出していただき、夢を叶えて頂ければと思います。

関連タグ

アクセスランキング