IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

鉄鋼業界で人気の企業ランキング(業績・平均年収ランキング)

業界・企業研究

今回は、鉄鋼を生み出している、鉄鋼業界の企業をテーマに、2種類のランキングをご紹介していきます。鉄鋼業界の人気企業や大手企業が多数登場しているので、業界研究の一環として、お役立て下さいね!

更新日時:

鉄鋼業界企業ランキング:業績ランキング

始めに、鉄鋼業界企業の業績ランキングをご紹介していきます。 皆さんの身の周りにある、鉄鋼を使用した製品は、どこの企業の鉄鋼を使ったものなのでしょうか?また、その鉄鋼業界企業は、何位に入っているのでしょうか? 以下は、平成26年~平成27年の鉄鋼業界企業の売上高を元にしたランキングです。 •1位:新日鐵住金 •2位:JFEホールディングス •3位:神戸製鋼所 •4位:日立金属 •5位:日新製鋼 •6位:大同特殊鋼 •7位:愛知製鋼 •8位:トピー工業 •9位:日本製鋼所 •10位:大和工業 •11位:共英製鋼 •12位:淀川製鋼所 •13位:山陽特殊製鋼 •14位:東京製鐵 •15位:丸一鋼管 •16位:中山製鋼所 •17位:日本冶金工業 •18位:合同製鐵 •19位:東洋鋼鈑 •20位:三菱製鋼 •21位:栗本鐵工所 •22位:日本電工 •23位:大阪製鐵 •24位:東京鐵鋼 •25位:大平洋金属 •26位:鈴木金属工業 •27位:日本金属 •28位:中部鋼鈑 •29位:日本高周波鋼業 •30位:モリ工業 •31位:新家工業 •32位:朝日工業 •33位:日本精線 •34位:エンビプロ・HD •35位:川金HD •36位:神鋼鋼線工業 •37位:日亜鋼業 •38位:メタルアート •39位:中央可鍛工業 •40位:北越メタル •41位:虹技 •42位:シンニッタン •43位:東北特殊鋼 •44位:東京鋼鐵 •45位:サンユウ •46位:日本鋳鉄管 •47位:日本鋳造 •48位:パウダーテック •49位:高砂鐵工 •50位:大和重工 •51位:新報国製鉄 引用元:「年収ラボ(※1)」 1位の新日鐵住金の業績は、業界内でもトップクラスの金額となっています。また、2位~4位の売上高も、1兆円以上の高いものとなっており、上位で市場の大半を独占していると言っても、過言ではない状況です。 9位~20位は、売上高が1000憶円代となっており、順位による差はあまりない印象を受けます。また、更に下位に進むにつれ、順位間の業績の差は少なくなっています。 それでは、1位~3位までの企業の業績を詳しく見ていきましょう。 ●業績ランキング1位:新日鐵住金 巨大な市場を持つ鉄鋼業界。その頂点に輝いたのが、新日鐵住金でした。売上高は、5兆6100憶円。首位にふさわしい好業績です。新日鐵住金は、世界に多数存在している鉄鋼メーカーの中でも、2位(※2)という大変高い順位を獲得しており、日本の鉄鋼業界を牽引していく存在と言っても過言ではないでしょう。 ●業績ランキング2位:JFEホールディングス 続いて、業績ランキング2位にランクインしたJFEホールディングスの売上高は、3兆8503憶円となっています。2位という順位ではありますが、こちらも大変高い業績です。JFEホールディングスは、NKKと川崎製鐵が2002年に統合したことによって誕生した企業。海外進出に積極的な姿勢を示している点でも有名な企業です。(※1) ●業績ランキング3位:神戸製鋼所 1兆8868憶円という売上高で、鉄鋼業界の業績ランキング3位に入ったのは、神戸製鋼所でした。神戸製鋼所は、鉄鋼のほか、アルミや機械などの複合体に対して強い企業で、電力卸業の分野でも活躍しています。(※1)

鉄鋼業界企業ランキング:平均年収ランキング

次にご紹介していくのは、鉄鋼業界企業の平均年収ランキング。日本の経済や発展を支える鉄鋼業界に従事している方々の年収は、いくらくらいなのでしょうか?ランキングを通して見ていきましょう。 以下は、平成26年~平成27年の、鉄鋼業界企業の平均年収を元にしたランキングです。業界研究をしている方は、上記でご紹介した業績ランキングの結果と比較してみることをおすすめします。順位の変動などに注目することで、高年収の企業の法則や特徴が見つかるかもしれませんよ。 •1位:JFEホールディングス •2位:日立金属 •3位:東洋鋼鈑 •4位:大同特殊鋼 •5位:パウダーテック •6位:愛知製鋼 •7位:栗本鐵工所 •8位:山陽特殊製鋼 •9位:共英製鋼 •10位:丸一鋼管 •11位:エンビプロ・HD •12位:モリ工業 •13位:中央可鍛工業 •14位:新日鐵住金 •15位:日本電工 •16位:日本精線 •17位:大和工業 •18位:三菱製鋼 •19位:トピー工業 •20位:東京製鐵 •21位:淀川製鋼所 •22位:日本金属 •23位:メタルアート •24位:中部鋼鈑 •25位:日本製鋼所 •26位:川金HD •27位:日本鋳鉄管 •28位:大阪製鐵 •29位:東京鋼鐵 •30位:神鋼鋼線工業 •31位:日新製鋼 •32位:東北特殊鋼 •33位:神戸製鋼所 •34位:虹技 •35位:鈴木金属工業 •36位:大平洋金属 •37位:大平洋金属 •38位:東京鐵鋼 •39位:合同製鐵 •40位:日本冶金工業 •41位:日本高周波鋼業 •42位:北越メタル •43位:高砂鐵工 •44位:中山製鋼所 •45位:サンユウ •46位:日亜鋼業 •47位:新家工業 •48位:日本鋳造 •49位:朝日工業 •50位:シンニッタン •51位:大和重工 引用元:「年収ラボ(※1)」 鉄鋼業界企業の平均年収は、全体的に高めという印象を受ける結果となりました。ランキング51位の大和重工まで、ランキングに登場した全ての企業が、標準的と言われる年収の金額を上回っています。ちなみに、2015年に統計された労働者の平均年収は、440万円でした(※3)。一方で、大和重工の平均年収は、454万円。440万円という金額を標準とした場合、大和重工を含むランキングに登場した全ての企業が、標準を大きく上回っていることになりますね。 それでは、上位3位までの平均年収の詳細を見ていきましょう。 ●平均年収ランキング1位:JFEホールディングス 平均年収の金額が標準よりも高めな鉄鋼業界企業の中でも、特に高額年収だったのは、JFEホールディングスでした。その金額は、966万円。JFEホールディングスは、粗鋼生産は国内では2位、世界では3位という好成績を誇る企業です。(※1) ●平均年収ランキング2位:日立金属 続いて、業績ランキングでは4位だった日立金属が、平均年収ランキングでは2位となりました。平均年収は766万円となっています。また、日立金属の年収は、近年大幅な増加傾向となっています。日立金属は、日立グループの中の鉄鋼業や金属業に特化した部門で、自動車関連をメインとしている企業です。(※2) ●平均年収ランキング3位:東洋鋼鈑 平均年収722万円で3位に入ったのは、東洋鋼鈑でした。東洋鋼鈑は、ブリキや薄板の他、各種表面処理鋼板や材料の製造・販売も手掛けている企業です。(※1)

再編・統合の流れが続く鉄鋼業界

鉄鋼業界は現在、統合や再編を進める企業が増えています。経営力や国際競争力を強化していく為です。今後も、このような流れは続くと見られており、意外な企業が経営を統合したり、合併したりする可能性もあり得ます。(※2) ランキングと合わせて、業界の動向・課題も知り、各企業がどんな取り組みをしているのか、企業研究にも役立てましょう。こちらの記事がおすすめです。

[参考資料・引用元]
※1「年収ラボ
※2「業界動向.SEARCH.COM
※3「平均年収ランキング2015

鉄鋼業界で人気の企業ランキング(業績・平均年収ランキング)

鉄鋼業界の動向とカラクリがよーくわかる本!! 鉄鋼業界の仕組みと特徴主要企業の動向を解説!! おすすめの一冊です!!

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「DODA(デューダ)」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)