IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活をいつまで続けるか|就活とバイト・資格との関連性とは

就活の悩み・不安

就活では、大まかな日程が決まっており、いつまでに事前準備をすべきかといった計画は立てやすいです。しかし、他の学生も一斉に動くため、画一的な考えに陥って結果が得られず、いつまで就活が続くのかと悩む場合もあるので、自分主体の行動を取り続けることが重要である。

更新日時:

就活では事前準備の時期は決まっていることが多い

まず、就活とは就職活動の略で、大学・専門学校や高校を卒業した後に新卒として就職するために行う活動の事であり、一般的には前者の場合、卒業する1年前から、後者の場合は8か月ぐらい前から一斉にスタートすることが多いです。ちなみに前者の場合は、かつて1年半前から正式にスタートする時期もありました。

就活の基本的な流れについて

就活で行うことは、大体基本的な事は決まっていることが多く、大学卒業の場合を例として挙げると、本格的に始まる前にリクルートスーツと呼ばれている、就活本番に着用する服装を用意したり、大学内で、就活の基本的な流れやマナーなどを講義で受けたりします。そして、合説と呼ばれている合同会社説明会に参加して就活が本格的に始まり、複数社をインターネットなどでエントリーして選考に挑みます。この際、エントリーシートという自己PRや志望理由などを書く欄を埋めなければなりません。 実際の選考では会社によって多少異なりますが、SPIなどの学力試験や筆記試験を受けた後、若手社員から社長など幅広い社員が対応する面接を複数段階受験して、全てに合格すれば内定が出て目的達成となります。

この流れから逆算すれば、事前準備はいつまでにやるかは分かりやすい

このように大まかな流れが定まっているので、いつまでに自己PRを固めておくなどの、就活の作業を終えておくべきか、いつまでに内定を得ないと苦しくなるのかなどのスケジュールは、卒業論文や卒業研究などの学業との兼ね合いなどを考えれば、立てやすくなると考えられます。 また、企業の多くも選考試験の開始日や内定日などがルール上、定まっているところが多いので、これに従って選考スケジュールが進められることになります。

まず、なぜ就活をするのかという必要性を考える事が大事

このように、就活でやるべき事やスケジュールの大まかな所は画一的に決まっていますので、どの作業をいつまでに準備して挑むのかなどの対策を練れば希望する結果が得られる確率は高くなります。また、このような就活をなぜやらないといけないのか、何のために企業という多くの人間のメンバーとして入って作業をするのかといった基本的な事を考えたことはあるでしょうか。

勿論、就職する目的としては、お金を稼いで、1人でも生活できるように生計を立てるためや、システムエンジニアなど自分がやりたい仕事をやるためなどが柱として挙げられることが多いです。たしかに雇用保険などの保険や、社会的身分に関しては就職した方が有利になることが多く、企業によりけりですが、一生受け取れる収入額や安定性も良いことが多いです。

ただし、このような金銭面に関して、自分で生計を立てることができるほど稼げる目処がたっており、あまり気にしていないと考えている場合では、就職しなくても、アルバイトなどで一生生活したり、アフィリエイトなど内職としての在宅作業で自由に生活したりすることも可能です。なので、先述した目的を果たすためには、画一的な作業で行う就活を通じて企業に就職しないと難しいのか、それ以外の手段でも果たすことができないのかを一度考えた方が良いでしょう。

なぜなら、就活の中で各企業のエントリーシートなどの書類選考や面接で、その企業を志望する理由は必ず答えなければなりませんが、この志望動機とも呼ばれている理由は上記の基本的な目的を柱に組み立てていくことが多いからです。これが、あやふやなまま就活を始めてしまうと、結果として周囲に流されてしまう可能性が高くなり、自分主体の考えが持ちにくくなってしまいます。このやり方で就活を進めると、面接などで自分と企業の双方が納得のいく結果を出なくなることにより、第1志望などの企業が不合格になったり、運よく企業に入社できても、思い通りの生活が送れなくなり、苦しい思いをしながら働いたりすることに繋がってしまいます。

就職活動をする際に大卒・専門学校卒の場合は合同サイトが用意されており、その中で志望動機の例文が載っていることが多く、自力で作成できない場合はその大半を利用して一応提出したり、面接を受けたりすることは可能です。また、志望動機を業種に応じて作ってくれるというサービスがあることを数年前に耳にしたことがあります。しかし、それで作成した志望動機は主体性が無いため、先述のような意図しない結果を得る可能性が高く、いつまでたっても満足の行く人生を送ることが難しくなってしまいます。

就活をいつまでやるかは内定式の日時を目途に考えるべき

そして、自分主体で就活を進めることで得られるメリットとしては、いつまでにどの作業を熟すべきか、いつまでに就活を終えたらいいのかなどが見えやすくなるということもあります。

以下に大学卒業での就活を例に行うべき作業を記入します。

まず、入社する前年の3月1日が企業側の説明会などの解禁日に当たります。これを境に、行う作業は変わってきます。就職合同サイトはその前年の6月からプレオープンすることが多く、大学3年生になった段階から就活が始まると考えても良いでしょう。そして、そこからの9か月間で企業が実施しているインターンシップに参加したり、自己分析・業界研究など、選考の際に必要な情報を整理したりすることになります。SPIなどの筆記試験対策も、この段階から進めることになります。

つまり、いつまでに試験対策や自己分析などの基本情報を整理しないといけないかというと、選考が始まる3月1日までにやっておくことがベストであるという事です。選考が解禁された後は会社説明会や個別企業の選考といった実践的な段階に移ることが多いです。その際に、資格などでアピールすることもあると思いますが、それは受ける前に取得するのが望ましいですが、就活中でも、資格勉強を通じた経験を話しやすく、資格を取る目的も歴が浅いため話しやすくなる可能性が高いと考えられます。

最終的に10月1日に内定式を行う企業が多く、これを過ぎると大幅に応募する企業が減ってしまいます。なので、この日までに内定を決めないとかなり厳しい状況になると思われますが、いつまで就職活動を続けるべきかどうかは、自分が納得のいく1社から内定を得るまで続けた方が良いでしょう。

アルバイトをいつまで続けるか、その主目的によって異なる

大学生などを中心に、飲食店やコンビニなどのアルバイトを経験した人は多いと思います。アルバイトをすればある程度収入が得られるので、その貯めたお金で欲しいものを買ったり、卒業旅行に行ったりするなどオフとも呼ばれている自由な時間を楽しむことができる可能性が高まるのではないでしょうか。ところで、「バイト先を解雇された」など、想定外の出来事がない限り、「そのアルバイトをいつまで続けたらいいのか」を考えるようになる頃には学生生活が後半にさしかかる頃だったという人も少なからずいるかもしれません。

その場合は、そのアルバイトを始めた目的を、いつまで続けるのかと思った時に一度振り返ったり、考えたりした方が良いでしょう。なぜなら、そこで決めた目的によって、いつまで続けるのかがある程度定まってくる可能性が高いからです。

以下に目的に応じて、いつまで続けるかについて記入します。

アルバイトを就活代のために行った場合

この場合は、就活中は時間が減るものの、就活を終えるまで続けた方が良いでしょう。ただし、就活を始めるまでに十分な蓄えができた場合は、そこでやめて就活に専念するのも一つの手段です。

アルバイトを学費など学生生活のために行った場合

この場合、就活の間は、それに専念して、それが終われば再開するか、別のアルバイトをするかして卒業まで続けた方が良いでしょう。学費は最終学年までかかるからです。

アルバイトを自己研鑽などのために行った場合

アルバイトを通じて自分の成長に繋がっていると自覚できている場合などでも、就活中を除いて卒業まで続けた方が良いでしょう。ただし卒業研究などに専念したい場合は、そちらに力を注ぐため、就活前に辞めるのも一手かもしれません。これらのように、「アルバイトなどをいつまで続けるべきか」ということに関して、就活や、その後の卒業研究などで出来る時間は限られてきますが、いずれも目的が達成したと自覚できたときまで続けた方が良いと考えられます。

「就活などをいつまで続けるべきか」は自分で決めるものである

就活やアルバイトなどをいつまで続けるべきかに関して、自分の中で内定など目的を果たせたと思った時まで続けるのがベストだと思います。そして能動的に動ける人は将来的にも、「いつまでにこれを終えるか」や「いつまで継続させるか」といった目標を立てやすく結果に結び付けやすくなるケースが多いです。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング