IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書選考で困らないために|選考状況の確認方法と履歴書への書き方

書類選考・ES

履歴書の選考状況は誰でも気になるものです。人事がどのような事を考えているかも踏まえて履歴書の選考期間中の対応の仕方をまとめてみました。採用担当者に変に思われないような選考状況の聞き方なども記載しました。減点されないような言動とはどの様なものでしょうか。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書の選考状況の確認方法

履歴書の選考状況を知りたい時は多々あると思います。最近ではメールで確認する方法もありますが、一般的にはどのような方法で確認するべきでしょうか。一つとしては、電話で直接確認する方法があります。 古い方法かもしれませんが、会社に選考状況を確認するのには良い方法です。ついでに他の情報を聞くことも出来るかもしれません。電話で履歴書の選考状況を確認する場合は、いつ位に履歴書を出した◯◯ですと自分の名前もしっかり伝えましょう。もし会社側が今は教えられないと言ってきたら、その場ですぐに諦めた方が良いです。

してはいけない選考状況の聞き方

とにかくしつこく聞き出そうとする事はやめましょう。色々な会社を受けていて、選考状況を全体的に把握したい気持ちは分かります。ですが、せっかく選考状況が自分にとって良い時でも、確認の為にした電話であなたのイメージが悪くなることもあります。これでは、電話する意味がないのでしつこく聞き出そうとしないことです。 また、大体の状況をもし教えてくれたのであれば、その辺で質問するのをやめる方が良いでしょう。あまり深く聞き出そうとするものでもありません。会社が選考状況を教えてくれるのは、ある意味サービスで教えてくれることが多いです。なので、少しでも状況が分かればその以上は聞き出さない方が良いです。

どこまで選考状況を聞き出せるか

大まかな選考状況は分かるでしょう。実際に自分が良い状況なのか悪い状況なのか教えてくれない事がほとんどです。会社側も選考で忙しい時なので仕方ないことです。また、選考する側からすれば、どの人を履歴書の選考で通過させるかは非常に難しいことです。 場合によっては最後まで多くの受験者を通過させるかどうか迷うこともあります。ですから、受ける側からしたら詳細まで履歴書の選考状況を聞き出す意味がないです。常識的な考え方として、履歴書を出したのであれば選考してくれている会社に任せることが一番の基本です。

一般的な履歴書の選考期間

大体一週間位でしょう。会社によっても若干の違いはありますが、一週間位だと考えていれば良いです。時には2週間の会社もあります。ですが、そのような会社でも多くの場合2週間たつ前に連絡がくることが多いです。 長い所では一カ月位の選考期間がある所もありますが、かなりまれなケースです。こちらのケースも数週間で結果が通知されることがあります。履歴書の選考期間中は、自分の結果が気になって仕方ないでしょう。ですが、就職期間中は時間があまりないので、その時にやるべき事をやっておくことです。選考結果について色々考えていても無駄な事になります。

長くなる場合の期間

応募者が多数いる場合などは、選考期間が長くなることがあります。途中で選考期間が長くなるように伝えられたら質問してみましょう。転職活動中の悩みはなるべく少なくする方が良いので聞けることは会社に聞きましょう。会社側も答えられる事は答えてくれます。 また、採用活動を途中でやめるような会社の時も選考期間が長くなることもあります。これは会社側の都合なのでどうしようもないです。様々なケースを考慮して心身ともにつらいと思われる就職活動を乗り切ることが大切になってきます。選考期間は長くなると思っていれば、気持ち的に問題になることは無いです。

通常の履歴書の選考期間の待ち方

余裕があれば、次のステップの準備をしておくのも良いでしょう。ただし、その会社の履歴書の選考を通過する可能性がある時です。履歴書の選考結果がでてから、次の面接などまでの期間が非常に短い時があります。例えば、履歴書の選考結果が出た次の日に面接を行う会社もあります。 このように緊急なケースを考慮して、面接の準備などをしておくのも良いです。また、自分の受けたい会社の傾向がある程度決まっている時は、同じような会社を受ける為の準備として、志望動機、自己PR、面接の準備をしておくと良いです。これらの内容を複数の会社で同じように使用すれば、忙しい就職活動を乗り切ることができます。

履歴書の選考結果通知とは

最近では、メールで通知されることが多いです。また、紙面で郵送されてくることもあります。メールの時は、応募していただきありがとうございましたと記載された後に、結果が簡単に書かれています。そして、面接などの次のステップに進む人にだけ日程調整の件の案内がしてあるでしょう。 紙面で履歴書の選考結果が知らされる時もほとんど同じような内容です。どちらで通知されることになっても違いはありません。また、電話で履歴書の選考結果を伝えてくる会社もあります。このような時は、次のステップの案内を把握するだけでなく、志望動機を言うことで自己PRをしても良いです。

選考結果が悪かった時の対応

選考結果が残念な結果であっても、ありがとうございましたという気持ちは大切です。会社によっては、どのような理由で書類審査に通らなかったのか教えてくれる会社もあります。そのような良心的な会社には、色々聞いてみると良いです。時間の限られた就職活動の中で大きなヒントになることもあります。 また、履歴書が審査を通らなかった理由がわかれば、その後に履歴書を出す会社には同じような内容を記載しないで工夫することもできます。就職活動は様々な意味で自分を成長させることの出来る貴重な期間です。履歴書が通っても、通らなくてもひとつひとつの会社に集中してでも内定をとることに全力で取り組むことが大切です。

選考結果の通知がこない場合の対処法

このような時は、電話で確認しましょう。相手の会社も教えてくれるはずです。電話をする時は、どちらの結果でも大丈夫なように気持ちを落ち着かせてから電話をしましょう。可能性としては、履歴書の選考に通過できなかったときに、結果通知が来ないことが多いです。 会社側も忙しくて忘れていることがあります。逆に次のステップに進んでもらう人には確実に電話するようにしていると考えられます。いずれにしても電話1つで済むことなので、会社に言われた結果通知の期日が過ぎたらこまかいことを考えずに電話で確認することです。

選考状況を履歴書に書く場合の書き方

自分の選考状況を履歴書に記載する時は、色々と考えて書く必要があります。全部真面目に書くことはありません。本当に大切なことだけを記載すれば良いです。選考状況をたくさん書いてしまえば、この人は他の会社に行く可能性もあると思われてしまいます。 極端な事を言えば、御社以外受けている会社はありませんといった方がシンプルで一番好まれます。はじめて自分の選考状況を履歴書に記載する人は、うそは書いてはいけないと考えるかもしれませんが、許容される範囲の事は記載して問題ないのです。

どこまで会社に選考状況を伝えるか

厳密に考えると非常に難しいことではあります。しかし、なれてくれば全ての企業に対して”御社以外受けていない”と言えばスッキリするでしょう。どうしても相手に選考状況を伝えたい時は、”いくつか受けてはいるが、まだ書類審査中で御社が第一位志望だ”と言えばまとまりが良いですね。社会における一般常識として、全ての事を真面目で伝える必要はないのです。

選考状況を聞いてくる会社の意図とは

多くの企業は、受験者が他の会社に行く可能性を探ろうとします。沢山の応募がある時などは特に時間の関係からどれくらい人が自分の会社にくるかも含めて把握したいと会社は考えています。また、自分の会社をうけている人がどういった日程で就職活動をしているのかも知りたいと思っています。そうすることで、会社としては採用活動の日程を考える事ができます。一番大切なことは、会社の意図に関係なく自分に有利に就職活動がすすむように履歴書を作成することです。

履歴書をうまく書いて志望する会社に行きましょう

履歴書で選考に落とされてしまう人はかなりいます。ここで得た知識で履歴書の書き方をマスターし、自分が志望する会社に行きましょう。

関連タグ

アクセスランキング