IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスの人の賃貸契約・借りやすい賃貸物件|経費になる?

フリーランス

フリーランスという働き方は最近では社会的に認知されてきていますが、やはりフリーランスの最大の難点は社会的信用の低さ。そんなフリーランスの場合、賃貸契約を結ぶ事は可能なのでしょうか?また、賃貸契約をする為にはどの様に事を気をつければいいのでしょうか?

更新日時:

フリーランスの社会的信用

基本的にフリーランスの社会的信用は低いと言われています。その理由として挙げられるのがフリーランスは、収入が不安定である事、無収入になる可能性もある事、会社員の様にボーナスなどもないという収入の面で信用が低くなってしまいます。信用が低いとまず金額の高い買い物をする際にローンが組みにくくなってしまいます。なので、フリーランスでマイホーム購入などは難しいでしょう。他にも車など金額の高い買い物をする際にローンを組むという事が難しくなってきます。

社会的信用を上げるには?

フリーランスではどうしても社会的信用が低くなってしまいますが、社会的信用を少しでも上げる対策として、一人社長だとしても法人化するというやり方があります。また、フリーランスでも、働いている期間が長く、それを証明出来る物があれば社会的信用も上げる事が出来ます。しかし、それでも大企業の会社員や公務員など、企業に勤めている人と比べればどうしても社会的信用は低くなってしまいます。 最近ではフリーランスとして働く人も多くなってきていて社会的にもフリーランスという働き方も認知されてきていますし、働きやすさとしてはメリットも大きいですが、やはりフリーランスの社会的信用問題は今でも悩みの種です。

フリーランスではローンが組めない?

社会的信用の低いフリーランスではローンを組むのが大変難しいです。住宅ローンや車のローン、またクレジットカードなどの審査も通りにくいです。たとえローンが組めたとしても上限額が低い、または金利が高くなってしまう場合もあります。

住宅ローンは難関

特に難しいのは住宅ローンです。住宅ローンは長い期間の契約となる事がほとんどなので、将来的に何年先も継続してローン返済できるかという部分を見られます。フリーランスという仕事はいつ仕事がなくなってもおかしくない、不安定な働き方です。その為長期的な期間ローン返済を継続する住宅ローンは難しいのです。 こういった住宅ローンを組む場合はフリーランスとして働く前に企業に勤め、企業に勤めているうちにローンを組むという場合が多いです。

フリーランスで住宅ローンを組む場合

もちろんフリーランスでは絶対的に住宅ローンが組めないというわけではなく、フリーランスでも住宅ローンを組む事は出来ます。しかし、その場合フリーランスでもしっかり売り上げを上げている、もしくは頭金として住宅購入時にかかる費用の半分以上が出せる場合です。フリーランスだからと言って必ずしもローンが組めないというわけではありませんが、やはりフリーランスでローンを組むにはある程度の敷居の高さは必要です。

フリーランスでの賃貸契約は?

フリーランスではローンが組めないという事はわかりましたが、フリーランスで賃貸契約を結ぶのはどうなのでしょうか?フリーランスと言えども、賃貸契約さえも出来なければそもそもの生活する家がない事になってしまいます。賃貸契約に関してはフリーランスでも契約は普通にする事が出来るのでしょうか?

賃貸契約も通りにくい

実は賃貸契約もフリーランスでは通りにくいのが現実です。やはり不動産オーナーとしては毎月欠かさず家賃を払ってくれる人と契約を結びたいので、収入が不安定なフリーランスでは不安を感じさせてしまいます。現状家賃が払えると言っても会社員の様に毎月一定額の収入を得られるわけではないので、不動産オーナーとしてはやはり不安になってしまいます。なので、どうしてもフリーランスという働き方の場合は賃貸契約も結びにくくなってしまいます。 もちろんフリーランスでも毎月安定した収入を得ていて、それを証明する物があるのであれば賃貸契約もそれ程難しい事ではありません。しかし、フリーランスというだけで不安を感じてしまい、それだけで契約を結んでくれないという不動産オーナーもいます。

必要書類

フリーランスで賃貸契約を結ぶ際に必要な書類は以下の二つです。 ・住民税の課税証明書 ・所得税の納税証明書 課税証明書は所得証明書、収入証明書と呼ばれる事もあり、賃貸契約の際に必ず必要な書類です。納税証明書は所得税の納税額や所得金額について証明する書類で、納税証明書の代わりに確定申告書の控えでも代替が利く事もあります。この二つの書類は賃貸契約の際に必ず必要な書類となるので、覚えておきましょう。

フリーランスが借りやすい賃貸物件とは?

賃貸契約も難しいとなってしまうと、フリーランスの人は住居に関しても頭を悩まされてしまいます。まれに水商売の人など向けの賃貸物件もありますが、その場合、契約が結びやすい一方で、その分家賃が高くなってしまいます。フリーランスと言えど、駆け出しの場合は仕事も安定せずに家賃の高い物件は難しいでしょう。

UR賃貸

フリーランスでも契約をしやすい賃貸物件と言えるものとして挙げられるのは、UR都市機構が運営しているUR賃貸住宅です。UR賃貸住宅は所得の基準さえクリアしていれば、フリーランスであるという事を理由に審査に落ちる事はありません。収入基準さえ満たしていればそれだけで良く、保証人も不要です。しかし、もちろんデメリットもあり、基準月収額が家賃の4倍、または33万円以上でなければいけません。月収額が基準に満たない場合でも貯蓄額が家賃の100倍あれば審査は通ると言われていますが、家賃の100倍の貯蓄を貯めるというのも簡単ではありません。いずれにせよ、ハードルは高いです。

賃貸契約をする為のポイントとは?

フリーランスでは賃貸契約も難しいですが、少しでも契約できる確率をあげる為に小さな事も意識しておいた方がいいでしょう。そんな賃貸契約をする際のポイントを紹介します。

審査のゆるい物件を探す

フリーランスでは賃貸契約が難しい、これはどうしても揺るぎませんが、最終的に契約を結べるかどうかは不動産オーナーや保証会社の裁量次第になってきます。なので、ある程度の収入があり、安定していればフリーランスという職業でも契約を結ぶことは出来るでしょう。なので、物件探しをする際にはあらかじめ不動産屋にフリーランスという事を伝えてフリーランスでも契約を結びやすい物件を紹介してもらうのが良いでしょう。

身だしなみを整える

何事も身だしなみからとは言いますが、賃貸契約に関しても例外ではありません。フリーランスで働いているからと言って適当な服装をしてしまえば、フリーランスというだけでも信用が低いのに、もっと信用を落としてしまいます。身だしなみを整えるだけでも暮らしや収入に対して良い印象を与える事が出来るので、身だしなみにも気を使っておくべきでしょう。

賃貸家賃は経費にする事が出来るのか?

フリーランスで働いている場合はなんと賃貸家賃も経費として計上する事が出来ます。しかし、賃貸家賃全てが経費として計上できるかと言えばそうではありません。

自宅で仕事をしている事が前提

フリーランスだからと言って、賃貸家賃が経費に出来るかと言えばそうではなく、まず自宅兼仕事場である事が大前提となります。また、仕事場として使っていたとしても賃貸家賃の全ての金額を経費に出来るわけではなく、自宅の中の事業使用割合を計算しなければいけません。極端に言うのであれば、2部屋のうち1部屋を仕事場として使っているのであれば、賃貸家賃の半分を経費として計上する事が出来ます。

光熱費なども経費にする事も可能なのか?

フリーランスの場合賃貸家賃だけではなく、なんと光熱費までも経費として計上する事が可能です。光熱費の場合はどの様にして経費として計上する事が出来るのでしょう?当たり前ですが、全ての光熱費を経費にする事は出来ません。

光熱費を経費にする場合

光熱費に関しても家賃と同様で、仕事で使う分の光熱費のみ経費として計上する事が出来ます。当たり前ですが、普段生活している中での光熱費は経費として計上する事は出来ません。電気代なら、仕事で使うコンセントの数や使用時間、電話代やインターネット料金であれば使用時間を計算し、仕事に使っている割合とプライベートで使っている割合を計算する必要があります。

その他の経費に出来る物とは?

フリーランスとして自宅を仕事場と使う事で、賃貸家賃に光熱費まで経費として計上できる事がわかりましたが、生活の中で経費として計上出来る物が他にはどんな物があるのか見ていきます。しかし以下に紹介するものはどんな職種でも絶対的に経費に出来るわけではなく、職種によっても異なるので注意しましょう。

文房具

ペンやノートなどは仕事に使う事務用品なので、文房具を購入する際は消耗品、または事務用品費として経費にする事が出来ます。自宅で仕事しているのであればどんな仕事でもペンやノートを使う事はあると思うので、ほとんどの職種で経費とする事が出来るでしょう。

家電

実は家電用品なども経費として計上する事が出来ます。もちろん仕事で家電を使う場合ですが、PCを使う作業であればPCの購入費用などを経費とする事も出来ますし、仕事に関係あるのであればテレビなども経費とする事が出来ます。しかし注意しておきたいのが仕事に必要な機材などは消耗品という分類になりますが、消耗品という分類に出来るのは10万未満、または使用可能期間が一年未満の物となります。10万円以上の物になると資産として扱われてしまうので、その点だけ注意しておきましょう。

洋服

フリーランスとして働き有名になれば、講演会や各種メディアに出る事もあります。そういった時のスーツ代、衣装代、クリーニング代なども費用として計上する事が可能です。ただし注意点が一つあり、仕事として購入したけど、プライベートでも着用できてしまう様な仕事とプライベート兼用の洋服となってしまうと経費になりくいです。あくまで、仕事の為だけの洋服でなければ経費とするのは難しいです。

書籍等

仕事に直接必要な知識を得る為の書籍や新聞などの費用も経費にする事が出来ます。例えば仕事に関係した資格をとる為に資格の本を購入するなら本の購入費用は経費に出来ますし、芸能関係のライターであれば芸能雑誌も経費とする事が出来ます。もちろん関係のない本などは経費にするのは難しいですが、少しでも仕事に関係のある書籍などであれば経費にする事も出来るでしょう。

事務所として賃貸を借りたい場合は?

自宅を仕事場として使う場合には賃貸家賃のいくらかの割合を経費とする事が出来ますが、賃貸物件をそのまま事務所として使いたいというフリーランスの方もいます。賃貸アパートや賃貸マンションをそのまま事務所として借りる事は果たして可能なのでしょうか?もしそのまま事務所として借りる事が出来ない場合、勝手に事務所として使ってしまうとどうなるのでしょうか?

事務所にする場合は報告が必要

賃貸マンションや賃貸アパートを借りて、そのまま何の連絡もなく事務所にするという事は出来ません。賃貸契約を結び、勝手に事務所と名乗ってしまった場合、最悪契約違反で退去という事になりかねません。事務所利用となると固定資産税が上がり、管理会社や不動産オーナーの負担が大きくなります。また、同じ賃料でも非課税だったものが課税の対象になってしまったりと、事務所として契約するか住居として契約するかによって、管理会社や不動産オーナーにとっては大きな違いが出てきます。 基本的に賃貸契約を結ぶ際に事務所契約と住居契約の二つがあるので、事務所として使用する場合は事務所契約をしなければなりません。また、どんな物件でも事務所として使用する事が可能かと言えばそうではありません。中には事務所契約不可の物件もあるので、物件を探す時には事務所可物件を探しましょう。

「居住用」は「事業禁止」という意味ではない

賃貸マンションや賃貸アパートを事務所として使う事には事務所契約を結ばなくてはいけませんが、決して住居で事業を行ってはいけないという事ではありません。あくまで、自宅兼事務所であれば問題ありません。また、事務所契約を結びたくない賃貸物件では「住居用」と記載されている物件がありますが、これは決して事業禁止というわけではありません。「居住のみ」や「居住用」と書かれている物は「居住者の生活の本拠がある」「生活の本拠であるために必要な平穏さを有する」という条件がありますが、その条件さえ満たしていれば居住用と記載されている賃貸でも事業を行うのは違反にはなりません。もちろん事業を行う事で他の住民に迷惑がかかってしまえば、それは契約違反になってしまいます。

信用問題に悩まされるフリーランス

賃貸契約にローンまで、フリーランスとして働く上で信用問題は大きな悩みでしょう。フリーランスとして働く事のメリットが多い半面、この様なデメリットもあるので、フリーランスを目指している人は、まずこのデメリットの信用問題の部分をどう克服するかを事前に考えておいた方が良いでしょう。また、現在フリーランスで活動しているという方は後々の契約などの為に貯蓄を貯めたり、毎月安定した収入が得られる様に心がけましょう。

関連タグ

アクセスランキング