IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスのエージェント比較|複数登録するほうがいい?

フリーランス

会社にしがみつき人生から抜けて、フリーランスとしての働き方を考える方も今は多いです。フリーランスで初め活動をする上でほとんどの方が関わるのフリーランスのエージェントです。今回は、フリーランスのエージェント比較などの情報をご紹介します。

更新日時:

フリーランスのエージェントは近年かなりの数の会社が存在する

最近では、IT業界でエンジニアとして働いていて、次のキャリアとしてフリーランスのITエンジニアとして働き始めるために、フリーランスとして働く方も非常に多くの方がいる事から、フリーランスを対象にしたエージェントもかなりの数があります。 エージェント会社も規模や受け持つ案件数や手数料なども様々で、どの分野に強いエージェントなのかも会社によって様々です。

フリーランスがエージェントに登録するメリット

フリーランスがエージェントに登録するメリットはかなり多いです。 ここでは、フリーランスがエージェントに登録することによって得ることのできるメリットについていくつかご紹介していきます。

案件の幅がかなり広がる

フリーランスとしていざ独立しても、まずは自分で営業などを行わなければなりません。今まで営業などほとんどやったことのない方であれば、それだけでも一苦労ですよね。かといって、クラウドソーシングなどを利用して案件を取ってきたとしても、単発のものが多く、単価も抑えられているので、安定もしませんし、収入も前職よりも下回る可能性も出てきます。 そのような状況の中で、エージェントを利用することによって、営業の労力を削減することができ、エージェントが持っている案件は非公開の案件も非常に多く、単価もそこそこ良いものが多いため、安定性と高単価の大きな仕事に出会える確率も高くなります。そのため、仕事の幅としても、個人の営業では獲得することのできないような、大手企業の案件なども得ることができるため、仕事の幅や更なるキャリア形成にも役立てることができます。

収益率も高い

エージェントは、クラウドソーシングに比べて自由度も高く収益性も高いです。例えば、同じような業務でも、エージェントからでは1か月の固定報酬制で週○回勤務と言う案件が多いですが、クラウドソーシングの場合は、時給制の場合が非常に多いです。 例えば、新規のアプリの開発の場合、エージェント経由では週3回稼働で80万円です。その反面、クラウドソーシング経由の案件では、時給制で2000円程度が相場と言われています。週3回12時間程度エージェント経由の仕事で働いた場合の時給換算すると、144時間働いたと計算すると、時給換算で5000円程度になります。 このように、エージェント経由とクラウドソーシング経由ではこれくらいの差があります。また、エージェントの場合は手数料を2割程度取られますが、それを鑑みても、非常にお得です。

安定性が高い

フリーランスとして働く人の宿命として、安定性を捨てることになる場合が非常に多いです。例えば、今受け持っている仕事が無くなれば、次があるのか不安になってしまうなどに苛まれている方も多いでしょう。今の案件が終わった後にさらに営業をかけて新たな仕事を取る間の空白期間は存在します。また、福利厚生等もないため、将来への不安などを抱えながら仕事をしている方も多くいます。 しかし、エージェントに登録をすると、案件の契約が終了する直前に新たな案件を紹介してくれるため、仕事と仕事の空白期間をできるだけ少なくできるため、安定的にフリーランスとして働くこともできます。また、福利厚生についてもエージェントに登録することで受けることができるようになることもあります。例えば、税理士の紹介や就業不能時の補償を受けることや、人間ドックや健康維持費等。をフリーランスに特化したものを受けることができるため、フリーランスとして安定的に働ける環境も整っています。

フリーランスでエージェントに入るデメリット

先ほど、フリーランスでエージェントを利用するメリットについて説明をしてきました。メリットだけを聞くと、かなり多くのメリットがあり、非常に魅力的ですよね。 しかし、フリーランスがエージェントに入ることにより生じるデメリットと言うのもいくつか存在します。ここでは、フリーランスがエージェントに入ることによって、起きるデメリットをいくつかご紹介していきます。

稼働時間がかなり長い

これは、エージェントに入っても入らなくても生じる、フリーランスとしてのデメリットになります。サラリーマンは、土日休みで1日基本的に8時間労働と残業が15時間程度付くような方が多いです。しかし、フリーランスで活動をしていると、土日も働くことになり、時間的にも300時間以上ひと月で働く方もおり、体調を崩す方もいます。 その代わり、契約の稼働時間以上は、割増賃金として請求することができますが、自由と収入を得られる反面そのような無理をしなければならないこともあります。これを無くすためにも、エージェントを見極めて信頼ができるエージェントに登録しましょう。

自由度が少し下がる

クラウドソーシングのフリーランスに比べて、エージェント経由で仕事を取るフリーランスは、仕事の自由度が少し下がります。クラウドソーシングのフリーランスの場合は、時給制で稼働時間などは決められておらず、場所も決められていないため、自由度が高いです。その反面エージェント経由の場合は、週何時間何日以上稼働で、ひと月の単価がいくらと決められているため、実質サラリーマンのように、クライアントの会社に出向いて仕事をすることもあり、また、月の給料が決められているという点で、フリーランスと言いつつもサラリーマンと思えてしまう方も多いです。 しかし、働く曜日をあなたが決めることも交渉次第で可能ですし、契約が満期を迎えた後は、さらに良い条件の仕事に就くことも可能であるため、サラリーマンのように会社に縛られた仕事をすることはありません。その分は、自由度はサラリーマンに比べて高く、安定性もクラウドソーシングよりも高いため、エージェントに少し軍配が上がりますね。

エージェントには年齢制限のある案件も多い

エージェントが持つ案件の多くは、20代30代向けの案件が非常に多いです。そのため、40代50代以降になると受注できる案件の幅も少し狭まることも事実です。 しかし、業界を渡りあるいていて、スキルも豊富で若手をまとめる力のある、シニアエンジニアであれば、上流工程での経験などもさらにあれば、かなり活躍の幅も広がります。したがって、シニア層のエンジニアは、今までの経験の有無でエージェントの紹介することのできる案件もかなり変わってくるということです。 若いうちからフリーランスとして働き始めているならば、今から知識やスキルそして、マネジメントを身に着けて経験することが必要になってきます。また、今からフリーランスとして働こうとしている、30代以降の方は、上にあげたスキルを磨いて、あなたのスキルに対する価値を高めに行きましょう。

フリーランスとして働く際にお勧めのエージェント

ここまで、フリーランスとして、エージェントに登録して働くことのメリットやデメリットについて、かなり詳しく説明してきました。また、フリーランスとして、働いていくうえでの考えるべきことについても少しだけ触れさせていただきました。ここからは、フリーランスとして働く際にお勧めのエージェントをいくつかご紹介していきます。

アットエージェント

IT・人材紹介企業のレバレシーズが運営をするアッとエージェントは、業界最大手の、フリーランスのエージェントです。業界最大手という事もあり、登録されている案件数も豊富でそして、非常に高単価の案件もかなりあるため、フリーランスになったら、必ず登録をお勧めしたい、フリーランスのエージェントです。 やはり、業界最大手と言うこともあり、キャリアサポートや仕事と仕事のブランクがないように、仕事の終了前に新たな案件を紹介してもらえます。 また、案件の紹介だけにとどまらず、担当のキャリアサポーターがかなり親身になって、実行中の案件についての相談や、キャリアに関する相談にも乗ってくれるため、かなりサポート体制も充実しています。手数料については、記載がないのでわかりません。

ギークスジョブ

15年以上フリーランスのエージェント会社として存在する、ギークスジョブはエージェントとしても、かなり老舗のエージェントとしてお勧めです。ここは、エンジニアにかなり特化したエージェントで、フリーランスのエンジニアのエージェントの案件数としては、業界でも最大規模の案件を持っています。紹介してもらえる案件も、大手企業やメガベンチャーの案件も多く、かなりダイナミックでスケールの大きな仕事を行うことが可能です。 また、ギーグスジョブの最大の特徴は、エージェントとして登録することで、様々な福利厚生を得ることができることです。また、サポート体制についてもかなり良いため、エンジニアとしてフリーランスと働くならば、登録しておきたいエージェントになります。

スキルサーフィン

ここも、ITエンジニアのエージェントとして20年以上存在する、老舗のITエンジニアのエージェントです。 老舗である故古くから受け持っている案件も非常に多く、また直接取引を行っている案件も非常に多いことから、仕事の幅もとても広がります。スキルサーフィンの一番のおすすめポイントは、他社のエージェントに比べて業界の知識が非常に高いスタッフがそろっていることです。スキルサーフィンは、元エンジニアのカウンセラーも非常に多く、業種職種の案件も非常に幅広く持っているため、あなたに合った案件を複数のカウンセラーから紹介してもらえることになります。

しごとサーチ

業務システムの開発・改修の案件の案件が非常に多く存在する、エージェントのしごとサーチは、常時1500件以上の案件を保有している、フリーランス向けのエンジニアです。業種も、インフラやソーシャルや、金融や物流などのシステムの構築など、様々な案件を取り扱っています。また、案件の期間も、長期の案件から短期の案件まで様々な案件を持っており、あなたのライフスタイルに合った、案件を見つけることができます。 そして、この会社しか持っていない案件やエンドユーザー向けの案件なども多数あるため、ここも登録しておきたい、エージェントの一つです。

クラウドワークス

DENAが運営する、国内最大級のクラウドソーシングサイトである、クラウドワークス。ここは、クラウドソーシングサイトですが、ぜひとも登録をしておいてほしいサイトのため、ご紹介させていただきます。ここの大きな特徴は、大手企業などの案件が非常に豊富です。ITエンジニアであれば、プロ向けの求人を探すことで、高単価でかなり割の良い案件を見つけることも可能です。 しかし、クラウドソーシングであるため、案件などもエージェントと違って自分で見つけて営業も行わなければなりません。しかし、案件ごとの口コミ機能などもついているため、案件のクライアント情報なども確認することができるので、かなり重宝します。また、ITエンジニア以外の方であっても案件の幅が非常に広いため、副業としてフリーランスで少しお小遣いを稼ぎたいなどと思う方でも、登録することをお勧めできるサイトです。

フリーランスのエージェントは多数登録することがお勧め

フリーランスとして、エージェントに登録する際は、複数のエージェントに登録をしておくことをお勧めします。先ほどご紹介したサイトからも分かりますが、各エージェントによって、得意な分野と不得意な分野も一定数存在します。そして、各エージェントによって、持っている案件もかなり変わってきます。また、エージェントのカウンセラーとの相性やあなた自身がどのエージェントと合うのかは、やってみなければわからないため、まず、フリーランスとして、エージェントに登録をする際には、複数のエージェントに登録をして、カウンセリングなどを受けることをお勧めします。

エージェントによって手数料も変わってくる

また、エージェントによって、案件ごとのマージンもかなり変わってきます。そのため、どのエージェントがマージンをいくら取るのかも登録時に確認しておくことが、大切です。基本的に、あなたがエージェントに払うのは、マージンのみです。相談などは、無料で受けることが可能なので、まずは、登録と相談を行うことが、大切になってきます。

あなたに合ったエージェントを探すことが大切

フリーランスとして働き始めて、エージェントに登録して案件を得るときに、一番大切なのは、あなたに合ったエージェントを探すことです。フリーランスとして働くうえで、仕事を貰うエージェントは、パートナーともなり得る存在です。エージェント次第であなたの、良い面を更に生かすこともでき、逆に殺しかねることにもなります。そのため、エージェントは、先ほどご説明をしたように、何件か登録をして、エージェントが受け持つ案件によって、使い分けるなどしていき、有効活用をすることをお勧めします。それによって、仕事の効率も幅も広がっていきますよ。

関連タグ

アクセスランキング