IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学院卒業・中退の履歴書の書き方|大学院の学歴の選考への影響

書類選考・ES

就活を行っている方の中には、大学院まで進んだ方もいらっしゃるはず。大学院を修了した方、中退した方、修了見込の方別に、履歴書の書き方・履歴書への中退理由の書き方をまとめました。また、大学院へ進んだ方が就活においてどのような影響がでるのかについても説明いたします。

更新日時:

大学院卒の場合の履歴書の書き方

大学院を卒業した場合、履歴書の学歴欄にはどのように書けば良いのでしょうか?大学院卒の場合の履歴書の書き方をまとめました。

履歴書の学歴欄の書き方-大学院卒の場合(修士課程)

大学院を卒業した場合でも、修士課程と博士課程があります。修士課程のみで修了される方もいますし、その後博士課程へ進む方もいらっしゃいます。そのため、まずは大学院の課程別にしっかりと分けて記載しましょう。 書き方としては、以下のように入学年次と修了年次に分けて書く事になります。卒業した大学と同じ母体の大学院でも入学という記載で大丈夫です。また、大学院の場合は、「卒業」ではなく「修了」ですので、記載を間違えないようにしましょう。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程入学 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程修了

履歴書の学歴欄の書き方-大学院卒の場合(博士課程)

修士課程が修了し、その後修士課程へ進んだ場合も、同様に入学と修了という書き方をします。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程入学 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程修了 中には、博士課程を全単位取得したものの、博士号を取得しなかったという方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、「単位取得後退学」と書くのが一般的のようです。但し、単位取得しないということと退学は同じ扱いとなるので、ただ単に「退学」と記載するだけでもいいかもしれません。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程入学 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程(単位取得後)退学

履歴書の学歴欄への大学院独特の記載方法も慣れれば簡単

履歴書の学歴欄に大学院の学歴を書く方法も一旦覚えてしまえば簡単です。 ただし、「修了」を「終了」と間違えて書いたり、「課程」を「過程」などに間違えて書かないように気をつけて、正確に書くようにしましょう。

大学院を中退した場合の履歴書の書き方

大学院を中退した方の場合、履歴書にどう書けばいいのか悩むことがあるのではないでしょうか。「履歴書に中退と書いていいのか?」「選考の際に中退となるとマイナス評価になるのではないか?」そう悩む方も少なくないはずです。大学院を中退した場合の正しい履歴書の書き方は、その後の選考にも大きく影響してくるので、しっかりと押さえておきたいところです。

大学院を中退した場合には、履歴書へは、はっきりと中退と書く事。

履歴書は公的文書なので、学校を中退した場合は、履歴書に正直に中退と書かなければなりません。なぜなら大学院を中退したのに、博士号修了などと書いてしまうと、学歴詐称に問われる可能性があるからです。 例えば、学校を中退して無職期間があったにもかかわらず、履歴書の学歴欄に中退と書かなければ空白期間ができてしまいます。人事は面接で必ずこの空白期間について質問すぐはずです。面接のときに、適当な理由を説明したり、嘘の経歴を語ったとしても、その後深く追求されると墓穴を掘ってしまうことになり、人事を納得させる理由を言うことの方が難しいことになってしまうでしょう。 また、学歴詐称してしまうと、せっかく入社できたとしても、事の次第によっては、懲戒処分となって、会社を解雇される可能性もあります。

会社の職位が学歴別に設定されている場合(三菱金属鉱業事件 東京地決昭46.11.25 労経速777-3)や高卒・中卒のみを採用する人事労務管理体制を一貫している場合(硬化クローム工業事件 東京地判昭60.5.24 労判453-62)、学歴を確定的な採用条件としている場合(スーパーバック事件 東京地判昭54.3.8 労判320-43)、特定の学歴を重視している場合(相銀住宅ローン事件 東京地決昭60.10.7 労判463-68)、学歴が適格性判断の上で重大な要素の場合(正興産業事件 浦和地川越支決平6.11.10 労判666-28)など

履歴書の学歴欄に中退と記載しても必ずしもデメリットとなるわけではない

通常、履歴書の学歴欄に「中退」と記載されていた場合に、採用担当者は「なぜ中退をしたのか?」と理由を知ろうとします。そのため、中退した理由の内容や伝え方次第では、印象を悪くせずに、挽回するチャンスは十分にあります。そのためには、採用担当者が納得できる中退理由を書き添えることが必要です。「大学院を中退した理由は何だったか?やめる必要があったか?」を整理して、採用担当者にわかるような理由をしっかりと書き添えるようにしましょう。 ・大学院を中退したことを正直に書いた上で、現在取り組んでいる事をアピールする。 ・意欲的な中退理由にする。 ・資格取得や成果があればアピールする。

大学院を中退した場合の履歴書への記載方法

中退は最終学歴としては認められませんが、履歴書の学歴欄には記入する必要があります。履歴書に記入する場合は、「中退」ではなく、「中途退学」と記入したほうが丁寧です。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程入学 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻博士課程中途退学

意欲的な中退理由ややむを得ない理由がある場合は記入する

意欲的な中退する理由、例えば「他に学習したいため」「別の事に打ち込みたくなった」などや、やむを得ない事情「経済的な理由」「家庭環境が原因」「病気」などをきちんと中退理由として記載することで、採用担当者に納得してもらうことができます。 ・他に勉強したいことや別の目標ができた場合 1.今の学業とは別のやりたい事が見つかった 2.海外留学を通して、語学を身につけたかった 3.早く社会に出て働きたかった 上記のような理由である場合は、自分がスキルアップしたことを書けば更に採用担当者へのアピールになります。 ×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程 中途退学 社会人として就業したいと考え退学 ・経済的理由で中退した場合や家庭環境が原因で中退した場合 1.親族の介護が必要になった 2.金銭面でやむを得ず中退した 上記のような理由があった場合は、自分自身の原因ではなく、やむを得ず中退したということをしっかりと書きましょう。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程 中途退学        大学院在学中、親の介護が必要になったため退学        家庭の収入事情により退学 ・病気など健康上の理由で中退した場合 身体的・健康面での理由の場合は、現在は病気が完治しており、勤務に支障がないことをしっかりと書きましょう。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程 中途退学        健康上の理由により退学 現在は完治しており勤務に支障なし

中退した理由は必ずしも書かなくて良い

中退理由を書く事でかえって好感を持たれない場合は、中退理由の記入を避けてください。中退の事実は履歴書に記入する必要がありますが、必ずしもその理由までは書く必要がありません。 「学校になじめずに退学した」「単位を落としてしまった」「気分で退学してしまった」などの理由だと、採用担当者に「会社に馴染めず、すぐにやめてしまうのではないか」という悪印象を与えてしまう恐れがあります。そのため、その場合は、あえて中退理由を書く事は避けましょう。

履歴書の学歴欄に書く大学院修了見込と入学

前述しましたように、大学院の場合は、同じ大学だったとしても、大学院に入ったときは「入学」と書きます。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程 入学 また、まだ大学院に在学中で、来春卒業見込みという場合は、下記のようにその旨を書きます。 ・×年×月  ○○大学大学院△△学研究科□□学専攻修士課程 卒業見込

大学院の学歴が長い場合の選考への影響

大学院まで行って、高い学力をつけた人は、学歴が短い(といっても4年制大学程度)人よりも選考の上で有利とは限りません。 確かに学歴が高ければ、それだけ努力した人なのだな、とか知識が豊富なのかもしれないと期待できます。しかし、企業が求めているのは、「入社後に成果を上げる人材」です。採用担当者にとって、出身が単なる大卒であろうが、東大大学院卒であろうが、仕事の能力を発揮しそうな人が欲しい人材なのです。 仕事をする能力は、社会人基礎ができているかです。この能力と大学院で学ぶ学問は、全くの別ものです。よって、大学院という学歴の高さは、履歴書による選別には多少影響があったとしても、その後の自己アピールや面接での好印象が主に大事ということになりますので、それほどの影響力はないということがいえると思います。 ただし、大学院卒と大学卒では初任給は違うという企業は多いかもしれません。

履歴書に大学院の学歴を書くのは思ったより簡単

履歴書に大学院についての学歴を書くのは、覚えてしまえば簡単です。また、中退の場合にどう書けばいいのかについては、正直に書いて、理由については必要に応じて書くということがわかっていただけたと思います。 高学歴だから選別でも有利で、優遇されるとは限りません。学歴が高いのは素晴らしいですが、それ以外にも自己PRをしっかりとして、採用担当者へのアピールをしっかりとしていくことが大事です。

関連タグ

アクセスランキング