IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスのWebデザイナーの年収・ポートフォリオの作り方

フリーランス

憧れの職業でよく出てくる職業にフリーランスのWEBデザイナーがあります。ここではフリーランスのWebデザイナーの年収、収入形態、ポートフォリオの作り方・使い方、見積もりの出し方、仕事内容などについてお話させていただきます。

更新日時:

フリーランスのWebデザイナーの年収

フリーランスデザイナーというキーワードは常に検索上位に位置しています。「フリーランスWebデザイナー」は人気の職業です。フリーランスWebデザイナーは本当に稼げるのでしょうか。

報酬をあげられるかどうかがポイント

基本的にウェブデザイナーの平均年収は、360万円となっています。ある程度のデザインができて、サクサクとSEOを意識したコーディングができるレベルになります。タグ(HTML、CSS)が書ける程度の場合20万円程度です。スマホもやWordPressを使っていろんな機能をアドオンし、FlashやJavaScriptもできると年収400~500万円以上が視野に入ってきます。

30代で300-400万円程度

「フリーランスWebデザイナー職」は基本的に30代が構成比の中心となり、その平均収入は300-400万円台が約3割、それ以外は100万円台から1000万以上と広く分散されています。500万~は全体の3割以下で、フリーランスWebデザイナーでもマネジメントやディレクションができない場合年収アップは難しいようです。フリーランスWebデザイナーは報酬が収入となり、月額の契約金がそのまま月額報酬と計算されます。

・フリーランスWebデザイナーの平均値 ○バナー作成:5000円~ ○ロゴ作成:1万円~ ○WEBデザイン:デザインのみ5万円~、コーディング含む:10万円~ ○チラシデザイン:2万円~

フリーランスWebデザイナーの場合、著作権関係の調査などもあり、有名企業のロゴでの場合、50万円以上する場合もあります。高額の案件はオリジナリティとかなりのクオリティを求められます。フリーランスWebデザイナーのデザイン案件も相場はかなり開きがあり、共通点として安価な案件は著作権譲渡を求められ、収入や経験に加え自分の価値をどの程度まで維持して受注するかということも重要になります。

フリーランスWebデザイナーとして生きていくためには芸術センスよりも、ある程度のルールに基づいて効率的にデザインをする必要があります。ですから希望月収に対し作業工数が極端に多くなる案件を受注しないようにし、単価交渉を依頼された場合は付加価値をつけて単価を保つ工夫をもつフリーランスWebデザイナーになる必要があります。

つながりを大切にして年収を上げる

フリーランスWebデザイナーとして事業展開した場合、1人で担当できる内容には限りがあることを理解するでしょう。デザインとコピーライティングやコーディングを担当しなければならないフリーランスWebデザイナーの場合、クロスメディア展開する必要などやることが多いにもかかわらず年収が低いと思うこともあるでしょう。500万円以上稼ぐフリーランスWebデザイナーは困った時に相談・協力できる同業者がいるところが大きなポイントになります。下請け、孫請けに依頼し案件を振り分け、自身は積極的に発注、ディレクションに特化という方法も考えられます。 フリーランスWebデザイナーである自分の不得意分野を補える、繁忙期に自分のデザインパターンに近い業務を手伝ってくれる、仲間が忙しい時に案件を紹介してくれるなどといった相互利益的な仲間を持つことは、全体的な受注数を増加させ、付加価値を付与して単価アップにつながります。セミナーや商工会議所の交流会に顔を出してフリーランスWebデザイナーの人間関係を構築してください。

フリーランスWebデザイナーの収入形態

フリーランスWebデザイナー形態別での平均年収

フリーランス的な仕事をしている人は、1,200万人程度で。人口の約2割程度になっています。この数字に専業フリーランスWebデザイナーに加え副業フリーランスWebデザイナーも含まれています。 平均年収が高いのは、複数の企業との契約をベースとして働く複業のパラレルワーカーや、企業に属しながらフリーランスWebデザイナーの仕事もするダブルワーカーです、合計収入で400万円以上の割合が増えています。。個人経営、自営業者などの独立オーナーも、年収400万円以上が多いようです。専業フリーランスWebデザイナーでは年収200万円以下が多く、約4割になっています。

フリーランスWebデザイナー年代別の平均年収

20~30代は副業フリーランスWebデザイナーが多く、30代でも10%、20代は1%程度です。ですからフリーランスWebデザイナーで稼ぐ収入は高くても200万円以下になっています。専業フリーランスWebデザイナーの中心は50代、40代で平均年収は300~400万円程度が中心です。企業での経験をフリーランスWebデザイナーの仕事に生かしているようです。エンジニアなど専門性が高い職種の場合は、フリーランスWebデザイナーでも1000万円を超える場合があります。

フリーランスWebデザイナー職種別平均年収

ライターは、雑誌などの紙媒体中心の場合は高く300~500万円くらいです。グラフィックデザイナーは、フリーランスで700万円~800万円のようです。Webデザイナーの場合は、競争が激化しており報酬下落しており、300~400万円が中間値で高額年収はほとんどいません。フリーランスで年収の上がるのはエンジニアで、平均年収は700万円~1200万円とトップクラスです。1案件で60~80万円です。

フリーランスWebデザイナーの平均年収はどうなる

フリーランスWebデザイナーは今後増えると予測されています。業務で外注が一般的となった企業側には、クラウドソーシングなどを介して仕事を外注することがより一般化するでしょう。副業の理解がすすみ、フリーランスWebデザイナーの参入者が増える場合、専門的ではないレベルの単価は下がっていきます。スキルの高いプロのフリーランスWebデザイナーの価値が下がること少ないでしょう。クオリティを求めるクライアントが、集中していくからです。ですから平均年収も2極化され、格差が広がっていきます。フリーランスWebデザイナーとして一定以上の収入を望む場合、常に自分のスキルアップが必要になります。

料金はあってないようなもの

フリーランスWebデザイナーは場合によってはクライアントの相場感に合わせる必要もあります、もちろん仕事の種類で料金の設定は変わります。フリーランスWebデザイナーとして基準になるような金額を設定しておく必要があります。フリーランスWebデザイナーの大まかな料金表をWEBで見つけることができるはずです。希望する年収や月収がある場合、最低限の売り上げを逆算して価格を決めることもできます。きちんと自分の基準があるとコスト感も備わっていきます。仕事を請けるべきかどうかの判断の基準になり、受注がスムーズになっていきます。

見積もりを通す工夫

フリーランスWebデザイナーとして安易な値引きは身を滅ぼしますが、柔軟な姿勢で、その都度判断する必要があります。長期的な視点に立ち、クライアントとWINWINの関係を築くことが大切です。見積もりを通す際のコツは、単に項目と単価だけでなく、項目の説明分を追記することです。クライアントの希望でWebサイトの全ページを別途新しいフォーマットで作るような場合、フォーマットの流用ができないので料金が高くなる点を明記して、同一フォーマットなら安くなることを話してみましょう。工夫や提案、柔軟な対応で、クライアントとの相場感を調整できれば、フリーランスWebデザイナーとして仕事の料金設定もうまくいくはずです。

ポートフォリオの作り方・使い方

ポートフォリオの作り方・使い方

ポートフォリオは、Webデザイナーとして自分のデザインや技術スキルを相手にアピールするための作品集で、仕事をとるために必須で、応募・面接のときに必ず要求されます。WordPressなどでサイトを制作して、URLを担当の面接官に説明するということもありますが、面接時にいつもパソコンがあるとは限りません。ですから「Web上のポートフォリオ」と「紙のポートフォリオ」が必要になります。紙のポートフォリオであれば、面接時にパソコンがない場合でも紙のポートフォリオで自分をアピールすることができます。

ポートフォリオでドメイン取得、サーバー

ポートフォリオを制作する場合、WordPressなどをサイトをカスタマイズして作成することになります。WordPressは、ドメインを取得してサーバーを借り、そこにWordPressをインストールしてサイトを構築、カスタマイズして使います。難しい専門知識がなくても、簡単にカスタマイズが可能です。

WordPressに必要なもの

○ドメイン:住所 ○サーバー:土地 と考えることができます。ドメインはサイトのある場所を示しています。「http//xxxxxxxxx.jp/」といった部分がドメインです。サーバーはサイトを置く場所です。ポートフォリオで利用するものは極力安いものがおすすめです。

○ドメイン:ドメイン末の「.jp」、「.com」などで価格が異なります、年間1,000円以内が一般的です。 ○レンタルサーバー:プランによって違いますが、月額250~500円程度です。

おすすめのドメインとレンタルサーバーは「ムームドメイン」と「ロリポップ」です。ここではWordPressに簡単にインストールできる機能があるので初心者でも使いやすいです。

ポートフォリオに書く内容

ポートフォリオには「Web上のポートフォリオ」と「紙のポートフォリオ」があります。紙のポートフォリオはWeb上で制作した作品をスクリーンショットで紙のポートフォリオにレイアウトしていくという方法です。

紙のポートフォリオ

絶対というレイアウトの形はありません。左側にスクリーンショット、右側にコンセプトという形が一般的です。コンセプトの位置にデザインの説明などを入れてください。

Web上のポートフォリオ

・Web上のポートフォリオに書く内容 ○作品概要 ○ターゲット ○アピールポイント ○使用した技術 ○目的 ○担当箇所 (複数人で作成した場合) ○いつ作ったか ○スタッフ人数 (複数人で作成した場合)

ポートフォリオに載せるオススメの作品(サイト)

現在ポートフォリオがないという方は今からWordPressなどで制作することになります。「架空企業のサイト」、「商品の販売サイト(ECサイト)」を使ってアピールすることもできます。デザインやスキル技術を見せるのに適した題材です。「使いやすさ」、「見やすさ」など、ロゴやバーナーなどを制作する事ができ、Webデザイナーとしての技術をアピールすることができます。

企業やECサイトのジャンル

ポートフォリオの「目的」はに自分の使える技術やアイデアを見せることです。なので、作成するジャンルをそれほど考える必要はありません。自分の好きなもので問題ありません。よく見ているサイトを参考にして構築してみるのもいいかもしれません。悩んだ場合、有名な企業(アディダス・TOYOTAなど)や有名なECサイト(Amazon・楽天など)を参考にするのがいいでしょう。

見積もりの出し方

フリーランスにとって見積書が大切

フリーランスが最初に迷うことの一つに「見積書の作成」です。業界の相場感がつかめず、安い方が採用されやるいや、いろいろな憶測が飛び交い悩むことと思います。重要なのは、フリーランスの場合、サラリーマンと異なり経費や税金も含めた価格の請求になります、依頼された仕事がどのくらい時間がかかりそうかを考え「時給いくらか」という観点から見積を出すことが必要です。見積金額の出し方はいろいろありますが、一般的な目安は「給与で得られる金額の3倍」になっています。重要なのは単価を下げないことです。相手から値下げを交渉されて、単価を下げれば今後も同じ値段でやることになります。安請け合いは業界全体の単価が下がり全体として業界が成り立たなくなります。ですから自信を持ってクライアントに説明できる見積書が重要です。

見積書の書き方の基本

見積書には一定のフォーマットはありません、職種によっても詳細は変わってきます。自分のビジネスに合ったものを使うことが大切です。

宛先

会社や担当部署宛てには「御中」、担当者充てには「様」と敬称を使い分けて記入します。極力、誤字脱字のないようにしましょう。

通し番号

絶対に必要なものではありませんが通し番号を付けておくと再発行や保存のときに管理がしやすくなります。

発行日

後から問い合わせがある場合もあるので、正確に記載します。

提出者

氏名と住所のほか、電話番号やメールアドレスなども記載しておくと連絡先がすぐに分かり、問題があった場合に対応がしやすくなります。

捺印

フリーランスの場合は、氏名の右横に作成者の印鑑を押します。必ずしも必要なものではありません。

見積書タイトル

タイトルは「お見積り書」、「御見積書」、「見積書」などが一般的で、他の字より大きく目立たせるようにします。 丁寧に書きたいときは、 「このたびはお見積りの機会をいただきありがとうございます。下記のとおりお見積りさせていただきますので、ご検討よろしくお願いいたします。 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。下記の通 りお見積もり申し上げます。何卒宜しくお願い申し上げます。」 と感謝の気持ちを示すのもいいかもしれません。

見積書の有効期限

見積もった内容について期限を定めるために記入します。物価が値上がりした場合など状況の変化に対応するものです。期限内にクライアントの意思決定を促す意味もあります。なので、期限内は見積書の内容を変更は難しいです。

見積金額

「Webサイト制作費」と大項目で記載するのではなく、細かく作業工程に分けて「何にいくらかかるのか」を明確にしないとクライアントは検討を進めることができません。

備考欄

納期を日付で明記するか、「正式受注後1ヵ月以内」といった表現で記載しておきます。「貴社指定サーバー」など納品先が決まっている場合も明記しておきましょう。

見積書の書き方のポイント

「Webサイト制作費」と大項目ではなく、ディレクションやデザイン、コーディングといった各項目がいくらなのか見積もりを明確にする必要があります。場合によってはクライアントの要望でWordpressの組み込みや動画作成などの依頼があった場合、別料金で対応する旨を明記する必要があります。また操作方法のレクチャーや更新のやり方を指南するマニュアル作成が必要なら、その分も見積もりに載せましょう。

フリーランス見積書テンプレート

見積書の書式を1から作るのは大仕事です。インターネット上には多くのテンプレートが公開されています、なかには自由にダウンロードして使えるものもあります。デザイン性に優れたもの、個性的なものなど自分のビジネスに合ったものを探してみましょう。

○「MFクラウド請求書」見積書テンプレート さまざまなテイストの見積書がダウンロードすることができ、デザインの種類が豊富です。おすすめです。

○Misoca見積書テンプレート ポップなものから女性向けのキュートなデザイン、和風モダンなものまでと、さまざまなデザインやカラーリングのテンプレートがそろっており。迷ったときに見てみるとぴったりのものを探すことができます。

○THINKCOLORFUL.LY ここでは他のサイトではあまり見られないオシャレなデザインの見積書と請求書のフォーマットがダウンロードすることができます。デザイン重視お人はぜひとも訪れてみてください。

○すばる塾 ここではシンプルなデザインと詳細に書き込めるタイプをWordとExcelファイルでダウンロードすることができます。Illsutrator用のファイルもあるなど種類が豊富です。

仕事内容

Webデザイナーの仕事内容

Webページ制作のデザインをする仕事がWebデザイナーです。実は仕事として携わる業務は幅広く、ホームページやコンテンツなどのデザイン関係、HTMLやCSSを用いたコーディングなども請け負います。PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを用いた、画像処理や写真加工も仕事内容の1つです。コンセプトを決めたりレイアウトや配色などのサイトデザインに企画段階からの場合や、依頼を受けデザインを構築する場合などと、募集内容により仕事内容が異なってきます。Wordpress等のCMSを用いた運用も担当する場合もあります。

Webデザイナーの求人・案件

Webデザイナーは、クリエイター系の職種のなかでも特殊な分類ではありません。Webデザイナーの単価が、クリエイター業界の単価の基準になることも多いようです。Webサイトを1人で作成できる場合、一人前のWebデザイナーとして活動していくことができます。UI/UXの知見やプログラミングなど開発側の知識、マークアップの知見がある場合は、より単価の高い求人・案件に参画できる可能性があります。アクセス分析ができる場合やGlunt/Gulpなどのビルドツールが使える場合は、参画できる求人・案件の幅が広がります。

Webデザイナーに必要なスキル

WebデザイナーはUI/UXを考えるスキルが要求されます。デザインだけでなくHTMLやCSSなどでユーザーが見やすいコーディングが重要です、レイアウトではPhotoshopやIllustratorなどの編集ソフトを利用して魅力的な写真や画像を作ることも要求されます。最近はjQueryやJavaScriptなどを使ったリッチな表現や、ユーザーの目に止まりやすい動的なページ作成も募集されやすいスキルです。

Webデザイナーの資格

Webデザイナーの資格は「ウェブデザイン技能士」です。1級から3級まであり、等級すべてが国家資格です。Web業界では唯一の国家検定です、資格を取得できた場合は「ウェブデザイン技能士」と明言できます。。Webデザイナーの募集に必要な資格というわけではありません、ウェブデザイン技能士の資格を取得している場合、ある程度自身の技術力を証明してくれる良い材料になります。1級を取得している場合、転職や仕事を探す際にとても有用です。

依頼のあった仕事は請けるという姿勢

自分がやりたい仕事だけをやって生きるのが理想ですがWebデザイナーとしてのフリーランス経験がそれほどない場合なかなかそういうわけにはいきません。実績がないのに大きな仕事の依頼が来ることはありません。

小さな案件が大きな案件につながる

初心者フリーランスWebデザイナーの場合は、基本的に前向きに仕事を請けるという姿勢を見せる必要です。それは仕事には信頼関係が重要だからです。実績が少ないフリーランスWebデザイナーに突然大きな仕事を任せる場合、クライアントの視点で考えれば大きなリスクが伴うことになります。力試しという形で小さな案件を依頼される場合がよくあります。小さな案件でも手を抜かず、しっかりしたものを納めれば、クライアントは信頼してくれます。こういうことが数回重なっていくごとに信頼が大きくなり、大きな案件を任せてくれることにつながっていきます。仕事を請けるか請けないかの判断はそのたびに行うべきです。しかし初心者のフリーランスWebデザイナーの基本的な気構えは、ひとまずきちんと検討することです。

自分のスキルやスケジュール

もちろんどんな仕事でも請ければいいのかというと、そのようなことはありません。請けるかどうかを決める場合、判断基準の根拠は自分のスキルやスケジュール、料金になります。仕事は、請けることが最終目的ではありません。きちんとした制作物を納めることが最終目的になります。なので、請けても完成形にできない場合は仕事は失敗になり実績にもなりません。

自分のスキルを冷静に見つめる

スキルは、経験を積むことで伸びていきます、ですから駆け出しのうちはどんなものでもこなせるようなスキルはないと考える方がいいです。自身をもって挑戦することは大切です。しかし現在Webデザイナーとしてどの程度の能力があって、どの程度のアウトプットが可能なのかを、正確に判断しておくことが大切です。仕事に応じた得手不得手があります。苦手な仕事を受けてしまった場合、満足の行くクオリティのものを収めるのは難しくなります。ですから挑戦してみたいと思うような仕事でも、いまの自分では難しいと感じたら、断るという習慣をつけてください。協力者がいる場合チームとして考えることもできます。

納期に遅れるのはプロとして失格

スケジュール管理は大切です。いくらスキルが高くても、時間は有限です。仕事を請けすぎた場合、納期に間に合わないというリスクがあります。関係作りができているクライアントの場合、大目に見てくれる場合もありますが、基本的に納期遅れは致命的なミスになります。クオリティよりも納期を重視するクライアントが多くいます。「できる」といった以上は、約束通りに仕上げるのがプロです。デザインのクオリティが落ちたり、納期に遅れる場合は、クライアントの信頼をなくすことになることを頭に入れておいてください。

仕事の範囲

Webデザインといっても、素材をどちらが用意するかによって、かかる手間も時間も変化します。コーディングまでやった場合、テスト環境の用意や、バナーやロゴの作成なども影響してきます。フリーランスが個人で受注する場合いろいろな部分が詰め切らないまま進むことが多くあります。

ついでで出された追加作業は断りにくい

フリーランスWebデザイナーの場合、ついでで依頼される場合はかなり多くあります。クライアントとの関係は、付き合いという側面もあるので、場合によっては譲る柔軟性も必要です。しかしついでがいつもになると効率が悪くなり収益性が下がることになります。しかし一度、サービスでやってしまった場合、後でそれは別料金ですと言い出しにくいものです。ですからどこまでが仕事の範囲なのかを最初にしっかり確認することが重要です。

見積もりを考える際にも細部の確認は必要

仕事の範囲を決める理由はそのほかにもあります。料金設定に関係しているということです。仕事を請ける際には、見積もりを作ります。その際、仕事の範囲が明確でない場合、正確な価格の算出が難しくなります。仕事の範囲を確認することは、適切な見積もりを出すためにも重要なポイントです。細かいヒヤリングは面倒ですが後々の問題を回避するためにも通らなくてはいけないポイントです。

基準となる料金を定めつつ臨機応変な対応

仕事の料金をいくらに設定はフリーランス経験の浅いWebデザイナーがぶつかるポイントです。フリーランスでは、「こういうデザインのサイトはいくらでやってもらえますか?」などと直接質問され、急いで見積もりを提出しなければならない場合があります。

また頼みたいと思ってもらう

仕事というのは人間関係も重要なので担当者との関係作りも大切です。担当者が細かいことにこだわる性格の場合、細かい疑問点を質問すれば、信頼関係が築けます。メールなどの返信が早い担当者の場合は、せっかちなので、レスポンスを早くするのが大切です。対応を相手に合わせることで、仕事もスムーズに進み、「また頼みたい」と思ってもらえます。

フリーランスWebデザイナーが仕事 チェックリスト

○自分のスキルに見合った仕事か ○スケジュールに無理はないか ○仕事の範囲を確認できているか ○料金は自分の基準とクライアントの相場観からズレていないか ○クライアント企業のことを理解しているか ○担当者の性格や癖を把握できているか ○安くてもやりがいが感じられる仕事か ○「成果報酬」か「固定報酬」か「時間報酬」か ○次につながる仕事か ○源泉は引かれるか ○分業の場合、どこまで決定権があるか

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング