IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活で第一志望に落ちたときの対処|内定をもらいやすくするためには

悩み・不安

就活をしていると、第一志望の企業に落ちてしまい、ショックを受けてしまう人はいますよね。第一志望に落ちてしまった場合、その後の就活はどのように進めていけば良いのでしょうか?また、第一志望への内定率をアップさせるためには、どのような工夫が良いのでしょうか?

更新日時:

就活で第一志望に落ちたときにすることとは?

就活に失敗はつきものです。第一志望の企業に落ちてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

第二志望以降を目指す

就活をしていて、第一志望の勤務先に落ちてしまったら、気持ちを切り替えて第二志望以降の企業に向けて集中するようにしましょう。この方法は、より理想に近い就活を実現するための効率の良い選択肢のひとつです。そのためには、第一志望のほかにも、いくつか企業をピックアップしておくことが大切です。第一志望に落ちてしまうと、やはり気持ちは落ち込んでしまいますし、次の準備をゼロから進めるのはなかなか厳しくなってしまいます。もちろん可能ではありますが、やはり少しでもエネルギーや時間を節約できた方が、就活をよりスムーズに進めていきやすいでしょう。 第一志望と第二志望以降が同じ業界なのか、職種なのかによっても、具体的に行うべきアプローチが異なって来ます。最終面接に進んだとしても、そこで落ちてしまうことはあります。成功のビジョンを描いて、内定のために努力を重ねるのはとても重要ですが、もしもの想定をして計画的に物事を進めておくことは、安定した就活のために欠かせません。

就活の方向性を見直す

第一志望に落ちてしまったところで、一度自分の就活状況を大幅に見直すのもおすすめの方法のひとつです。「第一志望だからこそ入りたかった」という人はいますよね。第一志望に失敗してしまった時点で、就活に対するモチベーションが著しく下がってしまうというパターンもあります。同じような第二志望以降の企業に切り替えるということは、実際はなかなか難しいというケースも少なくないでしょう。 そんなときは、一度抜本的に、就活そのものを見直してみるのも良いのです。「本当はどんな仕事がしたいのか?」「自分に本当に向いているのはどんな仕事や勤務先なのか?」と考えることはとても大切です。第一志望に落ちてしまったからこそ、改めて一度自分について見直してみるのも良いでしょう。本格的に就活をスタートする前と、実際に始めてみてからとでは、感覚も違いますよね。志望と現実の差を感じ、将来についてこれまでとは違った考え方を持つ人もいます。途中で方向転換をしても、効率の良い就活を目指せば、成功は十分可能です。

就職浪人をする

もちろん、第一志望にこだわって、就活を続けていくという選択肢もあります。新卒であれば、「就活浪人」という選択肢もあるでしょう。学校にもう一年通うというリスクはありますし、金銭的な負担もありますが、その分新卒カードを持って働くことが出来ます。学校は卒業しても、アルバイトやパートなどを続けながら、就職浪人をすることか可能です。第二新卒として新卒求人に応募できるようなところも少なくありません。浪人してまで粘ることで、熱意の高さや志望度をアピールすることも出来るでしょう。 しかし一方で、「一度落とした人材の選考はしない」という企業も存在しています。応募自体は禁止されていないものの、「一度落とされている」という点から、おざなりな選考になってしまったり、選考そのものの難易度が上がってしまうという可能性もあります。「この人には一度落とされた理由がある」と考えられてしまいますからね。また、就職浪人をしたところで、次は必ず受かるという保証はありません。リスクを払った分の保険準備も必要になるでしょう。

第一志望の内定をもらう方法

絶対に欲しい「第一志望先の内定」。獲得するために、どういったアプローチが良いのでしょうか?

インターンに参加する

第一志望の企業のインターンに参加しておくことで、内定率を上げられることがあります。 これは、インターンに参加していれば選考において優遇されることが多いというだけではなく、様々なメリットが期待できるからです。まず、「インターンに参加するほど、自社に対する熱意がある」というアプローチが出来ます。「業界・職種に対する興味関心が強い」「前々から実践的な現場に参加している意識の高さがある」というアピールにも繋がるでしょう。インターンに参加している人ほど、就業意識が高く、早い段階から働くことに対して真剣に取り組んでいると感じる人も少なくありません。 また、インターンに参加しておくことで、第一志望の企業の現場を肌で感じることが出来ます。求人情報だけではなかなか分からない空気を知ることも出来るので、より自分が働く姿をイメージしやすいでしょう。採用に繋がるキャリアプランの構築も可能になりやすいですし、現場で求められている人材がどういったものなのか、生の声を知ることもできるというメリットがあります。

エントリーシートを充実させる

エントリーシートと履歴書の書類選考を通過しないと、その上のステップに進むことは出来ません。第一志望に合格するためには、エントリーシートを充実させることがとても重要になってきます。社会人としてのマナーを意識すると共に、相手から良い印象を抱かれるエントリーシートづくりをしましょう。表情が明るく見える証明写真を撮影したり、手書きであれば丁寧で読みやすい字を心がけることも大切です。ワープロ打ちであれば、見やすいフォーマットづくりから、あなたのスキルや資質をチェックされていることもあります。 また、それぞれの企業で合格したエントリーシートをチェックし、過去のものを参考に出来るようにしておきましょう。企業によって求めているエントリーシートが異なっていることはあります。あなたの良さをより効率よくアピールする方法を知っておくことが重要になるのです。

就職エージェントを利用する

就活の成功率をアップさせるためには、転職エージェントを活用するという選択肢もあります。 就活で利用するのは、あくまで求人サイトくらい、という応募者は少なくありません。第一志望の企業のホームページで求人情報をチェックして、自分で書類を送って選考を受けることで、合格できる場合もあるでしょう。しかし、更に勝率を上げるためには、プロの力を効率良く借りることがおすすめです。転職エージェントを利用しない人も多いですが、特に新卒で就活をする場合、エージェントを使う人は本当に少ないです。料金などを気にしている人もいますが、基本的に無料なところばかりです。大学の就活課のような徹底サポートをしてくれますし、実績がそのまま彼らの企業としての業績になりますから、向こうも本気です。ボランティア活動ではなく、真剣に就活を手助けしてくれます。使いやすい情報提供や、あなたの魅力を底上げし、より分かりやすく企業に伝えるためのアプローチについても、一緒に考えてくれるでしょう。 面接練習やエントリーシートの添削などもしてくれます。ひとりだとどうしても難航してしまいやすい就活プロセスがある人も、是非就活エージェントを活用してみましょう。第一志望への合格率が上がるのはもちろん、万が一失敗してしまった場合の相談にも手厚く乗ってくれます。非公開求人の紹介等もありますよ。

第一志望がない場合の対処法

条件から第一志望を決める

就活をしているとき、誰しも絶対的な第一志望を持っているばかりではありません。企業にターゲットを絞っている人もいれば、業界や職種を第一志望に定めている人もいますし、「特に第一志望は無い」「選考を受けているところはどこも同じくらいの志望度」という人もいます。誰が正解でも間違っているわけでもなく、就活のスタイルや理想は、人によって大きく異なっているというだけなのです。 しかし、やはり第一志望があった方が、就活のモチベーションは上がりやすいです。優先度が決まっていた方が、就活全般におけるスケジュールも組みやすいです。複数の内定をもらった場合、志望度が高い方を優先することもあるでしょう。そのためには、給与やキャリアプランなどを考えた上で、条件から第一志望を決めておくのがおすすめです。自分の中で優先する勤務先が決まっている方が、効率良く取捨選択を進めやすいでしょう。

改めてキャリアビジョンを考えてみる

第一志望がない人は、就活について改めて考える必要があるかもしれません。 「ただなんとなく」の就活は、決して間違いではなく、そのまま内定獲得までいけることもありますが、躓いてしまうこともまた少なくありません。より具体的なキャリアビジョンを持っている人の方が、就活の成功率は上がりやすいのです。改めて自分の将来について考えてみましょう。仕事だけではなく、プライベートについて合わせて考えても良いのです。「○歳には出産したいから、育児休暇や出産手当が厚い企業で働きたい」というビジョンも、第一志望先を決める材料になります。 「○歳までに○円の貯金が欲しいから、若いうちからどんどん活躍できる企業が良い」という考え方もできます。ネガティブなイメージが抱かれやすいですが、「したくないこと」から考えるのも良いでしょう。「全国転勤がなくて済む企業」「現在の自宅から通いやすい立地の職場」などの選択方法もあります。就活の第一志望は、あなた自身の価値観で考えていって良いものなのです。

就活で「第一志望ですか?」と聞かれたときの回答例

とても重要な質問

就活をしていく上で、面接選考で「弊社は第一志望ですか?」と聞かれることがあるでしょう。これは、「入社の熱意があるかどうか」を見定めるためのとても重要な質問です。どんなに良い人材でも、折角出した内定を蹴られてしまうのでは、企業サイドの採用コストが上がってしまい、あまり望ましくないのです。

返答は「はい」一択が基本

たとえ「別の第一志望」が存在していたとしても、この質問の回答は「はい、第一志望です」が適しています。絶対に内定が欲しくない企業というわけではないのなら、「第一志望です」のあとに、自分がどのような理由でその企業を志望しているのか、簡潔に改めて述べるのが良いでしょう。これまでの経験やスキル、得意なことと絡めて語るのもおすすめです。

就活を成功させるためにしっかりと対策をしましょう

いかがでしたか?就活において、第一志望の企業の内定を得ることは、とても大きな意味を持ちます。その成功のために出来る工夫を出来るだけ意識しましょう。 しかし一方で、第一志望を逃してしまったとしても、その後の進路には様々な選択肢があります。色々な可能性を考えるように意識してください。視野が狭くなってしまわないようにすることが大切です。 また、就活の対策として難しいとされているのは「エントリーシート」です。エントリーシートのコツをしっかりと掴まなければ採用担当者にアピールすることができず、 「この人に会って話をしてみたい」 と思わせることは困難でしょう。そこで今回ご紹介するのは「キャリアパーク」です。キャリアパークでは、100社もの有名人気企業で内定を勝ち取った様々なエントリーシートを無料で見ることができ、実際に自分でエントリーシートを作成する際に参考にすることができます。 また、50種類もの就活対策資料も無料で手に入れることができるので、満遍なく就活に対して対策をすることが可能でしょう。 キャリアパークを活用することによって、就職を成功させる近道となります。気になる方はHPを確認しましょう!

関連タグ

アクセスランキング