IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活をやめたいと思ったときの対処法|就活を辞めたらどうなる?

就活の悩み・不安

これから就活をすると言う方、また今就活中と言う人はかなり多いかと思います。しかし就活ってとても大変でもうやめたいと思う人も出てくるでしょう。就活はとても大変で履歴書を書いたり交通費もかかり何かとお金がかかります。就活やめたいと思ったときにはどうすればいいのか…

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活やめたいと思うとき

就活やめたいと思うとき

理由は様々だけど

就活は何かとお金がかかり、さらにより多くの企業から内定をもらうために沢山の履歴書を書き、沢山の面接を受けなければなりません。特に在学中に資格を取らなければ就活に不利になりますし、何かしらのスキルを持ってなければ就活はとても難しいでしょう。何も資格もスキルもなく自信がなくなった時、特に就活やめたいと思うのではないでしょうか。他にも今好きなことを将来に繋げるためにスキルを磨き続けたいために就活をやめると言う人も中にはいるでしょう。 しかし就活をやめたくなった時に将来のことを考えてみましょう。安定した収入を得て将来家族を持って…と考えるとやる気になる人もいるかもしれません。しかしそれでもやる気になれない時はどうすれば良いのでしょうか…

誰かに背中を押してもらう

親や友達や先生などあなたの周りには多くの人がいるでしょう。そんな時に就活やめたいと思ったら誰かに背中を押してもらうことがとても大切です。一人で背負い込まないことが重要なのです。就活をするにはプレッシャーもかかってきますし、周りからの期待を背負うこともあります。けれども、誰もがそれを一人で背負ってそれに打ち勝つと言うことは出来ませんよね。そんな時こそ周りの人の協力が必要になってくるのです。 あなたの周りの人から応援してもらったり、励ましてもらったり、慰めてもらったりしていると就活やめたいと言う気持ちから就活頑張らなきゃと言う気持ちに切り替わってくるかと思います。実際に就活を一人きりでやってのける人はそうそういません。周りの協力があってこその就活なのです。

実際に就活をやめたらどうする?

実際に就活をやめたらどうする?

就活を諦めたら

周りの人たちの協力を得ても就活に失敗する人や挫折する人はかならずいます。しかし就活は学生時代にやらなければならないと言う決まりはありません。まずはアルバイトから始めて社員登用制度でそのまま正社員になることも出来るので、就活で失敗しても時間はかかりますが、アルバイトから正社員に登り詰める方法もあります。しかし大学を卒業してからアルバイトをするとなるとフリーターの扱いになるため、世間の目が気になると言う人もいるかもしれません。しかし将来に向けての就職活動の一環と思えば、そう気にすることもありません。

将来の夢がある人

将来有名人になりたい、ミュージシャンになりたい、作家になりたいなど…将来に夢がある人は就活をすることもないかもしれません。こう言った夢は特殊な能力やセンス、また技量などを持ち合わせる人や努力を惜しまないと言う人が成功するのですが、夢があっても努力が足りない人や成功する自信が全くないと言う人は就活を始めた方がより安定した将来へ導かれます。 しかし夢は諦めなくても良いのです。将来の夢を叶えるために敢えてフリーターになって休みの日を自分で決めて、夢を叶えるための活動や努力をする時間に当てることで、そう言った将来の夢は叶うかもしれません。しかし世間体が気になると言う人はやっぱり就活をするべきかもしれませんね。

そもそも就活っていつから始めればいい?

そもそも就活っていつから始めればいい?

大学在学中ならば

やはり大学生で就活をするのであれば早くて大学3年生の夏頃から始めると良いでしょう。企業説明会やエントリーなども早い企業であれば夏頃から始めるところもあります。そのため大学4年生の夏から秋までにはどうにか内定をもらいたいところです。大学3年生でもまだ時間があると思っている人はなるべく早めに就活のための行動へ移しましょう。就活の準備が早ければ早いほど就職の内定を獲得出来る企業が多くなるでしょう。そのため就活の準備は大学3年の春から始め、夏から本格的に就活をすることがとても大切です。

就活に必要なアイテムは?

まず就活に必要最低限に必要となるのがリクルートスーツ(バッグや靴なども含め)、履歴書、履歴書に貼る写真、スケジュール帳は必要になってくるでしょう。スケジュール帳はスマートフォンやパソコンで管理している人もいるかもしれませんが、実際に自分の手で手帳に書き込むことで「忘れてしまった」と言うことがないように防ぐことが出来ます。後は新聞を読みニュースやトレンドなどをいち早くチェックすることもとても重要です。 最近ではスマートフォンでもニュースやトレンドをチェック出来るニュースアプリも増えているので、新聞をわざわざ頼まなくても良さそうですね。面接でも気になるニュースは?と聞かれてすぐに答えられるようにする必要があります。そのために新聞やスマートフォンのニュースアプリは必須になってくるのです。

フリーターをしながら就活

万が一就活に失敗したり、就活をやめたらフリーターでアルバイトをしながら就活をすれば良いのです。アルバイトは時給ですが職種によっては高時給のところもありますし、場合によっては正社員よりも稼ぐことが出来る場合があります。しかしアルバイトは正社員に比べ社会保険や年金など福利厚生がしっかりしていない部分があるので、出来れば安定して働くならば正社員の方が将来的にも有利ですね。 しかしアルバイト先によっては正社員並に福利厚生がしっかりしている職場もあるため、将来を見据えてフリーターをしながら就活するならば、こう言った福利厚生がしっかりしている職場で働くことが大切です。

結局就活をやめたら

結局就活をやめたら

就活をやめたらどうする?

実家であれば親のお金もありますが、しかしいつまでも親に頼ってばかりではいられません。取り敢えずアルバイトをしましょう。自分に合った職種を探すためにいろいろなアルバイトをして合わなくてやめた…と言う繰り替えしになるかもしれませんが、まずはそのアルバイトを半年以上やってみましょう。半年続いたら1年続けてみましょう。そうして長く働くことでおのずと自分に出来る仕事が見つかるかもしれません。

やめた職場に戻る

いろいろなアルバイトを経験して「やっぱりあの時の仕事が良かった」と言う場合もありえますよね。その時はやめた会社に出戻りすると言う手段もあります。やめた会社にもう一度アルバイトとして雇ってもらえるようにしっかり真面目に働き上司からも認められる存在になることで、またアルバイトとして雇ってもらえる可能性はあります。それから正社員になれたと言う人も中にはいます。 やめた会社に出戻りなんて恥ずかしいとか気まずいと言う人は、やめた会社に近い職種でアルバイトや契約社員になって社員登用制度を利用して正社員になると言う方法もあります。やめたアルバイト先に出戻りって少し難しいですが、真面目に働いていたのであれば、その仕事への姿勢を覚えてくれている社員さんもいるかもしれないのでチャレンジが必要です。

とにかくアルバイトでも働き続けること

とにかくアルバイトでも働き続けること

就活をやめた人でも就職するには

就活をやめた人は就活が面倒だからやめたと言う人や、就活頑張ったのに全然内定がもらえなくて就活やめたと言う人がとても多いかと思います。しかし就活はやめたとしてもアルバイトだけは続けることをオススメします。もしかしたら学生時代にやっていたアルバイトが就活中も少しでも続いているのであれば、そのアルバイトはやめずに続けることが大切です。そのアルバイトもやめたとなると、また新たにアルバイトを探す手間にもなります。そのため内定が決まるまではアルバイトを続けることがオススメなのです。 もしも就活をしていても内定がもらえずそのまま就活やめたのであれば、そのまま続けていたアルバイトを継続して続けることでもしかしたら、そのアルバイト先で正社員になれるかもしれません。そのため極力、大学生の時に働いているアルバイトは内定が出るまでは出勤数を減らしてでも続けましょう。

アルバイトをやめてしまったら…

学生時代に働いていたアルバイトを就活のためにやめてしまった場合、就職浪人になるか、派遣社員や契約社員やアルバイトとして一から仕事を探すことにしましょう。より正社員になれる確率が高いのが派遣社員や契約社員かもしれません。派遣社員や契約社員は契約期間がありますが、契約期間満了になっても継続して働き続け、そして派遣先で正社員になれる場合があります。しかし契約満期でお仕事終了になってしまった場合はもう一度仕事を探さなければならないリスクもあります。アルバイトなら契約期間もなく社員登用制度でそのまま就職出来るため、社員登用制度を設けているアルバイト先の職場で働くことをオススメします。

社員登用制度で社員になれるまでの期間は?

最近では多くの企業でアルバイトにも社員登用制度で正社員にさせることが出来る制度を設けていることが多いのですが、社員登用制度で正社員を目指すにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?企業によって変わってきますが、大体1年〜2年と考えておくと良いでしょう。早い場合はアルバイト入社半年で正社員にさせてもらえる場合もありますが、少なくとも正社員になるまでは1年以上働き続ける必要があると考えておきましょう。

就活をやめたら取りあえずアルバイト

就活をやめたら取りあえずアルバイト

就活をやめた人はいろいろな理由があると思います。もし正社員を目指している人は就活をやめたら取り敢えずアルバイトで生計を立てることが必須です。そしてアルバイト先によっては社員登用制度と言う制度を設けている職場もあるので、もしその制度があれば大いに利用して正社員を目指しましょう。また、派遣社員や契約社員から正社員になれることもあるので、フリーターでは正社員になれないと言う思いは捨てて希望を捨てずにとにかく”働くこと”がとても大切です。働くと働かないでは大きく違いますし、当たり前ですが正社員になる確率は働いている人の方が遥かに高いです。 もしあなたがまだ大学生でアルバイトをしていると言う人は、そのアルバイトは就活をしながら週1とかでも続けることが大切です。結局就活で内定が出ず正社員になれなかった時の命綱のように、お世話になっているアルバイト先で就活をしながら続けていたアルバイトをしたり、もしくは学生時代から働いているアルバイト先で就職をすると言う手段もあります。なので就活中のアルバイト先は滑り止め的な感覚で続けている方が良いでしょう。万が一就活に失敗したときはそのアルバイト先で就職をしたり、就活浪人としてアルバイトをしながら就活を続けると言う手段もありますので、なるべく内定が出るまではアルバイト先をやめないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング