面接で人事にするといい「逆質問」質問の事例5選!やる気を魅せよう

就活ノウハウ

就職面接で最後に必ず聞かれるといっていい「最後に何か質問はありますか?」という言葉。この質問は、自分のやる気を面接官に見せ付ける最大のチャンスです。ここでは、自分のやる気を見せるため逆質問を5つお教えします。

更新日時:

①「今までの自分の経験をどのように生かすことができますか?」

面接では、自分の今までの経験をたくさん述べているはずです。しかし、企業が求めている経験全てを体験している就活生はそうそういないはず。 そんな中で、「今までの自分の経験を前向きに今後に生かす」にはどうすれば良いか質問をすることで、「自分の企業でも成長してくれるのかな」と思わせることができるでしょう。

②「内定をいただいた場合、次に自分がすべきことは何ですか?」

会社側は、「内定をもらうことをゴールとした就活生」ではなく、「内定をもらってから、自分達と一緒に成長してくれるであろう就活生」と一緒に働きたいと考えています。 内定をもらうことを前提とした質問をするのは、少しリスキーでもありますが、思い切ってこのような質問をすることで、「就職までに更に成長して帰ってきてくれるのか」と期待してもらえるのではないでしょうか。

③「就職後の1日の仕事の流れや、1年間の流れをご教授ください」

就職後に、会社の日課としてどのようなものがあるのか、どの時期に繁忙期を迎え、どの時期にスキルアップを期待されているのか、といった、「就職してからの生活」について詳しく聞くことも大切といえるでしょう。 「会社に入ってからの生活を想像できるほど、その企業への就職を望んでいる」ということをアピールすることで、より「一緒に仕事をする仲間」として意識してもらえるようになるでしょう。

④「志望している部署は、どのような目標を持った同期が多いでしょうか?」

あたりまえのことですが、同じ企業でも部署によって個人個人の目標は異なっています。企業に勤めている人がどのような意識で働いているかを知ることは、自分にとっても良い目標を定めるきっかけにもなりますし、かつ「将来へのビジョンが見えている人」であることをアピールすることにも繋がります。

⑤「この仕事をされていて、一番心に残っている出来事は何ですか?」

今まで長く企業に勤めている面接官相手だからこそできるこの質問は、一緒に仕事をする仲間として、ポジティブな気持ちを共有したいという気持ちの表れだといえるでしょう。仕事をするうえで、やはり一番大切なのは「やりがい」。そのやりがいをどのように共有していけるかを知っておくことは、就活中だけでなく、就職後にモチベーションを保たせるためにも役立つのではないでしょうか。 いかがでしたでしょうか。 逆質問は、あらかじめ「このような質問をしよう」と考えておくことで、当日の緊張もほぐれますし、「これを聞いておけばよかった」と後悔することも少ないでしょう。しかし、何より大切なのは、「面接で気になったことについてきちんと質問する」ことです。自分のやる気を見せつつ、面接中に自分が本当に知りたかったことを理解できるように、アンテナを張りながら面接を受けられるよう意識できると良いですね。

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)