IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己分析の方法3「ツールを使う」|就活は自己分析からはじめよう

就活ノウハウ

自己分析の方法3「ツールを使う」|就活は自己分析からはじめよう

更新日時:

目次

    OOK75_prezensurudansei20131223_TP_V

    こんにちは!イッカツマガジン編集部です!

    そろそろ就活の時期が近づいてきましたね。みなさん、もう自己分析は終わりましたか?「自己分析をやってみたけれど、いまいち上手く志望業界まで落とし込めない、なかなか上手くまとまらない」といった方も中にはいるのではないでしょうか。

    もし、自己分析でつまずいてしまった時は、「自己分析テスト」を受けてみるといいかもしれませんよ。自己分析テストは、質問項目に答えていくだけで、その人のパーソナリティや価値観などが一定の数値として目に見える形で結果になるサービスです。様々な就活サイトが運営している場合が多く、とても役に立ちます。

    では、具体的にどう役に立つのか。今回は、4つの自己分析テストについて概説していきます。網羅的に分析してくれるものから友達を介した特殊なものまで、価格も無料のものから有料のものまで幅広いです。ぜひ、自分にあった自己分析テストを探してみてくださいね。

    適職診断MATCH

    スクリーンショット 2016-04-08 11.25.23

    適職診断MATCHでは、自分の業種別・職種別の適性ランキングを知ることができます。診断は、パーソナリティ診断とバリュー診断の2つです。パーソナリティ診断では、客観的に見た自分の特徴、能力、適した職場環境などを分析。バリュー診断では、自分が仕事に対して求めている価値観が分析できます。診断価格は無料です。マイナビが運営。

    R-CAP

    スクリーンショット 2016-04-08 11.57.35

    R-CAPの診断で分かることは4つあります。自分にとって生き生きと働ける仕事、向いている仕事のやり方、自分に適した職場環境、どんなキャリアを積みたいかの思考性の4項目です。診断精度が高く、様々な企業の入社試験でも用いられています。

    また、4種類の客観的な診断結果を基にして、的確な自己分析、志望動機を作ることができます。診断は有料です。リクナビが運営しています。

    お願い!他己分析

    スクリーンショット 2016-04-08 12.09.40スクリーンショット 2016-04-08 12.28.23

    お願い!他己分析は、ラインなどで繋がっている友達に自分の特徴を聞くことができるサービスです。自分のことをよく知っていると思う人にアンケートに答えてもらい、その結果をグラフに反映する仕組みです。アンケートにお願いする友達が多ければ多いほどデータの精度が上がります。

    自己分析だけだと偏りがちな自己評価を、他者の視点を加えることで解消することができます。

    エニアグラム

    スクリーンショット 2016-04-08 12.10.54

    エニアグラムとは、もともと決まっている9つのタイプに個人を分類するテストです。

    所要時間5分程度で、性格診断、長所が明確になります。精度がやや低めですので、自己分析をお手軽に体験したい方向けです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。自己分析がうまくいってない方は、もしかすると、視点が一部に偏っていたり、何か項目を見逃しているのかもしれません。数多くのデータをもとに作られた自己分析テストを受けることで、精度の高い客観的なデータを手に入れることができますよ。

    自己分析は、自分の行動指針を決める重要な機会ですので、くれぐれも手は抜かずにしっかりと行いましょう。

    関連タグ

    アクセスランキング