IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大手企業からの転職/大手への転職|失敗例・第二新卒での転職法

転職ノウハウ

大手企業から中小企業、大手企業から大手企業、はたまた第二新卒と、転職を考える人が多いなか、何を持って転職という答えを導き出したのか様々なケースがあります。本当に転職して大丈夫なのか、今一度思い悩んでいるアナタのために様々な例をご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 大手企業の方が給料が高く、休みも多い傾向
  • 中小企業の方が、自分のやりたいことをやらせてもらえ、成果も自分のものとわかりやすい
  • 人間関係が悪い場合の苦しさは、異動のない中小企業の方が大きくなる
  • 最近は大手の第二新卒枠も広がってきていてねらい目

一般的なイメージの通り、大手とされる会社の方が、待遇は良い傾向にあります。しかし中小にも中小の良さがあり、特定の職種やプロジェクトの幅広い業務に携わりたいという人には、おすすめできるといえます。 最近は大手の中途採用や第二新卒の募集枠も広がってきており、転職のチャンスは大きくなってきているといえます。 もしあなたが記事を読んで、大手の方が合っていると感じたら、転職を考えてみましょう。応募数が多すぎると困るという事情もあり、あまり大々的に募集はかけないこともあります。 転職エージェントに登録し、非公開求人から紹介してもらう方が、可能性は高いです。おすすめの「マイナビエージェント」他、いくつかのエージェントに登録してみましょう。

大手企業とは?

大手企業からの転職を考える前に、まず大手企業とはなんぞや?から順を追ってご説明していきたいと思います。 大手企業といえば一般的に、『年収が高い』、『年間休日が多い』、『大手企業であれば将来的にも安定して社会的地位も高い』、『住宅ローンが多く借りられる傾向にある』働くという条件で言えば、かなりの好条件で良いように感じます。 しかし、これらはあくまで“イメージ”であって実態は企業によって異なるのが現状です。そして、大手企業とはそもそもどういう会社を示すのか、まずは大手企業の定義からご紹介します。

大手企業の定義

大手企業とはどういった企業か説明できますか?言葉通りで捉えると『大きい会社』となりますが、何が大きいのかですよね。従業員が多い?資本金が多い?はたまた本社以外の支店の数?具体的に聞かれると中々答えられないものです。 私自身も以前大手と言われる企業に勤めていた経験がありますが、周りの人が大手と言っていたので、「この会社って大手なんだな」くらいにしか感じていませんでした。それでは大手企業とは何か説明していきます。

大手企業は“中小企業以外”の企業

結論から説明すると、大手企業はこれ!という定義は存在しません。ただ、中小企業に関しては、『中小企業基本法』によって定められているため、それ以外を大手企業と定めることができます。 “中小企業基本法第2条第1項”には次のように定められています。『資本金の額または出資金の総額が3億円以下の会社、並びに従業員の数は300人以下の会社及び個人であって、製造業、建設業、運輸業、そのたの業種(次号から第4号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの』とあります。   つまり、業種によっての資本金または出資金の額と、従業員数によって、中小企業か否かを分別することが可能となります。以下に大手企業の定義をまとめてみました。ただし、これらは中小企業以外だとこうなると示しているものであって、厳密な定義ではないことをご理解ください。 ●業種:製造業、建設業、運輸業、その他の業種で下記のいずれかを満たしている 資本金:3億円以上 従業員数:300人以上 ●業種:卸売業で下記のいずれかを満たしている 資本金:1億円以上 従業員数:100人以上 ●業種:サービス業で下記のいずれかを満たしている 資本金:5000万円以上 従業員数:100人以上 ●業種:小売業で下記のいずれかを満たしている 資本金:5000万円以上 従業員数:50人以上

大手企業は中小企業と比べて本当に収入が多い?

大手企業は年収が高そうなイメージは本当なのか調査してみました。 その結果、平成28年度の厚生労働省調査結果によると、男性では、大企業が384.8千円、中企業が320.2千円、小企業が290.9千円。女性では、大企業が268.7千円、中企業が242.3千円、小企業が219.1千円となっています。 また、大企業の賃金を100%とすると、中企業の賃金は、男性で83.2%、女性で90.2%、小企業の賃金は、男性で75.6%、女性で81.5%となっています。 つまり世間のイメージと同様に、統計としても企業の大きさに比例して賃金もアップしていることがわかります。 下記リンク『厚生労働省 平成28年賃金構造統計調査』によって、より具体的な数値、図表も掲載されています。上記の数値は、『企業規模別』を参照してご覧頂ければと思います。この他にも、『性別』『学歴』『産業別』『雇用形態別』『賃金の分布』『都道府県別』『製造業における労働者の種類』『役職別』『短時間労働者』と項目があります。

大手企業は中小企業と比べて本当に年間休日が多い?

大手企業においても、最近のニュースでは残業時間問題が取り上げられたりしていますが、中小企業と比べてその実態はどうなっているのか調査してみました。その結果、厚生労働省平成28年就労条件総合調査によると、以下のようになりました。 ●週休2日制の企業割合 主な週休制の形態をみると、「何らかの週休2日制」を採用している企業割合は88.6%となっています。「完全週休2日制」を採用している企業割合は 49.0%となっており、これを企業規模別にみると、1,000 人以上が 69.1%、300~999 人が 60.0%、100~299 人が 49.6%、30~99 人が 47.2%となっています。 ●年間休日総数 平成28年の年間休日総数の1企業平均は 108.0 日、労働者 1 人平均は 113.8 日となっています。1企業平均年間休日総数を企業規模別にみると、1,000 人以上が 115.3 日、300~999 人が 113.4 日、100~299 人が 109.7 日、30~99 人が 106.8 日となっています。 ●年次有給休暇の取得状況 平成28年1年間に企業が付与した年次有給休暇日数は労働者1人平均 18.1 日、そのうち労働者が取得した日数は 8.8日で、取得率は 48.7%となっています。取得率を企業規模別にみると、1,000 人以上が 54.7%、300~999 人が 47.1%、100~299 人が 44.8%、30~99 人が 43.7%となっています。 このように企業別規模で見た就労条件を調査してみた結果、『週休2日制』、『年間休日総数』、『年次有給休暇の取得状況』の全てにおいて企業規模(従業員数)が大きいほど、多いという結果となりました。 下記リンク『厚生労働省 平成28年就労条件調査』によって、より具体的な数値、図表も掲載されています。上記の数値は、『労働時間制度』を参照してご覧頂ければと思います。この他にも、『定年制等』『賃金制度』『労働費用』『派遣労働者関係費用等』と項目があります。

大手企業は中小企業と比べて本当に住宅ローンが沢山借りられる?

人間は生きていく中で『衣』『食』『住』は絶対に必要不可欠ですよね。その中でも、家庭を持って将来的には家を建てたいというのは誰もが考える夢です。その夢を叶える上で、住宅ローンを借りられるかどうかというのは、重要な問題となります。 そもそもローンというのは、お金を借りることです。そのため、いつかは返す必要があります。お金を借りる人間が、何十年に渡ってお金を返す目途がつくかどうかというのをどこで判断するかというと、勤務先となります。 きちんと返してくれる人間なのかを判断するうえで、大手企業なのか中小企業なのか公務員なのか自営業なのか等々、どういった職種でお金を稼いでいるかが大事になってきます。 住宅ローンで借りる目安は、『年間収入』『勤続年数』『属性』です。属性というのは、会社員なのか、上場しているかどうか、企業規模はどれくらいなのか等々を判断するものです。そこで、住宅ローンの借りられる上限金額を決めていきます。 一番大事なのは、『社会的信用度が高いかどうか』につきます。会社員であったとしても、その会社が設立されて間もない会社だったら、銀行はお金を貸すかどうか考えた時に、貸し辛いと判断するでしょう。 結果としては、社会的信用度が高い大手企業は、中小企業よりも多く借りられる確率は飛躍的にアップします。ただし、借りる銀行、信用金庫、労金、農協等々の判断によっても変わってくるので各々相談が必要です。

大手企業で働いて“良かった”と感じること

●安定的な給料で生活も安定する 大手企業が中小企業と比べて、給料が多いのは厚生労働省のデータからでも明らかになりましたが、20代に関して月々の月収にそれほど大差はありません。 それどころか、中小企業のような若手にもチャンスを与える会社の場合、もしかすると大手企業よりも給料は上回る会社も出てきます。それでも、会社の安定度から大手企業は、ボーナスが高確率で支給されることで中小企業とは違って格段と生活は安定するでしょう。 ●年間休日が多くプライベートの時間が充実する 完全週休2日制、祝日、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始としっかり休日が取れ、家族とのコミュニケーションに時間が取れるため、仕事はお金を稼ぐものと割り切りさえすれば大手企業ほど良かったと感じることも多いかもしれません。 逆に今は仕事を第一にしたいということであれば、中小・ベンチャー企業で働くことを考えた方が良いかもしれません。プロのキャリアアドバイザーに無料相談するなどして、自分のキャリアプランを考えてみましょう。

●人間関係をリセットできるチャンスが何度も訪れる 仕事は人間同士でするものですから、人間関係に悩む人も多いと思います。そして、人間関係が原因で転職を考える人も多いほどです。そのような中、大手企業は、良くも悪くも人事異動となるケースが中小企業と比べて圧倒的に多いのです。 どれだけ吐き気がするほど嫌な上司であっても、数年我慢すれば上司あるいは自分が人事異動で別の部署、別の勤務地に異動となると考えれば、前向きに仕事を続けることが出来ますよね。 ●充実した福利厚生 大手企業であるほど福利厚生も充実している傾向が有ります。逆に中小企業は、まだまだ福利厚生が充実していない企業も沢山あります。『家賃補助』『昼食補助』『育児休業』『リフレッシュ休暇』『資格手当』『駐車場手当』『財形貯蓄』等です。 中には会社独自の福利厚生もあり、社員としては多ければ多いほど嬉しいものです。さて、あなたが今勤務している会社の福利厚生はどうですか?一度調べてみては如何でしょうか。

大手企業で働いて“悪かった”と感じること

●職種を選べない傾向にある 私自身も『企画』→『営業企画』→『広報』と職種が変化していきました。人事異動はある日突然告げられます。そのため、これがやりたい!と自分自身の意志を尊重するなら、大手企業はとてもじゃないですが辛いと思います。職種別に採用はしますが、その後のキャリアについては結局人事判断に委ねられます。 ●キャリアが曖昧になる 大手企業は職種を選べないが故に専門家としてキャリアを育て辛いです。「企画を10年やってきました!」というパターンはあまりなく、「企画と営業企画と広報ができます」であれば、結局何が得意なのかわかりづらいですよね。 そのため、どっぷり大手企業につかっていると、いざ転職を考えた際にも自分の得意分野が掴みづらく、結局何を得意としていたのかがはっきりと見えてこないケースがあります。 ●勤務地がコロコロ変わる 職種を選べない傾向にあるということは、人事判断で勤務地まで変わるケースが多々あります。人間にとって『住』をコロコロ変えられるということは、色々な意味で辛いのは間違いありません。 一度や二度ならまだしも私が以前勤務していた会社では、毎年変わる人もいました。住み心地が良い土地、ようやく仲良くなってきた隣人、部署とのコミュニケーションも取れて仕事がやりやすくなった所で転勤となるわけです。 マイホームを購入してすぐに転勤となるケースもあり、「マイホームを購入したので転勤は止めてください!」と人事に直談判できないのが大手企業の特徴です。 ●仕事を断れない え?そもそも仕事って断れるの?と思いがちでしょうが、中小企業と大手企業で根本的に違うのが組織の大きさなのです。中小企業であれば、仕事がきても「こんな仕事やる必要があるんですか?」と上司や役員に、しっかりと理由をつけて直談判することは可能です。事実私も中小企業で働いていたときは、よく社長の所にいって力説したものです。 ただ、大手企業であればどうでしょう。仕事はとてつもなく上から降ってくるのです。上司に言ってもどうしようもありません。上司の上司になんとか言ってもらっても、その上、またその上とどんどん上に話を持っていかないといかないわけです。 そのような行動力があるなら、その仕事をちゃっちゃとこなして別の仕事に進んだ方が気が楽です。 ●とにかく無駄な会議が多い 定例会議という名の無駄な会議が多いです。会議といっても、進行役と発言者がいますが、そも半分くらいは発言することなくただ出席するだけです。 それが1時間~2時間続こうものなら、その時間分だけ残業して取り戻さないといけないのです。出なくていいと判断して会議に出ないと自分では判断できないのが大手企業の特徴でもあるのです。

大手企業からの転職

大手企業を分析し、良い面と悪い面の両方をお伝えしてきました。とはいえ大手企業は、働く上では良い環境であることは間違いありません。 それでも、大手企業から中小企業への転職を考える人が多いのも事実です。仕事へのやりがい、ステップアップ、何か考えに至った結果、転職という答えを導き出したはずです。 本当に転職して大丈夫なのか、今一度思い悩んでいるアナタのために、『大手企業からの転職で戸惑う点』を紹介しつつ、これらを踏まえて『大手企業からの転職のメリット』をご紹介します。 もちろん、下記の例は、全ての企業がそれに当てはまるということはありません。

大手企業からの転職で戸惑う点 『OJTが機能していない』

大手企業から中小企業に転職する場合、OJTが機能していないと感じるケースが多いです。機能していないというのは語弊がありますが、あくまで“大手企業と比べて”という事です。 大手企業は、人材育成にしっかりお金をかけ、社会人としてのマナーから会社の概要、取引先とのコミュニケーションの取り方、色々な仕事に必要な知識や技術をしっかりと数カ月かけて教育します。 しかしながら、中小企業にはそのような時間もお金もかけたくありません。そこで、やりながら慣れよのざっくりとしたOJTとも何とも言えない独自の方式で、見よう見まねで仕事を覚えていくしかないのです。 あまりの適当ぶりに、転職した初日にやっぱり転職しなければ良かったという人もいるかもしれません。

大手企業からの転職で戸惑う点 『仕事領域が格段に違う』

大手企業はそもそも部署あたりの人数が多いですから、仕事の分担がきちんとされていて、しっかりとしたタスクフローが整備されています。そのため、一人あたりの仕事量もある程度均一化され、仕事に対するバックアップ体制もしっかりしています。 しかしながら、中小企業に転職した途端に、今までやってきた仕事領域を超えて資料作成から事務がすべき仕事でも全てやる必要が出てきます。私が経験したことでは、職場の電球の交換からトイレ掃除までやっていました。大手企業では考えられません。

大手企業からの転職で戸惑う点 『個性的な人間の集まり』

大手企業では離職率が低いこともあり、同じような考え方を持つ人間たちが集まり、あまり個性を出さない組織に仕上がっていく傾向にあります。一方中小企業においては、中途採用で即戦力を集めるため個性的な人間が集まってくる傾向にあります。 さらに、さほど広くないオフィスで同じ人間とずっと顔を合わせているわけですから、人間として合わなかったとしても、大手企業の時のように人事異動も無ければ部署を変えることも出来ず、逃げることが出来ません。

大手企業からの転職で戸惑う点 『仕事への情熱』

大手企業の仕事は、いかに組織として歯車を合わせて仕事をしていくかです。そのため、ある程度の事では怒られず、一人に対しての責任は少ない傾向にあります。その変わり、いくら一人で頑張ったとしても、一人に対しての成果はさほど認められずそれが結果として昇進に繋がることも稀です。 その反面、中小企業での仕事は、いかに成果を挙げられるかです。個の力を求められる分、成果を挙げた分だけ給料にも反映される傾向がにあり、出世も早く訪れるかもしれません。 そのため、仕事への情熱は半端ないのです。これがやりたくて中小企業に転職するのであれば言う事ありません。ただ、大手企業のようなワークスタイルで臨むと中小企業でその働き方は通用しません。 とはいえ、大手企業から中小企業へ転職する理由としては、仕事への情熱が最も多いためここで戸惑ってしまっては元も子もありません。仕事がきっちり決まりすぎていて物足りなさを感じているのであれば、転職を検討しましょう。

大手企業からの転職でのメリット 『やりたかった職種に就ける』

大手企業ではやりたい職種等の希望はあまり聞き入れられず、色々な職種の一部分を任されることが多いのは上記で記載した通りです。毎日仕事をする上で、どうせやるなら好きな事をやりたいと考えるのは自然ですよね。 好きな仕事のためなら、少しぐらいの不自由は当たり前と考えるなら、大手企業からの転職は、見事に成功したと言えるでしょう。

大手企業からの転職でのメリット 『仕事の幅が格段に広がる』

大手企業においては、仕事は細かく分担されるため、ある職種においても全てを任されないため専門家が育ち辛いのが欠点です。それもそうです。大手企業で働くということは、人間は組織という歯車を動かすための一つの部品に過ぎませんから。 それが、中小企業に転職すれば、全てやらせてもらえる確率がグンと高まります。すなわち、個人のスキルとしては飛躍的に向上し大きなスキルアップに繋がったと感じれば、大手企業からの転職は、見事に成功したと言えるでしょう。

大手企業からの転職でのメリット 『仕事の成果が直に評価される』

大手企業での仕事は上述の通り細かい仕事分担のため、仕事の成果が直で評価されることはあまりありません。そのため、仕事をお金を稼ぐための手段としかみない、完全な割り切りで考える社員が多いのも特徴です。 情熱をもって仕事に取り組みたいと、起業したり中小企業に転職する考えを持つ人は、仕事をやりがいと捉え、仕事の成果が直に評価される仕組みに共感した上での大手企業からの転職は、良いのではないでしょうか。

大手企業への転職

中小企業に勤めていると、大きいビル、綺麗なオフィスを見て、一度でいいからそういう所で仕事がしてみたいと考える人も多いでしょう。また、年収を上げたい、しっかり休みが取れる企業で仕事がしたい等、考えたらきりがないと思います。 そんな大手企業に転職することは可能なのか、また、転職した際の成功事例、失敗事例をご紹介します。

そもそも中小企業から大手企業へ転職は可能?

転職というのは、会社が人を採用したいと考えた上で成り立つことですから、そもそも会社側が人を採用する予定がないなら難しくなります。 それも、業種や時期によって大きく変わってくるでしょうし、その企業が地方でも活躍できる会社であれば、地方の支店で転職することは可能でしょう。しかしながら、一般的に大手企業への転職は、一筋縄ではいきません。 それもそのはずです。大手企業の多くは、新入社員からOJTをしっかり行い、一から仕事を教えていくスタイルが多いのです。そして社会を知らない新入社員を、その会社の風土に自然と染めていくのです。 それが中小企業から大手企業への転職ともあれば、別の社風で育った人間に仕事を教えるわけですから、大手企業は波風を立てて社風が乱れることをとても嫌うのです。 しかしながら、全ての大手企業が上記のようなことはありません。筆者自身、タイミングが非常に良く中小企業から大手企業への転職を31歳の時に経験していますが、たまたま新しく求人が出たところを、たまたま私自身が今までやってきた業務内容と大手企業の欲しているスキルが重なり転職出来た次第です。 そのため、運もかなり左右してきますが、転職することは十分可能だという事をご理解下さい。

大手企業へ転職するためには『優れた実績やスキル』をアピールする事

大手企業へ転職出来る条件として、当然のことながら即戦力であること。そして、その企業にはないノウハウを持ち合わせた人間であることです。 単純に従業員の人数を増やすために募集をしているわけではないので、ただタスクを淡々とこなす人材であれば必要ないのです。その企業にとって、大きくプラスになる何かを持っていなければ中々採用にはこぎつけません。 例えば、同業界の別の企業で発明した商品の開発に携わっており、その開発の発案者でプロジェクトリーダーをやっていた等、明らかに入社すれば大きなメリットであることをアピールすることが出来れば、採用に一歩近づいたと言えるでしょう。

強みを持つことが出来れば数社にチャレンジ

大手企業にアピールすることが出来る強みを持つことが出来れば、後はひたすら募集タイミングを見計らいチャンスをうかがいます。この段階では、複数の転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。スカウトや非公開求人が届く状態を作るのです。 そして、いかにして大手企業に自分を売っていくかをシミュレーションを積み重ね、猛アピールしましょう。その会社じゃなくては転職しないという信念があったとしても、出来れば第二希望、第三希望まで大手企業を考えておいて損はありません。 もちろんその企業が自分に合うかどうかを事前にリサーチすることも怠ってはいけません。するともしかすると、そちらの企業の方が自分のスタイルに合う可能性もあります。 サポートが好評のマイナビエージェント公式サイトはこちら

大手企業からの転職での失敗例

大手企業出身者が中小企業へ自分の夢を語り中小企業に転職したものの、夢と現実のギャップに苦しみ「こんなはずじゃなかったのに・・・」と意気消沈するケースは往々にしてあります。 なぜそうなってしまうのか。大手企業出身者特有の悩みを元にご紹介します。

大手企業出身という妙なプライドが邪魔をして失敗

大手企業出身は妙なプライドを持っているケースが多々あります。それもそのはず、有名大学卒、誰もが知る大手企業に新卒で就職、取引先には頭を下げられ、殿様気分で働くことによって自分は凄い存在と感じ始めます。 そうなると、プライドが芽生え泥臭く働くことが出来なくなるのです。それでも、「俺はもっとやりたいことをやるんだ!」と自分の夢を語って、中小企業に自らの意志で転職をするものの、妙なプライドが邪魔をして仕事が嫌になり失敗と感じるのです。 プライドが邪魔をするケースとしては ・大手企業では取引先は頭を下げてきたのに対して、中小企業ではこちらから頭を下げなくてはいけない。 ・仕事の幅が広いため、今までやる必要がなかった雑用をこなさなければならない。 そうなると決まって、「俺は作業者じゃないんだ!」と感じる様になる。 ・きちんとしたOJTがないため、時には年下の社員から命令口調で指示をされることになる。 大手企業ではそのような仕事環境はあり得なかったため、プライドが邪魔をし仕事を覚えられないという結果になります。

大手企業での仕事のやり方が通用せず失敗

大手企業に新卒から勤めていると、そこでは当たり前でしていた事が、中小企業では使えないことに後々気づきます。それは、大手企業のネームバリューによる仕事受注、資本に頼り切った緩い予算管理のプロジェクト等です。 中小企業では、仕事は向こうから来ませんし、コスト削減による厳しい予算管理によるプロジェクトは当たり前です。大手企業の緩さに慣れ過ぎたが故に、仕事のやり方が全く通用せず苦労します。 中小企業の人事としては、大手企業出身だからといって優秀に感じないという評価となってしまうのです。

人間関係に悩んでしまい失敗

大手企業ではオフィスも広く人事異動によって同じ人と何年間も一緒に仕事することはあまりありませんが、中小企業ではそうはいきません。 さきほども書きましたが、さほど広くないオフィスで同じ人間とずっと顔を合わせているわけですから、人間として合わなかったとしても、大手企業の時のように人事異動も無ければ部署を変えることも出来ず、逃げることが出来ません。 人間関係というのは、仕事において一番の悩みと言いますが、中小企業で勤務する上での悩みはこれに尽きるのかもしれません。私自身も人間関係に何度も悩まされた経験が有ります。 大企業から中小企業への転職の際は特に、社風や人に合うかというのをしっかりと見るようにしましょう。エージェントからの内部情報はもちろん、社員の印象やネットの口コミなどをしっかりチェックしましょう。 全く未知の中小企業を受ける場合は、できる限り転職エージェントを使いましょう。

大手から大手への就職は可能?

大手企業から大手企業への就職はもちろん可能です。しかしながら、大手企業出身がさほど重宝されていないのも事実です。というのは、大手企業の仕事のやり方として、作業分担でプロジェクトを進行させていくため、職務の領域が中小企業と比べて圧倒的に狭いためです。 そのため、大手企業が中途採用で欲しているスキルや実績が乏しいのです。それでも、他の大手企業に転職したいと考えているのであれば、ある程度覚悟が必要となります。

大手から大手へ転職することはどんなとき?

大手企業から大手企業への転職をしたいと考えるのはどんなときでしょうか。安定と給料を考えるのであれば、今現在でも大手企業に在籍しているのですから、それを理由に転職するのには無理があります。 そうなると、出世コースには乗っておらず「評価されていない」ために他の大手企業への逃げの一手と思われても仕方が無いのです。そう思われないためにも、かなりしっかりとした転職のための志望動機が必要になります。

大手から大手へ転職する場合に覚悟すべきこと

上述でもお伝えした通り、大手企業は新卒から教育して人材を育てていく傾向にあります。そのため、大手企業から大手企業へ転職したとしても、出世コースに乗ることは大変難しい事を覚悟してください。 やはり新卒から人脈を築いている人と、中途で入社した人とでは土俵が違うのです。また、やりたい仕事をするために転職したとしても、それは同じ大手企業です。 仕事の領域は決して広がりませんので、きつい言い方をすると転職が成功したとしても待っているのは同じ未来です。

大手から大手へ転職は・・・

大手企業から大手企業への転職は、結論から言うとあまりお勧めはしません。転職をするということは、在籍年数がリセットされますし、これまで築いてきた人脈も全てでは無いにしろリセットされます。 あくまで安定を求めつつ今の環境からリセットしたいと考えている方は、転職するというパワーを使う割にはもったいないように思えます。 例えば、「もっと自分を評価してほしい」「やりたい仕事をしたい」ということであれば、中小企業への転職やベンチャー企業への転職、そして自らが起業するといった選択肢の方がやりがいを感じ、自分のやりたいことが出来るかもしれません。 社内の中途社員やエージェントから、過去の転職者についてしっかりと聞いたうえで、慎重に判断しましょう。

第二新卒で大手企業に転職する方法

「就活に失敗したものの、次は大手企業でチャレンジしたい!」と考えている第二新卒のアナタ。企業選びに失敗し、ネガティブになる必要は全くないのです。 第二新卒であっても、大手企業は積極的に採用に力を入れています。第二新卒が熱い理由を、一つずつ項目に沿ってご紹介します。

大手企業はなぜ第二新卒を採用するのか

少子高齢化の影響によって、若者が減り新卒の人数がどんどん減っています。大手企業は新卒から教育をして人材を育てるのが基本的な人事戦略ですから、新卒が減り続けた今、第二新卒に目を向けているのです。 第二新卒であれば、他の企業の社風に染まっていません。そのため、新卒同様の扱いで注目しているのが第二新卒となるのです。

大手企業に転職するために知っておきたいこと

第二新卒で一度社会を経験しているとはいえ、基本的には新卒同様で採用するため、学歴は当然必須です。残念ながら学歴の部分で書類選考で落とされるというケースも多々あるでしょう。 ただ諦めないでください。職種を選ばなければ入社に滑り込める場合もあります。営業職で狙う、人気ランキングにのらない隠れた優良企業を探す、派遣や契約社員から正社員を狙うといった書類選考で落とされずに、面接までこぎつけられる方法を探しましょう。 また、当然ですが、第二新卒は新卒と同様というわけでは有りません。一度会社を辞めているため、辞めた理由と辞めてから今まで何をしていたか、納得できる転職理由を明確に話せる必要があります。 アピールできるポイントを明確にしてください。これは新卒でも同様のことが言えますが、社会人の実績としては何もないので、自分は何が出来るかを会社にアピールする材料が必要になります。 ちなみに私は、企画書を書く練習をひたすらして、一番良いと思った企画書を持参しました。その企画書の中身はどうでもいいのです。 会社に対して、自分はこういうことがやりたいんですと情熱をぶつけてみましょう。人事の性格にもよりますが、面白そうと採用してくれるかもしれませんよ。

大手企業への転職ノウハウ

第二新卒になってしまった理由を明確にする必要があります。それは、前の会社をすぐに辞めてしまった理由を明確にすることです。ネガティブな発想ではなく、ポジティブな発想で考えましょう。 「辞めたのは御社への入社の夢が捨てきれなかったからです」等々何かしら良い印象に持っていきたいですね。冗談でも「人間関係がうまくいかなかっため」といったネガティブな退職理由はダメです。そして、そのような事が記載されてあったら100%、「弊社でも人間関係がダメになったら辞めるんですか?」と聞かれますよ。 とにかく失敗しないためにも転職への意気込みを考えましょう。そして、面接までこぎつけられたらそれを精一杯ぶつけるのです。行動に表すために、デザイン関連だったら作品の一つや二つは持っていきましょう。企画関連なら企画書を持参しましょう。 行動にうつすということは、もしその会社の面接に失敗したとしても、必ず他の役に立つはずです。

やれることを信じる

この記事のまとめ
  • 大手企業の方が給料が高く、休みも多い傾向
  • 中小企業の方が、自分のやりたいことをやらせてもらえ、成果も自分のものとわかりやすい
  • 人間関係が悪い場合の苦しさは、異動のない中小企業の方が大きくなる
  • 最近は大手の第二新卒枠も広がってきていてねらい目

最後になりますが、企業をネームバリューだけで選んでいませんか?確かにそれも大事ですが、それ以外に大事なのは自分の体です。 ブラック企業かどうかを見定めるのは難しいですが、自分に合った企業を選ぶためにも、ネームバリューに拘らず今一度、色々な企業を探してみては如何でしょうか。きっとアナタにぴったりの真っ白なホワイト企業が見つかるはずです。 迷ったらまずは転職エージェントに登録し、面談を受けてみてください。人に話すことで気づくこともあります。「マイナビエージェント」はサポートが丁寧と評判なので、転職すべきか悩んでいるという人にはおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング