IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職の流れとやり方・面接と転職先探しの方法とコツ

転職ノウハウ

転職をする時にはどうやって転職をすればいいかやり方が分かりませんよね。特に初めての転職の時には、どういった流れで転職すればいいのか迷うので、転職することにも躊躇してしまいます。そこで転職するやり方が分からないという人がするべきことについて紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職するなら、やりたい仕事は何か明確にしよう
  • できれば在職中に次の転職先を見つけよう
  • 転職をスムーズに進めるなら「マイナビエージェント」がおすすめ

転職をする時に気になるのが、転職のスムーズなやり方についてですよね。転職をしたいと思ってもすぐに会社を辞められる訳ではありませんし、報告や転職するための計画をしっかりと立てなければなりませんよね。 転職をする時にはいろいろなやり方がありますが、どのようなやり方がスムーズに転職をするめられるのでしょうか。 方法のひとつとして転職エージェントがあります。転職エージェントなら、求人の紹介から面接対策、条件の交渉まで行ってくれますので、スムーズに転職活動が進められます。 特にマイナビエージェント」はサポートが手厚いのでおすすめです。転職を考えているなら、一度相談してみましょう。

転職のやり方

やりたい仕事を見つける

転職をする時にやり方が気になりますが、転職する前にしっかりとやりたい仕事を見つけることが大切です。転職は自分が働きやすい会社を選んだり、将来のことを見据えて転職することが大切です。 転職自体が年齢が上がっていくと共に大変になって行くので、転職する時には事前にしっかりと計画を立てておくことが大切です。やりたい仕事を見つけることも大変なことですが、転職するからにはできるだけ長く働ける仕事を見つけたいものです。 転職するためのやり方の前に、自分がしっかりと働きたいと思える仕事を見つけるようにしましょう。現在の仕事が嫌だという理由だけで簡単に辞めてしまっては、次に働く会社でも同じような理由で辞めてしまう可能性もあります。 転職する前にやりたい仕事を見つけてから、転職活動を進めましょう。

転職後の流れややり方を頭で整理する

転職をする時には事前に退職までの流れを把握しておくことが大切です。転職のやり方としても、退職するまできっちりと計画を立てておきましょう。転職後の流れとしては自分がやりたいと思う仕事を見つけることです。 それから上司に相談をして転職活動をする流れになりますが、退職するまでに次の会社を決めておくことが大切です。もしも退職してから次の仕事先が見つかっていないと、生活に大きな支障が出てしまいます。 さらには早く仕事を見つけないと思うあまり、自分がやりたい仕事ではない会社に転職してしまう可能性も高くなります。 とりあえず生活のために仕事をしなければいけないという理由から、やりたくない仕事をすることによって、また同じような転職を繰り返してしまう恐れがあるので注意しなければなりません。 転職のやり方としても大切なことは、しっかりと計画的に転職の流れを把握し、スムーズに次の会社に転職することが大切なのです。焦った転職は良い結果を生まないことが多いので、しっかりと計画を立ててから転職をするようにしましょう。

上司に相談をする

今の会社を辞めて転職したいと考えたら、上司に相談をすることを忘れないようにしましょう。信頼できる上司ならば相談という形で上司に報告をすることで、転職で悩んでいることを相談できるかもしれません。 転職のやり方としては上司に相談する時に退職願いを提出しますが、その前に相談してもいいでしょう。転職は簡単に決められるものではないですし、自分の生活にも大きく影響することです。 上司の言葉によってもう一度頑張りたいと思うかもしれませんし、転職を後押ししてくれることもあるでしょう。上司に相談をする時にはしっかりと自分の意見を伝えることが大切です。 上司に相談をしたら退職願と共に退職日をしっかりと報告しましょう。できるだけ早く相談することが大切なので、3カ月前に相談しても問題はありません。最低でも1カ月前には報告するとありますが、できるだけ早くに相談することをおすすめします。

求人を探す

転職のやり方として上司に報告が済めば、後は求人を探すことになります。求人の探し方はいろいろ種類があるので、自分に合った方法で次の会社を見つけましょう。大切なことはできるだけ失業している期間を少なくすることが大切です。 失業期間が長くなると生活費の問題や早く仕事を決めないといけないという焦りが出るので、良い転職をすることができなくなってしまう可能性も高くなります。 できるだけ余裕のある転職をするためにも、退職日までに次の会社への内定を取っておくことが大切です。時間的な問題もありますが、できるだけ多くの会社への就職活動をすることが大切になります。

就活をする

転職する時には中途採用になるので、厳しい転職活動になることが予想されます。そのため採用されないということを想定しながら、できるだけ多くの会社への転職活動をするようにしましょう。 時間的な余裕がないことも予想されますが、在職中にできれば次の会社を決めておくと安心して転職することができます。転職のやり方をいくら聞いても、次の会社への転職が決まらなければ意味がありません。 転職をするムーズにするためにも、就活をする時には多くの会社へ面接に行きましょう。

面接をする

転職活動をする時に重要なのが面接です。面接のやり方もいろいろありますが、自身も何度か経験しているはずなので、面接対策をしっかりとしておきましょう。中途採用の場合には自分のスキルを活かした転職や、まったく違った異業種への転職が予想されます。 大切なのは自分がなぜその仕事をやりたいのか、自分のスキルをどうやって会社に活かせるかが重要なことです。転職のやり方でも面接対策は重要ですが、マニュアル通りの回答ではなく、自分の言葉でしっかりと伝えることを意識しましょう。

気持ち良く前の会社を退職する

転職する時に大切なことは、スムーズに退職して次に会社で働くことです。次に働く会社が決まったから後か関係ないという態度では、今までお世話になってきた会社や仲間に失礼ですよね。退職する時には保険や年金などの手続きをしなければいけません。 お世話になった会社へ気持ち良く退職するまでが転職なので、次の会社を決めるやり方だけを学ぶのではなく、スムーズに退職するまでしっかりと対応しましょう。特にお世話になった仲間や上司に対しては、しっかりと挨拶をしておくことが大切です。 いつどこで会うか分かりませんし、社会人としての礼儀やマナーのひとつなので、退職するまで気を抜かないことも大切です。

求人を探す主なやり方

転職活動をする時にはいろいろな求人を探す方法があります。求人によって自分の将来働く会社が決まってしまうと考えると、しっかりと求人の情報を探すことの大切さが分かるはずです。 求人を探すやり方としてはいくつか種類があるので、自分が気に入った方法で転職先を探しましょう。もちろんダメなら他の方法試すなど、いろいろな方法を駆使して転職先を探します。簡単には転職できないということを頭に入れておきながら求人を探しましょう。

転職エージェントを活用する

転職先を探すやり方として、転職エージェントが最も確実で給料アップも望める転職が期待できる言ってもいいでしょう。転職エージェントは自分のスキルを活かせる会社を紹介してくれるので、確実に良い転職先への求人を紹介してくれます。 転職エージェントもいくつかの会社が運営しているので、自分に合った転職エージェントに登録しましょう。すべては登録するところから始まるので、高い意識を持って転職するなら転職エージェントへの登録がおすすめです。 流れとしてはまずは転職エージェントと面談をすることになります。そこで自分のスキルやキャリアを考慮して、どのような職業を選ぶかを話し合います。 転職エージェントからは書類の書き方や自分を良く見せるための方法など、いろいろとプロ目線でアドバイスしてくれるので心強い味方となってくれます。その後いくつか自分に合いそうな会社を紹介されてから、実際に会社へ面接に行くことになります。 もちろんライバルも多いですし、相当なスキルや実績を持った人が同じように就活をしているので、何度も面接を受けることになるでしょう。それでも転職エージェントが対策を立てたりバックアップしてくれるので、希望に近い転職先を見つけることができます。

転職サイトを利用する

転職する時のやり方として、転職サイトを利用する方法もあります。一般的な転職のやり方として認知されているのが、転職サイトを利用して転職する方法です。これは多くの企業の情報が一度に見られるので、比較しやすいという利点があります。 そのため自分の希望に近い会社を選んだり、より条件の良い会社を探し出すことができるのです。転職サイトを利用したやり方が一般的ですが、しっかりと計画を立ててから転職活動をしなければなりません。 自分で良さそうな会社を選んでも、多くの人は同じように良い会社を目指して転職活動をしてきます。仕事を選ぶときには自分がやりたい仕事か、長く働ける死後とか、待遇に満足できるかが大切なことです。 転職サイトだけでは分からない部分もありますが、総合的に判断をして転職先を選びましょう。もちろん転職活動は厳しいものになることが予想されるので、何度も転職活動をして希望に近い会社への転職を目指しましょう。

自力で転職先の情報を調べる

転職先を見つけるやり方としては、稀に自分で転職先を調べてから就職活動をすることもあります。どうしても入りたい会社があれば、直談判をすることもあるでしょう。 もちろん相当なスキルややる気がなければできないことですが、自分が働きたい会社や仕事への転職をするなら、自力で見つけて就活をすることもあります。 また転職サイトに載っていない情報として、知り合いの転職先を紹介してもらうなど、コネを使った転職も考えましょう。あまり良いイメージはありませんが、使えるものは使えるうちに使っておくことも大切です。 もちろん自分が長く働きたいという会社ということが条件ですが、それだけ転職活動が大変だということでもあります。他の人と同じように転職サイトを利用しても転職が難しいと判断すれば、自力で転職先を見つけるということも考えましょう。

転職のやり方がわからない人がまずすべきこと

いざ転職をしたいと決意をした時に、まず何からすればいいか分からなくて戸惑ってしまうこともありますよね。転職活動もしたいけど、どうすればいいか悩んでいると、仕事にも身が入らないので余計今の仕事が嫌になってしまいます。 転職したいという思いだけが強くなってしまうと、仕事が疎かになってしまうので周りの人に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。転職のやり方としてまず何からやればいいのでしょうか。

信頼できる人に相談する

転職のやり方が分からない時には、まずは知っている人に相談することもおすすめです。多くの人は転職を経験している人が多いので、どうやって転職をすればいいか転職のやり方をアドバイスしてくれるでしょう。 相談する時に気をつけることは、自分が信頼できる人にだけ相談をするということです。ムダに多くに人に転職したいことがバレてしまうと、その後仕事をする時にやりにくくなってしまいます。信頼できる先輩や上司に相談をしてみると良いでしょう。 上司に相談をすれば後で退職願を提出することになるので、退職までの話もスムーズに進むはずです。上司ならば自分の悩みの相談を聞いてもらえますし、この先の退職までの流れも確認することができるでしょう。 自分一人ですべてを決断して決めるのもいいですが、もしも少しでも迷いが悩みが解決できそうならば、信頼できる人に相談をしてみましょう。相談をしてはっきりと転職したいという意思が固まれば、後は転職に向かって突き進むだけです。

転職先を探す

転職する意思が固まったら、次に働きたいと思う仕事を探します。次の仕事を探すやり方もいろいろありますが、自分に合った転職方法で決めましょう。仕事を探すやり方は決まっている訳ではないですが、できるだけ在職中に次の転職先を見つけておくことが大切です。 失業期間が短いほど生活も安定しますが、次の仕事が決まっていないで退職してしまうと、かなり生活に影響してしまいます。転職のやり方は人それぞれですが、結果としてできるだけ在職中に次の仕事を探すために積極的に行動しましょう。 もしも自分で会社を見つけられない時や面接などに不安がある時には、転職エージェントをうまく活用すればきっと希望に近い会社を見つけられるはずです。

履歴書や職務経歴書の作成

転職活動で必ず必要になるものが、履歴書や職務経歴書になります。書類選考がある会社では、履歴書の内容や書き方によって選考されるので、きっちりと書く必要があります。 履歴書の書き方のマニュアルなどはどこでも調べられますが、自分の言葉で書くことを意識して書きましょう。会社側も何人も面接をすることになるので、マニュアル回答はすぐにバレてしまいます。 それよりも仕事内容や経歴の他に、個性を見たいと思っている会社も多いです。マニュアルではなく自分の言葉でしっかりと書けるかによって評価されることもあるので気をつけましょう。

プロに就活のやり方のアドバイスを受ける

就活や面接は何度やって慣れても緊張するものなので、なかなかうまくいかないことも多いものです。しかも結果が出なければ余計にマイナス思考になってしまい、悪い結果を生むことになるでしょう。 転職のやり方に自信がなければ、プロの意見を聞くことも大切です。転職エージェントを利用すれば、履歴書の書き方から面接対策もしっかりとアドバイスをしてくれます。 自分の希望に近い会社をピックアップして紹介してくれるので、かなり満足のいく転職をすることができるでしょう。転職のやり方に自信がない人でも、きっと満足の行く転職活動ができるはずです。 プロのアドバイスを聞くことで自信を持って就活に取り組めることが、大きなプラス要因となります。

面接対策をする

面接のやり方は基本的なマニュアルに沿って行うことをベースとして、いろいろな質問に臨機応変に答えられるようにすることが大切です。面接のやり方は頭で分かっていても、いざ本番になると緊張してしまうものです。 質問に対してのマニュアル回答を覚えていたとしても、本番の時には頭の中が緊張で真っ白になってしまうことも多いです。ぶっつけ本番で完璧な面接ができる人はほとんどいないでしょう。 また面接ではどれが100%正しいやり方や回答かは決まっていません。的確にその人の言葉で受け答えができるかが大切なので、その場での臨機応変さが求められます。 面接のやり方を完璧にしようと思ってマニュアル回答を頭の中に入れていても、想定していない質問をされれば何て答えればいいか分からなくなり、パニック状態になってしまいますよね。 仕事ではその場での臨機応変さが求められるので、きっちりと対応できる人材が望ましいです。そのため面接のやり方を頭で覚えるのではなく、実際に面接の練習をして本番に臨みましょう。 転職エージェントでは面接の対策をしてくれますし、仲の良い友達に面接官になってもらって練習するのもいいでしょう。転職のやり方が分からない人にとって面接は不安と緊張しかないので、いくら練習をして足りないでしょう。 ただぶっつけ本番よりは面接を成功させる確率も高くなるので、きっちりと面接の対策をしておくことが大切です。

面接は実戦で慣れる

面接のやり方を頭と体で覚えたら、後は実践あるのみです。就活をした時に面接の緊張感を味わったことがあるはずですが、本番では独特の緊張感があるものです。この面接の良し悪しによって会社への内定が決まると思えば、緊張しない訳はありません。 それでもいくら練習で面接のやり方を勉強しても、本番の緊張感とはまったく違います。そこで面接は本番を経験して慣れて行こうという気持ちで挑むようにしましょう。転職活動をする時にも何社も面接を受けることになるはずです。 そうすれば何度も面接をすることになるので、面接の本番にも慣れることができるでしょう。面接は実戦で慣れればいいので、何度も挑戦しましょう。結果は後からついてくるので、毎回自分ができるだけのことをすればいいのです。

転職する時に気をつけたいこと

転職のやり方が分からない人にとって、転職をする時にどのようなことに気をつければいいか分かりませんよね。転職をすることだけに気を取られてしまうと、注意すべき点に気づけなくなります。そこで転職する時に気をつけたいことについて紹介します。

マニュアル通りのやり方を鵜呑みにしない

転職をする時に注意することは、マニュアル通りのやり方を鵜呑みにしないことです。転職のやり方が乗っている本や情報はたくさん溢れていますが、ほとんどがこうすれば採用されるというマニュアル回答が多いものです。 実際にそのマニュアルによって採用されることもありますが、まったく同じでは採用されるかどうかは分かりませんよね。 採用を決めるのはあくまでも会社側なので、会社が欲しい人材だと思わなければどんなに素晴らしいマニュアル回答でも採用されることはないでしょう。 特に面接ではマニュアルのやり方を鵜呑みにしてしまうと危険です。なぜなら他のライバルたちも同じようにマニュアル回答を目にしているからです。面接官が同じ質問をした時に、質問の回答が全員同じになることは不自然ですよね。 面接ではその人個人を知りたいので、決してマニュアル回答を聞きたい訳ではありません。マニュアル回答でスラスラ答えるよりも、自分の言葉で詰まりながらも回答した方が評価されることもあります。 転職のやり方としてマニュアルは必要ですが、あくまでも参考程度にしておくようにしましょう。

転職が中途採用だということを意識する

転職をする時に自分が中途採用だということを意識しましょう。中途採用は他にも多くのライバルがいますが、自分よりもスキルや経験を持っている人と戦わなければなりません。いくら面接のやり方を覚えても、根本的なスペックが違えば不採用になるのは必然です。 だからといって諦める必要はありません。転職活動では企業側が欲しいと思う人材を採用するので、優れている人が採用されるとは限らないからです。そのため能力が低くても企業が欲しいと思えば、採用される可能性があるのが中途採用なのです。 中途採用では即戦力になる人や何かに特化した能力がある人が重宝されます。そのためいくら面接のやり方がうまくいったとしても、採用されないこともあるので落ち込むことはありません。 だからこそより多くに会社へ面接に行って、少しでも採用される確率を上げるために頑張るしかないのです。

転職はやり方よりも慣れることを意識する

転職で注意することはやり方を重視するよりも、面接など実戦で慣れることを意識しましょう。転職のやり方をいくら覚えても、実戦で発揮できなければ意味がありません。何度も面接を受けて慣れることによって、臨機応変に対応することができるようになります。 例え面接のやり方が完璧でも、本番では実力の半分程度しか発揮することができないでしょう。本番では緊張と不安によって実力が発揮できないので、せめて何度も面接をして慣れることを意識することが大切です。 転職はやり方を覚えるよりも、慣れることを意識して何度も挑戦しましょう。

やり方や見せ方にこだわらないで時間がないことを意識する

転職活動をする時には時間があまりないことを意識することも必要です。転職のやり方や自分を良く見せる方法にこだわったり、会社を選ぶ基準を厳しくしていると、なかなか面接を受けること自体ができなくなってしまいます。 できれば在職中に次の会社を選びたいものですが、退職願を出してから転職活動をすると、約1カ月から3カ月しか時間がありません。しかも通常通りに仕事をしているので、面接が受けられるのは自分の休みしかありません。 もしも相手の会社と休みが被ってしまうと、面接自体も受けられないということも考えられます。そのため有給休暇を利用したりできればいいのですが、会社によっては難しいこともあるでしょう。 あまり転職のやり方にこだわっていると、面接を受けることすらなかなかできないので、当然採用される確率も低くなります。そのため退職しても転職先が見つからないという事態も想定しておかなければならなくなるので注意しましょう。 退職してからゆっくりと探せると思う人もいますが、その期間は失業中なので一切収入が入ってきません。初めは余裕がありますが、そのうち採用が決まらないとだんだんと焦ってくるので、どこでもいいと妥協してしまうでしょう。 もちろん入社した会社でやりがいを持って長く働ければいいのですが、ほとんどの場合妥協して入った会社は長続きしないことが多いです。 再度転職を繰り返すことになるので、転職活動をする時にはやり方にこだわらずに時間がないことを意識して、とにかくたくさんの会社にアタックしましょう。

後悔しない転職ができるかどうか

転職する時に大切なことは、自分が転職をした時に後悔しないかが重要かことです。今の会社に不満があったりやりたいことが見つかったことで転職をしますが、本当に会社を辞めて後悔しないか考えましょう。 例えば仕事は好きなのに人間関係が悪い、仕事でミスが多くてやりにくくなってしまったなど、今の会社で少し改善すればまだ働けるかもしれません。転職しても今の会社より自分に合っているかどうかは分かりません。 転職したのはいいが前の会社へ未練が残っていれば、転職が成功したとは言えませんよね。 転職する時には本当に会社を辞めて後悔しないのか、しっかりと答えを見つけてから転職活動をしましょう。また転職先の会社も入社してからでは分からないことも多いですが、自分がやりたいと思える仕事なのかを見極めてから入社することが大切です。 転職ではすべて思い通りにいかないことも多いですが、自分が満足すれば転職は成功したと言えます。後で後悔しない転職活動を心掛けましょう。

本当に幸せになれる転職のやり方

転職をする時に自分が幸せになれる転職のやり方を目指すことが大切です。後で後悔してからでは遅いですし、転職には夢や希望を抱いて転職活動をしたいものです。妥協して転職先を見つけても、後で後悔するのは目に見えていますよね。 転職活動をしてる時にいかに頑張るかによって、転職で幸せになれるかが決まってきます。本当に幸せになれる転職のやり方について紹介します。

自分が本当にやりたい仕事への転職

転職活動をする時に大切なことは、自分がやりたい仕事へ転職をすることです。自分がやりたいと思える仕事へ転職できれば、毎日が充実した生活が送れるようになります。 転職活動がうまくいかなくてやりたくもない仕事をしてしまうと、毎日ストレスとの戦いになってしまいます。そんな状態では幸せになれるはずがありませんよね。転職で幸せになるためにも、自分が本当にやりたいと思える仕事を見つけてチャレンジしてみることが大切です。

やりたくない仕事への転職をしない

自分がやりたい仕事へ転職すれば幸せになりやすいですが、逆に言えばやりたくない仕事へ転職しないようにすればいいのです。いくら自分がやりたいと思う仕事があったとしても、希望通りに転職できるとは限りませんよね。 生活のために他の仕事をすることも考えなければいけない状況になりますが、そういった人が幸せになれないとは限りません。自分がどうしてもやりたくないと思う仕事以外をやればいいのです。 自分がやりたいと思っている仕事でも、実際にやってみたらちょっと違っていたということもありますよね。逆にやってみたら面白かったという仕事もあるはずです。 転職する時にはやりたくない仕事へはいくら給料が髙くても転職しないようにして、やってもいいかなと思える仕事に転職しましょう。そうすれば仕事のやりがいや楽しさを見つけやすいので、結果として幸せな転職をすることができるかもしれません。

将来を見据えた転職

転職で幸せを意識するなら、将来を見据えた転職をしましょう。例えばキャリアアップを目指せたり、定年まで長く働けるような仕事に就けば安定した生活が望めます。自分でも仕事のやりがいを見つけやすいので、転職としても成功したと言えるでしょう。 今の状況だけでなく将来を見据えて仕事を選ぶことも、幸せになれる転職と言えます。

自分の目標がどこにあるかが重要

幸せになる転職として、自分がどんな目標を持って仕事に取り組もうとしているのかが大切です。キャリアアップを目指すのか、長く働ける会社を選ぶのか、人に喜ばれる仕事がしたいのかなど、自分の目標に合った仕事を選ぶことが大切です。 そうすれば仕事へのやりがいを見つけることができ、充実した仕事をすることができます。転職では単に会社を選ぶだけではなく、その会社の仕事内容や経営指針なども考えて転職しましょう。

体調を崩さない仕事への転職

幸せな転職をすることは幸せな生活を送ることにもつながります。会社を選ぶ基準はいろいろありますが、給料がいい会社が良い会社とは限りませんよね。給料がいい会社でも残業が多く体を壊したりストレスが溜まってしまえば、幸せな生活を送ることはできません。 自分が幸せだと思えるのは健康的な生活を送れることです。年齢を重ねるごとに健康の大切さを知ることになりますが、体調を崩さないでやりがいのある仕事への転職が、幸せな転職だと言えるでしょう。

人から感謝される仕事を意識する

仕事の原点は人から感謝をされることです。需要があるから仕事として成り立っているので、仕事をして人から感謝されるとやりがいも感じられます。 人から感謝をされて嬉しくない人はいないので、仕事をしていてもモチベーションも上がっていくでしょう。人から感謝をされて給料がもらえれば、これほど幸せな仕事はありませんよね。

転職はやり方よりも自分らしさで勝負しよう

記事のまとめ
  • 転職するなら、やりたい仕事は何か明確にしよう
  • できれば在職中に次の転職先を見つけよう
  • 転職をスムーズに進めるなら「マイナビエージェント」がおすすめ

転職は自分がやりたい仕事へ転職することが大切で、長年働ける会社を見つけることによって安定した生活を送ることもできます。転職マニュアルのやり方にこだわるよりも、自分らしさを前面の押し出して、希望の会社への転職を成功させましょう。 マイナビエージェント」ならあなたに合った求人を紹介してくれます。サポートはすべて無料で受けられますので、一度相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング