IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

28歳の転職は難しい?後悔しないための全方法

転職事情

28歳で転職する時のリスクを考えると、転職をするのを迷ってしまいます。徐々に積み上げてきた会社での実績と信頼。さらには収入も少しずつ増えてきた年齢でもあります。仕事にも責任を持ち始めた頃なので、転職には不安が多いでしょう。28歳での転職について紹介します。

更新日時:

28歳は転職に向いた年齢?

28歳という年齢での転職は、これからの人生においても重要な時期になります。今までのキャリアを活かした転職をする人が多いですが、20代も残り少ないので未経験の分野に行くチャンスも残りわずかとなります。30代になると転職先が狭まっていくので、しっかりと将来を見据えた転職をすることが大切です。またプライベートでも結婚をしたり親の老後の心配が出てくる年代でもあるので、実にいろいろなことを掛けながら働くことになります。

転職すべき28歳の特徴

28歳での転職では転職での年収アップ率が年ごとで一番高く、そのため今の自分の業務、スキル、実績に対し年収がマッチしていないと考える人は転職をおすすめします。 28歳では20代と言うこともあり、未経験業界への転職はまだ可能な歳とされています。30代での転職になるとポテンシャルでの評価がなくなり始め、市場価値も落ちていくため求人数も減ってくるでしょう。そうなると一層転職のハードルは上がりまた求められるものも多くなります。 30代を目の前にした28歳、今の会社を辞めたいと考えているのであれば転職を本格的に考えて見てはいかがでしょうか。

28歳に企業が求めるもの

転職において企業が28歳に求めているものはなんなのでしょうか。 今回企業が28歳に求めているものを3つあげました。転職を考えている人はぜひ、参考にしてください。

28歳に企業が求めるもの1:ポテンシャル

28歳の転職ではポテンシャルをアピールしましょう。ポテンシャルでは社会人としての基礎知識を活かし相手に入社後の成長を期待させる必要が重要になります。 前職で培ったスキルをどのように活かしていかに、どのように貢献するのか明確にしておくと面接では困ることなく、面接官に良い印象を与えることでしょう。転職においてポテンシャルを判断材料とされるのは28歳が最後のチャンスと言っても過言ではないでしょう。 最後のチャンスだとおもい自分のポテンシャルを全面的にアピールし、転職活動に成功をもたらしましょう。

28歳に企業が求めるもの2:実績

28歳になると転職において、実績が求められ始めます。20代前半では実績などではなく基本的には積極性や伸び代などのポテンシャルを重視される傾向にありましたが、28歳になるとポテンシャルだけでなく実績も平行して判断されます。そのため欠かせないものとなります。 自分の実績を面接でアピールするには22歳から就職6年間でなにを学び何を得たのかまたそれをどのように活かせるのかを明確に伝えましょう。 また、保持している資格なども実績の1つなので全面的にアピールしていきましょう。業界によりけりではありますがとても価値のある資格であるかもしれません。自分が転職したか即戦力としてでも活躍できると伝えることで転職への成功率は上がるでしょう。

28歳に企業が求めるもの3:ポータブルスキル

ポータブルスキルとはその名の通り持ち運びができるスキルで特定の業種、職種、時代背景に関わらず価値のある多様なスキルです。 例えば、真面目さ、積極性、正確性などその人の特徴的な性格や人柄などの評価を言います。 資格などのように明確な基準がないことが特徴です。端的にいうとどこでも発揮できるスキルです。 このスキルは28歳での転職特に、未経験業界への転職では大きな判断材料になります。そのため自分の強みであると思う能力を生かし転職活動に挑みましょう。

28歳が転職を成功させるためのポイント

28歳での転職では市場価値も高く、その分求人数も他の年代に比べ多い傾向にあります。 そんな中、後悔なく、よりより条件で転職を成功させるにはどうすれば良いのでしょうか。 今回は、転職を成功させるためのポイントを3つあげました。参考にしてください。

28歳が転職を成功させるためのポイント1:今までのキャリアを活かす

28歳で転職をする人の多くは、同じ業種や業界など今までのキャリアを活かした転職をする人が多いです。数年間の仕事をしたことで自分に少し自信がついてくる頃ですが、仕事にも慣れてさらに上を目指したいと思う時期でもあります。 できるだけキャリアを活かした転職をすることによって、これから30代になった時でもキャリアップや収入アップが狙えるようになります。 キャリアアップを目指す転職をすることは、自分にとっても大きな転機となるでしょう。キャリアを活かせる転職は年齢を重ねるごとにだんだんと少なくなっていきます。30代前半までにはキャリアを存分に生かせる会社で働き、収入も大幅にアップを狙いたいものです。 そのためには自分のキャリアをどれだけ活かした転職ができるかによって、今後の人生にも大きな影響を与えることになります。

28歳が転職を成功させるためのポイント2:自己分析を行う

28歳での転職では新卒からだとすると社会人6年目となる歳でもあり、自分の中での考えや、思考が求められます。 そこで必要になってくるのが自己分析です。自己分析とは自分の長所や短所、価値観、性格などを把握するために欠かせない作業のことです。自己分析によって導きだされた、長所や特徴をいかにして活かし会社に貢献するのか正確に伝えることが転職での成功に繋がるでしょう。 自分の目標や価値観を明確にすることでもあるので自分にあった業界、業種をスムーズの見つけるこにも使えるので時間のあるときに行いましょう。

28歳が転職を成功させるためのポイント3:転職エージェントを使う

28歳での転職では転職エージェントの利用をおすすめいます。28歳では非常に市場価値も高くその分多くの求人が存在し、転職エージェントでは求職者の希望に沿ってよりより条件の選別し提供してくれます。また非公開求人も多く存在するため、転職エージェントを活用することにより有利に転職活動を行うことがでるでしょう。 他にも転職エージェントは年収などをはじめ様々な条件交渉を代行して行ってくれたり、応募する際の履歴書、職務経歴書などの作成、添削などのサポートなども行っています。 転職エージェントには多くの種類があり各業種、業界ごとに強いエージェントも存在するので自分で模索し自分にあった転職エージェントを見つけ転職を成功させましょう。

28歳が相談すべき転職エージェント3選

上記で触れたように28歳の転職では市場価値も高く、求人数も他の年代を比較すると多く存在します。そんななか希望にあったより良い条件の求人を見つけ転職に成功させましょう。 転職エージェントは数多く存在し、各業界、業種ごとに特化したエージェントも多くあります。自分に合う転職エージェントを見つけましょう。

28歳が相談すべき転職エージェント1:DODA

DODAは、パーソルキャリアが運営する大手転職エージェントで元は学生援護会が発行していた転職情報誌であったものです。 DODAの特徴は求人件数の多さでしょう。他にも特徴があるので紹介します。 ・大手だからこその求人数キャリアアドバイザーの質求人業界の多様さ若い層の利用求人 上記の4つが大きな特徴です。

28歳が相談すべき転職エージェント2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループが運営している大手転職エージェントサービスです。リクルートは圧倒的な求人数が特徴としてあります。他にもリクルートエージェントの特徴を紹介します。 ・圧倒的な知名度とブランド力大手企業の求人が多数転職支援実績が業界トップ転職の進捗を管理できるマイページ このような特徴が挙げられます。

28歳が相談すべき転職エージェント3:パソナキャリア

パソナキャリアは大手転職エージェントの1つであり専門のアドバイザーが特徴的な転職エージェントとなっています。 ・求人の質が高いサポートの幅が広い専門アドバイザーの質が高い 以上の3つが特徴的な転職エージェントです。

28歳の転職でよくあるQ&A2選

28歳でに転職に対する疑問は多くあると思います。その中でも今回は未経験業界への転職に関する疑問と公務員への転職に関する疑問を用意したので参考にしてください。

28歳の転職でよくあるQ&A1:未経験業界への転職はどうなのか?

28歳は未経験への職種への転職もギリギリの年齢となっていきます。30代になると未経験の職種への転職はしんどくなっていくため、もしも興味のある業界があるなら今のうちに転職しておくことをおすすめします。 未経験の職種への転職もラストチャンスだと思って、じっくりと考えておきましょう。 28歳はまだまだこれからの人生が長いですし、仕事のキャリアも数年程度です。だからこそ今までの数年のキャリアを活かした転職をするのもいいですが、未経験の業種への転職をするのもおすすめします。大切なことは自分がどんな仕事がやりたいかが重要なので、自分がやりたい仕事が未経験の業種ならば、今の時点で冒険して観るのもいいでしょう。 30代や40台になってから未経験の業界への転職は、かなりのリスクを伴うことになります。28歳ならば後40年近く仕事をするので、今の数年のキャリアを考えることよりも、自分が長くやりたいと思える仕事を今のうちに選んでおくことの方が大切です。20代だからこそ失敗をしてもいい経験になるので、失敗を恐れず冒険することも考えておきましょう。 28歳で家庭を持っている人も多いでしょう。子供がいればこれから先も多くのお金が掛かるので、できるだけ収入の高い仕事を選びたいものです。未経験の業種への転職は多くの場合が収入減となってしまいます。そのため家計に与えるダメージも大きいと考えるでしょう。ただし30代になってから収入アップが目指せるなら、未経験の業種への転職も考える必要があります。 28歳のたった数年のキャリアによる収入アップよりも、30代や40代の方がもっとお金が必要になるので、将来的に収入アップが目指せる方を選ぶのも選択肢のひとつです。家庭や子供がいるなら仕事のやりがいも大切ですが、現実的な生活を考えて収入面での仕事選びも必要です。

28歳の転職でよくあるQ&A2:公務員への転職はどうなのか?

公務員への転職をする時に、28歳では職種によっては年齢制限に引っかかる場合もあります。公務員試験で気になるのが年齢制限なので、28歳では本当にギリギリと言ってもいいでしょう。公務員になりたいのであれば、年齢制限があるので早期に転職先を決めましょう。 例えば裁判所職員は30歳、地方公務員は地域によって違いますが25歳~36歳、市役所は25歳から41歳などとなっています。28歳ではギリギリの職業やもうすでに年齢制限に引っかかっている業種もあるので、公務員への転職をするならすぐに調べてから早期に転職することをおすすめします。

28歳が転生エージェントを使う際に注意すべきポイント

転職エージェントを利用する際は複数の転職エージェントの登録をオススメします。特に大手転職エージェントの場合は同時並行して他の転職エージェントも使いましょう。理由は2つあり、1つ目は大手転職エージェントは実績に伴い求人数の多さは間違いなくメリットではありますが、求人数が多い分求職者の利用数も多く特に良い条件の求人の場合、競争率は非常に高いものとなっているからです。 2つ目は利用者数が多い分キャリアアドバイザー不足による、質の低さが懸念される点です。 そのため、転職を行う際は複数の転職エージェントに登録し利用しましょう。それにより同じ求人でありながら条件の違うこともあるので有利に進みます。 しかし、その際注意しなければならない点があり、同じ求人に複数のエージェントから応募しなことです。これをしてしまうと、企業側、転職エージェント側の関係性を悪くする恐れもあり、また利用者は今後の転職活動に支障が出る可能性考えられつらい状態にあることもあるため気をつけましょう。

28歳が転職エージェントで上手く行かなかった時は

転職エージェントを利用したのにも関わらず転職に失敗してしまった場合、転職サイトかハローワークを使いましょう。 転職エージェントでは基本的に求職者に対し1人担当のキャリアアドバイザーがついてくれます。これは転職エージェントの特徴でもありますが中には、催促されたり、ペースを合わせるのがきつい人もいると思います。 その点、転職サイトでは自分のペースで行うとこができるため、気楽に転職活動に挑めるでしょう。またハローワークではface to faceで話すため、親身に話をきいてくれたりこちらも同様自分のペースで行えるので試して見ましょう。 厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

最後に

転職することは仕事の内容だけでなく、収入に関してもしっかりとチェックしておかなければなりません。28歳では結婚、子供、親の介護、住宅ローンなど、いろいろな面でお金が必要となっていきます。既に結婚して子供がいるなら、転職によって大幅な収入減や将来の収入アップが見込めない転職は、生活に大きな影響を与えてしまうことになります。仕事はプライベートを充実させるために働くもので、自分がやりたい仕事だけをやって生活できないのはナンセンスです。 転職によって満足のできる職場を見つけ、生活も充実したものにならなければ転職が成功したとは言えないでしょう。現在独り身の人も、これからパートナーを見つけることになるかもしれないですし、30代や40代にいかに稼ぐかが大きな課題です。自分だけでなく両親のことも考えると、転職は慎重に考え行いましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング