IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「キャリアビジョンtype」の特徴、評判、イベント情報まとめ

就活サイト

キャリアビジョンtypeはイベントやセミナーに特化した就活サービスです。今回はそんなキャリアビジョンtypeの「特徴」、「イベント情報」、「評判」についてまとめてみたいと思います!

更新日時:

キャリアビジョンtype3つの「特徴」

特徴1:毎週行われる豊富な種類のイベント

もう、パソコンの画面と睨めっこしながらの就活は終わりです。有る事無い事、確証の無い情報に振り回されるのもやめましょう。 キャリアビジョンtypeなら「体感型」の就活が行えます。なぜなら、毎週何らかのイベントがあるからです。毎週イベントがあると言っても全国各地、色々なところで行われるので、実質的には月に2、3回イベントがある感覚で大丈夫です。 イベントの種類は大変豊富で、企業説明会はもちろん、講演会や先駆者による座談会など有益なものばかりです。 イベントの情報につきましては、下の「イベント情報」の項で詳しく書かせていただきます。

特徴2:心揺さぶる数々の特集

キャリアビジョンtypeでは、豊富な種類の特集を組んでます。特集は、各業界で活躍する企業の方のお話を、インタビュー形式で閲覧することができます。 特集は、「企業の方の経験論」や「社会人にとって大切な事とは何か」など就活だけではなく、社会人なった後も役に立つ情報が満載です。「自分の企業や業界を説明する」タイプがほとんどなく、「働く楽しさとは何か、自分が就職してどう変わったか」など心揺さぶる話題が多いのが特徴と言えるでしょう。 どのインタビューも非常にクオリティが高く、就活全般に役立つものばかりです。この特集ページを、一種の就活指南書として利用するのもオススメです。

特徴3:大学の生協で見たことある「アレ」

みなさん、大学の生協などでこちらの雑誌「就活type」を一度は、見かけたことや、購入したことがあるのではないでしょうしょうか?「就活type」は就活指南書として大変有名ですが、制作は今回紹介している就活サービス「キャリアビジョンtype」がおこなっています。 前項で紹介した通り、「キャリアビジョンtype」は各業界の方のインタビューに大変力を入れている就活サービスです。それが雑誌「就活type」にも反映されておりインタビュー記事を中心とした有力な情報満載の雑誌となっています。

キャリアビジョンtypeの主なイベント6選

1:1st Career Summit

就職先を考える際には、職種や、企業規模など様々な条件から絞っていくのが一般的です。しかし社名や業界の安定さなどを軸に、将来の予定を立ててしまうとミスマッチが起こりやすくなってしまうのも事実です。「1stCareer Summit」では多種多様なキャリア感、働き方、企業を丁寧に解説してくてます。自身のキャリアを考える上で、様々な観点から情報収集・意見交換ができるイベントと言えます。

2:『働く』を考える特別セッション・前年度内定者との座談会

世の中には様々な就活セミナーがありますが、こんな斬新なセミナーは珍しいのではないでしょうか? 『働く』を考える特別セッションは就活を始めるにあたって、まず「働く」とは何かを考えるセミナー兼交流会です。「就活ではモチベーションが大切である」とよく言われますが、実際なかなか就活へのモチベーションを保つのは大変です。このイベントを通じ、「働く」とは何かを考え就活のモチベーションにするのも一つの手です。 「前年度内定者との座談会」ではその名の通り、前年度の内定者との座談会を行えるイベントです。就活ではなるべく多くの社会人と触れ合うことが重要ですが、その中でも最も身近に感じられる「前年度内定者」と話せる機会は大変貴重であると言えます。話題も新しく、共感できることや参考にできる情報が満載の座談会です。

3:Women`s Career・女性の働き方研究セミナー

「キャリアビジョンtype」では女性就活生向けイベントもたくさん用意されています。ここでは代表的なイベント2つを紹介させていただきます。 「Women`sCareer」は、実際に企業に勤めている先輩方との座談会がメインのイベントです。女性は男性と比べライフイベントが多い為、社会に出ることに対して、女性特有の不安要素や質問が多々あると思います。座談会を通し、先輩方に面と向かって相談や質問をすることができるのが、このイベントの特徴です。 「女性の働き方研究セミナー」は各企業の人事の方をお招きし、企業ごとに育休や産休など女性にとって大変重要な制度についての説明を行う、合同説明会型のイベントです。女性向けの制度についてネガティブなニュースが目立つ今、制度の安定性は、女性の企業選びの際の重要な条件の一つとなっています。そんな中、このような「女性向け制度」に重きを置いたイベントは大変有効的と言えます。

4:インターンシップラボ

「インターンシップラボ」はインターンシップについての合同説明会型のイベントです。各企業のインターンシップの内容についてはもちろん、アドバイザーによるインターンシップについてのオリエンテーションも行われます。インターンを行うことによって自分がどのように成長できるのか 、一から丁寧に説明してくれるため、「なんとなくするインターン」から「意義のあるインターン」へと意識が変わります。インターンに興味のある方や、インターンに不安要素を抱えている方は参加必須のイベントです。 また、これら6つのイベントの他にも「キャリアビジョンtype」では、企業による特別セミナーや合同選考会など様々なイベントが用意されています。

キャリアビジョンtypeの「評判」

「キャリアビジョンtype」を実際に利用した先輩方の声を聞くと、 ・頻繁に行われ、なおかつ種類豊富なイベント ・各イベントでできる様々な人脈 ・ビジネス書並みに内容の濃い数々の特集 に好評の声が集まっています。まだキャリアビジョンtypeを利用されたことのない方は、是非イベントの活用をおすすめします!

終わりに

多くの就活サービスがただ単に情報を提供してくれる冷血的なサービスなのに対して、「キャリアビジョンtype」は五感にうったえるような、温情な就活サービスであると言えます。就活では色々な情報も大切ですが、何よりその企業を「自分がどう感じたか」が大切です。なぜなら、その企業に勤めるのはあなた自身だからです。 繰り返しになりますが、就活において確かに言える、企業への最重要情報は「自分がどう感じたか」です。ぜひ「キャリアビジョンtype」を有効活用し「体感型」の就活へとシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)