IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40代女性の正社員での転職|管理職/事務/経理への転職

転職事情

女性が40代で転職するのは家庭の事情等もあり難しいと言われていることが多いです。そんな環境でも転職するなら、やっぱり正社員として好待遇で働きたいですね。ここでは40代女性の転職事情と転職する際に有利になるであろう資格などについて見ていきたいと思います。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 40代女性の非正規率は高く、正社員での転職は難易度が高い
  • 介護・保育・調理師などは女性が多く、家事の経験なども生かせるのでおすすめ
  • 事務系なら医療事務や経理事務がおすすめ

以前と比べると専業主婦は減ってきましたが、40代女性、特に既婚者の正社員率は低くなっています。再就職や転職はかなり難しいと言えます。 とはいえ場合によってはパートや派遣から入って正社員になるということも考えられますし、経験次第では資格をとって専門的な仕事に就くこともできるかもしれません。チャンスが少ないからといってあきらめず、探し続けることが大切です。 転職エージェントに登録すると内定しやすそうな仕事を教えてもらうこともできますし、いろいろ質問できるので、情報収集の時間を少なくすることもできます。家事や育児が忙しいという人には特におすすめです。 女性に好評のマイナビエージェント公式サイトはこちら

40代女性の正社員・管理職での転職

40代女性の転職はおおまかに言って2パターンに分けられます。 一つ目は未婚で働いている人。もう一つは結婚して働いている人です。以前から女性の社会進出と共働きが推奨されており、結婚していることもあり、専業主婦は今では数が多くありません。 40を過ぎても働いている女性は多いです。昔はリストラは早くても50代からでしたが、いまでは40を超えると男性でもリストラ対象にされることがあるようです。 40前後で独身で非正規としてしか働けない人が増えており、特に女性はその傾向が強いようです。厚生労働省の統計でも、40以降の女性の非正規率は他の年代に比べて高い傾向にあります。 そんな中40代女性で正社員での転職は厳しいと言わざるを得ません。

40代未婚女性の正社員転職事情

40代ともなると結婚している人と独身が半々ぐらいになっているかと思います。 どちらにしても現在正社員で働いているならば、新卒でそれなりの会社に就職し20代30代とほとんど転職することなく、するにしても明確なビジョンを持って転職して転職回数も多くないタイプがほとんどだと思います。 もしくは一生働けるような国家資格を取得しており転職するにしても引く手あまたの状態の人が多いのではないでしょうか。 特に未婚でキャリアを積んできたのであれば正社員での転職も、若い頃ほどではないにせよ、それほど難しくないでしょう。ただいまだに女性は結婚するものだという意識は根強く、転職に際しては転職先では新人になるため、結婚してない身であるということは軽くみられることが多いかもしれません。 今の40前後いわゆるアラフォー世代は就職氷河期だったこともあり、結婚していない人も主婦ではなくても非正規のパートしか見つからない人も多く見られます。 パートや非正規から正社員に転職するのは40を超えていると難しさはぐっと上がります。目指している職種で派遣やパートとして働いて経験を積み、そこで正社員登用を目指すのが良いかもしれません。 もしくは国の行っている認定職業訓練で興味のあるものを受けてみても良いでしょう。。

40代既婚女性の正社員転職事情

結婚、出産をしても産休や育休を取りそれらが終わると職場に復帰してフルタイムで働き始める方達がいます。このような方達の転職はキャリアの面から見れば40を超えていてもそれほど難しくありません。 ただ子供が小さいと保育施設が見つからない等の家庭の事情がネックとなることはあるかと思います。転職は働いている中勤務時間が終わった後に活動するかと思います。 家に帰った後情報を収集したり、面接に行ったりする時間に家事を他の家族が快く引き受けてくれる環境作りも大事になってきます。 家族にきちんと説明し理解を求め、転職するならこれまでの経験や資格を活かして仕事を探し、育児や家庭の事情に寛大な職場を探すといいと思います。 40代既婚女性で現在パートもしくは専業主婦をやっている方の正社員への転職は既婚で正社員で働いている方達よりは難しいものになってくるかと思います。 同じように家庭がありながら正社員で働いている女性が多く、家庭と仕事との両立に配慮のある会社を選んで面接に行くといいかと思います。 また介護や医療、福祉といった家庭での経験が活かせるような職種だと能力も活かしやすいかもしれません。

40代女性の管理職での転職

では管理職での転職はどうでしょうか。男女を問わず管理職での転職となると前職での役職、経験、実績を厳しく問われるかと思います。 最近は共働き世帯も増え専業主婦は減っているとは言え、40を超えて女性が正社員で働いている数は多くありません。まして管理職となると更に数は減ってしまうのが現実です。 管理職として働いている女性は近年、徐々に増加傾向にありますが依然として低い水準にあります。 特に、もともと男性が多く男性の管理職のほうが多いような職業や業界で管理職を目指すのは至難のわざだと言わざるを得ません。女性で現在、管理職になっている方はおそらく女性が多い職場で、もともと女性の管理職が多い職業なのではないでしょうか。 女性が管理職になったとしても、男性の部下の中には女性の下で働きたくないと思う人もいるでしょうし、女性管理職より年上なら年下の女性が自分より上に立つことへの反発も予想されます。 男性でも転職前に管理職についていたとしても、転職した後に同じような管理職として必ず採用されるというわけではありません。前述したように女性の管理職の割合はもともと高くないため、どうしても転職で奪い合える椅子の数はもともと少ないと考えるのが無難だと思います。 もしくは男性の管理職の椅子を狙って転職することになるかと思います。女性の管理職が多い職場、職種を狙って転職活動するのが早いかもしれません。 そのチャンスがヘッドハンティングのようなものならチャレンジしてみてもいいかもしれません。 管理職は給与も高く、ほとんどはエージェントを介した非公開の募集での採用になります。マイナビエージェント」や「リクルートエージェント」などの、転職を考えたら早めに登録しておくといいでしょう。

40代女性の転職に有利な資格

40代の転職ともなると、これまでの経験や実績が問われることになります。 これと言ってアピールできるような経験もないし、何か資格を取っておきたいという方にお勧めの資格があります。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は以前はホームヘルパーという名称でした。高齢者や障害者の歩行、入浴、食事等の日常生活の介助を行います。主に介護施設や障害者施設、利用者宅で仕事を行います。 超高齢化社会に突入し、団塊の世代が年金受給年齢になると、今後ますます介護の仕事は人手不足が予想されます。今最も需要のある分野でもあります。 介護と聞くと力仕事かと思いがちですが、デイサービスや高齢者宅での家事の補助等もあります。また、ある程度の経験を積んで国の行う試験に合格するとケアマネージャーとしてキャリアアップすることもできます。

保育士

女性の社会進出が世の中の主流となり、待機児童の問題が叫ばれて久しく保育士は慢性的な人手不足です。主な仕事は児童の保育です。児童と言っても生まれたばかりの0歳児から幼稚園ぐらいの児童まで幅広く預かり面倒を見ます。 一度は家庭に入り出産育児を経験し一般の仕事はブランクがあるという方でも資格を取ればすぐに働けます。年齢制限もなく身体が対応可能であれば何歳までも働けます。 特に主婦の方にお勧めの資格であると言えます。

調理師・栄養士

この2つの仕事の求人を見ると年齢制限はほとんどありません。また古くから女性が多いため入っていきやすいかと思います。 これからは高齢者が増えて行き老人介護の施設も増えていきます。そこで出される食事の献立を栄養士が考え、調理師が現場で実際の指示を出し調理に当たります。 調理師は福祉医療の現場だけではなく外食等活躍の場も多いので独立することも可能です。

登録販売者

登録販売者というのは一般用医薬品ならば、この資格の有資格者がいれば販売できるようになる資格です。薬剤師がいなければ売れない薬と登録販売者がいれば売れる薬に分け規制緩和した結果生まれた資格です。 主な勤務先は小売業や薬局チェーン店です。パートの求人も多いですが正社員での求人も年齢不問でそれなりの数があります。

看護師

こちらも今後高齢者が増えていくことが予想されており人手不足の職種です。主な仕事は医療現場での医師のサポート全般です。 注射やカテーテル挿入等手先の器用さ優しさ慎重さ忍耐強さ体力が必要で、向き不向きがハッキリしてるとは思いますが、40歳前後でもスクールに入り直して取得し直している人も多く入っていきやすいと思います。 また病院によっては病院への就職等を条件に学費を助成している場合もあります。

何か気になる資格はあったでしょうか?「Brush up!」ではもっとたくさんの資格や、資格試験対策の講座を探すことができます。 家事の合間などに少しずつ勉強してみてください。

40代での事務職経理職での転職

事務系の職種は誰でもできる簡単そんなイメージがあると思いますが、実際は細かい取り決めがあったり細かい計算を求められる場面も多く、いきなり未経験でやっていくのは厳しいと思います。 特に40代ともなると、やはりこれまで何らかの事務経験が要求されてきます。また事務はサポート的な仕事が多いためどうしても20代中心の採用になります。 40代で事務職として正社員でやっていくならどんな仕事がいいでしょうか。

医療事務

まず一番のお勧めは医療事務です。どんな仕事かというと、病院や薬局などの事務の仕事です。受付を行い、治療や処置、薬の診療報酬を計算して会計を行います。 医療事務は資格が必ず問われる仕事ではありませんが、正社員での求人を見ると資格取得者となっていることが多いです。大体は通信教育で6カ月、通学講座で3カ月ほどで取得できます。

経理事務

次にお勧めなのが経理事務です。経験が問われる仕事ですが、簿記2級は比較的大きく人数の多い会社の会計全般、簿記3級は個人事業主や小規模な会社の会計全般を行うためとはっきり用途が分かれています。 簿記2級以上を取得すれば年齢を問わず未経験でも可という求人も見かけます。また各種スクールでは実務講座を開講しているところもあるので資格を取得してからそういう講座を受けて適正を見てみるのもいいかもしれません。

通関士

この資格はこれまでに貿易関係の仕事に就いたことがある方限定になります。主な仕事は港や空港で税関に提出するための書類の手続きを行うことです。 残業もかなり多く男性も多い職場ですが女性でも正社員として長く働いています。もしこれまで貿易関係の仕事に就いたことがあり経験があるのならチャレンジしてみてもいいかと思います。

40代でも自分を信じて活動を

この記事のまとめ
  • 40代女性の非正規率は高く、正社員での転職は難易度が高い
  • 介護・保育・調理師などは女性が多く、家事の経験なども生かせるのでおすすめ
  • 事務系なら医療事務や経理事務がおすすめ

40代の女性が正社員として、また管理職として転職する現状や転職に有利になるかもしれない資格を見て来ました。女性の社会進出が増えたとは言えいまだに女性は家庭を守るものという意識が根強く正社員として40代を超えて働くのは難しい状態があります。 30代までは自分の能力だけをアピールして自分の環境だけを調整していけばよかったと思います。40代になると家庭に入っている人も多く家庭での調整力も能力として評価されていくのが20代、30代との大きな違いになってくるのではと思いました。 それでも、結局は最後に人事や同僚、職場の上司が見るのは人柄だったり、仕事に対する真摯な姿勢だと思います。これまでの経験を思い出して自分を信じて初心に戻って転職活動をしていってください。 転職サイトや転職エージェントに登録すると、面接練習など、さまざまな選考サポートを受けられ、求人も紹介してもらえることにより時間を有効に使えるようになります。マイナビエージェント」は求人数が多く女性からの評価も高いので、まだ何も使っていない方は登録をおすすめします。 おすすめエージェントランキングはこちら

関連タグ

アクセスランキング