IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

深く考えない人の特徴と性格・深く考えない方法

ライフスタイル

この世界にたくさんいるでろう深く考えない人についてちょっと考えてみましょう。深く考えないで人生を過ごしていた方が人生は楽しいのか?深く考えて生きた方が人生は楽しく充実したものになるのか?どっちが幸せなのかを考えてみたいと思います。

更新日時:

物事を深く考えよう

この世には物事について深く考えないで生きる人がたくさんいます。しっかり考えてから行動する人と深く考えないで行動する人のそれぞれの特徴や性格などを踏まえながらどちらが幸せなのかを考えてみましょう。 また深く考えないで生きる方法もお教えします。深く考えない方が人生は幸せだと言い切るのも難しいですが今の段階では深く考えない方が人生が楽しいものだろうと考えています。それはやはり人生何が起こるかわからなくて、偶然起こったことが一番素敵なものだったりするのです。起こってることを楽しむことができる人は何も考えないで生きてるのでしょう。 しっかり考えてから行動する生き方と深く考えないでそのままの流れを生きる生き方についてお話ししますのでこれを読んで改めて、深く考えて生きる生き方と深く考えないで生きる生き方のどちらが幸せかを考えてみてください。

深く考える人と深く考えない人の性格

物事を深く考える人はどんな性格だろうか

物事をしっかり考えて生きるとなると、やはり中学生の頃からしっかり勉強していて、高校、大学そしてその後の就活に向けた学生生活を送るのでしょう。そういった人々はやはり日々ちょっとでも先のことを考えて行動します。例えば飲み会の前に、「吐くほど飲むと大変だからヘパリーゼを買おう」と思うのです。ヘパリーゼがどれだけ効くのかは個人差がありますがこうした未来のことを心配して生活を送れています。 また、あの人をこの席に呼んだらどんなことが起きるだろうと考えるのです。あの人呼んだらちょっと空気が悪くなるな。とかあの人呼んだら楽しくなるだろうな。などど考えてみるので人がいいのか悪いのかは難しいところです。よく物事を考える人はある程度の人生計画を立てて過ごしていると思うので、旅行などの計画を立てるのも簡単でしょう。そういった面でよく物事を考えて行動する人は考えない人より頭はいいのでしょう。 しかし考えすぎるといろんなことが心配になって人は夜も眠れなくなったりするでしょう。 こうした鬱的な面も深く考える人にはあると思います。深く考える人はネガティブ思考になってしまう人が多いような気がします。職場などの人間関係では、いつも周りのことを気にしてしまっている人も多いのだと思います。 自分を犠牲にしてまで他人のことを考えてしまい、勝手な責任感や使命感を持ってしまっているケースも多いと思います。それは「人に嫌われたくない」という気持ちを持っていて、周りから変だと思われたくないから必要以上に心配してしまうのでしょう。自分に負担をかけてまで人間関係をよくしようとしている人が多い

物事を深く考えない人はどんな性格だろうか

物事について深く考えないで行動する人はやはり日々の流れを楽しむことができているのだと思います。これはいい言い方をしてるところはありますが、日々の流れを楽しむことができる人はやはり物事について深く考えないで行動し、起こったことを楽しむという人生なのでしょう。しかし深く考えないと大変なことも起きたりするでしょう。しかし深く考えない人は大変なことが起きたとしても深く考えず、これも人生の流れでしょう。 周りからはあの人深く考えないよね?と思われるかもしれませんが、他人に何を思われても特に深く考えないのです。学生時代もとりあえず入れる高校に進学して、とりあえず入れる大学に進学するといった流れでしょう。それが就職でどうなるかはその人次第ですが。 深く考えすぎて悩む人より、深く考えない楽しい人の方が社会は欲してるだろうと考えるのは少し考えが甘いですが、深く考えてない人はそれを望んでいるでしょう。深く考えない人はネガティブ思考にならないでしょう。だからといってポジティブ思考になっているというわけではなく、起こったことをそのまま受け入れるのです。 受け入れられるので、すぐ次に進めるのです。それが出来るのは生きていく上で結構大事なことのような気がします。深く考えない人は割と周りの目を気にせず、しかもそんなに多くの友達を持たなくていいやと思っている人が多いとおもいます。人間関係をわざわざ自分から築くのではなく偶然、いつの間にか仲良くなっていた人とだけ仲良くしとけばいいやと思っているのでしょう。 その仲良くなった人たちは自分のことをよく知ってくれてるし、他の人に変だと思われても全く何も感じないのです。また嫌いな人がいたら、人間関係をわざわざ良くしようとせず、むしろ相手に嫌われた方がいいや と思っている人が多いのです。深く考えないと友達をたくさん作らなきゃ!とも思わないでしょう。

深く考えるのと考えないののメリットとデメリット

深く考えるメリットとは?

深く考えれる人は深く考えない人に比べやはり計画を立てて生活ができるので無駄な時間を減らした生活ができるのです。周りの人より先のことを考えるので、人の役に立つこともでき、信頼されるでしょう。将来のことを考えるので、急な困った時に対応する力を持っています。一番のメリットはこの困った時に対応できる力を持っているということでしょう。社会に出ようとした時も色々な資格を持っていたりするでしょう。「〇〇のために〇〇をする」といったことがすぐ思い浮かぶようになっているというのもメリットでしょう。

深く考えるデメリットとは?

先ほども述べましたが、深く考えすぎると悩みが深まってしまい、夜寝れなくなったりするでしょう。将来のことを考えすぎてどうしたらいいかわからなくなる。といったこともあるでしょう。深く考えるとやはり今後に起きそうな困ることを山ほど想像してしまうのは一番のデメリットだと言えます。例えば受験期に、「高校入試に失敗して行く高校がなくなってしまい、浪人になったとして、一年勉強し続けることもできなくなり、勉強をやめて酒に溺れて親のすねをかじり続けるニートになったらどうしよう。」というように一つの心配ごとからどんどん発展して不安になってしまうのです。ネガティブ思考な自分は社会でやっていけるのだろうか?といった不安にかられるでしょう。

深く考えないメリットとは?

深く考えないとなるとやはり心配することがないので常に楽しい日々を送れるでしょう。起こったことを素敵だと思えるようになっているというのが一番のメリットでしょう。何も考えなくても意外と生きていけると思っているので不安にかられることもなくネガティブ思考になりません。深く考えないで旅行の計画を立てたりするのでギリギリまで何の計画もたてないのですがそれが功を奏して素敵なことに偶然遭遇することもあるのです。「何があるかわからないから起こったことを楽しむしかなくね?」という思想を持っているのです。

深く考えないデメリットとは?

物事を深く考えないとなるとやはり困難に直面することが多々あります。極端に言えば飲み会の前にヘパリーゼを飲まなかったから驚くほど吐いてしまった。などという小さな困難に日常的に直面するでしょう。このように先のことを考えないので、ギリギリになって「アレっ?ちょっとこれキツくない?」みたいな感じになったりしますね。深く考えない人は周りからもあまり物事をあまり考えない人だなというイメージがついてしまうのもデメリットでしょう。適当に生きてると思われて、就職ではあまりよくないかもしれません。深く考えないで行動するので自分の思った通りに行かなかったりする事がよくあるというのが一番のデメリットでしょう。しかしそれでも深く考えない人はそこまで困らないのです。

人生は深く考えないほうが幸せなのだろうか

深く考える人生と深く考えない人生の特徴を比較してみてあなたはどっちが幸せだと思いますか?比較して気づいたのは深く考える人生のほうが不安が多いのは確かだなということです。やはり深く考えないほうが人生は幸せに過ごせるかもしれません。理由は比較で述べた通り、深く考えないほうが物事に対してネガティブにならず、今起こったことにをすぐ受け入れられて幸せなままで居られるからです。 人生は深く考えても考えなくてもいろいろなことは起きるのです。そこでどう受け入れるかは人それぞれですが、やはり深く考えないで次に進めるのがいいのだと考えます。深く考えても未来の予想には限界があってその予想通りにことが確実に進むということはないのです。

深く考えないで偶然起こったことが一番素敵なのです!

今まで流れのままで生きてきてきた人はこれに共感できると思います。予定を立てて過ごし、予定のまま生きて行くというのはあまり楽しいものではないでしょう。「あの日にあの人と遊ぶという段階でそれはもうバイトと同じようなもんだ」という人も結構いるのです。あまり予定は立てないほうが人生幸せだったりします。行き当たりばったりの人生のほうが何が起こるかわからず、ふと今日は中華が食べたいと思って中華を食べるのは最高でしょう。しかし明後日は中華を食べに行こうと思って予定を立てたものの、その日になって中華食べたくなくなったけどもう予約してるし、断るのは相手に悪いし行かないと行けない。ということはあるでしょう。毎日の予定は立てないほうが人生は幸せなのです。 深く考えないというのはこれの繰り返しで、とりあえずハワイに行こうと決めるだけ決めて、「予定はハワイに行って決めようぜ」というような思想の人が多いのです。歩いてそのまま入ったお店がすごいまずいお店だったとしても、そのお店がすごい美味しいお店だったとしても、それぞれ大事な思い出になるのです。予定しておらず偶然起こったことが一番幸せなのです。

深く考えすぎちゃう性格を直すにはどうしたらいいの?

深く物事を考えすぎちゃっていつも不安にかられていつも寝不足な方もいると思います。深く考えすぎると心配事が増えちゃいます。しかしその心配事のほとんどのことは起きないと、アメリカのミシガン大学の調査で分かったのです。心配は無駄になってしまいます。 「取り越し苦労」という言葉があるように起きるか起きないかわからないことについて悩んでも意味がないのですよ。考えすぎると大したことないことなのに不安が広がってしまい、被害妄想してしまいます。 そして失敗を恐れてしまうのです。深く考えない人は失敗を恐れず行動するので色々なことに挑戦します。失敗を恐れて何もしない人生より失敗を恐れず色々なことをする人生のほうが楽しいのは決まっています。深く考えないで失敗しちゃったらどうすんの?という方もいるかと思いますが、失敗してもくよくよ悩まず、次に進めばいいじゃないか?というのが深く考えない人なので、深く考えない人になればいいのです。 そこで深く考えないような生き方を送るために、深く考えちゃうのをやめる方法をお教えします。

誰も自分のことを気にしてないと考える

誰も自分のことを気にしていないと考えれば深く考えて行動することがなくなるのです。周りの目を気にせず、起業してみたり、宝くじを買ったり、パチンコに行ったり、このように周りの目を気にしないだけで人生は豊かに自分の好きなことができるのです。こんな服で、こんな髪型で相手は変に思わないだろうか。とか考える必要はないのです。 実は人はそこまで相手のことを考えてないのですよ。相手に対して関心を持っていないのです。例えばあなたは昨日遊んだ人のズボンの色を覚えていますか?ほとんどの方が覚えていないと答えるでしょう。このようにあなたも、相手の方も一緒にいる人に対して興味がそこまでないのです。誰も自分の事を気にしていないと考えるだけで考えすぎなくなりますよ。考えすぎたところで細かいところまで相手は見ていないので意味のないものになっているのです。

自分に対して自信を持つのです

自分に自信がないと他人に依存してしまったり、新しい事に挑戦できないかったりするのです。自信がないと起業なんてできるわけがないでしょう。自信がないと「自分は頭が悪いからテストでもいい成績取れないだろう」とか「好きな人に告白しても自分には魅力がないから付き合えないだろう」という不安にかられてしまいます。何事もやってみないとどうなるかはわからないので挑戦してみないとダメでしょう。 自信がないと恐怖心や不安が消えないのでずっと深く考えてしまうのです。自分を褒めてみたりすると少しづつ自信を持てるようになります。しっかりした自信を持っている人は小さいことでくよくよしたりしません。小さな困難に直面しても、とりあえず次に進まないと何も始まらないよ!という深く考えない人になる方が人生は楽しいはずです。 自信を持つようになれば深く考えることも減るので、自分のいいところ考えてみたりしてください。「自分は出来る」と思わない限り成功しないのです。

あえて成り行きに任せてみる

深く考えない人はいつも成り行きに任せているのです。そうした方が楽しいことは待っていたりするのです。それは全く予想していなかったことが起きた方が楽しくはないですか?「人事を尽くして天命を待つ」というとりあえず自分のできることをしたら、心配せず成り行きに任せるしかないのです。運に任せてもいいじゃないですか?それが運命なのですよ。そして心配はほとんど無駄になってしまうので成り行きに任せて、起きたことを受け入れるというのが重要です。 それで失敗することもありますが、深く考えても深く考えなくても失敗は起きるのでしたら、深く考えないほうがよくないですか?失敗から学ぶこともたくさんあるので失敗してもいいじゃないですか?深く考えないようにするにはあえて成り行きに任せてみるのです。

深く考えないで行動してみちゃう

物事を深く考えないで行動するのはやっぱ怖くてできない。という方もいるかと思いますが、行動にでてみないと物事は進まないのですよ。準備してから行動する事も大事ですが、何も考えないで行動してみるという事に挑戦してみてください。考えて心配になりすぎるより行動してみた方がうまく行ったりするのです。これこそ「案ずるより産むが易し」ですよ。何事も案じてもそんな意味がないのです。 就職や転職活動では考えすぎると失敗することがよくあるので深く考えない人になっておくというのは大事なことなのです。思い切って行動してみちゃった方がいいですよ。そこで成功体験ができれば人は成長するのです。 深く考えないで行動してみるという意識を持って物事に取り組んでみてください。意識を持つことが重要なのです。先ほども述べましたが成り行きに任せて行動してみてください。考えないというのはとても簡単なことなのですよ。

不安で頭がいっぱいで何もできない時はジョギングやウォーキングなどで体を動かしてみる

恐怖や不安にかられると夜もねれなくて、その行動にでるなんてできるわけがないよ!ということもあるかと思います。ネガティブなことを考えすぎるとすべて悪い方向に向かってしまいますので、そういう時は体を動かしてリフレッシュしないといけません!ジョギングや散歩などをしてみてください。外で体を動かすだけで頭はスッキリしますよ!部屋にこもってモヤモヤ悩み続けても何も物事は進展しませんよ。外で体を動かすと気持ちが変わって「ちょっと頑張ってしてみるかー」となればこっちの勝ちですよ。今まで深く考えて生きてきた人が、深く考えないためにはリフレッシュはとても大事なのです。

不安になってることを紙に書き出してみる

それでも恐怖や不安が頭から離れないという人は、紙にその不安や恐怖の内容を書き出してみましょう。頭の中で心配していると、その心配事はどんどん広がってしまいます。ありもしないことで悩んでしまうのは本当に時間の無駄なことなのです。何に悩んでいるのか、なんでそれが心配なのか、解決策は何があるだろう、などを紙に書いてみるのです。悩みを紙に書いてみるだけで、その悩みが客観的に見れますよ。紙に書いてみるだけで「意外と大したことないじゃん」とおもったりするのです。冷静になることは大事なのですよ。 紙に書くのも面倒になってきたらもうそのまま行動しちゃえばいいのです。深く考えないで行動できるようになれば一人で悩むこともなくなり、もっと自由な時間が増え、自分を成長させることができるのです。

本を読んだり映画を観たりする

これも悩みすぎた時に頭をスッキリさせる方法ですが好きな本や映画はその世界に潜り込ませてくれるので、悩みや不安を忘れさせてくれるのです。映画を観ても不安のノイズが走ってしまう。という方もいるかと思いますが、それは一瞬です。最高の映画に出会えばそういったこともなく、2時間その不安から逃げることができるでしょう。 世界観に現実味のない「マッドマックス 怒りのデスロード」などがオススメですよ。映画を見終えたら気分も変わって「挑戦してみるか!」という気分になると思います。本もその世界に入りこめるのでオススメですが、映画の方が、視覚聴覚を刺激されるので気分は変わりやすいでしょう。

一人の時間を減らしてみる

一人になるとやはり深く考えてしまう人は不安にかられてしまうでしょう。友達と会って遊んだり、その不安について相談してみたりすればいいと思います。人と会う機会を多くしてみると深く考えることもなくなるでしょう。一人で考えていても答えは出ないことが多いのです。友達とかに相談してアドバイスをもらうのがいいでしょう。一人で考え込むより、二人、三人で考えた方がいい考えは浮かぶものです。自分では考えつかなかった考えを出してくれることでしょう。一人で悩み続けるは禁物です。

失敗することを恐れない

先ほども述べましたが失敗を恐れていては何もできません。深く考えない人は皆、生まれながらに失敗を恐れないのでしょう。「あーなったらどうしよう」とか考えるより「どうなってもまあいいか」と深く考えないで生きてみましょう。そうすれば深く考えない人に近づくのです。最初はそんなに大変じゃないことで挑戦してみましょう。例えばコンビニでお菓子を適当に選ぶのです。「これまずかったらどうしよう」と考えるのではなく、「まあ不味くても100円だしいいか」と考えるのは簡単でしょう。 こうした簡単なことから始めるのは重要です。適当に選んだお菓子が超おいしかったらそれは大事な成功体験でしょう。偶然起きたことが素敵だった、っていうのを簡単に経験できると思います。このようにどんなに小さいことも大きいことも全て挑戦なのです。挑戦するにはやはり、深く考えない方がいいのです。深く考えないとなるとしたいこともたくさんできるようになり、より人生が充実したものになるのです。

物事を深く考えても上手くいかないことを認識しておこう

このように述べたとおり深く考えない方が人生は幸せなものになるのです。 人生はいろいろな困難があってこその人生なのです。それにくよくよしてるのではなくむしろそれを楽しむぐらいの勢いで生きましょう。

深く考えないで困難を楽しむって例えばどういうこと?

困難は楽しめるわけがないじゃん!と思う方もいると思うですが、困難に直面にて次に進むには受け入れるしかないのです。そこで楽しむとはどういうことかということをお伝えいたします。

レストランでまずいものが出てきた時

まずいものが出てきたらお店で「まずいなこれ」というのは確かに難しいでしょう。 しかし「みんなでわざわざお金を払ってまずいものを食べる」ということを面白いことだと思うのです。またBBQでみんなで一生懸命作ったカレーが全然美味しくない時、「全然美味しくないね」とみんなで笑いまくれば楽しい思い出となるのです。

大学受験に失敗して浪人することになった時

大学受験に失敗して1年予備校に通い続けることになったらそれは大変なことでしょう。しかし頑張るしか道がないので、楽しいものに変えちゃえばいいのです。予備校に親友と呼べるぐらいの友達を作り、その人と模試の結果で争ったりして勝ち負けをつくると浪人も楽しいものになるでしょう。

毎日を楽しもうとすることが重要

毎日を楽しもうとすることが深く考えないで生活するには重要なことなのです。せっかくの一回きりの人生はずっと不安にかられて大変な毎日を送るより深く考えないで楽しむ方が幸せでしょう。

偶然起きたことが一番素敵だったというテーマの映画を紹介したいと思います。 2016年に公開された「リップヴァンウィンクルの花嫁」という映画です。何の情報も知らない状態で観て欲しいので内容は言いませんが、この世界は幸せばかりなんだよ ということを教えてくれるとてもオススメの映画です

人は不安にかられている時に映画や音楽、小説などに救われることがよくありますね。深く考えすぎてしまう人は日常的に映画を観ることを勧めます。

人生は深く考えず、思い切って行動する方が楽しいということがわかっていただけましたでしょうか。いつも深く考えすぎてしまうという方は今日から色々なことに挑戦して悔いの残らない人生にして行きましょう。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング