IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般企業・公務員の「ボーナス」の時期と支給日はいつ?

年収・給与

ボーナスは年に何回くらい、どの時期に支給されるのでしょうか?ボーナスの時期や支給日についてまとめています。また、一般企業と公務員のボーナスの違いについても、ご紹介しているので、ボーナスについて気になることがある方は、ぜひ目を通してみてください。

更新日時:

ボーナスの額が思ったより少なかった・・・」 「旦那のボーナスが上がらなかった・・・」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分や旦那さんの評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

覚えておきたい!ボーナスの時期や支給日の関連知識

「ボーナス」という言葉は、耳にするだけで何となく胸が躍りますよね。実際、ボーナスを楽しみにしている方や、仕事をする上でのモチベーションの1つとしている方も、多いのではないでしょうか? 一方で、「ボーナス」という言葉自体には馴染みがあるものの、ボーナスの時期や支給日といった詳細や、ボーナスが支給される仕組みなどについては、あまり知らないという方もいらっしゃると思います。 そこで今回は、ボーナスをテーマに、支給される時期などの関連知識をご紹介していきます。

ボーナスが支給される時期は、6月・12月の年2回が一般的

結論からお話しすると、ボーナスは年に2回支給される場合が多いとされています。 夏と冬で考えられることが多く、時期としては夏が6月、冬が12月に支給されるのが一般的です。 とはいえ、 ボーナスをどのように支給するのかは、企業の方針によります。1年に1回という企業もあれば、2回以上に分けてこまめに支給する所も。また、ボーナスという制度そのものを導入していない会社も存在します。 更に、その時期の業績や会社の経営によっても、ボーナスの回数や金額は変動します。 そのため、一般的には夏と冬の時期に年2回と言われているものの、時期や形態が当てはまらない企業も存在しており、さまざまなケースが考えられます。

一般企業と公務員のボーナスは違う

上記で、一般的なボーナスの時期は、6月と12月の年2回とご紹介しましたが、それはあくまでも一般企業の場合です。 公務員の場合は、ボーナスの名称や時期などが、一般企業とは異なります。 公務員のボーナスは、「勤勉手当」「期末手当」などの名称で呼ばれることが多く、条例や法律で定められた基準に従って支給されるようになっています。

一般企業のボーナスの支給日

では、一般企業の場合、ボーナスの支給日はどのようになっているのでしょうか? あくまでも、6月・12月の年2回ボーナスを支給する企業の場合ですが、夏のボーナスを7月の初旬(※1)に支給する企業が多いようです。 より具体的な日付を出すと、7月10日(※1)前後が多く、また金曜日に支給する企業も多いとのこと。 一方で、冬のボーナスは、12月初旬が多いと言われています。一般的に多いと言われているのが、特に12月5日(※1)・12月10日(※1)・12月25日(※1)などの日付です。中小企業の場合は、12月下旬に支給する企業も、少なくないようです。

公務員のボーナスの支給日

では、公務員のボーナスは、いつ支給されるのでしょうか? 企業の方針によって、支給する回数や時期に変動がある一般企業のボーナスとは異なり、公務員のボーナスは法律や条例で支給日が定められています。 国家公務員の夏のボーナスの支給日は、6月30日(※1)となっています。冬のボーナスは、12月10日(※1)が支給日です。 地方公務員の場合は、国家公務員と異なり、ボーナスについて法律で定められているわけではありませんが、基本的には条例などで上記の日付やそれに近い時期・日程に支給されるように決まっています。

退職の予定がある人は、ボーナスの支給日や会社の規定をチェック

ボーナスの支給回数や時期については、上記でご紹介しました。一般企業の場合は一概には言えませんが、おおよその日付などが分かり、「早くボーナスが欲しい!」とワクワクしている方もいらっしゃるでしょう。 では、今後会社を退職する予定がある方は、どうなのでしょうか?退職までに働いた分の給与を受け取ることはできても、ボーナスは対象となるのかどうか、気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 結論から言うと、退職予定があってもボーナスがもらえるかどうかは、会社を辞める時期や会社の規約などによります。そのため、一概にもらえる・もらえないと断言することはできません。 しかし、会社の規約でどのような人がボーナスの対象となるのかチェックすることが可能です。何日まで会社に在籍していればボーナスの対象者となるのかを確かめ、ボーナスをもらってから退職するというのも、1つの賢い方法です。 退職時期に迷っている方は、時期などを上手く調整して、ボーナスを受け取ってから退職するという方法も、考えてみると良いかもしれませんね。

ボーナスの時期と支給日は、企業によってさまざま

いかがでしたでしょうか?今回は、ボーナスの時期や支給日に注目して、関連知識をご紹介してきました。 公務員の場合は、法律や条例で定まっていますが、一般企業の場合は、ボーナスの時期や回数などは、企業の方針次第となっています。そのため、1年のどの時期に何回支給されるのかは、企業によってさまざまです。 しかし、一般的には6月・12月の年2回としている企業が多く、それを楽しみに仕事を頑張っている方も、たくさんいらっしゃることでしょう。 いつ支給されるにせよ、ボーナスが貰えるのはとても楽しみなことですよね。仕事をしていると、辛いことなどもあるかもしれませんが、ボーナスを励みに頑張っていきましょう!

※1:7月10日・12月5日・12月10日・12月25日・6月30日・12月10日

関連タグ

アクセスランキング