IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活中に非通知の電話に出られなかったときの対処法|なぜ非通知?

ビジネスマナー

就活の時に問題になるのが非通知の電話です。就活の非通知の電話に出れなかった場合はどのように対処するれば良いでしょうか。非通知で電話してくる会社側の意図とはどのようなものかもまとめてみました。もしあなたが非通知の電話を受けても問題なく対応できると良いです。

更新日時:

就活中に非通知の電話に出られなかったときの対処法

非通知の電話に就活中に出れないことは良くあります。出られずに不安になる方も多いのではないでしょうか。今回はそんな非通知電話に出られなかったときの対処法をご紹介します。

非通知の就活に関する電話の意味とは

非通知の電話の意味は会社のセキュリティー上非通知にしているところがあります。特に大きな企業ではその傾向があります。一般的な事を知っている方であれば、非通知で電話してくる会社に対しては、良いイメージになると思います。会社としては、どこのセクションから電話をしたかを他の人に知られたくない理由があります。電話番号と言っても重要な情報ですので、それを人に教えないようにする為に非通知になっています。

絶対にしてはいけない非通知の電話の対応

絶対にしてはいけないことは、非通知の電話番号に対して、自分で電話番号を推測した結果人事あてに電話を繰り返したりすることです。就活中はとても神経質で色々な事に敏感に反応するようになってしまっています。これが原因で、全然関係のない会社の人事に電話をしたりするケースがあります。就活全体にも影響がでますが、やること自体が無意味です。電話に縛られる就活を続けていれば、良い結果がでないかもしれません。基本的には、就活はどっしりと構えて数か月中に内定が一つでれば良いと考え行動していれば無駄もないです。

多くの方がやってしまう非通知電話の対処法

かなりの方がやってしまいがちなのが、何とかして電話しようとします。最終的に会社に電話する人もいますが、少なくともどの会社からの連絡で電話すべきか考えると方がほとんどでしょう。無理に電話番号を調べて、可能性のある会社に電話すれば、就職活動自体に無駄なことが色々出てきます。一番良いことは、気にしないでまた電話がくるのを待つことなので、余計な心配や行動はしなくて良いです。また、非通知で電話してくる会社も、もし一回目で電話がつながらない時は再度連絡してくるでしょう。そう考えるのが自然であり、問題のない行動です。

かけ直したい場合

どうしてもかけ直したい時は方法はあります。自分の就職活動中で関係している会社を考えタイミングを考慮して会社をある程度絞ります。その上で、相手に失礼のないように代表電話でも良いので電話してみることです。相手にも非通知電話があった旨伝えれば、話しにはのってくれます。 具体的に例を言うと、相手の会社を絞った後に電話で、「お忙しいところ申し訳ございません。御社を志望しているものですが本日非通知の電話をうけたのですが、タイミングが悪く電話に出ることができませんでした。もし御社の方からの電話でしたら、こちらから連絡した方がよいかと思い電話させていただきました。」との内容を言えば問題ありません。

実際にかけ直す時の注意点

かけ直す時のポイントとしては、なるべく手短にすることです。相手の会社も忙しい時もあります。もっともしてはいけない事は、就活中に会社の自分のイメージを悪くすることです。なので、相手の立場にたった言動をすることです。そうすることで、自然と発言すべき内容も決まりますし、言ってはいけない内容も分かってきます。 また、本当にその会社から非通知の電話があった場合は特に注意が必要です。考え方を変えてPRの時だと思うことです。しっかりとした口調ではっきりと相手に用件を伝えることでイメージアップも可能です。

かけ直す時のタイミングなどはどうか

相手が忙しい時間帯はなるべくさけるようにしましょう。例えば朝早い時間帯では、1日の計画を作っていたりする時間帯であり、かなり忙しい時間帯です。また、夕方近くも残った仕事をまとめて処理しているので忙しいでしょう。 一番良い時間帯としては、昼食後あたりに電話するのが良いです。忙しくない時間帯の電話なら相手もある程度対応してくれます。やってはいけないのは、自分の考え方だけで思いついたらすぐに電話をしてしまうことです。常に就活中に非通知電話にかけ直す時は相手の立場にたった考え方が必要となってきます。

失礼のないかけ直し方

非通知電話に自分でかけ直すと時は、失礼のないように電話の初めに「申し訳ありませんがと言うことです。」これでもし、電話した先が間違いであっても問題にはなりません。また、もし本当にかかってきた会社であれば、とても良いイメージで電話を切ることが出来ます。就活中に非通知電話の対応をする時は、受けている複数の会社からの電話が想定されます。なので、どの会社も大切に対応する必要があります。

なぜ就活の際にかかってくる電話は非通知なのか

重要な事を知らせる時に会社は非通知の設定で電話をしてくることがあります。会社側が考えているのは、間違いなく自分が話したい相手と話す為に非通知の電話をかけます。非通知にすれば、相手が電話をとった時も、そうでない時も会社から連絡することで間違いなく相手に大切な事を伝えることができます。 このように一般家庭では非通知の設定が少なく、会社ではかなり非通知の多い理由が理解できるでしょう。

非通知以外の就活の電話

一つとしては、普通に電話がかかってくることです。電話番号が普通に表示されます。この時は出来れば、携帯電話等に会社の代表番号だけでも登録しておくと良いです。もし、その会社から電話がくれば、どう対応するか前もって考える時間があります。それ以外の電話はほとんどありませんが、最近ではメールで重要な知らせが届いたりします。メールにも様々な決まり事があり、便利な反面間違った内容のメールは失礼になったりします。電話にしてもメールにしてもポイントをしっかりとおさえて用件を伝えるようにしましょう。

では非通知の電話の本当の意図とは何でしょうか

視点を変えて考えると非通知の電話をしてくる会社はセキュリティーを守っている会社だと言えます。もし、何も気にしない会社であれば、非通知の設定はしないでしょう。このようななんでもない情報も会社に対するイメージをつくる上で大切な要素になってきます。大体しっかりとした企業や、大手の企業は非通知であったりします。人にもよりますが、非通知の電話がきた時は、警戒する人がいます。それは、実際には不要なことであり電話に関するセキュリティーの為の非通知設定であると認識されれば問題ないです。

非通知の電話をどう考え対応するか

大切なことは、就活中における非通知の電話は会社のあなたに対するイメージを変えてしまう可能性があると言うことです。あせって何社にも電話をしてしまったりすれば、イメージは悪くなります。また、慎重すぎて動きがまったくとれないのもイメージダウンです。就活における一つ一つの考え方が内定につながることであり重要なことです。神経質になりやすい就活だからこそ柔軟に物事を考え、非通知の電話にも丁寧に対応していきたいところです。

非通知電話だけではない!就活における姿勢と心構え

非通知電話だけでなく、就活中におけるあなたの行動1つひとつがあなたのイメージにつながっていきます。自分のイメージを下げたり、逆に慎重になりすぎて動けなくなってしまわないようにするためには、事前に就活における姿勢や心構えをチェックしておくことが重要です。 普段学生同士でコミュニケーションを取るのと、就活生として会社の人と関わるのとでは、切り替えが非常に難しいため、早いうちから意識してチェックするようにしましょう。 また、姿勢や心構えをチェックするためには、まず自分を知ることが重要です。事前の「自己分析」を徹底することで、就活における意識だけでなく自分らしさも出せるようになりましょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング