IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【営業の業種別のコツ】リフォーム営業・不動産賃貸営業etc.

営業

求人広告を出す時に気をつけるべき事は何か知っていますか?求人広告のキャッチコピーやデザインなど書き方によって、応募数に大きな影響を与えます。今回は、効果的な求人広告の書き方や、採用の費用はどのくらいかかるのかなどについてまとめました。

更新日時:

効果的な求人広告とは?

求人広告の種類

人材採用が必要になった時に、多くの採用担当者が考える手段は、 ○既存従業員から紹介してもらえないか ○無料で求人を掲載してくれるハローワーク この二つが一番コストをかけずに採用できます。 しかし、それでも上手く人材採用ができなかった場合に、費用が発生する求人広告への掲載を検討する方が多いです。費用が発生する求人広告に掲載するとなった時、せっかくお金をかけるのだから優秀な人材を採用したいですよね。長く活躍してくれる人を採用したいという思いが強くなります。 ではそんな、優秀な人材や長く活躍してくれる人材を採用する為に気をつけるべき事はどんなことがあるのでしょうか?

欲しい人材のポイント整理

掲載メディアや広告内容を検討する前にまず考えるべきことは、 ○自社にとって今必要な人材はどんな人物か ○自社で長く勤めている人材に共通する事は何か 以上2点です。 このポイントを整理しておかなければ、効率的なアプローチはできません。なぜなら、求人広告はあくまで広告です。どんなに求職者が広告を見ても、応募したくなるような求人広告でなければ意味がありません。 応募したいと思わせるには、「この会社が求めている人物像に自分が当てはまっている」と感じる書き方で書かれている必要があります。そのためにまずは、どんな人に働いて欲しいかという採用ターゲットを明確にし、その人に向けた求人広告を作りましょう。

ターゲットに合わせた原稿の書き方

採用ターゲットが決まったら、ターゲットに見てもらうため、応募してもらう為の、求人広告の中身を検討します。1番重要な事は、キャッチコピーの書き方です。多くの求人広告はキャッチコピーは20〜50文字程度でまとめる必要があります。 ネット媒体はこのキャッチコピーを見て、細かい情報を確認するか否か判断する為、とても重要です。では効果的なキャッチコピーの書き方とはどんなものなのでしょうか?

効果的なキャッチコピーの書き方

例えば、採用ターゲットをの30代前半男性と設定します。 「30代男性活躍中!管理職候補募集!教育担当もお任せします」 「3年後には管理職も可能!若手の育成を通して自分自身もステップアップできる環境です」 この2つの書き方を見た時に、どちらが魅力的だと感じますか? 恐らく多くの方が後者の書き方が魅力的に感じるのでは無いでしょうか?前者は、30代男性が活躍している事は分かるものの、管理職候補、教育担当という言葉に少し重みを感じます。 一方後者は、3年後という具体的な言葉が入っている事で、3年かけてそこに行き着けば良いのだというように重みが軽減され、現実味を増すことができます。キャッチコピーはこのように、採用ターゲットに現実味を持ってもらえる書き方をすることが大切です。

キャッチコピーだけ良ければいいのか

キャッチコピーで採用ターゲットを引き付けるだけで、応募が集まるのか。決してそうではありません。もちろん募集条件や、その他の自社の魅力が伝わることが重要です。 しかし、多くの求人広告は、テンプレートがありどこに何を記載するのか決められています。ではその中で、どのような書き方をしたら同業他社との差別化ができるのでしょうか?

他社と差別化するデザインの書き方

まずは、自由にデザインできるような求人広告であれば、 ○自社らしさ(硬い雰囲気なのか柔らかい雰囲気なのか) ○採用ターゲットらしさ(男性、女性、年齢層) この2点を考慮してデザインを検討します。例えば、風通しの良い職場で若手の採用をしたいということであれば、明るめかつ活気溢れるデザインに。かしこまった雰囲気の中で働くような募集であれば、落ち着いた色合いでまとめるのが良いでしょう。 また、主婦層にターゲットを絞る場合はイラスト等を使って仕事の流れを伝えるのも効果的です。 また、未経験者をターゲットに設定する場合は仕事内容に関して細かく記載することも重要です。雇う側からしたら当たり前のことも、その仕事の経験が無い人からは、当たり前では無いケースもあります。仕事内容の表記の仕方もよく検討してください。

テンプレート型の時の差別化できる書き方

一方で決まったテンプレートを使用して書かなければならない場合は、言葉の言い回しを工夫しながら、採用ターゲットに伝わりやすい書き方をする必要があります。具体的には下記のようなことに注意することが必要です。 ○勤務時間/残業の有無 ○休日/法定休日以外にどのような休暇があるか ○給与/数年後に想定される給与、年収等 ○待遇/福利厚生、各種手当 例えば、基本給が20万円+インセンティブの営業職の募集だとします。 給与:月給20万円+インセンティブ 給与:月給20万円+インセンティブ(月50000万円迄) もし、インセンティブがあれば具体的な金額まで記載することをお勧めします。さらに、インセンティブ基準を記載することができるのであれば具体的に記載することで、働くイメージが具体化され応募につながるケースが多くなります。このようにテンプレートが決まっていても書き方次第で、求職者に働くイメージを持ってもらうことができ、他社との差別化が可能になります。

求人広告にかける費用は?

ここまで求人広告の書き方について記載しました。それでは求人広告にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?最近ではネットメディアが増えてきていますが、1週間あたりの掲載費用は1万円〜2万円で掲載できることが多いです。 しかし、有効求人倍率が高い昨今、1週間の掲載で採用成功する事例は多くありません。株式会社ツナグ・ソリューションズの2012〜2013年にかけたアルバイト採用の調査では、アルバイト1名採用するのに掛かった費用は平均で5万1000円です。求人広告の掲載費用だけではなく、1名採用するのにかかった費用(採用単価)を把握することで、コストを少しでも抑える為の打ち手を検討をする必要があります。

採用単価を把握する必要性

掲載費用だけではなく、採用単価を把握する必要性は、採用手法を検討するためにあります。 例えば、 2週間で2万円で掲載できるA社。1名の採用成功。 2週間で4万円で掲載できるB社。3名の採用成功。 同じ掲載期間であれば、費用の安いA社を選ぶ方が多いと思います。 しかし、採用した1名あたりの採用単価を見てみると、 A社=2万円 B社=1万3333円 このように1回あたりの掲載費用が高いB社の方が、採用単価は安いのです。人材採用に苦労する現代だからこそ、しっかり採用単価を把握し、メディアの選定を行うことが重要になります。この採用単価の把握は求人広告を扱う営業は常に考えています。

求人広告は成果が全て

企業にとって社員は重要な資源と言えます。優秀な社員が揃っているかどうかで、企業の未来が変わってくると言っても過言ではないでしょう。つまり多少お金をかけてでも、良い人を採用すべきでしょう。 しかし、採用にかけられる費用というのは限られているので、できればコストをかけずに採用したいですよね。そのためにも効率的な求人広告の出し方、書き方を知り、都度結果を振り返ることがとても重要です。 コストを抑えながら成果を出すことが、採用活動を行う企業と求人広告を扱う営業に求められています。その実現のためには、企業と求人広告会社の営業がゴール設定を行い、その実現のために伴走することが必要です。 求職者に、働きたい!と思ってもらえるような求人の書き方で広告し、さらに求人広告を安く掲載してもらえるよう交渉する事も書き方も大事です。求めているような、優秀な人材を採用できるよう、求人広告の書き方から掲載の方法まで詳しく調べてみてください。

関連タグ

アクセスランキング