IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初めての転職で知っておきたい4つの「転職方法」のメリット・デメリット(求人サイト・エージェント・縁故・ダイレクトリクルーティング)

転職ノウハウ

こんにちは!BrandingEngineerで基本エンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。転職したい!でもどうしたら良いかわからない!そんな人向けに様々な転職の方法を紹介していきます。前回は転職エージェントの仕組みや、エージェントをは何をしてくれて、どんな良いことがあるのかを紹介しました。今回は色々な転職方法の比メリット、デメリットを紹介していきたいと思います!是非是非参考にしてくださいねー!

更新日時:

今回お話すること

こんにちは!BrandingEngineerで基本エンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。 転職したい!転職してやる! と思い調べてみると、いくつか転職方法があることに気づきます。初めて転職する方にとっては、それぞれどう違うのか理解しづらいですよね。検索して調べてみても、それぞれ執筆者のポジショントークで語るので、各転職方法の本当のメリット・デメリットが何かつかみにくいと思います。 前回の記事では ①転職エージェントの仕組み ②エージェントは求職者に何かをもたらすか ③エージェントのいいところ を紹介しました。 今回は4つの転職方法のメリット・デメリットを公平な目線でご紹介していきますので、転職方法を検討する参考にしてみてください。

■4つの転職方法

転職方法には、おおまかに次の4つがあります。 ①求人サイト(リクナビなど)から応募する ②転職エージェントを使う ③縁故転職(知人に紹介してもらう) ④ダイレクトリクルーティングサービス(ビズリーチ、TechStars)に登録する 人によっては、「転職エージェント」というのを初めて聞く方もいるかもしれません。特に「ダイレクトリクルーティングサービス」という名前は初耳な方もいらっしゃるでしょう。 下記では、それぞれについてより詳しく解説していきます。

①求人サイト(リクナビなど)から直接応募する

1番馴染みのある転職方法だと思います。リクナビ、マイナビ、Wantedlyなど、掲載されている企業の求人に自分から応募していく形です。就活の際にも、マイナビやリクナビを利用していたと思います。そちらの転職版ですね。

求人サイトのメリット

● どの転職サービスよりも一番多くの求人を見ることができる

求人サイトのデメリット

● 求人数が多すぎるため自分の希望の求人を探すのが難しい。 ● 求人に書いて有る業務内容が実際と異なる可能性があり、見極めるのが難しい。

②転職エージェントを使う

こちらは前回紹介しましたね。 転職エージェントに企業を紹介してもらい様々な転職のサポートを受けるサービスです。詳細はこちらの記事を御覧ください。

「転職エージェント」のメリット

● キャリアアドバイザーがキャリアステップの相談に乗ってくれる。 ● 推薦文を添えて企業に提案するので面接が入りやすい。 ● 企業とのやり取りをすべて代わりに行ってくれる。 ● しっかりと希望に沿った求人を選んで紹介してくれる。

転職エージェントのデメリット

● 経験が少ない人だと、紹介料が発生することを理由に落選する可能性がある ● 不誠実なエージェント企業に当たると、企業側の都合で求人を紹介される場合がある

③縁故転職(知人に紹介してもらう)

その名の通り知人の会社やその知り合いの会社を紹介してもらう形です。最近企業側ではリファラル採用と呼ばれ盛り上がっている手法です。

縁故転職のメリット

● 知人が働いているので、内情など安心して入る事ができる ● 選考の通過可能性が高い

縁故転職のデメリット

● 知人の紹介なので複数企業を見ないで決めてしまう傾向にある ● その企業が適切なキャリアの選択でない可能性がある

④ダイレクトリクルーティングサービスに登録する

サービスに自分のプロフィール(職務経歴など)を登録して企業からのオファーを待つ形です。興味を持ってくれた企業からのオファーなので内定を受けるまでの確率が高まります。他の転職方法に比べ、効率よく転職ができることがポイントです。

ダイレクトリクルーティングサービスのメリット

● プロフィールを登録しておくだけでスカウトを受け取ることができる ● 企業からのスカウトなのでカジュアル面談(軽く話を聞く)も組みやすい  

ダイレクトリクルーティングサービスのデメリット

● プロフィールに魅力がなければスカウトが全く来ない可能性がある

■エンジニア専門のキャリアアドバイザーやってます!

私、田原はエンジニア専門のキャリアアドバイザーやってます。 年間100名以上のエンジニアさんにお会いさせて頂いているので、是非ご相談がある方はご連絡下さい!必ず何かしらプラスになるキャリアアドバイスができると思います。 次回はどんな方が転職エージェントを使ったら良いかなどを書いていく予定です。

関連タグ

アクセスランキング