IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

23歳での平均転職回数・役立つ資格|23歳での転職2回、3回は多いのか

転職事情

会社や仕事に対する悩みは誰でも持っていると思います。現在23歳で転職を考えているという人に知っておいてもらいたいことや意識してほしいこと、転職活動に役立つといいなと思うことをまとめてみました。まだまだ若い23歳だからこそ、希望ある転職を成功させてください。

更新日時:

悩んでいる人は多い!23歳の転職事情

インターネットで「転職」と検索すると、転職サイトや転職エージェントの数にも驚きますが、Yahoo!知恵袋などの質問サイトでの悩み相談や、転職のノウハウについて掲載しているサイトなど、転職を意識している人が本当に多いことに気付きます。 そんな中で23歳という年齢を考えてみたとき、社会人経験でいうと高卒であれば5年程度、専門・短大卒なら3年程度、四年制大卒は1年程度という人が大半だと思います。また、就活で希望の会社に就職出来ずアルバイトや派遣社員として働いている人もいるでしょう。若いベンチャー企業などではすでに管理職に就いているという人もいるようですね。

23歳の平均転職回数

誰だって良い会社で長く働きたいという思いを持っていると思います。なので、一生懸命就職活動をしてようやく内定をもらえた第一志望の会社だったのに、いざ入社してみたらイメージと全然違ったというような状況になったとき、「こんなはずじゃなかったのに」と考えてしまいますよね。 20代の平均転職回数は約0.5回で、20代後半では約1回だといいます。23歳では0〜1回というところでしょうか。人によって事情は様々ですが、転職を考えている人にとっては年齢と転職回数はやはり気になる部分ですね。

23歳は転職を意識し始める年齢

転職活動をしている人が転職を考え始めたのは24〜26歳が多いそうで、特に女性はライフスタイルの変化を意識した早めのジョブチェンジを望む傾向があるようです。23歳は、転職という言葉をなんとなく意識したり、これからの自分の働き方を思い描いてみるなど、人生の転機と関わり始める年齢なのかもしれません。

23歳、高卒の人の場合の転職事情

高卒で23歳といえば、社会人経験が5年程度あり、まだまだ若い年齢ということも踏まえて転職はしやすい傾向にあると言えるでしょう。お給料アップのためや、今とは違う仕事にチャレンジしたいなど、目標を明確に持っていれば良い転職ができると思います。 しかし、どうして転職したいのか、今働いている会社を辞めたい理由は何なのか、目的や意思がはっきりしていないと転職活動もうまく行きません。ただ単に「上司が嫌だから辞めたい」などでは採用する側も相手にしてくれないでしょう。これはどの年齢の人にも言えることですが、転職する明確な目的を持ち、今までの自分の自己分析と経験の棚卸しをしっかり行うことが、転職を成功させる最初の一歩です。 もし今転職しようかなと考えているのであれば、お給料のいい会社とか、今より休みが多いところとか、業務内容が楽しそうだからとか、なんとなくな理由ではなく、将来自分はこうなりたいというビジョンを持って転職先を探すことが大切です。若くてやる気にあふれている年齢だからこそ新しい仕事はすぐ見つかる可能性が高いですが、勢いだけで転職してしまって後悔するのはもったいないですよ。

23歳で転職3回目、これって多すぎる?

20代の平均転職回数が0.5回と言いましたが、23歳の転職希望者で既に2回以上の転職経験があるとやはり回数が多いということになるのでしょうか?ひとつの企業での経験年数でいうと年齢が若ければ若いほど少ないことになりますが、「まずは3年」などと言われるように、3年未満、2年未満、1年未満と経験年数が少ないことで不利に見られてしまうこともあるようです。

書類選考の通過率が下がってしまう

転職活動において問題になってくるのは、書類選考で落とされてしまうという点です。転職回数が多いと、採用側も「長く働いてくれないのではないか」「飽きっぽくて続かないのではないか」と思ってしまいます。23歳で転職回数が2・3回ある人は、応募書類の作成に工夫する必要があるかもしれません。自分のスキルを整理して、次の企業ではどんな仕事がしたいのか、持っている知識や技術をどう活かしたいのか、などが伝わるように気をつけましょう。あくまでも通過率が下がる可能性が高いというだけで、本気の思いならきっと伝わるはずです。書類選考がダメだと気を落とさずに、履歴書や職務経歴書と真剣に向き合うことも大切です。

大手、有名企業への転職は厳しい

「安定とネームバリューを求めて次こそ大手企業へ転職したい」と思っている人は、書類選考同様、転職回数は不利になってくるでしょう。年齢的には若いので企業としても若い人材は欲しいところですが、1・2年ですぐ辞められてしまっては困るので採用は慎重になります。大手や有名な企業は即戦力を求めて中途採用をしているところが多いので、『転職回数が多い=経験が少ない』と判断されてしまうと難しいかもしれません。やる気を重視してくれるような会社なら、入社後の自分をしっかりイメージできていれば採用の確率は高くなるかもしれませんが、学歴や転職回数不問と唱った求人広告を出していても、実際には第一段階の判断基準として見ていることも多いと思います。転職回数が多いことで応募できる企業が狭まってくることはある程度覚悟する必要があるかもしれません。

23歳で転職回数が2・3回、それ以上あるという人は、「この人は転職回数が多いな」と見られてしまうのは避けられないでしょう。それぞれに理由はあると思いますが、会社都合のやむを得ない事情で退職しなければならなかった人も、体を壊してしまった人も、上司と折り合いが悪くて辞めてしまった人も、次に向かって前向きに自分をアピール出来れば転職できないということもありません。転職回数が多いことを考えてあれこれ悩むよりも、どうしてまた転職したいのかをしっかりと自己分析して、応募書類の作成や面接対策に力を注ぐほうが懸命です。23歳、労働力なら四年制大学の新卒とそれほど差はありませんよ。

23歳の人が転職をする上で役に立つ資格

転職を考えるとき、頭に浮かぶのは『資格』のことだという人もいるかもしれません。転職活動が長くなってくると「何か資格でもないと採用されないのだろうか」と不安になったりしてしまいますよね。資格を持っているから有利ということばかりではありませんが、23歳の転職で役に立ちそうな資格をいくつかピックアップしてみました。

宅地建物取引士

営業でバリバリ働きたいという人におすすめしたいのが『宅地建物取引士』です。いわゆる宅建ですね。体育会系のイメージが強い不動産業界ですが、頑張れば大幅に年収アップを目指せる環境があり、近頃は相続対策などを考えた投資用物件を取り扱う企業も多くなっているので求人数も豊富にある印象です。また、事務所の5人に1人は宅建士を置かなければならないという決まりがあることから、資格保有者優遇や資格手当支給なども嬉しいポイントではないでしょうか。 宅建士は事務職を希望する人にもおすすめしたい資格です。求人情報も多く比較的月給が高い傾向にある不動産の営業事務職などは、業務上、専門的な用語や知識が必要となります。資格を持っていないと出来ない業務もありますので、有資格者の応募は歓迎されるようです。資格手当支給の会社ならそれだけで毎月お手当が貰えるので持っていて損はないですね。 <宅地建物取引士試験> 試験日:毎年1回 10月の第3日曜日 受験料:7000円 合格発表:12月頃

日商簿記

事務系の資格といえばこれという感じですが、簿記も取っておいた方が良い資格のひとつです。主に、経理や財務などの部署を希望する人が持っていると転職しやすいイメージですね。しかし、簿記の勉強をすることで数字に強くなり、企業のお金の動きも理解できるようになれば経営の基礎を身につけることができるので、事務系に限らず営業職企画職など選択できる仕事の幅は広がりそうです。3級は独学でもわりと容易に取得可能のようですが、2級、1級はそれなりの学習が必要とされます。それだけ勉強したということをアピールも出来ますし、簿記2級以上を持っている人を求めている企業もありますので、とても数字が苦手な人でなければぜひ2級までは取得しておくと良いでしょう。 <日商簿記> 試験日:年間3回 ※1級は年間2回 受験料:1級7,710円     2級4,630円     3級2,800円

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

今やパソコンはどんな企業にもなくてはならないアイテムとなっていますが、完璧に使いこなせている人はどれくらいいるのでしょうか。常に新しいソフトが開発され、使う側としては追いつかないと思ってしまいますが、便利な機能や詳しい操作方法などをある程度知っていれば業務でも戸惑うことが少なくて捗ります。 MOSはマイクロソフトのオフィス製品の使用スキルをはかるための資格で、ExcelやWordなどの知識や能力を客観的に証明することができ、資格取得のための勉強がそのまま実践で役に立つということがポイントです。そのため、パソコンソフトの基本操作を教えるという手間が省けるので、事務系職などでは即戦力をアピールすることが出来るでしょう。 <マイクロソフトオフィススペシャリスト試験> 試験日:毎年1〜2回 詳細については公式ホームページをご覧ください。

23歳の転職希望者におすすめしたい資格を挙げてみましたが、世の中にはあふれるほどの資格や検定などがありますね。どんな資格を取得するのもいいですが、より仕事に活かしたいと思うなら働きたい業界や職種に関係のあるもの、スキルとして身に付くものなど自分のためになるものを選んでもらいたいと思います。勉強に時間が必要なこと、テキスト代、受験料などの費用がかかることを頭に入れて、ぜひ無駄にならないような選択をしてください。

転職を考えている23歳、転職活動中の23歳がすべきこと5つ

早まらない

「もう、こんな会社辞めてやる!」そんな瞬間は誰だって経験します。日々の小さなことが積み重なった結果の人、大きなミスをしてしまい居づらいと思ってしまった人、上司のセクハラにはもう耐えられないという人、そして、転職を考えている人も含めて、それぞれにいろんな理由があると思います。しかし、その場の勢いだけで退職することは避けましょう。実家暮らしでとりあえず寝食には困らないのならばいいですが、そうでない人にとっては大きなリスクが伴います。無職になって収入がなくなっても家賃や光熱費、食費はなくならないので、少しは貯金があるからどうにかなると構えていても収入が一切なくなることは実は結構精神的にダメージが大きい問題です。

意思を明確に

自分はどうして転職したいのか、どんな仕事をしたいのか、今の会社をどうして辞めたいのか、自分自身の気持ちははっきりしていますか?「23歳なんて若いんだからどこでも採用してもらえるでしょ?」という考えはやめてください。若い人材は確かに求められますが、そこにこの会社で働きたいという明確な意思がないとやる気がないのではないかと思われて転職成功も遠のきます。たとえ、やむを得ない事情を抱えて転職をしなければならないとしても、前向きな気持ちをアピールできるようにしましょう。そのためにも働きたいと思う会社選びは慎重に行うことを大切にしてください。

第二新卒枠を狙う

近年の求人情報のほとんどで見かける「第二新卒歓迎」の文言。第二新卒とは新卒で働いて3年以内の人のことを指すようですが、大学などを卒業後一度は社会人として働いているので、新社会人よりは教育に時間がかからないという利点や年齢的にも若いことなどで注目されています。年齢でいうと25歳くらいまでの人を対象と捉えることができるため、23歳の転職希望者も当てはめることが可能です。応募先の企業を探す際は、第二新卒枠の採用に積極的な企業を選ぶこともひとつの手かもしれません。

転職エージェントも活用する

23歳での普段転職サイトや求人サイトで仕事探しをしている人は多いと思いますが、このところ広告などでもよく見かける『転職エージェント』への登録を考えてみるのもいいかもしれません。非公開求人を紹介してもらえたり、面接などのスケジュール調整をしてくれたり、アドバイスや相談にも乗ってくれるので心強いです。就業中で転職活動をしている人はなかなか時間調整が難しかったりしますよね。そんな時は転職エージェントの力を借りてみるのもひとつの手ではないでしょうか。ただしこちらも営業なので、担当者の言葉にうまくのせられて給料はいいけど自分にはあまり向いていない会社に転職してしまいました、なんてことにならないように意志はしっかり持って上手に活用しましょう。

あきらめない

転職活動中は苦しい思いをすることも多くあると思います。23歳ならほんのちょっと前に新卒の就活を味わったばかりですよね。しかし、転職を考えるのならばやはり今よりも良い環境にしたいという思いがあるはずです。給与面、待遇面も含めて良い環境で働きたいと思うのなら、少しの苦しい思いも乗り越える強さを持っていて欲しいと感じます。転職活動が長引きそうで不安になることもありますが、あきらめなければ道はきっと開けます。自分を信じてあげてくださいね。

今、23歳で転職を考えている人、23歳には転職しようと思っている人、23歳になって今後の仕事のことで悩み始めた人、いろんな思いを抱えた人がいると思います。やりたいことがありすぎて困っている人もいれば、やりたいことが見つからずに迷っている人もいます。23歳というタイミングは、もしかしたら改めて自分の生き方と向き合う年齢なのかもしれません。今23歳じゃない人は自分が23歳だった頃のことを思い出してみてください。仕事や人生のことで悩んだ経験が少しはあるんじゃないでしょうか。 どんな仕事もそうですが、楽しいばかりではありません。でも、働きかたを見直すことで変えられることはたくさんあると思います。23歳、転職を考えている人すべてに、良い出会いがありますように!

MOSを取得しよう!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト取得の公式サイトのご紹介です。 実際にマイクロソフト オフィス スペシャリストを取得した方の声も載せておりますので是非ご参考にしてみて下さい!

合格後は、これまで空白だった履歴書の資格の欄に2つも取得資格を載せることができ、胸を張って「パソコンができます!」と言えるように。やはり、資格がなくて「パソコンができます。」というのと、資格があって「パソコンができます。」というのは、“大きな差がある”と、面接ではひしひしと感じていたので、取得後は転職活動にも自信をもって臨めました。その結果、事務職での就職も決定! 今後は、この資格取得で得たスキルを、会社で存分に発揮していきたいと思っています。

現在、離職期間が少し空いているにも関わらず、数社に書類選考で通過しています。マイクロソフト オフィス マスターの取得で客観的なスキルの証明ができたことに加え、4つの資格取得に対する頑張りが、各社から評価いただけているのだと思います。

関連タグ

アクセスランキング