IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゲームライターの年収と仕事内容|ゲームライターになるには?

ビジネスマナー

みなさんはゲームライターというお仕事に興味ありますか。そもそもゲームライターとはどのようなお仕事をする人のことを指すのでしょうか。ここでは、ゲームライターとはどのようなお仕事をする人のことなのか、その生活や年収なども紹介していきます。

更新日時:

ゲームライターという仕事

みなさんは、ゲームライターというお仕事をご存知ですか。なんとなくの想像はつく、という方も多いと思います。ここでは、そのゲームライターというお仕事について、実際に詳しく紹介していきます。興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゲームライターとは

では、ゲームライターは、どのような人のことを言うのでしょうか。ゲームライターとは、ゲームのシナリオを作成するライターのことを言います。ただし、シナリオを書くことに加えて、作品の企画やゲーム制作のさまざまな作業に関わることも多く、ゲームプランナーやゲームディレクターが兼任するケースもよくあります。この仕事を目指すのであれば、ゲーム制作会社に勤めることが、夢への近道となるでしょう。 平均年収は400万円前後とされていますが、個人の実力や、会社の規模や業績によってもだいぶ違いがあるようです。ゲームライターは作品づくりの根幹を担う重要な存在であり、人気も高くなっています。制作会社では、開発業務から地道に経験を積むことが求められる場合もありますが、コンテストなどでの受賞を契機にゲームライターへの道に進む人もいます。

ゲームライターの年収・収入

次に、ゲームライターの収入に関することを見ていきます。ゲームライターの場合、ゲーム制作会社の社員として働くことが多いため、一企業の社員として年収や月収を得ることが多くなります。フリーでゲームライターになることも可能ですが、ゲーム制作会社との繋がりがなければ仕事を受注することができないので、最初からフリーで収入を得るのは難しいでしょう。 ゲーム制作会社の社員として働く場合、通常、年収は300万~700万円程度で、平均的には400万円程度と言われています。ただ実力や経験だけでなく、ゲームの販売数など、不確定な要素も影響するため、一概にいくらとは言えないところもあります。大人気ゲームに携わっていれば、大幅な昇給も期待できるでしょう。

ゲームライターになるには

では、実際にゲームライターになるには、どうすればいいのでしょうか。ゲームライターになるために必要な資格は特にありません。大学や短大、またはゲーム開発者のための専門学校に入学、ゲームの開発やプランナーの技術を取得し、ゲーム制作会社に就職するのが一般的です。 ゲーム制作会社に就職する場合、現状ではプランナー兼ゲームライターのように、ライターに特化して募集されることはあまり多くありません。そのため、プログラミングの能力が必要になる場合もあります。また文章を書く能力の他、プログラミング、キャラクターデザインを描くためのグラフィックの知識など、コンピューターに関する様々な知識やスキルが求められるでしょう。経験を積むことも大切で、学生時代からアルバイトでゲームを開発する企業で働き、卒業後はそのまま就職、といった例も多いようです。

ゲームライターへの就職

上でも述べた通り、ゲームライターの就職先は主にゲーム制作会社です。しかし、ゲームライターそのものを募集している会社は、あまり多くありません。新卒の場合、最初からゲームライターとして活躍するのは難しいため、就職後、開発に携わる中で、ゲームに関する全般的な知識を身に付けていくのが、ゲームライターになるための近道と言えます。また、経験や能力が求められるため、新卒だけでなく既卒の採用も多くなります。その他、アルバイトから始めて、そのまま就職する、といったケースも少なくないようです。

在宅のゲームライター

ここで、在宅のゲームライターが普通のゲームライターとどう異なるのか、どのようなところが魅力的なのか、を見ていきましょう。在宅のゲームライターの最も大きな魅力は、時間を有効に使えるという点です。例えば、朝や夕方は学業や他にすべきことに追われることが多かったとしても、日中や夜中の時間に余裕があれば、その空いた時間を活用することができます。数時間しか時間に余裕がない場合、たとえスーパーやレストランで働き口を見つけようとしても、それは非常に困難です。また、仮に見つかったとしても、通勤や外出の準備などに時間がかかってしまい、思ったように稼ぐことができないかもしれません。 しかし、在宅のゲームライターであれば、パソコンを起動するだけで、すぐに仕事に取りかかることができます。さらに、空き時間に合わせて仕事量を調節することができるため、効率よく時間を使うことが可能です。たとえ、なかなか予定が立てづらかったとしても、在宅のゲームライターならちょっとした空き時間を上手に利用することができます。

ゲームライターに向いている人

では、どのような人がゲームライターに向いていると言えるのでしょうか。ゲームライターには、ゲームをするのが好きで、ゲームに対する興味が人一倍強い人が向いていると言えるでしょう。もちろん、自分でゲームをプレイするだけではなく、ゲームを自ら作ることが好きで、ゲーム作りの経験がある人も向いています。さらに、ゲームに関わらず、プログラミング、グラフィックに興味がある人などが求められるでしょう。また、ゲームライターはライターの一種であるため、文章を書くのが好きな人にも向いているでしょう。 なお、仕事の特性上、人間関係より技術的な面が重視されるように思われるかもしれませんが、ゲームライターは、多くの人と協力して作業する必要があるため、コンピューターに向かっての作業が得意なだけではなく、コミュニケーション能力に優れていることも大切です。

ゲームライターの生活・勤務時間・休日

では、ゲームライターの生活について見ていきましょう。ゲームライターの場合、勤務しているゲーム制作会社、また、進行中のプロジェクトなどによって、勤務時間や休日が決まります。当然、忙しいプロジェクトや納期直前においては、休日を返上しての作業や連日連夜の作業も多くなるでしょう。ゲーム開発に限らず、開発に携わる場合、個人で作業しているように感じることが多くても、実際には周りとの連携が重要になります。そのため、プロジェクトが忙しいときは、チーム全体が忙しい状況が続きます。 ゲームライターの生活ですが、元々ゲーム好きな人が多く、ゲーム好きでなければ続けるのは難しいため、ライフワークそのものが仕事である、という人も少なくありません。いずれにしろ好きなことを仕事にしている人が多いため、やりがいを感じる人が多くなります。

ゲームライターの現状と将来性

最後に、ゲームライターの現状、また将来性はどのようになっているのでしょうか。ゲームライターを志望する人の数は年々増加しています。また、現状では最初からゲームライターとして就職することは簡単なことではありませんが、ニーズが高く、コンテストなどにおける受賞を契機に、ゲームライターへの道に進む人もいるようです。ゲームライターは中高生の間でも人気があるため、志望する人が多く、今後は能力さえあれば若い世代の中から活躍する人が増えていくことでしょう。特に、現在の中高生たちは小さい頃からゲームに接しており、小学生のうちからプログラミングを趣味で行っている場合も少なくありません。将来的にはプロ、アマチュア問わず、能力さえあれば活躍する機会が提供されるようになるかもしれません。

ゲームライターを目指して

いかがでしたか。ゲームライターという仕事は、ゲームの持つ特性上、メインストーリーだけではなく、複数のサブストーリーやキャラクター達が織りなす会話の詳細までを考える必要があります。大変ですが、ゲームに興味のある方やゲーム好きにとっては、とてもやりがいのあるお仕事ですね。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング