IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトを辞めるタイミングはいつが良い?2週間前でも辞められる?

退職

就職活動や進学などでバイトを辞めることは誰だってあります。しかし、バイトを辞める事を伝えるタイミングなどをいつにすればよいかと考える方も多いと思います。今回は、バイトを辞めるタイミングや切り出すタイミングなどについてご紹介していきます。

更新日時:

バイトを辞めるタイミングは一か月前が常識的

バイトを辞めるタイミングは、民法上では二週間前とされていますが、バイト先の人員計画などの都合を考慮して、遅くても一か月前に伝えることが円満退社をすることができるタイミングと言えます。逆にあまりに早く、バイトを辞めると言い出しても上司の方も忘れてしまうこともあるため、一か月前を目途にバイトを辞めるタイミングとして最適と言えます。 しかし、進学や就職や就職活動などで辞めることが確実に決まっている場合などは、早急に伝えておくことも必要になります。

バイトを辞めると切り出すタイミングは休憩中や閉店後などがベスト

バイトを辞めると切り出すことは、今まで働いていたお店を去るということから非常に切り出しにくいことでもあります。そのため、いつバイトを辞めると言うかのタイミングも悩んでしまう方も多いと思います。特に、バイトの中でも重要な戦力となっていたり、現状でもかなり人手が少ない場合は、さらにバイトを辞めると言い出しにくいでしょう。 しかし、今後の将来を見据えて辞める場合は言い出さなければなりません。バイトを辞めると切り出すタイミングとして、避けなければならないのは、始業や開店直後は避けることがベストです。相手の立場となって考えると、「今から仕事を頑張ろう」と思っている矢先に辞めるなどの暗い話を持ち掛けられるとその日の仕事のモチベーションも下がりますよね。そのため、休憩中やバイトが終わった後や、お店の閉店後などに上司の方に時間を取ってもらい、辞めることを伝えるのが、バイトを辞めることを切り出すタイミングとしては、ベストです。

バイトを辞める事を切り出すときはタイミングと時期が肝心

バイトを辞める意思を伝えるときには、切り出すタイミングや、辞めるタイミングなども非常に大切になってきます。辞めるといっても一か月後やその先になってしまうため、辞めることを伝えた後もあなたはそのバイト先で働くことになります。そのため、残りのバイトの期間を気まずい状態や険悪な雰囲気のまま仕事を行わないためにも、切り出すタイミングや辞めるタイミングなどを少し考えながえることも必要です。

バイトを辞めるタイミングはできれば人員が充実している時期にする

バイトを辞めるタイミングは、可能であれば、人員が充実している時期を見計らって辞めることが大切です。進学や就職そして、就職活動の場合ならば、決まっている退職であるためタイミングなどをずらすことは非常に難しいですが、新たな職場に行くなどの場合は、少し辞めるタイミングを考慮してあげるのも、今までお世話になったバイト先への恩返しともなります。 例えば、3月のような、進学や就職などで人手が大量に抜ける時期を避けて6月くらいの人員が落ち着いた時期に退職を伝えるのも親切です。

切り出すタイミングは始業前などは避ける

バイトを辞めると伝えるタイミングも、始業前や繁忙の時間帯などは避けることがベストでしょう。始業前は、今から頑張ろうと思っているタイミングなのでモチベーションを下げることにもなります。また、忙しい時間帯では非常にタイミングも悪く、取り合ってくれない場合もあるため避けるべきです。逆に、暇な時間帯や休憩中や終業後などの落ち着いたタイミングを見計らって伝えることで、落ち着いた状態でバイトを辞めるということも伝えやすいため、スムーズにバイトを辞めることを伝えることが可能です。

バイトを辞めると切り出すときは口頭で話す

バイトを辞めると伝えることは、直接言うことは少し言いにくいことですよね。そのため、書置きやメールやラインなどで済ましてしまいたいと思う方も多いと思います。 しかし、辞めることは、口頭で直接上司に話すことが大切です。辞めるということは、店においてもあなたにおいても重要な事柄のため、それをメールやラインや書置きなどで伝えることは非常識です。常識的にやめる場合は、口頭で直接話すことが大切になってきます。また、書置きやメールやラインなどでは上司が確認していない場合もあり、辞める日になってもそれを上司が知らないという場合もあります。それらの齟齬を無くすためにも直接口頭で伝えておくことが大切になってきます。

シーン別退職を伝えるタイミング

バイトを辞める理由も人それぞれで伝えるタイミングなどもシーンによって変わってきます。 ここでは、進学や就職、就職活動やその他の理由でバイトを辞める時のタイミングをご紹介していきます。

進学や就職の場合は決まったらすぐに伝える

大学や専門学校へ進学や就職をするため、バイトを辞める場合は、それらが決まったらすぐに上司に伝えることが大切です。これらの場合は、ほとんど確定した事項であるため早めに伝えて悪い方向に動くことはありません。 また、早めに伝えることで、上司のバイトの人員計画も立てやすくなるため、この場合は早めにバイトを辞めることを伝えることが大切になってきます。

就職活動の場合は時期が決まった時点で伝える

就職活動の場合は、アルバイトをしている暇もなくなるため、バイトを辞める方も多いでしょう。その場合は、大まかな時期を定めて早めに就職活動を行いたいため退職をするという旨を伝えておくことが大切です。この場合も、ほとんど確定した退職であるため早めに伝えることに越したことはありません。早めに辞める時期を伝えることで、バイトの確保などに動いてもらい、スムーズにバイトを辞めることも可能です。

その他の場合は一か月前には遅くても伝える

他のアルバイトに転職する場合や、単に辞める場合などは、遅くても一か月前には退職の意向を伝えることをおすすめします。これらの場合は、人がいないからと言って辞めさせてもらえない場合も時にはあるため、何かもっともな理由を考えておく必要もあります。 それをすることによって、スムーズに円満に退職をすることも可能であるため、早めに伝えることと、辞めなければならない理由を考えて退職の意向を伝えましょう。

法律上では二週間前に辞めることを伝えれば辞めることができる

店にとっては嫌がられますが、急な退職などが決まった場合や人間関係などのトラブルで級に辞めたくなった場合は、最悪二週間前に退職を伝えることで、辞めることが可能です。その場合、店によっては残り二週間はかなり気まずい状態で仕事をしなければならない可能性もあるため、あらかじめ週単位のシフトであれば、シフトを減らすことなどの対策が必要になってきます。 店によっては、退職は一か月前までに伝えなければいけないなどと言われる場合もありますが、民法上で二週間前に退職の意向を伝えれば良いと保証されているため、最悪の場合それを行使して、退職に持ち込むことも可能です。

二週間前に退職を伝えることはかなりの意思が必要

人手不足のバイト先の場合などでは、二週間前に退職をすることは、店としてもそのバイトを辞めさせない様に止めてくる場合が多々あります。その場合、上司などに丸め込まれて、そのままずるずると働いてしまう場合もあります。そうならないためにも、辞めるという明確な意思をもって、伝えることが必要になってきます。 また、急な退職に対する謝罪の気持ちも合わせて上司に伝えておくことが大切です。

バイトを辞めるにはタイミングと時期が重要

バイトを辞めるということは、店としては新たな人員の確保なども必要になってくるため、あまりいいニュースではありません。そのため、タイミングや時期によっては、少し気まずい状態で辞めるまでの期間を働いていかなければならない可能性も出てきます。 そうならないためにも、確実にやめると決まった時は、早めに伝えておくことが大切です。また、遅くても一か月前には伝えておくことも重要になってきます。 また、伝えるタイミングも落ちつた時期などに伝えることで、スムーズに伝わりやすいといえます。 そして、辞めるときは、辞めるという意思をもって退職を伝えることも心の隅に置いておくと、辞める時にスムーズに退職の意向を伝えることができます。最後に、辞めることを伝えるときは、言い辛いことではありますが、必ず口頭で直接退職については、伝えることで、スムーズに退職をすることもできるため、口頭で直接上司に伝えましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング