IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り18 万円で生活可能?「一人暮らし・家賃・貯金・子ども」の現状

年収・給与

手取り18万円という収入について、さまざまな視点で考察しています。手取り18万円の場合、どのような生活ができるのでしょうか?また、今よりも更に充実した暮らしを送る為には、どうすれば良いのでしょうか?データなどのご紹介もしているので、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

「手取り18万円」をいろいろな視点で考察

社会人として、自分の知識や能力を活かして働き、その労働に見合った報酬として給与を受け取る。このようなシステムの元に、生活が成り立っている方はたくさんいらっしゃると思います。 給与は、時には個人のステータスとして用いられることもありますし、そうでなくとも自分の生活の質を決める、重要な要素ですよね。 その給与について、「手取り○○万円」という言い方をよく耳にしますが、手取りはどれくらいの金額であれば、どのような生活ができるものなのでしょうか? 今回は、「18万円」という金額に注目し、手取り18万円の場合はどのような生活ができるのか、さまざまな観点から考察していきたいと思います。

手取りとは、税金や保険料などを差し引いた金額

そもそも、「手取り」とはどういう意味なのでしょうか? 手取りとは、本来の給与から、税金や保険料を差し引いた金額のことを言います。大体の企業が、給与から税金を天引きしたり、保険料を支払ったりしているので、個人の元に毎月振り込まれる給与は、手取りの金額であるケースがほとんどでしょう。 つまり、「手取り18万円」という場合は、本来の給与から税金や保険料を差し引いて振り込まれたり渡されたりする金額が18万円ということになります。

手取り18万円は、高いのか安いのか

では、手取り18万円という金額は、世間的に見て高いのでしょうか?それとも、安い方なのでしょうか? 結論としては、価値観は人それぞれなので、一概に高いのか安いのかは断言できません。また、20代で手取り18万円なのか、40代で手取り18万円なのかによっても、印象などは変わってくるでしょう。 ただ、客観的に考えてみると、手取り18万円の場合は単純計算で年収216万円ということになります。 しかし、実際にはボーナスなどが入る場合も多く、手取り18万円の方の年収は、324万円くらい(※1)だろうという意見もあります。 また、年収が324万円前後の方は、社会人全体の2~3割(※1)存在するというデータもあります。 このような観点から考えて、手取り18万円という金額は、決して高額ではないものの、かなり低いというわけではないと言えそうです。

手取り18万円の生活

結論からお話しすると、手取り18万円という金額は、充分生活していける金額です。手取り18万円で月に数万円貯金をしたり、習い事に通ったりしている方もいるようです。 ただ、1人暮らしなのか、世帯を持っているのか?また子供がいるのかどうかによって、生活の質は大きく変わるでしょう。 また、住んでいる環境によっても異なります。 土地代や家賃が安い地方であれば、同じ手取り18万円でも比較的余裕がある生活ができますが、地方よりも家賃などが高い傾向にある都心などでは、かなり切り詰めた生活になるかもしれません。 更に、実家暮らしかどうかも、大きな影響を与えます。 実家暮らしの場合、両親とどのような約束を交わすかにもよりますが、基本的には家賃が発生しません。多くの人が、家賃を基準に雑費や交際費などの金額を決定していることを考えると、実家暮らしの場合は同じ手取り18万円でも、より余裕のある暮らしができると考えられます。

手取り18万円で3人暮らししている例もある

では、手取り18万円で子供がいた場合、どうなるのでしょうか? 結論から言うと、手取り18万円でも子供を育てられないというわけではありません。ただ、家計簿をつけたり、お金の使い道をしっかり考えたりと、節約や工夫をする必要はあるでしょう。 実際に、夫婦と子供1人の家族3人で、手取り18万円の生活をしている例(※2)もあります。かなり細かく家計簿をつけ、食費や貯金の金額などを毎月比較するなどの工夫をしているようです。 手取り18万円で子供を育てながら生活するというのは、楽なことではないでしょう。しかし、工夫次第では可能でもあるようです。

手取り18万円での生活を、更に豊かにする方法

これまで、さまざまな観点から「手取り18万円」という収入について考えてきました。 給与は少しでも高くしたいもの。可能であれば、手取りや年収が増えていくことが望ましいですが、なかなか思うように昇給というわけにも、いかないでしょう。 では、手取り18万円で今よりも良い暮らしがしたい場合、どうすれば良いのでしょうか? あくまでも考察ですが、「何が優先で何を妥協するのか」を自分の中ではっきりさせることが重要だと思います。 月々の出費を考えてみると、実家暮らしでない場合は家賃が占める割合が大きいはずです。また、食費や交際費、服飾費なども、人によっては多いかもしれませんね。 その中で、絶対に譲れないものは何でしょうか?また、妥協できるものはありますか? あまりにも節約を考えすぎても、精神的に疲れてしまうので、譲れないものに関しては無理に節約する必要はないでしょう。 しかし、あらゆるものにお金を掛けていたのでは、手取りがいくらあっても足りません。妥協できるものの分は、経費を削減したり節約したりしてみるのはいかがでしょうか? 妥協できるものが家賃であれば、部屋のランクを下げたり狭くしたりするのも1つの方法です。服飾費や雑費を何に使っているか家計簿をつけ、無駄遣いをしていないか意識するのも良さそうですね。

手取り18万円なら、工夫次第で快適に楽しく暮らせる

いかがでしたでしょうか?今回は、手取り18万円という収入について、さまざまな観点から考察してみました。 収入は少しでも大いに越したことはありませんが、上を見たらきりがないものでもありますよね。収入を上げる為に努力することはとても大切なことですが、現在の収入でより快適に楽しく暮らす方法を考えるのも、重要なのでしょうか? 節約できる部分と、お金を使ってでもしっかり充実させたい部分の線引きをして、今よりも更に充実した生活ができるように工夫してみましょう!

あなたの会社は大丈夫ですか?

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由3位:「給与に不満がある」
■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」
■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」
■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」
(出典:DODA2016年データ)

企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。

慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。

■自分のスキルで転職して収入は上がる?
■今の年齢で転職活動しても大丈夫?
■希望の求人は存在するの?
転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。

公式サイト:リクルートエージェント転職支援サービス

関連タグ

アクセスランキング