IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40歳男性/女性の転職|未経験職種や公務員への転職・年収は上がる?

転職ノウハウ

40歳という節目での転職、40歳という年齢から不安な部分も沢山あると思います。特に40歳からの未経験職種への転職は更に不安ではないでしょうか。また、転職する事での年収がどう変わるかという大事な部分もまとめて紹介したいと思います。

更新日時:

40歳からの転職を考える人は多い?

40歳という節目を迎えての転職、なかなか難しそうですし、せっかく40歳まで頑張ってきた会社を辞めて転職してしまうというのはリスクも大きいです。しかし、実際の所40歳で転職を考える人は少なくありません。40歳という年齢だからこそ転職を考えるのかもしれません。その点に関しては男女関係なく40歳という年齢がキーポイントにもなっている様です。実際40歳になっても今の会社での立場が上にならなかったりすれば、転職を考えるのも一つの道と考えられます。

40歳で転職を考える理由とは?

40歳という年齢での転職、「どうして40歳という年齢で急に転職をするのか?」と疑問に思う方も多いのではないかと思います。しかし、転職を考える理由を見てみると、確かに納得させられる理由ばかりです。まずは転職する理由を男女別、また、男女に共通する理由を見ていきたいと思います。

転職理由①倒産やリストラ

不景気の為、倒産やリストラによって転職せざるおえないというのも転職の理由として非常に増えてきている理由の一つです。こればかりは仕方のないものですが、あまりリストラや倒産というのは増えてほしくない理由でもあります。40歳という年齢ではのんびりとした生活を送るにもまだ早く、不本意な転職となってしまいます。

転職理由②スキルアップ

自分のスキルアップの為の転職という理由もあります。例えば20歳から40歳まで、20年間同じ会社で働いていたとすれば20年間もの力がしっかりと備わってきているはずです。しかし、就職した年齢が20歳であれば本来就職したかった様な会社に入る事が出来ずに諦めたという方もいると思います。そこで、20年働きスキルアップした40歳という年齢で自分の更なるスキルアップの為の転職を考える方もいるようです。

40歳男性の場合の転職理由①立場があがらない

地道にコツコツ働いて、40歳という年齢になるにも関わらず会社上での立場があがらないという男性は転職を考える方が比較的多いです。確かに40歳という年齢になって、新卒社員と同じ立場というのは心苦しいですし、これから先の将来に関しても不安になってしまいます。もっと自分が評価されやすい職場、これから先安心して働く為にも、40歳というまだ動きやすい年齢で現在の仕事に見極めをつける事も大事なのかもしれません。

40歳男性の場合の転職理由②新しい挑戦がしやすい

40歳まで働き、ローンを組んだり、貯金をしたり、地道に働く事で生活の軸が出来ているという男性も多くいると思います。それなら転職する意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、そこまで生活に余裕が出来たからこそ、本来やりたかった事、自分の可能性への挑戦がしやすいです。50代、60代になってしまえば、いくら金銭的な余裕があってもなかなかフットワークが重くなってしまいます。40歳という年齢だからこそ、新しい挑戦に挑みやすいのです。

40歳女性の場合の転職理由①家庭が落ち着いた

女性の場合はどうしても仕事よりも家庭を大事にしなければいけないので、仕事をしていたとしても、自分のやりたい仕事よりも家庭を優先できる仕事を選ぶ場合が多いです。しかし、40歳という年齢にもなると子供もある程度大きくなっている場合がほとんどです。そうなってくると自分の時間も増えてくるので、本来自分のやりかった仕事を目指す事が出来、現在生活に合わせてやっていた仕事よりも、本来の自分がやりたかった仕事への転職を考えられます。

40歳女性の場合の転職理由②資格を活かしたい

妊娠時や小さな子供がいるうちは家から出る事も出来ず、その時間を使って新しい趣味、新しい資格を取得するという女性は結構多いです。しかし、せっかく取得した資格も、子供が小さいうちは仕事もしにくい為活かす事が出来ません。ですが、40歳という年齢で子供が大きくなっていればせっかくとった資格を活かして仕事をしてみたいという気持ちになっていきます。50歳を超えてしまうとせっかく取得した資格を使って就職できる仕事も少なくなってしまう為、40歳という年齢がポイントとなってきます。

40歳でも採用されやすい職種とは?

では、実際転職をする際に、40歳という年齢で転職のしやすい職種というのはあるのでしょうか?職種によっては年齢制限が30歳までの職種などもあり、だいぶ職種は限られてきてしまいます。そんな厳しい中、40歳でも採用されやすい転職先というのももちろんあります。実際現在40歳、もしくは40代で転職を考えている方はかなり気になる所ではないでしょうか?どんな職種が採用されやすいのか、男女別に見ていきたいと思います。

男性が採用されやすい職種

実際、40歳男性で転職というのはかなり厳しいものです、転職先において何故前職を辞めてしまったのかという理由も相当な物でなければ納得してもらう事も難しいと思います。そういった厳しい中で、40歳男性でも採用されやすい職種がいくつかあります。それが介護職、タクシードライバー、トラック運転手の三つです。介護職は常に人手が足りていないので、年齢関係なく資格などを持っていれば採用されやすいです。タクシー運転手などは最近では転職される仕事としてかなり人気が高いです。トラック運転手、タクシー運転手なども人手が足りていない事が採用されやすい理由に当たります。また、運転手は免許さえあればよく、自分の時間も比較的自由に作れる為人気があるようです。

女性が採用されやすい職種

40歳女性での採用されやすい転職先は、医療事務、介護職、ネイリストの三つです。医療事務は比較的年齢による条件が緩い場所が多く、年齢などよりもスキルを求められる職種なので、比較的採用されやすく、また給与面でも待遇の多い場所があり、人気もあります。男性と同様人手不足の為介護職も採用されやすい職種です。ネイリストに関しては、資格さえあれば自分で開業する事も可能なので、資格を取り、店舗にてスキルアップした後に開業を考える女性もいるようです。

40歳での転職での不安

採用されやすい職種なども紹介しましたが、やはり40歳という決して若くはない年齢での転職には不安がつきものだと思います。転職を考える事、転職を決意する事で人により様々な不安があると思いますが、どんな不安があるのか、40歳での転職の不安点をいくつか紹介したいと思います。現在40歳、40代で転職を考えている方は同じ様な不安が見つかるかもしれません。その不安点を転職する一歩の勇気に変えるか、それとも転職を諦める理由にするかはあなた次第です。

人間関係

40歳という年齢で新しい職場に入るという事は、1からその職場での人間関係を構築しなければなりません。40歳という年齢で1からのスタートという事は、もちろん年下だけど上司という関係もあると思います。職場によってはほとんどが年下という事も考えられます。そういった職場でうまく人間関係を構築出来るかどうかは、40歳という年齢での転職において大きな不安要素となります。仕事に関して人間関係はとても大事な物になってくるので、どうしても不安要素の一つとなってしまいます。

収入面

倒産やリストラの場合は仕方ありませんが、転職をするという事は現在の仕事で築いてきた地位を失い、1からのスタート。もちろんそれは給与面でも同じです。今までコツコツと働いてきた職場で給与面があがっていたとすれば、その待遇を捨ててしまう事になります。もちろん転職先で評価されれば前の仕事よりも良い給与をもらえる事も考えられますが、もし転職先で自分が評価されにくく、給与が上がらなかったと考えると、やはり収入面、生活面で不安に感じてしまいます。

立場を築けるか?

40歳からの新しい仕事、例えば20歳から60歳まで働いたとすれば丸々40年間働いたという事になるので、立場もそれなりに上の立場になっている事も考えられます。しかし、40歳からのスタートとなると60歳まで働いたと考えても20年。この20年でどれだけ自分の立場が築けるかという部分も不安点の一つです。もちろん、40歳からのスタートという事もあり、他の人以上の仕事量、他の人以上の努力が求められます。その期待に応えられるかどうかという部分も不安要素になります。

いつまで働けるか?

転職する理由の一つとして、出来るだけ定年が遅い転職先を選ぶ方もいると思います。そんな方には大事なポイントですね。40歳から働き始めたのに50歳で退職しなければならないとなると、どんなにやりたい仕事でも50歳から先の事を不安に思ってしまいます。また、職種により動き回らなければいけない職種になってしまえば、自分が何歳まで動く事が出来るかという点でも不安に感じてしまうと思います。

公務員への転職は可能か?

40歳からの転職において、公務員への転職を考える人も少なくないようです。実際公務員への転職が可能かどうかと言われれば、可能です。公務員への就職は大卒、高卒の「一般枠」と、「中途採用枠」に分けられており、国家公務員の場合は一般枠は年齢制限がある為、40歳からの一般枠での転職は不可能です。40歳からの公務員への転職を考えるなら、経験者採用枠、民間企業等職務経験者採用枠などの中途採用枠での転職となります。それなりの経験とキャリアがあったり、専門的な知識や技術を習得しているのであれば経験者採用枠での公務員への転職も夢ではありません。

未経験職種への転職は可能か?

転職を機に未経験職種への転職を考える人も多いと思いますが、実際40歳という年齢で未経験職種への転職はかなり難しいと言えます。例え求人誌などで、未経験可と書いてある職種でも40歳という年齢から落とされてしまう事はやはり多いです。しかし、絶対的に不可能かと言えばそうではありません。未経験職種と言っても前職と同じフィールド内にある職種であれば前職を活かす事が出来るので、前職の経験を活かせる様な仕事があれば未経験でも採用されやすいかと思います。

転職する際にとっておきたい資格

転職を有利にする為に不可欠なのが資格です。しかし、資格が大事だからと言ってどんな資格でも取っておけば良いというわけではありません。やはり転職に有利な資格というのもあるので、そちらをいくつか紹介したいと思います。転職の為、何か資格をとっておこうと思っている方は必見です。とりあえずの資格よりも、しっかり狙った資格をとっておく事で後々有利に進めていけると思います。

介護職員初任者研修

こちらは採用されやすい職種としても紹介した、介護に関連する資格です。介護職員初任者研修というと難しく感じるかもしれませんが、この資格名になる前はホームヘルパー2級と言われた資格です。ホームヘルパー○級と言われれば聞いた事がある方も多いと思います。この資格を取る事で、食事や掃除などの身の回りのお世話、排泄や入浴介助などが出来、家庭の介護にも生かせる知識を得る事が出来ます。また、介護職は実務経験3年以上で介護福祉士、5年以上でケアマネージャーへとステップアップすることも可能なので、資格をとっておく事で介護職への転職を有利にしておくのも良いと思います。

CAD利用者技術者試験

建築、土木、自動車、機械、電機などの業界でCADを用いての設計図を作る仕事などに必要な資格で、この資格を取る事で設計事務所などへの転職が有利になります。また、資格を取得しある程度の人脈があれば在宅でのフリーランスのCADオペレーターになる事も出来ます。。2級はまでなら独学でも合格出来る人が多いです。ただし、1級受験の為に2級受験が必須となっており、1級は専門の講座などで学ばないとなかなか合格は難しいです。

運転免許証

特に東京などでの都会で仕事をしていて電車通勤がメインになってしまっていたという方は、意外と40歳でも免許を持っていないという場合があります。しかし、タクシー運転手やトラック運転手など採用されやすい職種としても挙がっている職種なので、免許は必須と考えて良いでしょう。トラック運転手の場合は大型免許まで取得しておいた方が有利でしょう。

転職する事での年収は期待出来る?

転職する事で、前職と比べて年収が上がるかどうかと言う部分においては実際の所あまり期待はしない方が良いです。転職先が規模の小さな会社ならば、給与はもちろん下がりますし、同じ業界、同じ規模の会社なら、今の職場よりも高いパフォーマンスをしなければ給与が上がるという事はなかなかないと思います。なので、もし40歳という年齢で転職を考えるのであれば年収よりも仕事のやりがい、自分がやりたいからやるという気持ちで転職するのが懸命です。

転職を成功へ!

転職をする事で不安な部分も沢山あると思いますが、もし40歳という年齢で転職を決意するのであればその転職が人生において失敗にならない様、後悔のない転職先を選んでください。40歳からでも人生は大きく変わってきます。その人生の方向転換が良い方向に進むか、悪い方向に進んでしまうか、大事な選択になると思います。せっかく転職をするので、あれば自分の中で成功と思える道を選んでください。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング