IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ジェネレーションギャップという言葉の意味・例と乗り越え方

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

この記事では、ジェネレーションギャップということばについて紹介していきます。ジェネレーションギャップとは一体何なのか。また、ジェネレーションギャップの例、職場でのジェネレーションギャップ。それに対する対応策についても紹介していきます。

ジェネレーションギャップ

この記事について

この記事では、ジェネレーションギャップについて紹介していきます。近年話題になり、テレビ番組のトピックになったり、社会的にも、注目度の高い言葉である、「ジェネレーションギャップ」とは、一体なんなのでしょうか。また、ジェネレーションギャップの例には一体どのようなものがあるのでしょうか。ジェネレーションギャップに悩む人に向けて、それに対する対応策、ジェネレーションギャップを埋める方法はあるのでしょうか。それらについて紹介していきます。

ジェネレーションギャップとは

非常に注目度の高い言葉である「ジェネレーションギャップ」とは一体なんなのでしょうか。ジェネレーションギャップとは英語の「Generation Gap」に相当し、同じ意味であり、和製英語ではありません。ジェネレーションギャップの意味は、世代や時代による文化や価値観、思想などの違いのことを指す言葉です。 要するに、世代や時代の間にある、ものの捉え方や、行動様式に違いがあるということを意味する言葉ということです。例えば、よくありそうなシチュエーションとして年配の方が、若い人たちをみて「今の若い奴らは...」と嫌味を言うようなイメージがジェネレーションギャップです。 ジェネレーションギャップは、時代が異なれば異なるほど、考え方や価値観、行動様式にそれだけギャップ(差)が生じます。今の時代であれば、10代、20代、30代、40代と年代が違えば、その間にギャップが生じていますし、それ以外にも、昭和生まれと平成生まれの間でもギャップがあります。このようにジェネレーションギャップは多くの世代間に存在しています。 現在では、ジェネレーションギャップという言葉は、昭和生まれと、平成生まれの差を表すときに多く使われます。なぜなら、昭和生まれの世代はバブルを経験しているのに対し、平成生まれの世代は、経験していません。また、平成生まれの世代はコンピューターや、スマートフォンなどのデジタル機器に対し、親しみが強いのに対し、昭和生まれの世代は親しみが弱い場合があります。そういった時代の変化によっても、ジェネレーションギャップは生まれるといえるでしょう。

ジェネレーションギャップの例

フロッピーディスク

ITに関するジェネレーションギャップの例として、「フロッピーディスク」が挙げられるでしょう。フロッピーディスクとは磁気ディスクの一種で、今の時代でいうDVDやCD、USBやハードディスクの代わりになるような記憶媒体のことです。今の時代はほとんど使われておらず、若い人には知らない人が多いです。1990年代の後半まで使われていました。例えば、職場でうっかり「フロッピーディスクにデータ入れといて」のような感じで使うと、若い世代の部下に「フロッピーディスク?」といったような反応をされてしまうでしょう。

公衆電話

今やめっきり減ってしまった公衆電話ですが、かつては、どこにでもありました。外出先で、電話をかけなければならない場合は、自分の周辺にある公衆電話を探し、そこから掛けるということが当たり前でした。現在は、携帯電話、スマートフォンの普及で公衆電話を使うことはほとんどなくなってしまいました。現在の携帯電話の普及率はほとんど100%に近い数字です。例えば、子供に、公衆電話に関する怪談話をしても、そもそも公衆電話を知らないという場合があります。このように、特に若い、10代、10代未満の世代には伝わらなくなっている言葉なのかもしれません。

音楽

音楽に関するジェネレーションギャップは現在に限らず、どの世代においてもジェネレーションギャップを感じやすいある意味ジェネレーションギャップの代表例といえます。音楽にあまり興味がなく、流行の曲を聴いてこなかったという人でも、ドラマの主題歌やCM曲、街中で聴いた曲というのは案外頭に残っているものです。また、音楽はその時代の象徴であり、その時代を思い出すきっかけになっている場合がとても多いです。日々新しい曲は五万とリリースされており、すべてをつかむことは難しいでしょう。そういった理由からも音楽には、ジェネレーションギャップが生まれやすいと言えます。 例えば、バブルの頃に流行ったBoowy、安全地帯、工藤静香、TRF,チャゲ&飛鳥や、グローブといったアーティストなどは今の10代20代の若い世代で知っている人はかなり少ないと言えるでしょう。懐メロなんて言われてしまったりすることもあります。 一方で、Exile、E-girls、RADWIMPS、[Alexandros] といった、現在の流行の最先端を走るアーティストの名前を、50代60代の人は知らない場合が多いです。さらにその上の世代であれば、ほとんどの人が知らないなんてこともあるでしょう。それ以外にも、海外アーティストといえば、The Beatlesという世代の人たちは、若者にのJustin BieberやTaylor Swiftといったアーティストを知らないことは多々起こります。このように、音楽は世代ごとで聞きなれている曲の大きな違いがあり、ジェネレーションギャップが色濃く現れる分野であるといえます。また、カラオケでの選曲にジェネレーションギャップを感じる若者も多いようです。

カセット

音楽に関するジェネレーションギャップとして、カセットテープというものもあります。現在、音楽はApple MusicやSpotifyなど定額ストリーミングサービスで聞くことが一般的になってきています。それ以外にもiTunesを代表とするオンライン上で音楽を購入し、ダウンロードし、スマートフォンで聞くというのが一般的でしょう。依然、CDを買う人は一定数いますが、それも減少傾向にあるのは周知のとおりです。しかし、40代50代、それ以上の世代にとっては、カセットで音楽を聞くというのが一般的でした。若い世代の人にしてみれば、カセットなんて聞いたことも、見たこともないというのが率直な意見でしょう。これもジェネレーションギャップの代表的な例として挙げられます。

恋愛

平成生まれの世代と、昭和生まれの世代では恋愛の仕方も異なることがあり、それがジェネレーションギャップになることも多々あります。例えば、昔の恋愛であれば、男性側が、いかにレベルの高い女性を落とすことができるのかを競うような形場合があったのに対し、今の時代は、男性より、女性の方が積極的なんてこともあります。その良い例が「草食系男子」や「肉食女子」といったような言葉でしょう。男性は恋愛に消極的になり、あまり恋愛関係を好まない傾向にあるのが現在の状況でしょう。一方で、それ以前は、男性側が恋愛に積極的な時代も長く続いていました。

結婚

プロポーズは男がするものだといった感覚がある、昭和生まれの世代に対し、今では、女性の方からプロポーズするなんてことも珍しくなくなりました。結婚生活に関しても、主夫という言葉があるように、女性が会社でキャリアウーマンとして働き、家計を支えるのに対し、男性側が家で育児や、家事をするという役割分担も当たり前になっています。かつては、外で働き、家庭の大黒柱となって、家族を支えるのは、夫の役割。料理、洗濯、育児をするのは妻の役目という役割分担が当たり前でした。このように結婚に関しても、ジェネレーションギャップがあることにも注意が必要です。

飲み会

初回公開日:2017年03月17日

記載されている内容は2017年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング