「転職時期占い」を行う前の注意点と、失敗しないために考えるべきこと

転職ノウハウ

転職をしようかな…と思ってから実行に移すまでには、いろいろな迷いや悩みがあることでしょう。新しい職業を探す時期、現職の辞め方、等々を迷ったとき、ふと頼りたくなるのが占いです。占いを利用して転職の時期を知るときの注意点についてお話します。

更新日時:

views2461

転職のタイミングを占いできめる前に、自分で考えて

転職を考えるのは、誰にでもあることかもしれません。ずっとこの職業、この会社にいられない…と思っても、なかなか転職に踏み切るのは難しいことです。気晴らしに占いをするのなら良いですが、本気で考えるとき、まず転職の時期はいつが良いのかを整理してみましょう。

・辞めたい理由が職場環境で、改善の見込みがない ・辞めたい理由が自分の適性にあり、他の職業を希望する このどちらかに当てはまるなら、転職時期は引き伸さず、若いうちに行動に移したほうが良いと思います。

ただし、職種が自分に合っていて、変えたくない場合は、少し違ってきます。エンジニア、デザイナー、システム設計、など自分に合った仕事に就けているなら、スキルを磨いて自分の価値を育てていく時間が必要です。あと1, 2年、頑張ることでいざ転職するときに武器となる力がつくからです。 職場環境に耐えても、自分を見失うことなく、言いなりになるのではなく、あくまで自分のために働きましょう。

ときには占いをしてみますか?例えばタロットカードで「カップの4」がでました。「キーワードは不満」「主旨は状況への欲求や不満を意味します。マンネリ化した状況への不満や不安、悲観的な考えから訪れる自信喪失などを表すカードになります。考えすぎや過度な期待は現状への不満や不安につながります。しっかりと現実を受け入れていくゆとりを持ちましょう。」と助言してくれますが、この通り受け入れるかどうかは、あなた次第。カードはあなたではありませんから。

転職の占いは、時期も職種も、自分の意志をしっかり持ってから

転職の時期を考えるとき、3者の立場があります。一つは、自分。先に述べたように自分に合った職場か、職種か、自分がそこに居られるかです。 人生設計をしてみましょう。いつまでに自分はどうなっていたいかを考えておきます。結婚や、子どもを持つことは考慮に入れるべきです。産休や育休をとるタイミングは、転職とかぶらないようにする方が有利です。 占いは自分の将来設計について考えるときの材料を提示してくれることもありますよ。

転職の時期は、受け入れてもらう企業の立場からもタイミングがあります。 例えば、4月から新年度の企業では、新卒採用者に対応する春から初夏の時期は、一般的に転職者には不向きです。 10月など秋頃、それより幾分早めに7月頃は中途採用のニーズが増す、1月から3月は新年度の人材確保のために求人が増すと言われています。 焦点を合わせてから占いをしてみると良いかもしれませんね。 そして転職時期は、今いる職場を去るのに適した時期はいつかも考えましょう。決算期などを避け、できるだけ忙しくない時期が望ましいです。退職届けは一般的に「1ヶ月前」が規則であることが多いです。引き継ぎなどを考えれば「2ヶ月前」くらいが適当と言われています。早めに伝えるとお互いに調整する余裕ができるので良いと思います。決断は早い方がいいですね。

転職の時期、自分と周りを見極めたら、占いはヒントをくれる

例えば、26歳の女性で、経験が4年以上ある人は、知識や経験を持ち即戦力になり得ます。結婚はまだ先と考え、転職を決心したある日、占いをします。聖天宮で「おみくじ」をひきました。「仕事」について「始めは悪くともこころ配りをすれば進展あり」とありました。もちろん、これは転職を応援してくれていると考えて頑張りましょう! このように占いは、「転職時期は○月○日」のように具体的でないことが多く、解釈の仕方でどのようにもとれます。まず自分が意を決していなければ、おなじ占いが出ても(がまんすればいいのかな…)と転職に踏み切れないかもしれませんね。

占いを、転職時期を決める根拠にしないこと

転職は今の自分をもう一段ステップアップする手段の一つです。しかし転職して必ず今の不満が解消され充実できるわけではありません。転職する根拠がしっかりしているか、もう一度確認しましょう。 仕事のやりがい、人間関係の構築、求める給料、部署の業務内容など、自分でしっかり描いていることが重要です。占いで「進展あり」と出たから転職をする、というような理由では、様々に変わる状況でいつも右往左往することになりますよ。

逆に心配なケースもあります。頑張り屋さんで、従順な人が、自分よりも会社を優先してしまうことです。自分のキャリアについて設計することなく流されてしまい、体が限界になっても働き、転職を考える間もなく時期を逃してしまいます。いうまでもなく体が限界のときは、休むとき。休めないなら、やめる時期ですよ。 例えば星占いのサイトで「次の仕事のめどがついた時点で今の仕事をやめるように」と出たとします。これは、一般的には正しい指南ですが、もしも既に体がきつく、毎朝の出社も厳しいようなときは、まずは休んでください。休んでから、転職にシフトする時期だと知ってくださいね。

転職時期は占い師さん任せにしないで

転職は、とてもナイーブな問題ですし、自分をしっかり見つめて相手に配慮して最善をつくしても、うまくいくとは限りません。そこに「運・不運」がついてくるのはどうしてもあることなので、占いに助けてもらおうとするかもしれません。しかし、ネット占いはデータベースを元にした計算ですし、占い師さんの答えはまちまちです。 自分で決めた道を行くときに、占いで弾みをつけるくらいの気持ちで、依存しないようにしましょうね。占いだけではなく、あなたのことを知っている身近な人にも相談してみるのも大事だと思いますよ。

転職時期の相談は転職エージェントに!

占いに頼るだけでなく、今の現状や思い描いていることを経験豊富なキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。質の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しているのはリクルートエージェントです。 転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談をすると無理に転職を勧められてしまうこともありますが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは転職希望者にとって最適なアドバイスをしてくれるので気軽に相談することが出来ます。 また転職を決意した場合、転職実績No. 1を誇るリクルートエージェントで転職活動をすれば理想の企業へ転職をすることが出来ます。 転職は今後の人生を大きく左右します。転職をする場合は最後までしっかりサポートをしてくれるエージェントにしましょう。まずは今後のキャリアプランをリクルートエージェントアドバイザーに相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)