IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

気温22度に快適な服装|春や秋におすすめのジャケット

ライフスタイル

気温が22度の気候ではどんな服装が良いのでしょうか?季節の変わり目は寒暖差が激しく、服装選びも大変。22度の気温でも昼と夜とで気温差が大きく、何を着ておけばいいのか分からなくなりますよね。そんな季節に最適な服装や、便利なサイト等をご紹介したいと思います。

更新日時:

気温で見る服装の目安

まずは最高を気温を目安にした場合、一般的な基準となる服装の目安がありますのでご紹介していきます。ただし天候や地域特有の気候、そして室内や室外によって目安は変わってきます。さらに自分の体質等も考えた上で、服装を決めてみてくださいね。 ・26℃以上   ・・・半袖で大丈夫 ・21~25℃ ・・・長袖と半袖の分かれ目 ・16~20℃ ・・・ね着の目安。ストール等もOK。 ・12~15℃ ・・・セーター等の冬服を着る目安。 気温が10℃を下回ると、コートやブーツが活躍する季節になります。さらに、気温が5℃を下回れば手袋や耳あてを着用しましょう。

気温22度の季節ってどんな時期?

最高気温が22度の服装

気温が22度と言っても、最高気温と日中の気温とでは大きく差ができます。最高気温が22度だと、最低気温は15度前後くらいになり、春先から秋口の季節になりますね。このような時期は「長袖シャツ」や「ジャケット」を投入してみるのはいかがでしょうか。また小物使いもできる季節ですので、ストールやスカーフ、スヌード等を取り入れたコーディネートもオススメです。またこの季節の夜はまだまだ肌寒いので、あまり薄着になり過ぎないように注意しましょう。

日中の気温が22度の服装

日中の気温が22度となると、初夏に差し掛かる時期になります。最高気温は25度くらいになりますね。これくらいの気候になると、夜もあまり肌寒さを感じません。長袖シャツや薄手のパーカーを羽織るだけでなく、ストール等の小物を使うことで服装を楽しむこともできます。夜も快適に過ごせますので、軽い服装を心掛けましょう。

気温22度の快適なコーディネイト

最高気温22度での服装と、日中気温22度での服装にオススメのコーディネイトをご紹介します。お出かけの服装に迷った時には、是非参考にしてみてください。

最高気温22度のコーディネイトは、アウターでオシャレに遊ぶ!

最高気温22度の場合ですと、昼夜の寒暖差に対応できる服装が良いでしょう。基本的に、最低気温を意識した服装を考えるのがベターです。シャツの上からカーディガンやジャケット等のアウターを羽織り、寒暖差に対応しましょう。

MA-1ジャケット+つば広ハットのコーデ

今年も流行のMA-1ジャケットを取り入れたコーディネイトです。同じく流行のつば広ハットと合わせていますね。キレイ目に統一したコーディネイトにあえてMA-1ジャケットを取り入れ、こなれた抜け感を演出しています。

ロングカーディガン+ワイドパンツのコーデ

昨年から流行のコーディガンと同じく、ロング丈のカーディガンが注目されています。キレイ目なシルエットでコーディネイトしているので、オシャレ感もアップして見えます。ワイドパンツを合わせることで、最新のトレンドを意識したコーディネイトに仕上がっています。

ライダースジャケット+ビッグサイズシャツのコーデ

定番のライダースジャケットにビッグサイズシャツを合わせたコーディネイトです。ライダースジャケット、カットソー、ハット、シューズを黒で統一した中に、赤のビッグサイズシャツでアクセントを足しています。差し色が入ることで、メリハリのあるコーディネイトに仕上がっています。

デニムジャケット+クラッシュデニムのコーデ

こちらも定番のデニムジャケットを使ったコーディネイトです。トレンドアイテムのクラッシュデニムを合わせた、デニムonデニムコーデとなっています。Aラインを黒で統一し、デニムジャケットの青が差し色としてアクセントを与えています。

日中気温22度のコーディネイトは、シンプルに纏まり過ぎず小物使いを意識!

日中の気温が22度の場合ですと、夜も過ごしやすい気候になっています。逆に昼は日差しが強く汗をかくので、長袖シャツのみやパーカー等を羽織るくらいの軽い服装が良いでしょう。しかし、服装がシンプル過ぎてしまっては面白くありません。そこでストール等の小物を使って量産型コーデから脱出してみましょう。自分だけの個性が光るコーディネイトを楽しむことができるはずです。

カラーシャツ+デニムのコーデ

えんじ色のカラーシャツに、細身のブラックデニムを合わせたコーディネイト。これだけだと非常にシンプルですが、つば広ハットにクラッチバッグのアクセントアイテムを合わせることでシンプルコーデから脱却し、キレイ目コーデに上手く変身していますね。

チェックシャツ+デニムのコーデ

こちらは、赤のチェックシャツと細身のデニムのコーディネイト。足元をロールアップして、スッキリした印象にしています。シューズもマニアッシュで、モード感もあります。またハットを被ることで上にボリュームを持たせて全体のバランスも整えており、綺麗な統一感を持ったコーディネイトになっています。

リネンシャツ+ストールのコーデ

夏を意識したサマーコーデ。ストールやハットの小物使いで、セレブカジュアルな雰囲気ができあがっています。ストールの代わりに薄手のパーカーを羽織れば、スポーティーでアクティブな印象のコーディネイトにチェンジできます。

リネンジャケット+ストールのコーデ

こちらも同じくサマーコーデですが、リネン素材のジャケットにストールを合わせて、大人っぽい服装となっています。子どもっぽさが目立ってしまうショーツを取り入れたコーディネイトも、こんな着こなし方だと印象がガラッと変わりますね。

服装選びに困った時にはどうする?

ここまで、気温22度の時に最適な服装をご紹介してきました。しかし、いちいち気温と服装の目安を覚えていられない!自分の持っている服装の中から、気温に合った服をすぐに選びたい!そんな時に参考になる、便利なサイトをご紹介します。

服装指数 – 日本気象協会 tenki.jp

日本気候協会のサイトでは、天気や気温から計算された服装の目安である「服装指数」を毎日発表してくれています。また地域別にページがありますので、住んでいる場所や近所の情報だけでなく、旅行や出張といった出先でも最新の服装指数がわかるので、大変便利なサイトです。ただ、服装指数と気温や天気を同時に見ることはできませんのでご注意ください。 服装指数の見方は、以下の通りです。 10 ・・・ダウンジャケット着て出かけよう。 20 ・・・マフラーと手袋が欠かせません。 30 ・・・コートを着ないと結構寒いなあ。 40 ・・・セーターが必要になりそうだね。 50 ・・・薄手のカーディガンが欲しいな。 60 ・・・朝晩は上着が欲しい涼しさです。 70 ・・・昼間は長袖一枚着れば十分。 80 ・・・半袖のポロシャツで過ごせそう。 90 ・・・Tシャツ一枚で過ごせる暑さだ。

全国の服装指数を発表しています。 服装の目安が一目でわかるイラスト付きです。

服装指数 - 日本気象協会 tenki.jp

今日の重ね着

まず見たい地域を選択して設定します。すると、その地域の最高気温と最低気温から、その日の快適な服装をイラストで教えてくれるアプリです。また快適な重ね着の枚数まで、可愛い男の子のイラストでわかりやすくオススメしてくれます。服装が決まらない時はもちろん、出かける前に気温と重ね着をチェックすると、快適な服装で過ごすことができますよ。

可愛い男の子の絵を使って、服装の目安を教えてくれます。

今日の重ね着

快適な服装で楽しい1日を過ごしましょう!

みなさん、いかがでしたでしょうか。参考になりましたか? 毎日の服装を選ぶ際には気温を目安に考えることも大切です。ですが、気温だけで服装の判断をおこなうと難しい部分もあります。気温だけでなく、天候や風にも体感温度は影響されます。また、外出先でのクーラーや暖房の強さにも気を付ける必要がありますね。 外的な要因だけを考えるのではなく、個人の体質にも服装は関係してきます。寒がりな人や暑がりな人は、自分の体質を把握して最適な服装を考えましょう。他にも、地域によっては昼夜の寒暖差が激しいので注意も必要です。秋口の涼しくなる季節に昼から夜まで出歩く場合は、ストール・マフラー・カーディガンを用意して、服装を調整できるようにしておきましょう。 自分なりの服装チェック方法を持っておくと便利ですので、ご紹介したサイトも是非活用して下さいね!そして、天気や気候に合わせた季節ごとのファッションを楽しんで下さい!

関連タグ

アクセスランキング