IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

データベースエンジニア|年収/仕事内容/転職に必要なスキルや資格

職種研究

最近はAIが話題になりビックデータにも注目されています。そんなところで活躍するデータベースエンジニアの仕事内容・年収・給料・資格、データベースエンジニアの需要、データベースエンジニアへの転職状況などについて、お話します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアとは、データベースの開発・設計、もしくは運用・管理を行うエンジニアです。企業の情報システムを支えるために重要な職種 です、しかしデータベース製品を専門に扱うエンジニアまだ数が多くありません。

データベースエンジニアの仕事内容

現在、どの企業でもインターネット上でのデータ活用が欠かせん。データ活用に欠かせないものが、データベースです。データベースとは、大きな倉庫のようなものです、データベースは綺麗に整理されており、使用者が簡単に目的のデータを取り出すことができきるようになっています。このデータベースにデータを保存したり、必要なときにデータを瞬時に取り出せるようシステムを構築・運用するのがデータベースエンジニアの仕事です。データベースエンジニアの活躍範囲は広がっています。

データベース開発・設計者

OracleやMicrosoft SQL Serverなどのデータベース製品を扱い、最適なデータベースを開発・設計するソフトウェアエンジニアもデータベースエンジニアに含まれます。

データベース管理者

データベースシステムが動作するインフラを管理し、データを保存するためのストレージ・サーバーの最適化や使用効率の最大化を図るハードウェアエンジニアもデータベースエンジニアに含まれます。

データベース運用者

稼働中のデータベースの運用や、アクセス権管理などのセキュリティ規則設計、データバックアップなどを行う運用系エンジニアもデータベースエンジニアに含まれます。

Oracle、Microsoft SQL ServerといったDB製品を用いて最適なデータベースを設計する、「ソフトウェア系」データベースエンジニア、データベースシステムをインストールして、データを長期的に保存できるようサーバー等の最適化を図る「ハードウェア系」データベースエンジニア、データベースの運用方法の設計やデータバックアップ、アクセス権の管理などセキュリティ規則の設計等を行う「運用系」データベースエンジニアという形になります。 また構築後のデータベースの運用設計や運用保守を行う「データベース管理者(DBA)」と、情報システム全体を管理するデータ管理者(DA)というものもあります。データベースエンジニアは主にプログラマ等と同じく独自のタスクを実行しますが、DAは上流工程、DBAは中流工程移行を担当しています。

年収・給料

データベースエンジニアの年収は企業規模や求めるスキルレベルによってかなり異なってきます。データベースエンジニアの年収レンジとしては400~600万くらいが相場です。難易度の高いスキルを持っている方ほど高年収で誰でもできるスキルレベルであれば年収はそれなりになります。年収レンジが高めになる場合はオラクルを専門、大規模システムの基盤構築やバックアップ戦略などの経験があると給与が跳ね上がります。

データベースエンジニアに必要なスキルは?

データベースエンジニアには大きく2つのスキルが必要とされています。 【汎用的なスキル】 データベースは基本的にはSQLというものを基準にしています。SQLとはデータベースの操作をする言語で、データベースの参照・更新・追加・削除の4つの操作を基本としています。データベースエンジニアはより高度なSQLの操作スキルが求められます。SQLだけではなくテーブル構造やデータベースそれ自体の構造をどのように効率よく構築するかというスキルも重要です。データ量の大きなテーブルではインデックスを貼りますがどのようにインデックスを張れば効率が良いかをデータベースエンジニア設計します。こういったことはデータベースの論理設計で議論されるべき項目で、サービスのフロント部分を作成するプログラマーやSEとデータベースエンジニアの間の共同作業で進められます。 非機能要件とはサービスの提供には直接は関係ない機能のことでデータベースエンジニアに求められる重要なスキルです、これはデータのバックアップ戦略や分散化、負荷対策やデータベースの移転などが含まれます。プログラマやSEも多少はSQLを知っており、データベースの論理設計まで出来る人が多くいます、しかし非機能要件まで対応できる人はそれほど多くはありません。 【製品に関するスキル】 データベースは製品によって操作法が異なります。データベースの管理ツール自体が違うので操作法を習得する必要があります。そういった製品のデータベースの内部構造も大きく異なっており、それぞれ固有の構造を理解が重要になってきます。MySQLにおいてはストレージエンジンをInnoDBにするかMyISAMにするか選択する必要がありこの違いを理解している必要があります。またバックアップや分散化などのような非機能要件対応には他のツールを利用するのでそういった理解も重要です。よく利用されているデータベースは「オラクル」「MicrosoftSQLサーバ」「MySQL」「PostgreSQL」です。商用サービスではオラクルかMicrosoftSQLサーバが使われることが多く、スタートアップ系のWebサービスなどではコストの安いMySQLやPostgreSQLが使われう事が多いです。

データベースエンジニアの需要

じつはデータベースエンジニアという立場で採用は減少しつつあります。しかしインフラエンジニアやアプリケーション開発エンジニアの業務に、DBを扱うことがあるがありインフラやDBといった合わせ技で市場価値が高くなります、DBは情報社会では不可欠な存在であり、将来性のある職種です。

IoTとデータベース

Amazonでは書籍を購入すると、同じものを購入した人の別の書籍が一斉に表示ます。購入顧客の履歴と閲覧行動データからビッグデータを活用したマーケティング戦略を導入した企業です。これからはこれまで以上に膨大な情報が集まります、それに対応したインフラの整備と、集めたデータの有効活用がポイントになります。例えば医療や災害予測などにビックデータを活かせば、データの蓄積しその傾向を分析することによって病気や災害の予防を行うことが出来ます。 ただし、この場合個人の行動だけではなく、病歴に関する情報を扱うため個人情報の扱いを厳密に行う必要があります。ARやVRなどの、眼鏡型ウェアラブルデバイスで自分ではなく他の人の映像を収集することができるため、個人情報をいかに保護するのかが問題になっています。

データベースエンジニアへの転職

実はデータベースエンジニアになるために必須の資格はありません。データベースの最適化を行ったり、保守管理を行ったりするには高度な専門知識が必要になるため、ある程度のデータベースにかかわる実務経験や知識が不可欠です。また設計や開発を行っていく場合は、プログラミングの知識も必要です。アピールする上でデータベーススペシャリストや、OracleMaster、MCPなどのデータベースに関連する資格があると有利に運びます。

お勧め転職サイト

リクナビNEXT 転職を経験した方の実に8割以上の方が利用してる大定番の転職サイトです。

doda 大手人材会社・インテリジェンスによる人材紹介サービスです。 求人数は全国で10万件以上で業界最大規模。国内大手企業は基より、外資系大手やベンチャー企業など、様々な求人が充実してます。

ビズリーチ 総額年収500万以上の方専門の即戦力専門求人情報サイトです。ビズリーチと提携している日本全国の人材紹介会社やヘッドハンターが保有する質の高い求人が特長で転職によるキャリアアップを考えてる方にお勧めです。

JACリクルートメント 東証一部上場企業が運営してる老舗転職エージェントです、転職エージェントとしては業界3位の規模を誇る。大手としては珍しく両面型対応型なのでコンサルティングの質が高い事で以前から評判が良いようです。

マイナビエージェント 人材大手マイナビグループが運営する転職エージェントです。 近年急速な勢いで人材事業を拡大してるマイナビ、その中核を担うのがこちらのマイナビエージェント。エージェントが親切な方が多いとの口コミ評判が多いです。

リクルートエージェント リクルートが運営する転職エージェントです。リクナビNEXTとは異なり非公開求人が約9割の人材紹介型となります。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング