IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職歴なしでの正 社員になれるのか|30代職歴なしの場合の就職は?

就活ノウハウ

職歴があって他の場所で働くことを、転職といいます。この場合は年齢にもよりますが、比較的容易です。しかし、職歴なしで就職することはできるのでしょうか?今回は、職歴なしで就職できるのかどうか、詳しく解説していきたいと思います。

更新日時:

職歴なしでの正社員になれるのか

職歴とは何か

正規雇用、正社員になりたいという人は多いでしょう。しかし、職歴がない、職歴なしということがネックになっている人が多くいます。 職歴なしからではどうしても正社員にはなれないのか、ということが不安でしょう。 確かに難しいことではありますが不可能ではないのです。 そもそも職歴とは何か、ということです。これは要するに今までの経験、やっていた仕事、ということなのです。 一応、フリーターのような働き方は職歴なしとは認めない、と認識されているのですが別に書いては法的に駄目、法律的に認められない、というわけではないのです。 ですから、それなりにフリーターとして働いていたのであれば職歴の一つとして書いてしまえばよいのです。 それこそニートでもない限りは働いた経験があるわけですから、それを一つの職歴として書ききってしまう、という手があります。 フリーターは職歴じゃないよ、といってくる面接官はそれなりにいます。 しかし、気にしない人のほうが圧倒的に多いのです。つまりは、要するにその人がどんな仕事をしていたのか、どんな経験があるのか、ということを採用している側も知りたいのです。 それが正規雇用であればそれはよいですが必ずしもフリーターであることが駄目というわけではないのです。 恐れることなく、職歴なしと書くのではなく、いっそのことフリーターの経験も職歴として書いてしまうことがお勧めできます。 しかし、一応は慣習的に正規雇用以外は職歴なし、とするのが基本ではありますから、そうした人はどうすればよいのか、となることでしょう。 そうした人たちにも方法はあるのです。

30代職歴なしの場合の就職

職歴なしの30代の場合

そもそも30代というのが転職市場においてそろそろきつくなってくることになります。 ほぼ即戦力、これまでの経験が求められることになります。ですから、採用される為にはかなり工夫が必要になるでしょう。 まず、職歴がないことをどうしても悩む人がいますがないものをねだっても仕方ないことです。そのあたりは開き直ったほうが精神衛生的によいといえるでしょう。 そもそも転職にはかなりのアタック数が必要になりますから、ある程度は失敗することを考えておくことです。覚悟しておけばよいのです。その上で職歴に関してのアピールをすることです。前述の通り、フリーターであろうとも考え方次第では職歴扱いでアピールできるようになるのです。 職務経歴書というのを書くのですが、これが上手くかけますとたとえフリーターであろうとも採用される可能性はあります。そこが評価されることがあるのです。 30代というのはさすがにノースキル、経験なしというのは厳しいことでしょう。職歴なし、というのは経験がなしと判断されることがあるのですがフリーターでもそれなりに責任があるような仕事をしていることがあります。そうであればその点をアピールしましょう。 それが30代で職歴なしの人が上手く就職するためのコツであるといえます。 ちなみに派遣社員や契約社員であればそれはもう職歴として問題ない、という傾向があります。 昔は派遣社員では駄目、というところや意識がある企業も多かったのですが、今では派遣社員も契約社員も立派な職歴となるでしょう。 意外と勘違いしている部分がここにあります。

本当に職歴がないのか

職歴がなくて正規雇用になれない、と思っている人が多いのですが意外と勘違いしているのです。確かに職歴として認められないこともあるのですがフリーターも職歴扱いでアピールすることが禁止されているわけではないのです。その点を自覚していますとより就職活動、転職活動が上手くいくようになります。派遣社員や契約社員などは立派に正社員並みに働いているといえますから、アピール次第ではかなり上手く評価してもらうことができます。 この点をよく理解しておいて、就職活動をするとよいでしょう。

既卒で職歴なしでも就職するポイント

未経験者でもよい職種

何かと経験があったとしてもやはり既卒で一般的に職歴なしと判断されてしまう人の正規雇用の就職が難しいことは確かです。 しかし、不可能ではないのです。いくらでも狙い目はありますから、それをよく探してみるとよいでしょう。 その一つとしてあるのが未経験者でも可、としている職種です。高いスキルを最初から要求しない仕事がよいです。 業種を限定しないのであれば人がやりたがらない仕事をあえて狙う、というのもありでしょう。昔でいうところの3kの仕事です。きつい、危険、汚いとされている仕事です。今ではそうした仕事も高給であることが知られ、人気がないとは言いがたいのですがキツイ仕事はさすがに辞めていく人も多いです。 そうした仕事にあえて飛び込む、というのもありでしょう。そうした仕事は基本的にマンパワーですからしっかりと人材を確保しておきたい、と思い、正規雇用登用、或いは最初から正規雇用で、ということがよくあります。まさにそれが狙い目となるのです。 将来性も決して悪いとはいえないですから、よい仕事となる可能性は高いです。

住み込みの仕事などを探す

意外とお勧めできるのが寮などがある仕事です。長くできるようになりますし、待遇が高いわけではないですが意外と正規雇用系の仕事も多いです。 少なくとも正規登用あり、としているところが多くありますから、期待はできます。寮住まいであれば何かと便利ですし、そうした方向性もお勧めできます。

職業訓練などを受ける

職歴なしではバイトをしつつ、就職活動をしている、というのであれば多少、稼ぎが少なくなりますが職業訓練をする、というのもありでしょう。 そこで得られたスキルから、それを生かすことができる求人に応募できるようになるからです。 考え方の一つとして、今すぐに就職する、というわけではなく、何かスキルを身につけてから、というのはありです。 但し、どうしても遠回りになりますし、資格ばっかりで実際の経験がない、というのはないよりはマシですが極端に高く評価されるわけではないです。 たとえばIT系の職業訓練を受けたとしても実際にプログラムを組んだ経験がないというのはさすがに採用されるときに高い評価を受けることができないようになってしまうのです。 そのあたりが難しいことになるでしょう。

正規雇用しか求人を見ない

何かと正規登用ありをオススメしているわけですが、これはあくまでその可能性があるだけであり、せっかく採用されてもずっと非正規のまままた時間が経ってしまう、ということもあるでしょう。 ですから、いっそのこと、今現在、バイトなり派遣なりで働いているのであれば次は完全に正規雇用のみを狙うことです。 もちろん、これまで得たスキル、資格を生かすことができるタイプの仕事、或いは未経験者でも最初から正規雇用で、としているところにしましょう。 時間がかかる可能性はありますが下手に非正規雇用から正規登用を狙うよりも早くなる可能性もあります。 急がば回れという考え方もありますが既に30代なので直線の道を一気に目指した方がよいこともあるのです。

最終的な判断は自分次第です

30代、職歴なし、となりますと選択肢が狭まるのは確かです。しかし、前述の通り不可能ではありませんし、考え方自体では職歴としてアピールできることもあるでしょう。 回り道となりますが正規登用ありから頑張ることも、或いは職業訓練などを受けてバイトをしつつ、正規雇用を狙うなどやり方はいくらでもあります。 実際のところ、正しい道はないのです。 いくつかの方法はありますし、不可能ではない、ということをよく心に刻んで30代職歴なしであろうと諦めないことです。 正規雇用でなくともよいと考えている人もいるでしょう。仕事次第ではそれもありです。しかし、正社員になりたいのであればまずは自分の目指すキャリアプランをはっきりとさせてその求人にどんどん応募していきましょう。なんだかんだいっても目標がしっかりとあると採用されやすくなるのです。

関連タグ

アクセスランキング