IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

事故報告書の書き方と例|看護/社内/社外/車など

更新日:2020年06月05日

書き方・例文

会社で仕事をしていると、自己を起こしてしまう場合もあります。その時、一般的には事故報告書というものを作成します。事故報告書の作成のポイント、書き方についてのポイントをご紹介します。事故報告書の書き方を知っておけば、慌てることなく、スムーズに作成できます。

事故報告書とは

みなさんは、事故を起こしてしまった。事故に遭ってしまった場合、どうしたら良いと思いますか。一般的には、会社や区市町村へ事故があったことを報告、連絡しなければなりません。この記事では、そんな事故報告書の書き方や例文などを紹介していきたいと思います。

そもそも事故報告書とは何か?

事故報告書というのは、事故が起きた時に『いつ』『どこで』『誰が』『なぜ』『どのような事故を起こしたのか』ということをまとめた報告書類をつくります。この書類は、場所によりますが、何日以内(だいたい20日以内)に作成し、各区市町村に届け出なければなりません。また、会社宛(社外)においても事故報告書を作成し報告と連絡をするのが一般的です。

特に交通事故や死亡事故など、緊急事態の高い事故については、最初の報告書を電話で各市町村に連絡し、その後速やかに事故報告書を提出してください。しかも、事故報告には多くの個人情報が含まれているため、郵送または、各区市町村の窓口に直接持ち込んでください。

どんな事故も誰がいつ起こすのかも分かりませんし、自分が起こしてしまうケースも少なくはありません。事故があったことを正確に報告するためには、事故報告書というものが必要です。事故報告書の書き方さえ知っていれば、万が一事故が起こってしまった場合でも、大丈夫です。

ココがポイント!事故報告書の書き方

事故を起こしてしまった後は人は冷静になりにくく、パニック状態になってしまいます。そんな時でも冷静に落ちついて、事故報告書を正確に作成しましょう。ここでは、事故報告書の書き方において、おさえておきたいポイントに注目してみましょう。

事故報告書の文書構成について

事故報告書は一般のビジネス文書と同じく、ビジネス文書でよく使われる文書で構成されています。覚えてしまえばさほど難しくはないので、実際にどのような項目を作成し、事故報告書として提出すれば良いのか、みていきましょう。

【1】日付と相手の名前(会社なら会社名)

まず事故報告書を作成した年、月、日付を書きましょう。事故を起こしてしまい、お詫びしたい人が個人名であれば「名前 様」会社であれば「●●会社 御中」と付けるのが一般的です。この文書の形式はビジネス文書でも手紙でも常識ですので、覚えておきましょう。

【2】事故報告書とお詫びしたい旨をタイトルとして書く。

『何の事故を詫びるのか』『事故があったことを報告します』という文言を書けば大丈夫です。具体的には、『始末書』『顛末書』『●●の事故についてのお詫び』『事故報告書』『事故報告書(業務上)』などをタイトルとします。詳しいことは次のページの書き方で例文を参考にして下さい。

【3】謝罪、いつ、どこで事故を起こしてしまったのかを説明する。

事故報告書の書き方で一番重要となる部分です。自分がいつ、どこで、どのように事故を起こしてしまったのか。どのような原因で起きてしまったのか。事故のほとんどは、自分の不注意で起こることです。自分の不注意で起こしてしまったことを謝罪し、お詫びする旨を書きます。また、今後再発防止策を書き、今後事故を起こさないように気をつけることも書いておきましょう。

【4】どのような方法で事故を処理をするのか。

初回公開日:2017年03月06日

記載されている内容は2017年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング