IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

中華料理の基本的なマナーと違反行為|円卓・座席・箸置きのマナー

ビジネスマナー

中華料理は一般的に堅苦しい料理ではありません。しかし意外にも中華料理特有のマナーというものが存在します。いざ会社関係者との食事などマナーを知らなければならない時が来ます。この記事ではいざ食事となったときに困らないよう、基本的な中華料理のマナーをご紹介します。

更新日時:

最低限知っておきたいマナー

たとえ中華料理であっても細かいマナーはたくさん存在します。ですがそのすべてを覚えておく必要はありません。ここでは社会人として最低限は知っておくべきマナーをいくつかご紹介します。

円卓の座る位置

普段私たちが使うテーブルは四角が多く、身分や歳、その日の主役によって座る位置に気を遣っています。上座や下座など丸いテーブルにもあるのでしょうか? 答えは’有ります’です。 座るいちですが、その日の主役が入口から一番遠い席、主催者や一番下の人間は入口に一番近い席になります。そのほかの人は、歳や身分に応じて主役席から見て左の席、右の席、次の左の席、右の席というように主役に近い席から左右交互に偉い人順で座っていきます。

回転テーブルの使い方

中華料理の特徴といえば円卓の上でクルクル回る回転テーブルです。普段あまり利用する機会がなくなじみがないため、マナーと言われてもピンと来ないと思いますが、この回転テーブルにもきちんとしたマナーというものが存在します。 まず回転テーブルの上に乗った料理を取るときに、自分の席から取れるように移動するために使うのが回転テーブルの役割です。料理を取りたいときは時計回りにゆっくりと回します。この時、回転テーブルからはみ出たお皿をコップなどにひっかけないよう注意しましょう。また、回転テーブルの上に置くものは料理や調味料など皆で共有するものを置くスペースという決まりになっているので、食べ終わったお皿、グラスなどは置かないようにしましょう。 ・時計回りに動かす。 ・ゆっくり動かす。 ・はみ出たお皿などがぶつかれないように注意。 ・自分が使ったお皿、グラスなどを置かない。

箸やれんげ、器の使い方

日本でも当たり前に使っている箸ですが、中華料理での使用方法もそのままでいいのでしょうか? まずひとつ、箸のおき方についてです。いつもご飯を食べるときのことを思い出してみると箸は横に置いているかと思います。ですが中華料理では箸は縦に置きます。縦に置くことでまだ食べているというサインになります。逆に食べ終わったときには箸を横に置きます。これで食事が終わったというサインになります。間違えて食べ終わってないのに下げられないように覚えておきましょう。 つぎにれんげについてです。れんげは汁物やご飯などを食べる時に使用します。この時、特に注意するのはれんげの持ち方です。私たちがれんげを使用するときはスプーンのように持ち使っているかと思いますが、それは間違えです。正しくはまず、れんげの持ち手溝に人差し指を入れて、その両側を親指と中指で支えるようにしてもつのがマナーとなっています。慣れるまで食べにくいですが、頑張りましょう。 最後に器についてです。中華料理では基本的に器は持ち上げないことがマナーとなっています。唯一持ち上げていいのは茶碗だけです。大皿などももちろん持ち上げないよう注意しましょう。 ・箸は縦に置いて食べている、横に置いて食べ終わり。 ・レンゲの持ち方注意!溝に人差し指、左右に親指中指。 ・持ち上げていい器は茶碗のみ。

中華料理の取り分け方

中華料理といえば大皿に盛られた料理がテーブルにたくさん並べられているイメージですが、これらの料理を取り分ける時にも守るべきマナーがあります。料理は皆で共有するため、ほかの人を不快な気持ちにさせないようにきちんと守りましょう。 まず取り皿は一品につき一皿のため、食べ終わったら新しいお皿に変えましょう。少し抵抗がありますが中華料理ではそれが良しとされています。次に取り分ける順番ですが、偉い人から順番に取っていきます。ここは普段と変わらないですね。そして自分の番がやってきたら大皿に備え付けられた箸やサーバーで自分の取り皿によそっていきます。取り終わったら使った道具をもと合った場所に戻します。この時回転テーブルからはみ出さないように注意しましょう。予期せぬトラブルにつながります。一連の流れをまとめると以下のようになります。 1.偉い人から順に取っていく。 2.自分の番が来たら備え付けの箸などを使い取り皿によそっていく。 3.使った箸などはもとに戻す。

中国茶について

中華料理を食べる際に一緒に出てくる中国茶ですが、その主なマナー、サインについてご紹介します。まずお茶が来たらみんなの分を注いであげましょう。通常、料理の場合は自分の分は自分で取るのがマナーですが、お茶に関しては良しとされています。つぎに注ぎ終わったら回転テーブルの中央に置いて、誰でも取りやすい場所に置きましょう。 そしてお茶のおかわりがほしくなったら頼まなくても代わりをくれるサインが2つあります。一つ目が急須のフタをずらす、2つ目が急須のフタをひっくり返すです。このどちらかのサインを出せば代わりのお茶を持ってきてくれます。 ・みんなの分を注いであげる。 ・終わったらテーブル中央に置く。 ・おかわりが欲しくなったら急須のフタをずらすかひっくり返す。

中華料理でやってはいけないこと

中華料理の最低限のマナーを知ったところで、次はやってはいけないことについてご紹介していきます。ここまでのマナーを完璧にこなしても、これをやってしまうとすべてが台無しです。きっちり覚えましょう!

まったく食べないこと

ここまでご紹介した大皿を皆で取り分けて食べる方式には該当しませんが、一人一品というようなときには気を付けないといけません。私たち日本人の感覚からすると少し違和感があるのですが、中国では出された料理に口をつけないということは大変失礼にあたるとされています。理由は昔の中国では他人から出された料理を食べることがその人を信用するという証とされていたためだそうです。なので食べずに下げるのは信用していないということになり失礼となるのです。ですから一人一皿で出された料理は一口でも食べるようにしましょう。

立つことがマナー違反?

いくつか前の章で中華料理の取り分け方についてご紹介しましたが、その中でやってはいけないことがこの’立つ’という行為です。料理が自分の前に来た時につい立ってよそおうとする人がいますが、中華料理ではマナー違反です。

息を吹いて料理を冷まさない

息を吹いて料理を冷まさないというのは「フーフー」のことです。これは中華料理に関わらず世界における食事の際のマナーとなっています。日本では熱いものを食べるときには必ずといっていいほど行う行為ですが、中国を含む海外ではマナー違反となる国が多いようです。旅行先やかしこまったお店で食事する際は気を付けましょう。熱くて食べられないときはレンゲですくうと冷めやすいです。

中華料理は残してもいい?

さきほど、出された料理を食べないのはルール違反とご紹介しましたが、中国では完食することも失礼にあたるとされています。「食べるのか食べないのかはっきりして」と言いたくなりますが、そのようなマナーもあるんです。ただこれは中華料理に対してのマナーではなく、客人として招かれた席でのマナーとなっています。出された料理をすべて食べきったということは料理が足りなった→つまりもてなしを十分にできなかったという考えになるためです。たまに中華料理のマナーと勘違いしている人もいるので混同しないようにしましょう。余談でした。

マナーの度合いは場所を選んで判断しましょう!

中華料理のいいところは丸いテーブルを皆で囲んで気軽に料理を楽しみ料理を通して仲を深められるところにあります。ここまでご紹介してきた中華料理のマナーは必要な時に発揮できるように知識として覚えておくだけで十分であり、いつでもどこでも徹底して行う必要はありません。まずはその席を楽しもうという姿勢を大事に楽しい食事にしてください。

関連タグ

アクセスランキング