IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IT業界で転職する際の「志望動機」例文と人事の心に刺さるポイント

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

転職する際の志望動機の作り方を、例文やポイントを通してご紹介。特にIT業界への転職に注目した例文などをまとめています。志望動機の作り方が分からない方や、少しでも魅力的な志望動機を考えたいという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

例文で見る!転職の志望動機のポイント~IT業界編~

転職活動をしていると、ほとんどの方が履歴書に志望動機を書いたり、面接で志望動機を話したりすることになると思います。志望動機が選考の結果に与える影響は大きいと言われており、少しでも好印象に繋がる志望動機はないものかと、頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。 今回は、IT業界の転職にスポットを当てて、転職に志望動機の例文をご紹介していきます。また、例文を通して志望動機を考える際のコツやポイントについても考察していくので、ぜひ参考にどうぞ。

転職に使える!志望動機例文集~IT業界編~

早速、転職の際の志望動機の例文をご紹介していきます。 「転職」と一言で言っても、状況は人によってさまざま。前職と同じ職種や業界に転職する方もいれば、前職とは異なる未経験の職種・業界に転職しようとする方もいます。 ここでは、さまざまなケース別に例文をご紹介していくので、自分の状況に当てはまるものを探してみて下さいね。

未経験者がSEに転職する場合の志望動機例文①

現在、日本はもちろん世界中で、ITによる便利な生活が実現しています。さまざまな産業や日常生活に、ITの技術が活用されており、ITは手放すことができない存在となっています。そのような背景から、私はSEに対して、最新の技術を駆使して世界を活性化していく仕事という印象を抱いています。産業や人々の暮らしを支えていく仕事には、以前から大変興味があり、挑戦してみたいと思っておりました。SEという職業は、まさしく私が挑戦してみたいと考えていた職業なのです。現在、未経験ではありますが、このような気持ちの元に、今回は御社の未経験社採用に志望致しました。御社の〇〇システムや○○制度の元で、スキルアップし、御社の戦力であると共にさまざまなものを支えていけるSEになりたいと思っております。

経験者がSEに転職する場合の志望動機例文②

前職では、SEとして〇〇の分野で〇年間、〇〇の業務に従事しておりました。その際、さまざまなシステムの設計や開発などを経験しております。特に、新規事業に携わった経験もある為、新規事業の企画やスケジュール通りに進めていくことの大変さなどは、一通り学びました。中途採用の環境が整っている御社ならば、これまでのスキルや経験を存分に発揮していけると感じ、更なる成長を期待して御社を志望致しました。

経験者がSEに転職する場合の志望動機例文③

現職において、プログラミング言語○○や○○は習得しております。それらの技術を活かして、企画から携わったプロジェクトのシステム開発などをしておりますが、プロジェクトの企画そのものが短期的なものであることもあり、今後のビジョンについて真剣に考えることとなりました。そして、御社の長期的に展開していくシステムや商品を手掛けていける環境に魅力を感じ、この度志望致しました。

IT業界への転職の志望動機で大切なこと

上記で、IT業界に転職する際の志望動機の例文をケース別にご紹介しました。これらの例文を読んでみて、どのような点が良いのか、またどのようにすれば採用担当者に好印象を与えられるのか、皆さんは分かりましたか? ここでは、上記の例文を踏まえて、IT業界への転職の志望動機を考える際のポイントをご紹介していきます。ぜひ、例文と比較しながら確認してみて下さいね。

転職の志望動機のポイント

IT業界に限らず、転職の志望動機で重要とされるポイントがあります。 1.将来のビジョン・新しい職場でやりたいこと 2.志望企業でなければならないのは何故か 3.転職を決意したきっかけやエピソード、理由 4.どのような基準で転職先の企業を選んだのか 上記の要素を全て盛り込む必要はありませんが、志望動機の中で今後のビジョンや転職のきっかけ、志望企業を選んだ理由を分かりやすく説明できると、高評価に繋がりますよ。

IT業界の志望動機のポイント

IT業界の志望動機でも、基本的には上記のポイントは共通して重要だと言えるでしょう。 更に、IT業界の場合は、職種や職場によっては特定の言語やスキルが求められる場合があります。志望企業に入社した後もいかせそうなスキルや技術がある方は、それらをしっかりアピールしましょう。経験や体験に関しても、同様です。 上記の例文の中でも、経験者の場合はアピールしていましたね。 加えて、何故IT業界なのか、どうしてSEが良いのかなど、業界や職業に対するこだわりも説明できると、より好印象に繋がるかもしれません。

良い志望動機を考えるには、業界研究・企業研究も重要

初回公開日:2016年11月09日

記載されている内容は2016年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング