IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

3分間スピーチのコツと例文・おすすめのテーマとネタ

ライフスタイル

小学校の朝の会から会社の朝礼まで、広くいろいろなコミュニティで行われている3分間スピーチ。これからの人生で何度もすることになると思いますが、あまり得意ではない方が多いのではないでしょうか。ここで3分間スピーチの仕方をものにしてしまいましょう。

更新日時:

3分間スピーチ

みなさん、3分間スピーチはしたことありますか?3分間スピーチとは、小学校での朝の会や会社での朝礼などで行うことのある、その名の通り、3分間でするスピーチです。毎回3分間スピーチの順番が回ってくるのが嫌だったという方も、中にはいるかもしれません。今回は、そんな3分間スピーチに関して、おすすめテーマやコツも取り上げていきたいと思います。

3分間スピーチで大事なこと

スピーチで大切なことは相手に上手に伝えるということですが、上手に伝えることとたくさん話をすることは別です。言いたいことを全て伝えようとたくさん話をした結果、上手く伝わらないこともあります。スピーチを行う時間には限りがあるので、時間を意識する必要があります。時間に見合った文字数なら問題ないですが、時間に対して文字数が多ければ、結果として早口になりやすいです。早口になると、よほど関心を持っている人でなければなかなか伝わりにくいです。時間に対して文字数が少なければ、話が途中で切れる可能性があります。よって、持ち時間に対してどのぐらいの文字数が妥当なのかということは、事前に確認をしておく必要があります。

3分間スピーチの文字数

スピーチの場では、3分間でどれぐらいの文字数が妥当なのかを考えてみましょう。3分間で話すなんて短いと思う人もいるでしょうし、長すぎると思う人もいるはずです。プロボクサーの1ラウンドがちょうど3分です。この3分間にいろんな戦略をもって臨むのです。ここから考えると、3分という時間は決して長くもなく、短くもない時間であるということが言えます。 これは一般論ですが、人が1分間に話すことができる文字数は200~250文字が目安です。つまり、3分なら600~750文字となります。これはあくまでも目安ではありますが、この数字内で収まるように内容をまとめることが大切なのです。

初めてのスピーチでは特に文字数に気をつける

初めてのスピーチなら特に文字数を意識する必要があります。上に述べたように、3分の目安の文字を超えると、どうしても早口になります。そうすると、言いたいことが最後まで言えそうにないとあせりが出てくるはずです。あせりが出てくると、聴いている人にも伝わりにくいものとなってしまいます。そうならない為にも、1分間で話すことができる目安に持ち時間をかけた文字数の範囲内に原稿を作成することが、上手にスピーチをするには必要なのです。

3分間スピーチのネタ

では、3分間スピーチのネタとしては、どのようなものを使えばよいのでしょうか。次に例として、いくつかのネタをあげてみます。 ・一生懸命と一所懸命の違い ・2-6-2の法則 ・「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」 ・年齢の別名 ・漢字の誤変換 ・台風に関する豆知識 ・昨日あった出来事 いくつか挙げてはみましたが、日常のたわいもない出来事でさえ、3分間スピーチのネタにはなりえます。

3分間スピーチのおすすめテーマ

次に、上の「3分間スピーチのネタ」も踏まえて、3分間スピーチのおすすめテーマとして、いくつかの例を挙げてみます。 ・その月や季節の話題 ・勘違い ・似た言葉の違い ・日常生活にある法則 ・名言や格言 ・なぞなぞ ・いい話や感動する話 ・たわいない出来事 ・雑学 どうでしょう。この中のテーマからなら、何か話のネタは思いつきそうではないでしょうか。そもそもこれらのテーマは、インターネットなどで調べればいくらでも新たなネタが見つかるはずのものです。気になったものは調べてみましょう。

3分間スピーチの例文(1)

3分間スピーチの例文を挙げてみます。参考にしてみてください。 まず一つ目は、「一期一会ということわざ」をネタとしたものです。 一期一会ということわざは、人と人との出会いは一度限りで大切なものという意味で使われることが多く、もともとは茶道の心得を表した語なのだそうです。 この一瞬を大切に思い、相手に誠意をつくすことが大事で、また出会うかもしれないけれども、もう二度と会わないかもしれないという気持ちで相手に接することが大切だと思います。 これは多様な職種でも必要な考えだと思います。 仕事をやっていくうちにどうしても出てくるのが「慣れ」だと思います。 いつもお会いしている、電話を受けているお客様に対して「いつも通りのサービスをしよう」という形で接してしまっているかもしれません。 しかし、そのお客様とは自分の態度次第で明日いきなり取引が停止になるかもしれませんし、もう二度とお会いできなくなるかもしれません。 「また今度やり取りするから」ではなく、「今この場でできる最大のサービス・接客をしよう」と考えて行動することが顧客満足度に繋がるのではないかと思います。 「いつでもやり取りできる」ではなく「今この場でしかやり取りできない」と思って対応するほうが、緊張感が高まってミスも減らせるのではないかと思います。 お客様の信頼は強くても自分次第でいつでも脆くなってしまうと考えます。 そのため、常にお客様はもちろんですが、上司や同僚や仕事で関わる全ての方に対して「今この一瞬を大事にし、私の今できる最善の対応」を心がけて、業務に励んでいきたいと思います。

3分間スピーチの例文(2)

そして二つ目は、「好きな格言」をネタにしたものです。 私の恩師が良く言っていた格言をご紹介したいと思います。 それは、「他人と過去は替えらえないが、自分と未来は変われる」という言葉です。 学生時代、私は人間関係に悩んでいた時期がありまして、よく恩師に相談に乗ってもらっておりました。 その人間関係のもつれはお互いに距離が近すぎたこともあり、発言内容が態度が気に食わないという理由でよく衝突をしておりました。 私は正義感が強いところもありまして、他人の悪いところを見てしまうと注意を促したくなってしまい、相手を正そうとしてしまうところがあります。 自分でもやり過ぎたと自覚しているんですが、つい発言してしまうところがあり、言って後悔することが多かったのです。 そんなときに恩師からその格言を聞いてハッと目が覚めました。 相手が一方的に悪いから正そうとしていた自分はどうなのか、という事に気づかされたのです。 逆の立場で考えてみると、言われたから直すというのはなかなかできることではありません。 だったら自分の態度や発言を変えてみようと考え始めました。 自分が変わると自然と周りの接し方も変わってくるようになり、プラス思考で物事を考えられるようになった気がします。 仕事の場においてもこの言葉の通り実践していこうと考えはじめました。 まだまだ入社して知識も乏しい私ですが、プラス発信でいきたいと思っています。 自分が変われば未来も変わる、という事で何に対してもチャレンジしていきたいと思っています。 これからもよろしくお願いします。

3分間スピーチのコツ

3分間もあると棒読みになってしまう可能性がありますが、決して原稿をずっと見ないようにしましょう。原稿だけを見ていると声が小さくなってしまうことが多いです。声が小さいと自信がないように感じられてしまいます。そうならないためには、3分で話せる原稿に整理した後に、内容をよく確認することが大切です。丸暗記する必要はないです。おおよその内容が把握できていれば、聴衆者の顔見ながら話ができるはずです。内容が伝わればそれでいいのです。

3分間スピーチを楽しみましょう

いかがでしたか。初めはとっつきにくいと思っていた3分間スピーチも、案外できそうなものではありませんでしたか?実際にスピーチする際には、大勢の前に立つこともなるので緊張もするかと思いますが、3分間を楽しむくらいの意気込みでスピーチしてみてください。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング