IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゴールドカードのメリットとデメリット|おすすめカード会社比較

マネジメント

多くの人はクレジットカードを持っていると思いますがゴールドカードを一度は考えたことがあると思います。ここではゴールドカードのメリットをデメリットをサービスなどをご説明いたしますので、視点から考えて保有のヒントになればと思います。

更新日時:

ゴールドカードのメリットとデメリット

誰でもあこがれるゴールドカードこれは男の夢ともいえます。。今回はそんなゴールドカードの紹介とメリットデメリットを紹介しようと思います。これから作ろうとしている人などは是非ご参考ください。

ゴールドカードのサービス

ゴールドカードのサービス内容ですが、プラチナカードやブラックカードといった上位のクレジットカードジャンルあるため最高メリットのサービスとはいえません。海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が充実していることや、ショッピング保険の年間上限が高いこと、そして国内主要空港の空港ラウンジが無料利用できることが主なメリットのサービスです。

旅行傷害保険

海外旅行時のトラブルに対応してくれる保険。飛行機が落ちてしまった場合、ホテルで水漏れ騒動を起こしてしまった場合など、幅広く保険がカバーしてくれます。急病などにも対応可能でメリットがあります。

国内旅行傷害保険

国内旅行時のトラブルに対応してくれる保険。海外旅行傷害保険と比べてそのカバー範囲狭いが旅行時のトラブルに対応。

ショッピング保険

ゴールドカードを使って買い物をした商品が、購入直後に壊れてしまったり、盗まれてしまったという場合に対応してくれる保険ですメリットがあります。

航空機遅延保険

搭乗予定の飛行機が大幅に遅延してしまった場合などの、宿泊費などをカバーしてくれる保険ですね、メリットがあります。

ポイント制度の優遇

ゴールドカードの中には、通常のクレジットカードよりもポイントが貯まりやすいメリットがあるカードが多く存在する。

レストランの優待

数は少ないですが、高級レストランや料亭といった場所での外食費が安くなるというメリットがあるサービス。

医療相談

病気になった時の相談ダイヤルを用意しているというメリットをもつゴールドカードも多いです。

空港ラウンジ無料利用

羽田空港や伊丹空港といった、国内主要空港の空港ラウンジが無料利用できるメリットをもつサービスは、もはやゴールドカードならでのメリットがあるサービス。

ホテルに優待価格で宿泊

ホテルに優待価格で宿泊できるメリットがあるサービスです。

会員専門誌

ゴールドカード保有者に郵送される専門誌がもらえるメリットがあります。

ゴールドカードを持つメリットは?

ゴールドカードといっても、ポイントが貯まりやすいゴールドカードがあったりメリットが優れているものがあったりとさまざまです。ゴールドカードを入手する前に、まずメリットとデメリット明確にすることが大切です。人によって価値観はさまざまですのでもちろんゴールドカードの価値も人それぞれといえます。ゴールドにするメリットは、主にサービスとステイタスになります。

ゴールドカードのメリット

大きくは下記のような部分がメリットがあります。 ・ステイタス感メリット(所有しているだけで一定の社会的信用) ・限度額が大きいメリット ・空港ラウンジなどでの待遇メリット ・海外&国内旅行の傷害保険の充実メリット ・スポーツクラブ優待などのメリット

デメリット

デメリットは以下のような部分になります。 ・カードによるが基本的には年会費が高いデメリット ・格安の年会費のカードも登場しているが得られるサービスに制限があるデメリット

ステータスや感メリットだけを求める場合は年会費が安いカードが登場が向いているといえます。逆に、得られるサービスメリットを求める場合、カードをちゃんと目的に合わせて選択する必要があります。

ゴールドカードとは

ゴールドカードの入手難易度

以前はお金持ちの持つものというイメージがありましたが最近では、ゴールドカードの入手難易度ですが年収にして300万円強もあれば可能です。もちろん持ち家、借家などの区別はなくメリットを享受できます。

年会費は

ゴールドカードの年会費はだいたい1万円~2万円程度のものが多いです。中には無料などのメリットがあるカードなどありますが、、1ヶ月あたりで考えると1,000円~2,000円の費用がかかりますが、メリットの方が多いでしょう。

年会費無料で作れるゴールドカード(メリット)

イオンカードやエポスカードは年会費無料で作ることができるというメリットがあります。 入手方法としてはまずは年会費無料のイオンカードやエポスカードを入手し、年間100万円以上の利用すること。これを続けると年会費無料というメリットのゴールドカードを入手できるようです。

海外旅行先でも使えるゴールドカード(メリット)

海外旅行や海外出張にゴールドカードをというのであればVISA提携のゴールドカードを作るのがおすすめです。三井住友VISAゴールドカードが最高です。VISA提携のゴールドカードは世界中、どこの国や地域でもメリットを享受できます。

ゴールドカードよりも上のグレードのカード

ゴールドカードよりも上位:プラチナカード プラチナカードよりも上位:ブラックカード ブラックカードともなると、年収にして1,000万円以上でないとメリットを享受できないVIP専用クレジットカードグレードです。

初年度年会費無料キャンペーン(メリット)

ゴールドカードはよく初年度年会費無料キャンペーンを開催しています。これは1年目の年会費が無料になるキャンペーンです。この場合、カード発行から1年以内にゴールドカードを解約すれば年会費は0円というメリットがあります、2年目以降もゴールドカードを使うという場合には、2年目から正規の年会費になります。

海外旅行傷害保険はそんな高い補償(メリット)

ゴールドカードに付帯されている海外旅行傷害保険は、2,000万円~1億円の補償が付けられています。

海外の医療費は高いだからゴールドカード(メリット)

海外の医療費は高額になる場合が多いのです。簡単な手術でも100万円以上のお金を請求されることになります。中国やアメリカは高いといわれています。

ゴールドカードを家族で使うことは出来る(メリット)

ほとんどのゴールドカードでは、家族カードの発行も可能です。ゴールドカードによって家族カード発行が有料な場合と無料な場合に別れますが、家族カード発行費用が安くなりますのでメリットがあります。

ゴールドカードは限度額が大きい(メリット)

年会費無料のクレジットカードだと利用限度額が30万円なので限度額というメリットのためにゴールドカードを作りたい人もいると思います。しかし年会費の安いゴールドカードだと利用限度額10万円で発行されることが多いです。もし大きい限度枠が目的でゴールドカードを作ろうと思うのであれば年会費無料カードでも限度額が大きいものもあるので問題ありません。

女性の前でカッコつけられる(メリット)

女性の前でかっこつけたい場合、年会費無料のクレジットカードを使って支払いをするよりはゴールドカードを持つと女性からモテるようです。そういったところではメリットがあります。また会社勤務のビジネスマンの方が、部下にお酒をおごるときなどに。ゴールドカードで払うと格があがるようなメリットもあるようです。サービスももちろんメリットですがやはりカッコつけられるところもゴールドカードのメリットです。

ゴールドカードリスト

一言にゴールドカードといっても、日本だけで100種類以上のゴールドカードが発行されています。ここではメリットが多いゴールドカードをご紹介いたします。

アメックス

アメックスゴールド 数多くあるゴールドカードの頂点とも言うべきカードなのが、アメリカン・エキスプレスが発行している、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでしょう。年会費は3万円以上です、しかしその価値があるカードです。

アメックスグリーン アメリカン・エキスプレスが発行しているプロパーカードでありゴールドカードでないがアメックス・グリーンは他社のゴールドカード相当のカードといわれています。アメックス・グリーンは世界で通用するステータスがあり、ゴールドカード級のカードとして広く認知されています。 年会費 12,000円(税抜)、8%、税込だと12,960円 家族カード年会費 6,000円(税抜)、税込だと6,480円 特典 1%のマイル付与率 充実の付帯保険(特にショッピング保険・リターンプロテクション) 本人だけではなく同伴者1名まで空港ラウンジ無料 手荷物無料宅配サービス(往復) ポイントの有効期間が無期限(マイルも無期限で貯められる) エクスペディア・一休.comの割引 海外旅行先での24時間無料の電話サポート(日本語)も安心です。普通のクレジットカードにはないリターン・プロテクションは大きなメリットです。 1度交換したらポイントが無期限となり、マイルを無期限で貯められるのも大きなメリットででファーストクラスに向けてコツコツと貯めるという使い方ができます。 リターン・プロテクション、往復の手荷物無料宅配、同伴者1名まで空港ラウンジ無料などは他のゴールドカードにもほとんどないメリットです。

10代でも作成可能なゴールドカードそれがMUFGカード ゴールドです。年会費が2,000円程度とリーズナブルなだけでなく、フリーターやパート勤務であっても作成可能なゴールドカードです。まずは持ってみたいという人にお勧めです。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類で決済が行えます。 MUFGカードゴールド 本会員年会費 初年度 無料、 2年目以降 税抜1,905円、税込2,057円 登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録すると、2年目以降 年会費半額1,028円(税込) 楽Payはあらかじめ設定する「指定金額」の範囲ですとリボ払い手数料はかからないので、1回払いと完全に同じように使うことも可能。 家族カード 年会費 1人目 無料、2人目以降一人あたり432円(税込) 初年度は年会費無料 年間利用額100万円以上で「ファイブスター」という制度が適用され、還元率0.85%になります。指定月は1.1%になります。 MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード アメックスブランドのMUFGカードゴールドの場合、海外での利用はいつでもポイント2倍で還元率1.0%、また、アメリカン・エキスプレス・セレクト、アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス使用可能 自動付帯の海外旅行傷害保険 傷害治療・疾病治療、携行品損害あり 国内旅行傷害保険、国内渡航便遅延保険 三菱東京UFJ銀行のATMの時間外手数料108円が無制限で無料

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行しているゴールドカードです。 年会費は10,800円(税込) 家族カードの年会費は1,080円(税込) ●セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード 空港ラウンジサービス(国内主要空港・ハワイ・ホノルル空港) 海外・国内旅行傷害保険、海外アシスタンス、ショッピング保険、手荷物無料宅配サービス(帰国時) 毎月の特典日は、西友・LIVIN・パルコ・ロフトが5%割引 セブン-イレブン・イトーヨーカドーは還元率1.5% 年会費4,320円(税込)の「SAISON MILE CLUB」を利用すると、ショッピングの利用で貯まる永久不滅ポイントを、自動的にJALマイルに移行可能。 1.125%マイル付与率でJALマイルを獲得可能 JALカードのゴールドカードの1%以上の獲得率 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードを作成して年間100万円以上を利用すると、招待制のプラチナカード「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」のインビテーションが届きます。 ●セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 21,600円(税込) 家族カード年会費 3,240円(税込) プライオリティ・パス コンシェルジュサービス 手荷物空港宅配サービス(往復) 優待サービス・entrée(オントレ) 充実の付帯保険

エポスゴールドカード

丸井が発行しているゴールドカードはエポスカードです。 エポスカード(EPOS CARD) 年会費 5,400円(税込) 年間の利用金額が50万円以上だと翌年度の年会費が無料になります。 また、エポスカードを保有して多額の決済をすると、インビテーションが届く場合があります。インビテーションでゴールドカードを発行したら、年会費は永年無料となります。 エポスゴールドカード 丸井還元率1%、通常加盟店還元率0.5% 年間の利用金額に応じてボーナスポイントあり、年50万円以上利用:2,500円相当(0.5%相当)年100万円以上利用:10,000円相当(1.0%相当) エポスゴールドカードは年100万円以上の場合は高還元です。 対象ショップの中からよく利用するショップを登録すると、エポスカード利用時のポイントが最大3倍になります。 スーパー: アピタ、イオン、イトーヨーカドー、いなげや、クィーンズ伊勢丹、京急ストア、ザ・プライス、サミットストア、成城石井、セイブ、西友、相鉄ローゼン、ダイエー、東急ストア、東武ストア、ベイシア、マルエツ、ミニストップ、ヨークベニマル、ヨークマート、ライフ コンビニ : サンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン ドラッグストア: ウェルシア薬局、くすりの福太郎、クリエイトSD、サンドラッグ、セイジョー、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ ショッピングセンター・アウトレット・ディスカウントショップ: アクアシティお台場、アルシェイーアスつくば、ヴィーナスフォート、OPA、オリナス、海外DFS、川崎アゼリア、川崎ル・フロン、クイーンズイースト、クイーンズスクエア横浜アット、グランベリーモール、クリスタ長堀、コメ兵、サンシャインシティアルパ、ダイバーシティ東京、チェルシープレミアムアウトレット、DFS沖縄、テラスモール湘南、ドンキホーテ、流山おおたかの森SC、成田国際空港ターミナル、平塚ラスカ、ポルタ、マークイズ静岡、三井アウトレットパーク、メルサ、モザイクモール港北、元町ショッピングストリート、ラゾーナ川崎、ららぽーと 家電量販店: エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、カメラのキタムラ、PCデポ ホームセンター: ニトリ、カインズ、島忠、ジョイフル本田、ビバホーム、ホームズ ファッション: AOKI、赤ちゃん本舗、H&M、ABC-MART、カルティエ、GAP、グッチ、靴流通センター・シュープラザ、コーチ、コナカコレクトポイントZARA、G.U.、しまむら、スーツカンパニー、スーツセレクト、ティファニー、西松屋チェーン、ビームス、フォーエバー21、マルコ、ユナイテッドアローズ、ユニクロ、洋服の青山、ライトオン、ルイヴィトン 趣味・生活: IDC大塚家具、Appleストア、アニメイト、イエローハット、イケア、オートバックス、紀伊国屋書店、グリー、島村楽器、スタジオアリス、ソフマップ、タワーレコード、DHC、ディズニーストア、トイザらス、東急ハンズ、ファンケル、フィットハウス、ブックオフ、フランフラン、ポーラ化粧品、ミュウモショップ、無印良品、メガネトップ、八重洲コンタクト、ロフト、WONDER GOO スポーツ: アルペン、石井スポーツ、ヴィクトリアスポーツ、オシュマンズ、ゴルフパートナー、ゴルフ5、スポーツオーソリティ、スポーツゼビオ、スポーツデポ、二木ゴルフ 公共料金等: NHK放送受信料、大阪ガス、関西電力、京葉ガス、国民年金、中部電力、東京ガス、東京電力、東京都自動車税、東京都水道料金、ヤフー公金支払、横浜市水道料金、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞 電話・TV・ネット: @T COM、アットニフティ、アメーバ、NTTコミュニケーションズ、NTT西日本、NTT東日本、NTTぷらら、J:COM、ジャパンケーブルネットワーク、スカパー、ソネット、BIGLOBE、ビックワイマックス、mixi、ヤマダエアーモバイルワイマックス、ワイヤレスゲート、WOWOW 鉄道・飛行機: モバイルSuica、エアアジア、エアカナダ、AirDoANA、エールフランス、大阪市交通局、小田急電鉄、JR東海、JR西日本、JR東日本、ジェットスター、JAL、スカイマーク、エアラインズ、スターフライヤー、西武鉄道、ソラシド エア、大韓航空、つくばエクスプレス、デルタ航空、東急電鉄、東京都交通局、東京メトロ、南海電鉄、阪急電鉄、ピーチ・アビエーション 自動車: ETC利用、出光石油、エッソモービルゼネラル、エネオス、オリックスレンタカー、コスモ石油、昭和シェル石油、トヨタ自動車、トヨタレンタリース、日産自動車、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、ホンダ自動車、三井石油 旅行代理店: HIS、小田急トラベル、オリオンツアー、近畿日本ツーリスト、クラブツーリズム、京王観光、JR東海ツアーズ、JTB、テコプラザ、東武トップツアーズ、日本旅行、阪急交通社、PTSトラベル、ホワイトベアーファミリー、名鉄観光 ホテル・宿泊: ANAホテルズ、京王プラザホテル、ザ・リッツ・カールトン、JALホテル、スターウッドホテル&リゾート、椿山荘、帝国ホテル、東急ホテルズ、東横イン、ハイアットホテルアンドリゾーツ、ヒルトンホテル、プリンスホテル、星野リゾート、ホテルニューオータニ、ホテルモントレ、ミリアルリゾートホテルズ、リッチモンドホテル、ルートインホテルズ、ロイヤルパークホテルズ レジャー・飲食店: イープラス、温野菜、ガスト、カラオケ館、牛角、銀座ライオン、くいもの屋わん、寿し常、スターバックス、コーヒーチケット、ぴあ、チケット流通センター、デニーズ、東京ディズニーリゾート、TOHOシネマズ、土間土間、鳥貴族、ピカデリー、ユニバーサルスタジオジャパン、ラクーア、ロイヤルホスト、和民 保険: あいおいニッセイ同和損害保険、アクサダイレクト、アニコム損保、アフラック、アメリカンホームダイレクト保険、オリックス生命、住友生命保険、ソニー損保、損保ジャパン日本興亜、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、チューリッヒ、東京海上日動、日本生命、三井住友海上あいおい生命保険、三井住友海上火災保険、三井ダイレクト損害保険、メットライフ生命 その他: アース(美容室)、ECC外語学院、エルセーヌ、カーブス、銀座カラー、GEO、コナミスポーツ、TAC、TAYA、TSUTAYA、TBC、ヘアメイクアッシュ、ベネッセ、ミュゼプラチナム ポイントアップするショップは、登録後3ヵ月間は変更ができません。登録当日の利用分からポイントアップの対象となります。 国内・海外の空港ラウンジを無料可能 自動付帯の海外旅行傷害保険(傷害治療費用・疾病治療費用は最高300万円) Visaゴールド国際線クローク(一時預かり) Visaゴールド空港宅配 海外カード紛失のときの緊急カード発行が無料 Visa海外モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス VisaゴールドOZmallビューティプロモーション(期間限定) Visaゴールド京都駅キャリーサービス Visaゴールド 靴・革製品リペア&クリーニングサービス Visaゴールドライフサポート~ベネフィット・ステーション モラエル~ マルコとマルオの7日間ではマルイが10%OFF エポスバーチャルカード クレジットカードのように実物があるカードではなく、データ上の決済VISAカードです。 エポスバーチャルカードを使うと、本体のエポスゴールドカードとは別の番号でインターネットで決済できます。 もちろんポイントはエポスゴールドカード同様に付与されます。 エポスプラチナカード 年収等の審査基準は厳しくなく、エポスゴールドカードを保有したうえで年100万円以上の決済を続ければインビテーションが来ます。 年会費 20,000円(税込) 年間100万円以上利用で2万円分のボーナスポイント 携帯料金(NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)のカード支払いで1,000ポイント ショッピング10万円以上利用で3,000ポイント、3万円以上10万円未満の場合は1,000円分、1万円以上3万円未満の場合は500円

SBIゴールドカード

リーズナブルな年会費ですが充実した保険・お得な付帯サービスがある「SBIゴールドカード」があります。 本会員年会費 初年度3,240円(税込) 初年度の年会費無料のキャンペーンあり 2年目以降年会費 5,400円(税込) 「年間30万円以上のショッピング利用」で次年が3,240円(税込) ファミリーアカウント会員(家族会員)は、1枚目無料、2枚目以降 1枚あたり2,160円(税込)家族カードは最大5枚まで 国際ブランドはMasterCard ポイント還元率最大1.2% 海外旅行傷害保険、傷害治療保険金・疾病治療保険金(医療費)最高500万円 国内旅行傷害保険、ショッピング保険も付帯しています。 MasterCardゴールドトラベルサービスが利用可能、国内高級ホテル・高級旅館、国内ゴルフ場、海外ホテル・航空券、空港クローク、国際線手荷物宅配、ホテルスパなどさまざまなサービスを優待価格で利用可能。 ドル決済サービスも利用可能 引落口座を含め、提携金融機関(8銀行)の中から、最大5つの銀行口座を設定できる「マルチバンク機能」

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

年会費 1,950円(税込) ポイントがiD・QUICPay利用時は1.5% ネット通販の主要サイト 還元率2.5%以上 入会から半年間 ポイント還元率が+1% 一般加盟店で2%、オリコモール経由でネット通販 3.5%以上 福利厚生サービス「クラブオフ」とオリコが提供する「Orico Club Off」が利用可能 MasterCardワールドワイドが提供する提供MasterCardゴールドカード会員向け優待サービス利用可能 国内高級ホテル・高級旅館: 全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館約900施設 国内ゴルフ: 全国約1900コースのゴルフ場手配ができます 約150コースの優待価格ゴルフ場(500円~1,000円OFF) 海外ホテル・航空券: 海外ホテル「7%OFF」 ホテル+航空券「2,500円OFF」 空港クローク優待サービス: 1着につき10%割引 海外用携帯電話・WIFIレンタルサービス: 海外WiFiルーター:通信料15%OFF 海外携帯電話:通信料15%OFF レンタル料金50%OFF 国際線手荷物宅配優待サービス: 帰国時のお手荷物を優待価格500円で宅配 ホテルスパ: 極上トリートメントで至福の厳選ホテルスパプラン

au WALLET ゴールドカード

年会費10,000円 毎年5,000円分の「au WALLET Market」のギフト券 「LUXA RESERVE」(ルクサ リザーブ) の無料利用 空港ラウンジサービスの無料利用(国内28ヶ所+ハワイ) 年間利用額に応じて最大3,500Pのボーナスポイント 充実の旅行傷害保険・ショッピング保険 レンタカー優待 一般の加盟店還元率1.0%

セディナゴールドカード

セディナゴールドカード 年会費は本人会員 6,480円(税込) 家族会員 1,080円(税込) 会員専用のサイト「セディナポイントモール」での購入時、ポイント3倍~21倍(1.5%~10.5%) 空港ラウンジも利用可能 毎月第2、第4日曜日にカードを利用すると、下記店舗で5%OFF マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・十字屋山形・棒二森屋・中合・三春屋が対象です。レジ精算時に早速5%OFF Premium Club Offがあり、飲食店、映画館、カラオケ、ショッピング、レンタカー、レジャー・SPA施設、スポーツクラブ、ガソリンスタンドなどで優待・割引 セディナゴールドカード ハローキティ(JCB・VISA・MasterCard) 「セディナメディカルコール」 最高300万円のショッピング保険、300万円の傷害治療・疾病治療保険(海外旅行) セディナゴールドカードを保有で、セディナプラチナカードのインビテーションあり。 セディナプラチナカードは、コンシェルジュ、空港ラウンジ、プライオリティパス、有名レストランのコース料理が1名無料、ホテル・旅館の優待、充実の保険などのメリットがあります。

三菱東京UFJ-VISA ゴールド

三菱東京UFJ銀行は「三菱東京UFJ-VISA ゴールド」「三菱東京UFJ-VISA ゴールド プレミアム」の2種類のゴールドカードを持っています。 身体情報を登録すると、預金者保護法に基づく補償に加え、キャッシュカード・通帳(証書)いずれについても盗難・紛失や偽造・変造による預金の不正使用被害が最高1億円まで補償されます。また身体認証による預金被害補償では、預金者保護法では補償されない窓口での通帳(証書)の盗難・偽造・変造による不正使用被害も補償の対象となります。 年会費本人会員 10,800円(税込) 家族会員1名 無料、2人目からは1名につき1,620円(税込) 年間利用額100万円以上で、翌年の年会費が無料 海外旅行保険 最高5,000万円(自動付帯) (家族特約:最高1,000万円) 国内旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯) ショッピングセイバー (1回の事故につき自己負担10,000円) 年間限度額300万円(利用付帯) 購入日よりその日を含めて90日間補償 空港ラウンジサービス ホームセキュリティ優遇サービス 円定期預金・住宅ローン金利の優遇(三菱東京UFJ 銀行の窓口) クレジットカード利用可能枠 0万~300万円 預金被害補償 最高1億円 1ヵ月間のクレジットカードのショッピング利用合計額1,000円ごとに三菱東京UFJポイントが1ポイント得られます。 還元率0.5%

イオンゴールドカード

イオンカードにはゴールドカードは「イオンゴールドカード」です。 イオンゴールドカード 年会費 無料 イオンでの5%OFF、ポイントアップデー、映画料金割引などのイオンカード特典に加え、ゴールドカード限定の特典 海外旅行傷害保険(最高3,000万円) 国内旅行傷害保険(最高3,000万円) ショッピング保険(年間300万円まで) イオンラウンジサービス 羽田空港エアポートラウンジサービス イオンゴールドカードは自分から申し込むことはできません。インビテーションを待つ必要あり。 イオンゴールドカードのインビテーションが届くのは、イオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)の5枚です。 G.Gマーク付きのイオンカード(WAON一体型)・イオンカードセレクトにも、イオンゴールドカードのインビテーションが届きます。55歳以上のイオンゴールドカード会員には、毎月15日の「G.G感謝デー」(5%OFF)が適用されます。

NTTグループカードゴールド

「NTTグループカード ゴールド」というNTTが発行しているゴールドカードがあります。 年会費 5,400円(税込) 年間ショッピング利用額100万円以上の場合、次年度年会費が無料 家族カード年会費 1人あたり1,620円(税込)。本会員が入会初年度の場合は、家族会員の初回年会費は無料です。 年間ショッピング利用額150万円以上の場合、家族カード1枚分の次年度年会費が無料 NTTグループの通信費が15,000円以上の場合、カードの還元率が1.13~1.5% 出光サービスステーションでガソリンの給油などをNTTグループカードで利用すると、ガソリン代が2円/L〜最大40円/L、軽油が1円/L〜最大 20円/L割引 充実した国内・海外旅行傷害保険、ショッピング保険、空港ラウンジ、海外アシスタンス、国際線手荷物宅配優待、クラブオフ(レストラン・ホテル等の優待)、債務免除制度

dカード GOLD

Dドコモが発行しているゴールドカードは「dカード GOLD」といいます。 年会費は本人カード 10,800円(税込) 家族カード 1人目は無料、2人目以降 1,080円(税込) dカード GOLD カード還元率 1% 月々のドコモ・ドコモ光の利用料金のポイント還元率が10%にアップ ローソン3%割引 最大10万円のケータイ補償

楽天プレミアムカード/ゴールドカード

楽天プレミアムカードは年会費が1年目からしっかりかかってしまいますが、入会ポイントがそれ以上にお得なので、実質無料で1年間利用なります。楽天市場でポイント優遇、ガソリンスタンドの給油でお得、レストランでの支払いにお得、海外旅行時のラウンジ利用でお得と、サービスに優れるカードです。

楽天カードには上位カードの「楽天プレミアムカード」があります。 年会費 10,800円(税込) 家族会員年会費 5,400円(税込) 還元率は1% モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでもポイントがあります。 JCB:nanaco、MasterCard:au WALLETチャージでポイントが付与 世界950カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス無料 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジ無料 楽天プレミアムカードトラベルデスク 誕生月は楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント3倍 海外旅行傷害保険(最高5,000万円) 国内旅行傷害保険(最高5,000万円) ショッピング保険(年間300万円まで) Hertzレンタカー割引 この他、3つの優待コース(トラベルコース・楽天市場コース・エンタメコース)が用意されており、そこから一つを選ぶことができます。 トラベルコースは、海外旅行の手荷物宅配サービスが年2回受けられます。 楽天トラベルで+1%ポイントアップ、国内宿泊の優待 楽天市場コースは、毎週火曜日・木曜日が「プレミアムカードデー」となり、その日は楽天市場で+1%ポイントアップとなります。また、指定されたキャンペーンで+1%のポイント加算があります。 エンタメコースでは、楽天SHOWTIME、楽天ブックスで+1%のポイントが受けられます。 楽天プレミアムカードに、楽天Edyに加えて楽天ポイントカードの機能が搭載 楽天ポイントカード機能付き楽天プレミアムカード サークルKサンクス、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、大丸・松坂屋、プロント、出光などリアル店舗で、楽天スーパーポイントを貯めて使えます。 クレジットカード、共通ポイント、電子マネーが1つのカードで使えます。 楽天プレミアムカードは10,800円でプライオリティ・パスが無料で加入ができます。 楽天プレミアムカードを保有すると、楽天ブラックカードのインビテーションが届く可能性があり。 楽天ブラックカード 利用限度額は200万円であり、楽天プレミアムカードと同様に日本国内28カ所の空港、ホノルル国際空港と仁川国際空港のラウンジを利用できます。

JCBゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドを保有して、2年連続でショッピングを100万円以上利用すると、「JCB GOLD THE PREMIER」(JCBゴールド ザ・プレミア)のインビテーションが届きます。 JCBゴールド ザ・プレミア JCBゴールド ザ・プレミアは、世界約120の国や地域、約400の都市で900ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスを無料で発行できます。 搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できます。そして1日に2回以上ラウンジを利用することも可能です。通常の年会費は399米ドルであるプレステージ会員が無料 プライオリティ・パス プライオリティ・パスで利用できるラウンジには飲み物や軽食・スナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。 本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジは、アルコール飲み放題、食事が充実、シャワー室があるなど内容が優れています。プライオリティ・パスを保有していると、手荷物検査後にあるVIPラウンジを利用可能 JCBプレミアムステイプラン JCBの上級カード向けのトラベル特典として「JCBプレミアムステイプラン」があり、JCBプレミアムステイプランで秀逸なホテル・旅館にお得に泊まれます。 JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドと全く同じ年会費でプライオリティ・パスを使えるコストパフォーマンスに優れたゴールドカードです。 JCB THE CLASS 年会費は54,000円(税込)です。家族会員の家族カードは8枚まで発行できて年会費は全て無料です。8名無料 JCB THE CLASSの主なメリット 24時間対応コンシェルジュサービス プライオリティ・パス 東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジ メンバーズセレクション(年1回のプレゼント) グルメ・ベネフィット(高級レストラン2名以上利用で1名無料) ダイニング30(飲食店で合計代金・コース料理が30%OFF) USJのJCBラウンジ JCBのグルメ・ベネフィット グルメ・ベネフィットは充実の店舗・コンシェルジュの対応が魅力大!JCB ザ・クラス、プラチナカードで利用可能 メンバーズセレクションでは、ディズニーリゾートのパスポート4枚分もしくは東京ディズニーランドのペアランチお食事券とパスポート(2枚組)と交換可能。

JCBゴールド

日本国内での知名度が高く、とにかくゴールドカードらしいゴールドカードが欲しいならJCBゴールドのゴールドカードもおすすめ。正直、尖った部分があまりない「無難なゴールドカード」ではあるものの、だからこそ魅力に感じる方も多いはずです。 また、JCBゴールドカードを利用していくとJCBのブラックカードであるJCB THE CLASSの入手が出来る可能性も。こちらは東京ディズニーリゾートやUSJなどのアトラクションが優先搭乗できるなどの魅力があるカードなので、多くの方が憧れるブラックカードになっていますよ。

1982年に発行された33年の歴史を誇るカードで日本企業であるJCBが発行しているゴールドカードです。JCB ORIGINAL SERIESのプロパー・ゴールドカードです。 JCBカードのデザイン カードの地紋は 「和」を感じさせる文様を採用し、カード中央のシンボルマークは、日本の伝統的な「家紋」 を組紐風にしたデザインです、シンボルマークには、「ネットワークの信頼性」、「しっかり結ばれたお客様との縁」という意味があります。 初年度 無料、年会費は10,800円(税込) 家族カードの年会費 1人目 無料、2人目からは1名あたり1,080円(税込) 家族カードでの利用分は家族会員名義の口座から引き落とす「利用者支払い型家族カード」 3,240円(税込) カードの還元率は以下のとおりです。 前年30万円未満:0.5% 前年30万円以上利用: 0.55% 前年50万円以上利用: 0.6% 前年100万円以上利用:0.75% 前年300万円以上利用:0.8% 「JCB ORIGINAL SERIESパートナー店」はボーナスポイントがついて高還元となります。代表的な店舗は以下のとおりです。 イトーヨーカドー:ポイント3倍(1.5%) セブン-イレブン:ポイント3倍(1.5%) Amazon.co.jp:ポイント3倍(1.5%) スターバックスコーヒー:ポイント5倍(2.5%) 昭和シェル石油:ポイント2倍(1.0%) エッソ・モービル・ゼネラスSS:ポイント2倍(1.0%) カッコ内の還元率は、カードの還元率が0.5%の場合の数字です。年間の利用金額に応じてアップします。 セブン-イレブン これらの店舗をよく使う場合は、JCBゴールドは高還元カードに昇華します。イトーヨーカドー、セブン-イレブン、Amazon、スターバックスはよく利用している方が多いでしょう。 無料で24時間365日、医療・健康・介護・育児などについて、医師・看護師に無料電話相談が可能な「ドクターダイレクト24」 空港ラウンジサービス(国内28空港・ホノルル空港)、JCBトラベル利用時の「手荷物無料宅配券サービス」、東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典、JCB GOLDグルメ優待サービスなど特典が充実しています。 JCBゴールド会員専用の通話料無料の「ゴールドデスク」 税務・年金・資産運用について、電話相談が可能な「JCB暮らしのお金相談ダイヤル」も無料、希望により、税理士・ファイナンシャルプランナーに直接お電話で相談することも可能。 痰などの検体を郵送するだけで専門家のアドバイスや病院の紹介が受けられる「健康チェックサービス」、人間ドック受診料優待の「人間ドックサービス」。 海外旅行保険は最高1億円 国内旅行傷害保険も自動付帯であり、国内航空機遅延保険、ショッピング保険

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの年会費は、初年度は本会員・家族会員(1人目)のいずれも無料です。ゴールドカードなのに初年度は年会費が無料というのは珍しいです。 2年目以降本会員 10,800円(税込) 家族会員1人目 無料、2人目以降 1,080円(税込) 三井住友VISAゴールドカードは年会費を安くすることができます。リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が半額になります。 他にも毎月のカードの利用明細を会員サイトで見る「Web明細サービス」にして、年間6回以上の請求があれば、本会員は1,080円(税込)の割引となります。 これらで年会費は4,320円(税込)まで下がり年会費がリーズナブルなゴールドカードといえます。 三井住友VISAゴールドカードで「マイ・ペイすリボ」を利用すると、リボ払い手数料の請求がある月は、ポイントが2倍になり、リボ払いの手数料が1円でも発生すれば、その月の利用代金のすべてがポイント2倍となります。例えば、とある月の利用額合計が60,500円だった場合、マイ・ペイすリボの金額を60,000円に設定すれば、リボ払いの手数料は500円の部分にしか発生しません。しかし60,500円の全額に対してポイントが増加するので、リボ払いの僅かな手数料よりも、得られるポイントの方が多いのでメリットがでます。ただし、利用額を把握して毎月ギリギリの金額になるように、マイ・ペイすリボの金額を変更しなくてはならないので手間になります。 手間を気にしないのであれば少額のリボ払いでポイントアップという方法で、三井住友VISAゴールドカードを高還元に引き上げることができます。この場合の還元率は以下のとおりです。 前年50万円以上利用: 1.1% 前年100万円以上利用:1.15% 前年300万円以上利用:1.3% 三井住友VISAゴールドカードには、「ドクターコール24」が付帯しています。 ドクターコール24とは、無料で24時間365日、医師に電話で相談ができるサービスです。緊急時には役に立ちます。 その他、空港ラウンジ、充実した海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・ショッピング保険など特典が充実しています。 「三井住友VISAプライムゴールドカード」 20代でゴールドカードを保有する場合はお得なカードです。 三井住友VISAゴールドカードとは、ポイントの有効期限が1年短い点、会員誌「VISA」の無料購読、ショッピング枠の違いのみです。 年会費は1,620円まで下げられますのでリーズナブルです。

お得にカードを選ぼう

カードを持つときに何も考えずに選ぶより優待や年会費などをきちんと考えた上でどこのカードにするか選びましょう。

関連タグ

アクセスランキング