IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストレス耐性とは?低い人の原因と改善方法・高める方法

ライフスタイル

あなたのストレス耐性は高いですか?ほとんどの方がストレスに強いメンタルを持ち、ビジネス環境やライフスタイルを円滑にさせたいと願うものです。今回はビジネスシーンでも耳にすることのあるストレス耐性の詳細や、ストレスと上手く付き合う方法についてご説明します!

更新日時:

ビジネスシーンに必要不可欠なストレス耐性

仕事や人間関係においてストレスを感じることは誰もが避けて通りたいものですが、ストレスに負けない強いメンタルを育みたい、そう考える方も少なくありません。近年よく耳にすることの多い「ストレス耐性(英訳:stress tolerance)」とは、文字通りストレスに耐える強さを意味しています。 ストレス耐性が強い人ほど、日常生活や職場において起こりうる様々な問題への解決力が優れています。現代社会を生き抜く上で、ストレス耐性の強さはビジネススキルの高さと比例すると言っても過言ではないでしょう。 しかしその耐性は各々の性格や環境にも左右されると言われており、個人差があるようです。今回はストレス耐性がビジネスシーンにフォーカスされる理由や、その重要性について紐解いていきます。

現代社会にストレス耐性が求められる理由とは

社内で勝手な行動を取る人間が、場の雰囲気を壊しているケースはよくあること。あまりにも無気力で仕事を滞らせたり、感情的に怒鳴ったり泣いたりするその様は見ていて気持ちの良いものではありませんよね。実はストレス耐性の低さから自分の感情をコントロールできない人間は、周囲に嫌われるだけではなく社会生活からも見放される傾向にあるのです。

ストレス耐性の高さが社会生活を円滑にする

ストレスに耐えられないメンタルとストレス耐性の低さはイコールです。ストレスが引き起こす精神疾患にはうつ病や無気力感などが挙げられますが、うつ病に悩まされる社員が休職や退職などを余儀なくされるケースがあり、社内のモチベーション低下に繋がることも多々あります。 このようなメンタルダウンが深刻化すると、自殺や軽犯罪を引き起こすリスクが高まり様々な場面で悪影響を及ぼしてしまいます。社会生活やビジネス環境を円滑にするためにも、各々がストレス耐性を高めることが必要不可欠です。これは現代社会に求められるビジネススキルと言っても良いでしょう。

人材採用が求めるストレス耐性

ストレス耐性は人材採用の場面においても重要視されています。社会情勢の悪化が続く昨今、厳しい環境の中でも耐える力がある人材を求める企業がほとんどです。ストレス耐性の高いメンバーを揃える事が組織の強化に繋がるという考えがあるからでしょう。 面接時のストレス耐性の判断基準はさまざまです。圧迫面接を施すことはよく聞く話ですが、姿勢が悪くないか、口を開けて人の話を聞いていないかなどのふとした行動パターンをチェックしています。なかには男性で極端な内股はNGなど、見た目でストレス耐性を判断する企業もあるようです。

ストレス耐性が低い人の特徴とは

面接時の行動パターン以外にも、思考パターンでストレス耐性をチェックする方法があります。これから説明する傾向や特徴のなかで当てはまる箇所があれば、ストレス耐性の低さを疑った方が良いかもしれません。

悩みを引きずる

ストレス耐性が低い人の特徴のひとつとして、気持ちの切り替えの遅さが挙げられます。例えるならば仕事上のちょっとしたトラブルをいつまでも悩み続け、他の仕事が手に付かなかったり、家にまでその悩みを持ち帰ってしまう人のことを指します。 仕事とプライベートのスイッチが切り替わらないので、最悪の場合眠るまで辛い精神状態を引きずりがちです。こういった傾向に当てはまる方は自分なりの気分転換を見つけることが必要です。映画を見たり音楽を聴いたり、ちょっとしたことでも構いません。悩みの思考ループから意識をそらすことが何よりも大切なのです。

自分に厳しい

自分に厳しくしてしまう人も、ストレス耐性が低い傾向にあります。これは真面目過ぎる性格が災いしており、目の前にある問題を完璧に解決できない場合強い憤りを感じてしまうからです。思い通りの結果だけを求め誰かに頼ることを避けるので、気付けば他人にまで厳しくしてしまい反感を買ってしまうことも少なくありません。 厳格さや真面目さは使い方を誤ると融通の利かない人だというレッテルを貼られてしまいます。この特徴に該当する方は他人に頼ることを意識し、「これくらいでいいか」と自分に優しくしてあげましょう。時には自分を許し、心に余裕を持つことがストレスを軽減させるカギになります。

逃げ癖がある

物事を途中で投げ出したり、仕事が続かない人も要注意。例えば仕事上で苦手な同僚や上司との間に、何らかのトラブルがありストレスを抱えてしまったとします。本来であれば仕事を円滑に進めるために相手側と向かい合うべきですが、ストレス耐性の低い人は苦手だと思う人物から逃げようとします。ひどい場合仕事を放り出したり、自ら退職して周囲に迷惑をかけてしまうのです。 仕事が関わっている限り逃げるに逃げれないのが人間関係。この特徴に当てはまる方は自分や周囲を客観的に見る必要があります。同僚や上司は人間関係よりも仕事を優先して行動や発言をしている場合がほとんどです。相手側のちょっとした発言を独りよがりに考え、実は取り越し苦労だったというケースも多々あります。苦手な人物から逃げ出さず、流れに身を任せつつ仕事上の問題を解決することに意識を向けましょう。

人に合わせる

周囲と足並みを揃えることは大切なことです。仕事上では特に重要視される場面でもあるでしょう。しかし、「人に合わせる」といった行動が過度になってしまうと、かえってストレス耐性を下げてしまうことがあります。これは人に合わせ過ぎて疲れてしまったり、マイペースになれない自分にストレスを感じていることが原因です。 また日本のビジネスシーンにおいて、「マイペース」という言葉はあまり良い意味でとられることが少ないのが現状です。皆自由に行動したいのが本望ですが、仕事が関わると制約されることもたくさんありますよね。 このストレスはプライベートであれば発散できるので、休日くらいは人に合わせる性格を封印しましょう。時にはマイペースになって自分の行動に自信を持つことは、精神衛生上の健康を保つ為にも必要不可欠なのです。

ストレス耐性が低くなるのは原因がある

頭でわかっていてもどうしてもストレスに負けてしまい、自分を責めてしまう方も少なくありません。しかし、その負の思い癖は本当に自分のせいでしょうか?ストレス耐性の低い思考パターンに陥ってしまう原因は、これまでの自分の生き方にヒントが隠されています。原因がわかれば解決の糸口も見つかるはずです。ここからはストレス耐性が低くなる根本的な原因について多角的にご説明します。

不規則な生活習慣

心と体は繋がっているとよく聞きますが、まさにその通りです。不規則な生活習慣は自律神経を乱してしまい、ストレス耐性が低くなる原因になります。特に食生活においてお酒を飲みすぎたり、カップ麺ばかり口にしてる人は注意が必要です。お米などの炭水化物や肉や魚などの良質なタンパク質、ビタミンが豊富な野菜をバランス良く取り入れると自律神経が整い、免疫力もアップします。 また睡眠時間が短かったり、良質な睡眠を摂れないことも自律神経に悪影響です。ぐっすり睡眠を摂ることは肯定的な思考パターンを生み出すと言われています。夜型生活を改め、眠る前は体を温めたりアロマを利用するなどリラックスして眠りにつくことを心がけてください。

家庭環境

家庭環境がストレス耐性に影響することがあります。社会人になる前の遠い記憶を呼び起こしてみてください。あなたの両親は「失敗」に関して寛大でしたか?学校のテストなどで低い点数を取り失敗した際、一方的に「おまえが悪い」、「お前はダメな奴だ」などと言われると、自分を責めたり失敗することを恐れる意識が芽生えてしまいます。 子供ながらにプレッシャーを感じてしまい、大人になってからの考え方や捉え方に深い影を落としてしまうのです。親を責めてしまいそうですが、恐らく本人らも同じような辛い家庭環境で育っており被害者であるとも言えます。そう考えると何となく親を許せる気持ちになりませんか? 幼少期のトラウマから解放されるには、育った家庭環境を許すこと、完璧な人間はいないということ、失敗から学ぶこともあるということを理解する必要があります。失敗を恐れないメンタルをつくることが、強いストレス耐性を育むことに繋がるのです。

遺伝子にも原因が

日本の企業はもっとメンタルヘルスケアに力を入れるべきと言えます。なぜなら日本人の97%は不安を感じやすい遺伝子を持っているという研究結果があるからです。 心の安定を促す脳内物質「セロトニン」を調整する「セレトニントランスポーター」の強度はLL型(不安を感じにくい)、SL型(ふつう)、SS型(不安を感じやすい)に分類されますが、日本人でLL型を持つ遺伝子は僅か3%しかおらず、全体的にSS型が多いとのデータが残されています。 日本はうつ病患者が多いと言われるのも、こういった遺伝子レベルでの原因があることを忘れてはなりません。私たち一人一人のメンタルが繊細であることを自覚し、思いやりや配慮の気持ちを持つ事が大切です。

真逆!ストレス耐性が高い人の特徴とは

ここまで、ストレス耐性が低いと社会生活において生き辛くなることを述べてきました。自分自身に当てはまる箇所があった方は、ストレス耐性の高い人がどんな特徴を持つのか薄々気付いているのではないでしょうか? あなたの周囲にもいるような、バリバリと仕事をこなしている人間が良いお手本です。予想通りの特徴をいくつかピックアップしますが、注目すべきはその思考パターンにあります。

スルースキルが高い

スルースキルも近年よく聞くキーワードですが、ストレス耐性が高い人ほどこのスキルを兼ね備えています。何か嫌なことがあったり言われたりしても、「これは自分が成長するための必要なプロセスである」とポジティブに考えます。すぐに気持ちを切り換えることができるので、悩みを引きずることがありません。 この思考パターンはその人の性格が楽観的であることに起因しています。ストレス耐性が低い人にありがちな完璧主義な傾向も少なく、「まあいいかと」開き直ることができるのです。また、バイタリティーに富んでいる人もさまざまな問題や環境の変化に対応できるので、スルースキルが高い傾向にあると言えます。

集中力があり気分が散漫にならない

集中力と仕事の能率はイコールです。そしてストレス耐性が高い人ほど仕事への集中力があります。雑念が無く今何をやるべきかを判断することができるので、注意散漫にならず仕事に集中することが可能なのです。 また、休憩時何も考えずに睡眠を取れる人は、集中力も高い傾向にあると言えるでしょう。脳内の雑念を眠ることで消し去れば、休憩後の仕事に対する集中力もアップします。ある意味瞑想に近い境地かもしれませんが、頭を空っぽにする時間を作ることは仕事の能率にも良い影響を与えるのです。

コミュニケーションスキルが高い

コミュニケーションスキルがある人もストレス耐性が高いと言えるでしょう。仕事とはまた別の趣味仲間が多かったり、学生の頃の友人を大切にする人は総じて協調性に長けている傾向があります。こいいったタイプは自然とビジネス環境でもでチームワークを大切にすることができるのです。 敵を作る事が自分のためにならないと言うことを理解しており、困っている人に対し積極的に助け舟を出して協力しようとします。同じく自分自身が困難に直面した時にも、我慢せずに助けて欲しい旨を相手に伝えられるので、正直で思いやりのある性格だと周囲からの評価を得ることができます。 自ら人間関係を円滑にすることで、ストレスを作る状況を未然に防いでいるのです。

問題に立ち向かうことができる

ストレス耐性が高い人は、物事の捉え方や考え方が肯定的です。辛い問題に直面したとしても、正面から立ち向かい乗り越えようとします。ストレス耐性の低い人が失敗を極度に恐れるのに対し、持ち前のスルースキルと未来への成功ビジョンを武器にして、問題解決への最善の方法を実践していくのです。 最善の方法と言っても、時に選択を間違え失敗することもあるでしょう。しかし失敗を糧にし成功へ導いていくことが、自分自身の成長に繋がるということを理解しています。広い視野とポジティブさが、ストレス耐性が高い人の最大の強みなのです。

今からできるストレス耐性の高め方

スルースキルが高く、勇気がありポジティブ。そんなヒーローのような人間にはなれないと思っていませんか?心配御無用、ストレス耐性は今からでも少しずつ高めることができます。時としてストレスは、あなたのメンタルの成長を育む促進剤となるケースもあるのです。 そしてストレス耐性の高い人ほど、ストレスと上手に付き合っています。まずは自分自身を理解し、ストレスに対する考え方を変えてみることから始めてみましょう。

ストレスを自覚する

自分のメンタルを点検することが、ストレス耐性を高める第一歩になります。辛い思いを溜め込んで心や体に精神的な不調が表れる人ほど、自身がストレスを受けていることに気付いていません。日々の忙しさでストレスを感じている余裕がなく、自分の気持ちを無視し続けている状態は後々の精神状態を悪化させ、心の病気に繋がる恐れがあります。 しかもうつなどの症状は1回でも発症してしまうと、健康的なメンタルに戻すことが難しいと言われています。そうなる前に自分がストレスを感じていることを自覚することが大切です。ストレスになっている原因がわかるうちに対処してしまえば、辛い精神状態を未然に防ぐことができます。 身体が緊張していたり、呼吸が浅くなっていませんか?葛藤やプレッシャーを感じていますか?ストレスを感じているとしたらその根本的な原因がわかりますか?自分自身の精神状態を常にチェックしましょう。ストレスを受けているのであれば息抜きをし、自分に優しくしてあげてください。

ストレスを過度に嫌がらない

ストレスそのものは、悪い作用だけを及ぼすものではありません。なぜならストレスは捉え方次第でプラスにもマイナスにもなるからです。例えば太めの容姿にコンプレックスを持つ人が、本人は醜いなどとネガティブに捉えていたとします。 しかし周囲の人間は温かみがあり話しかけやすい、マスコットみたいで愛嬌があるなどとプラスに捉えているケースがあります。これは逆もしかりで、痩せていることは否定的に見ればギスギスしている、不健康そうというイメージがありますよね。しかし別の意味ではスマートでファッショナブルと肯定的に捉えられることもあるのです。 コンプレックスの話になりましたが、これはストレスへの捉え方も同じことだと言えるでしょう。上司からの小言にストレスを感じていても、「言われるうちが花」という言葉があります。仕事ぶりを期待されていると思えば、上司への苦手意識も薄れるのではないでしょうか? あなたが感じるストレスは一見邪魔なように見えて、実は自分の成長を促す最高のツールかもしれないのです。ストレスを過小評価するのではなくプラスに捉えることができれば、ストレス耐性へも良い影響を与えることができるでしょう。

「思考」のスペシャリストから学ぶ

図書館や書店へ足を運んでみましょう。物事の考え方、即ち「思考」のスペシャリストから学ぶこともストレス耐性を高めるきっかけになります。さまざまな研究の分野で活躍している人やビジネスで成功している人、できれば「超」がつくほどの一流の人間の書物を読んでみてください。 また、自己啓発の第一人者の講座やセミナーを受講するのも良いでしょう。一流の人間は思考パターンも一流です。常人では考えられないような発想や物事への捉え方に良い刺激を受けることで、ストレス耐性にもプラスの変化が表れるはずです。

趣味を見つける

苦手な上司に怒鳴られたりすると、だいたいの人は萎縮してしまったりその時の辛い思いが頭に残ってしまうのではないでしょうか。忘れたくても忘れられない、そんな時は趣味に没頭できる時間を持ちましょう。 ストレス耐性の低い人は趣味を持たない傾向にあるので、休日はついつい仕事上のトラブルを思い起こしがちになります。辛い思いを忘れるために趣味を見つけて夢中になれば、プライベートにまで余計なストレスを持ち込まずに済みます。 できれば達成感を味わえるような趣味が良いでしょう。楽器が好きな人はギターのテクニックに磨きをかけたり、野球に興味があれば学生の頃の仲間を集め野球チームを作るなどして、会社では味わえない達成感を十分に満喫してください。

他人はコントロールできないことを理解する

ふとした他人の行動や癖が気になって、イライラしてしまったことはありませんか?同僚がデリカシーのない発言をしたり、デスクで貧乏ゆすりをしたりなど、人の癖は数え上げればきりがありません。しかし他人の動作に反応して感情的になるのは、ストレスに繋がることがあります。 なぜイライラしてしまうかと言うと、相手の動作をやめさせたい、即ちコントロールしたいという意識がはたらいているからです。そして悲しいことに、人をコントロールすることは天気をコントロールするのと同じくらい難しいことなのです。 パワハラやセクハラは別として、自分の仕事に支障がないと感じたら、他人の行動を気にして感情的になるのはやめましょう。ストレス耐性を高めるには、「そんな人なんだ」と寛容になることも大切です。

状況によっては環境を変えることも必要

近年、うつ病などの精神疾患に悩まされている方は増加傾向にあります。もしもあなたが職場のストレスが原因で命の危険を伴うくらいまで苦しんでいたとしたら、今の環境から脱する、場合によっては転職することを強く薦めたいです。 なぜなら仕事は転職という意味でもやり直しができますが、自分の命はひとつだけ。やり直しをすることは不可能だからです。ここからは苦しい環境を変える勇気を持つ重要性や、ストレス耐性が低い人でもできる職種を紹介します。

辞職することは悪ではない

本人のストレス耐性とは無関係に、パワーハラスメントが横行するような劣悪な会社で我慢を強いられているようであれば、お近くの労働局の相談窓口を利用し、休職や辞職の意志を伝える勇気を持つ事が必要です。 会社側は辞職することを無責任と捉え圧力をかけるかもしれませんが、パワーハラスメントを容認したこと自体が無責任なのです。場合によっては法律問題に発展するかもしれませんが、身の危険や人権を保護するためにこういった相談窓口は存在しています。 親しい人にも相談できず恐怖心に支配された状況下にある方は、心の安泰を求める初めの一歩を踏み出してみてください。辞職することは悪ではありません。

ストレス耐性が低い人でもできる職種とは

ストレス耐性が高い人の方が社会生活を快適に過ごせることを述べましたが、劣悪な職場環境で心に傷を負った方は無理にストレス耐性を高める必要はありません。ストレス耐性が低くてもできる職種に目を向け、その環境下で少しずつ自尊心やストレス耐性を高めることが大切です。 例えば営業経験がある方は、ノルマなどに追われてストレスに悩まされたことがあるかと思います。この職種と相反するのが事務職などのルーティンワーク。長時間の残業も少なく、無理なく自分のペースでスキルを身につけることができるので、ストレスの少ない職種と言えます。 次におすすめしたいのが工場勤務です。車の部品の製造など、一般的にモノづくりと呼ばれる職種は人間関係のトラブルが少ない傾向にあります。一つの作業に没頭することができるので、無心に仕事に取り組みたい人にはうってつけの職種です。また製品ができあがった時の達成感も味わえるので、少しずつストレス耐性を高めることにも繋がるでしょう。

強いストレス耐性を備えれば生きやすくなる

今回はストレスに強い人間が現代社会に求められる理由や、ストレス耐性を高めるためのポイントをご紹介させて頂きました。ストレスに負けないメンタルをつくるには、偏った生活習慣や考え方を見直すことが大切です。 すぐに思考パターンを変えることはできませんが、趣味を見つけるなど自分にやれることからチャレンジすることで、ストレス耐性は着実に高くなっていきます。時間が掛かってもかまいません。勉強や仕事と同じく、メンタルの矯正は努力することの積み重ねが必要なのです。 そして現在著しくメンタルダウンしている方は、ストレス耐性を高める前の準備運動をしましょう。まずはしっかり休息し健康な精神状態を取り戻してください。各々に合ったストレス耐性の高め方を実践し、ストレスに強いメンタルを育みましょう!

自分に適したストレス度合の場所で働こう。

ストレスは、かけすぎるのも悪いですが、 適度なプレッシャー・ストレスがかかることで良い効果を発揮できるものでもあります。 自分に適した場所で働き、自身の能力を最大限発揮しましょう。 しかし、自分の希望に沿った企業を探すことや、 そんな企業から内定をもらうことって、どのようにすればいいかわからず不安ですよね。 そんな時、就職先を一緒に探してくれたりアドバイスや練習に付き合ってくれるのが、転職エージェントです。 転職エージェントを使うと、就職の成功率もグンと上がりますよ。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング