IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事士試験の申し込み方法と試験時間|試験に必要な工具

初回公開日:2017年02月24日

更新日:2017年04月18日

記載されている内容は2017年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

電気工事士試験を実際に受験した経験から、試験申し込み方法、試験時間、試験に必要な工具、試験難易度、試験問題例、実技試験に関する事項を簡潔に記述し、電気工事士受験候補者への簡単な試験に向かうための指針を難易度も含め示します。

電気工事士試験の概要

※電気工事士には第二種と第一種が存在しますが、ここでは、主に第二種電気工事士について解説します。

電気工事士とは

 電気工事士とは、簡単に言うと電気配線や電気機器の取り付けに必要な国家資格です。 大きく分けて、第一種電気工事士(交流600V超の高圧電気工事取り扱い可能)と、第二種電気工事士(主として600V以下の電気工事取り扱い可能)に大別されます。  電気工事士は都道府県知事が発行する、独占業務資格であり、基本的にはこの電気工事士国家資格を保有・携帯しない者は電気工事ができません。

試験費用

 第二種電気工事士の試験費用は  ● インターネット申し込み 9300円  ● 郵便局申し込み 9600円

電気工事士試験の申込方法

 電気工事士試験の申込方法は、大別して、1・郵送による方法 2・インターネットによる申し込み方法の2通りがあります。  1・郵送による方法では、電力会社にて配布または、インターネットにてダウンロード可能な所定の電気工事士受験票に、必要事項を記入した後、所定の受験費用を持って、ゆうちょ銀行にて窓口手続きを実施します。受験日1か月前ほどになると、受験票が送られてくるので、それを持って、所定の受験地にて電気工事士試験を受験します。  2・インターネットによる申し込み方法では、インターネット上の所定のフォーム内に必要事項を入力した後に、クレジットカードにて受験費用の支払いをします。こちらも、受験日1か月前ほどになると、受験票が送られてくるので、所定の受験地にて電気工事士試験を受験します。  なお、受験費用はインターネットのほうが若干安いので、クレジットカード決済が不安でない人は、こちらのが若干の節約になります。

試験時間

 試験時間であるが、第二種電気工事士の試験は 1.筆記試験 および 2.技能試験 とに分かれ、別々の日程で各々実施されます。  1.筆記試験 であるが、試験時間は2時間となります。  2.技能試験であるが、試験時間は40分となります。  基本的には、開始時間の15分前までに試験会場に着席していることが望ましく、遅刻の場合は、試験に受験できないと考えておいた方が良いです。

試験に必要な工具

 試験に必要な工具は以下となります。  ● ペンチ  ●ドライバ(プラス、マイナス)  ●ナイフ  ●スケール  ●ウォータポンププライヤ  ●リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)  ここで注意した方が良いのが、上記工具類は、技能試験にて使用するものでありますが、技能試験は時間指定があり、所定の時間内にて作業を完了させないと不合格になります。従って、品質のしっかりとした物を利用するのが望ましく、所持していない者は、試験用の工具セットが販売しているので、そのような、予め試験用としてある工具を使用した方が無難であります。

試験難易度

 試験難易度は、人により異なります。 筆記試験の難易度については、他の国家試験と比べ簡単です。消防設備士甲種より難易度は平易であるが、乙種より難易度は高いと思われます。また、いわゆる法律系国家資格と比較すると、雲泥の差で難易度は平易です。  但し、第二種電気工事士試験には技能試験が存在します。こちらは、消防設備士の技能試験とは異なり、本当に電線を切ったり、接続したりする作業となります。電線を剥く際の長さや電線を接続する際の電線のまとめ方など、単に接続して電気機器に電源が入れば良いというものではないため、専門の試験対策や実務能力が必要とります。従って、普段電気工事に従事している者でも、試験対策としての講習等を事前に受講しておく方が合格率は高まると考えられます。これについては、一般的に難易度は平易ではないといわれております。

試験問題例

(例題1-難易度低)  金属管工事において、絶縁ブッシングを使用する主な目的は。  イ 金属管を造影剤に固定するため。  ロ 金属間相互を接続するため。  ハ 電線の被覆を損傷させないため。  二 電線の接続を容易にするため。 (例題2-難易度中) 単相100Vの屋内配線工事における絶縁電線相互間の接続で、不適切なものは。  イ 終端部を圧着接続するのにリングスリーブE形を使用した。  ロ 絶縁電線の絶縁物と同等以上の絶縁効力のあるもので十分被覆した。  ハ 電線の電気抵抗が10〔%〕増加した。  二 電線の引張強さが15〔%〕減少した。 (例題3-難易度低) 600Vビニル外装ケーブルを造営材の下面に沿って取り付ける場合、ケーブルの支持点間の距離の最大値[m]は。  イ 1.5  ロ 2  ハ 3  二 6 (例題4-難易度中) 三相三線式200V屋内配線を金属管工事で施工した。適切なものは。  イ 厚さ1mmの管をコンクリートに埋め込んだ。  ロ 金属管工事からがいし引き工事に移る部分の管の端口に絶縁ブッシングを使用した。  ハ 管の曲げ半径を管の内径の3倍にして曲げた。  二 乾燥した場所に管の長さが10mのものを敷設し、D種設置工事を省略した。 答え (例題1-難易度低) ハ (例題2-難易度中) ハ (例題3-難易度低) ロ (例題4-難易度中) ロ

実技試験(難易度 中)

 実技試験は、提供された配線図と配線器具類から、自らの手を動かして作成します。 スイッチへの配線取り付け、電球ソケットへの配線取り付け等ですが、規格により定められた方法による配線加工、取り付け方法を守らなければなりません。提供された配線図には、配線と器具しか記載されておりませんので、予め、予備校や試験対策書籍を利用して、練習しておくことが肝要です。

学習テクニックと難易度

 学習テクニックは、筆記試験に関しては、参考書を購入し、試験1か月前より、ひたすら暗記していくことです。幸い試験範囲が狭い試験のため、その時だけ詰め込んで覚えていれば合格は可能ですので、とにかく詰め込むに限ります。  実技に関しては、ある程度の工具の使い方などの熟練が必要なため、素養のある人が圧倒的に有利です。しかしながら、練習を積むことにより、どなたでも、合格レベルに達することは可能ですので、素養が無い方は予備校などでの、ある程度の出費を惜しまず一度の受験にて合格を目指した方が良いです。  一般的に言われるのは実技が得意な人のほうが難易度は低いです。

(参考)第一種電気工事士

 第一種電気工事士は、電気工事の実務に従事すること5年以上の者が、当該試験に合格することにより、取得する権利を得る資格です。第一種電気工事士は主任電気工事士にもなることができるため、事業場では必ず一人はおく必要があります。  また、別ルートで第一種電気工事士を取得する方法としては、電気主任技術者の資格を取得することです。これにより、第一種電気工事士の試験が完全に免除されるため、勉強が得意な者は、電気主任技術者を取得したほうが良いと思われます。しかしながら、通常「電顕三種」と呼ばれる、最も平易なランクの電気主任技術者の試験ですら、大変難しいとため言われるため、電気主任技術者に合格するためには、並大抵の気持ちでは挫折します。従って、電気主任技術者を取得し、第一種電気工事士の試験免除を希望する学習者は、それなりの、時間とお金を投資することが覚悟できる人のほうが良いと思います。  なお、電気主任技術者を取得したらかといって、即座に第一種電気工事士の免状が交付されるわけではありません。第一種電気工事士の取得には実務経験が必要なため、電気主任技術者経由で第一種電気工事士を習得する場合には、電気主任技術者合格後、認定電気工事従事者を取得し、実務を積んだ後、初めて申請・交付されることになります。注意するところは、電気主任技術者は基本的には電気工事はできないため、電気工事の実務経験を積むには、認定電気工事従事者を事前に取得することが肝要です。  最後のハードルは、実務経験の証明でありますが、もちろん自己申告のみではだめであります。これは、基本的には都道府県知事により、電気工事業者として承認された法人の証明を持って、初めて実務経験が証明されうるものであるため、そのような会社に勤務することが確実な取得方法です。 (都道府県により多少、免状交付申請の実務が異なるため、役所での申請関連で、正確な部分は免状取得を希望する住所地の都道府県担当課までお問い合わせください。)

関連タグ

アクセスランキング