IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

各転職方法メリット・デメリット(仕事を辞めてから/仕事をしながら)

転職ノウハウ

転職活動は大変ですよね、その中で転職には様々な方法があります。特に初めての転職の場合は不安が多いと思われます。今回は、転職をする際に、会社に所属しながらする方法、辞めてからする方法についてのメリットとデメリットを紹介いたします。

更新日時:

転職する際に辞めてからする? やりながらする?

転職活動をする際に 「仕事を辞めて活動する方法」と「仕事をやりながら活動する方法」があります。 この選択は就職活動に大きく影響しますので 今回は「仕事を辞めて活動する方法」と「仕事をやりながら活動する方法」のメリットとデメリットを紹介します。

転職活動をする際に仕事を辞めて活動する方法

メリット

・仕事をやっている頃に比べ時間のゆとりがあるため新しい会社の考察や下見、  面接の練習に時間を使うことができる。 ・仕事がないため、予定日にほぼ確実に行くことできる。 ・時間があるため、新しい資格などの取得ができる。 ・雇用保険をもらうことができる。

デメリット

・転職活動中に収入がないので貯金が必要。 ・不合格が続くと焦ったり、イライラする。 ・生活に不規則になる。 ・行きたい場所より少ししたの会社になってしまう可能性が高い。

転職活動を仕事を辞める方法を選ぶ場合は、 時間が増えていろいろな方法が使える代わりに転職活動中の一切収入源がないため、 時間がたつにつれてイライラしたり、焦ってしまいます。 なので仕事を辞める方法を選ぶ際は、転職活動を早めに終わらせるために 資格などを取ったりし、試験に受かりやすいようにしましょう。

転職活動を仕事をしながらする方法

メリット

・転職活動をする際も、収入が途切れない。 ・自分の行きたい会社に入れる可能性が高い。 ・失業をする心配がない。 ・現職に残ることもできる。

デメリット

・仕事があるため転職活動に時間を割けないときがある。 ・会社に内緒で転職活動しなければならない。 ・転職の方法などをあまり調べる時間がない。 ・面接日にいけない可能性がある。

転職活動を仕事をしながらする方法を選ぶ場合は、 時間がないため、時間管理をしっかりしなければいけません。 しかし収入が途切れないため、焦りやイライラすることがない。 時間がないからといってもしっかりと転職の方法を調べることが大事です。

転職方法のメリット デメリット

転職方法のメリット デメリット

転職活動する際にいろいろな方法があります。 例えば、ネットでサービスを利用したり友達に紹介してもらったりする方法があります。 いろいろな方法があります。 時間がない方にオススメできる方法や、 時間がありいろいろ行動ができる人にオススメできる方法もあります。 さまざまな方法の中で今回は3つ紹介します。 その転職方法のメリットデメリットを紹介します。

転職サイトを使う

メリット

・情報量がたくさんある。 ・スカウト機能があるため仕事をしながら転職活動ができる。 ・自分の理想から仕事を探すことができる。

デメリット

・ライバルが多いため厳しい。 ・面接授業や履歴書を見るなど、直接サポートがない。

転職サイトを使うのは時間がない人にオススメです。 また情報量が多いため特殊な仕事に入りたい人にもオススメです。 しかしライバルが多いことに注意しましょう!

友達などに紹介してもらう

メリット

・試験に受かる可能性が高くなる。 ・普段試験がやっていないところに入れる。

デメリット

・人脈がないとできない。

友達などに紹介してもらう方法は、今すぐほかの仕事に行きたい人にオススメです。 比較的受かりやすいので仕事を辞めてから転職活動するのもいいでしょう。

人材紹介会社を使う

メリット

・ライバルが少なく試験に受かりやすい。 ・面接練習えおしてくれたりする。

デメリット

・利用を断れる場合がある。 ・実際に移動し支店に訪れる必要がある

人材紹介会社を利用する方法は、お金に余裕がある人にオススメです。 しかし、確実ではないのですが、直接教えてもらえるので合格率が高いです。

まとめ

今回はさまざまな方法のメリット デメリットを紹介しました。 今回紹介した方法以外にもさまざまな方法があります。 なので転職する際は自分でしっかり調べた後自分にあった方法を選び行動する ことが大切です。 今回の中ではもし仕事をやりながら就職活動する際は、時間があまりないため 転職サイトを使いオファーをしてもらうなど選ぶことができます。 今の自分の会社に不満があったり様々な理由があると思います。 転職は大変だと思いますが、がんばりましょう!!

関連タグ

アクセスランキング