IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【看護師】男女別平均年収と新卒の年収相場|年齢と年収の推移

就活ノウハウ

看護師の平均年収はご存じですか?看護師と言えば医療関係の仕事なので年収が高いイメージです。年齢や専門分野で年収に差は出てくると想像できますが、最高で1,000万円稼ぐことは可能なのでしょうか。年齢や役職別での年収と看護師の仕事内容まで詳しく見てみましょう。

更新日時:

看護師という仕事

「白衣の天使」のイメージが強い看護師ですが、実際はどのような仕事をしているのでしょうか。 看護師の仕事は医者の補助が主な役割です。患者さんの病気やケガの治療のお世話をします。 患者さんの血液、体温や脈を測定して体調の管理をしたり、注射や点滴など治療の補助をします。 患者さんが入院しているときは、身の回りのお世話もするので、体力がいるハードな仕事だと言えます。 最近では、看護師も専門性を求められることもあり、看護師の資格の種類もたくさんあるそうです。 何より大切なのは患者さんとのコミュニケーションです。担当の医者よりも看護師の方が患者さんと接する機会が多いので、患者さんから相談されることも多いでしょう。 患者さんとお話しながら、体調や症状の管理もしなくてはいけません。

看護師の平均年収

看護師と聞けば収入が安定していて、年収が高いイメージを持ちます。実際に看護師の年収はどのくらいなのでしょうか。看護師の働く場所は様々なので就業先によって変わってくると思いますが、平均してどのくらいなのでしょうか。 看護師の平均年収は、およそ300万から400万円前後だと言われています。 この数字を聞いて以外に思った方もいるかもしれません。看護師は医療関係の仕事で専門性も高いです。ましてや人の命に関わる仕事をしているので、もうちょっと高いイメージを持った人もいるのではないでしょうか。しかし、不景気の時代にこれだけの年収があれば、他の職業と比べて金銭面にゆとりがあるでしょう。

看護師の年収の幅

看護師の平均年収の話を上記で述べましたが、看護師といえど様々な分野があります。 就職先も色々とあるので、年収もそれぞれだと思われます。看護師も長く勤めていれば年収はアップするのでしょうか。短大や専門学校の卒業生と大卒では年収に差が出てきます。看護師の世界においてだけではありませんが、男女で年収に差は出てくるのか気になります。 看護師には資格をとって、より専門性の高い仕事を出来るようになる制度があります。認定看護師や専門看護師という看護師の種類がありますが、どのくらい年収が違うのでしょうか。 専門性が高くなるとそれだけ年収も高くなるイメージですが、実際のところはどうなんでしょうか。

新卒の看護師の年収

看護師になる資格も取得して、実際に働き出したときに年収はどのくらいなのでしょう。まだ働き出したばかりだし、そんなには貰えないのではないかと考えます。しかし、新卒看護師は平均して約320万円前後だと言われています。新卒で働き出したばかりなので年収が320万とは驚きです。他の職業と比べてみてもその差は100万ほどの差があると言われています。年収の数字を見て看護師を目指す人も多いのではないでしょうか。働き出したばかりなのに安定して高い給料が貰えるのです。月給にして考えてみても、他の仕事に比べて10万くらいの差が出てきます。月々の10万の差はかなり大きいと実感できます。

大卒の年収と短大、専門学校卒業性の年収

新卒の看護師の年収を見ましたが、看護師になるには大きく分けて、大学、短大、専門学校の3つのいずれかを卒業していないといけません。この3つそれぞれの卒業生だと年収に差が出てくるのでしょうか。大学が4年なのに対し、短大と専門学校は3年で卒業できます。また大学の方がより専門的に学べるので、大卒の方が年収がいいのではないかと考えられます。 短大と専門学校を卒業した人は差がそれほどないようです。大学を卒業した人の方が少し高い給料が貰えるのが現状です。短大・専門学校を卒業した人の年収は約320万前後で、大学を卒業した人の年収は340万前後だそうです。約20万くらいの差があります。月々にして考えるとそんなに差はないようです。

看護師の年収は年齢で違うのか

新卒でも年収が高い看護師ですが、長く働けば年収もアップするのでしょうか。年齢別での平均年収を詳しく見ていきましょう。20代のまだ経験が浅い25歳くらいまでだと、年収は約360万前後だと言われています。それでも高い年収ですね。5年以上経験を積むと年収はどう変化するのでしょうか。25歳から30歳までだと、約400万前後にまでアップします。30歳から40歳だと450万から500万近くまで平均年収がアップします。 年収が順調にアップしていくなんて何て良い仕事なんだと思った人も多いでしょう。 しかし、看護師という仕事は実は離職率も高い職業なのです。仕事内容のハードさから割とすぐにやめてしまう人もいます。5年以上続けるというのも大変はことだと言えるでしょう。

認定看護師の年収

看護師には認定看護師というものがあります。認定看護師になるには5年以上の実務経験が必要で、優秀な看護師が選抜されて教育施設に入ります。そして日本看護協会による認定審査を突破した人が認定看護師になれるのです。特定の専門において高度な技術と知識を持った看護師が認定看護師なのです。 認定看護師になると、より専門性が高い仕事もできるようになります。他の看護師と比べると責任が重くなるので、その分年収もアップするのではないかと考えられます。実際はどうなのでしょうか。 実際はあまり変わらないようです。働いている場所にもよるのですが若干高くはなるけどそれほど変わらないというのが現状です。月給に3,000円の手当がついたという人もいれば、20,000アップしたという人もいますので一概に年収がアップするとは言えないようです。

専門看護師の年収

専門看護師ではどうでしょうか。専門看護師とは、日本看護協会の専門看護師試験に合格しないとなれません。専門看護師と認定看護師とでは何が違うのでしょうか。目的は「複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた者」で両者とも同じです。一番の違いは専門看護師は「看護ケアのスペシャリスト」で、専門看護師は「臨床現場におけるエキスパート」という点です。 年収においても認定看護師と同じであまり変わらないというのが現状です。 苦労して専門看護師になったのに年収があまり変わらいとモチベーションが下がりますよね。 しかし専門看護師も認定看護師も需要は高いのです。欲しがっている医療機関に行けばそれなりに年収がアップする可能性もあります。

男性の看護師の年収

まだまだ女性が多い看護師の世界ですが、男性の看護師も増えて来ています。日本はまだ給料の面で男女で差を付ける企業が多いですが、看護師の世界においてはどうなんでしょうか。男女で年収の差はありません。元々は女性が多く活躍してた職業なので、男性だからという理由で年収が高くなることはないようです。 看護師の年収は高い方ではあるのですが、女性にとっては高収入なのは間違いないです。 男性にとっては高収入と言えるのでしょうか。男性が35歳になったときに、他の企業に勤めている人の年収が約500万くらいだそうです。それに比べて看護師の年収は470万くらいです。少し低いですね。しかし、サラリーマンは景気のよって年収も安定しません。看護師は景気の変化には影響がない分、安定して働けます。その点で見ても、男性にとって看護師は魅力的な職業であることに間違いないでしょう。

東京で働く看護師の年収

東京で働く看護師は年収は高いのでしょうか。東京だと日本の首都ですので最先端の病院があったり、地方に比べるとより専門性が求めらるイメージです。東京の看護師は平均年収はどのくらいなのでしょうか。 東京で働く看護師の平均年収は520万くらいだと言われています。他の地域と比べてみてどうなのでしょうか。東京は全国で3番目に看護師の平均収入が高いそうです。東京は物価も高いし給与が高いのは分かりますが、やはり最先端の病院もあるのでその専門知識が求められるということも考えられそうです。

他の地域の看護師の年収

東京で働く看護師の年収が他の地域に比べると高いことが分かりました。他の地域ではどのくらいの年収なのでしょうか。まず東京と同じくらいの年収の地域を見てみましょ。500万を超える地域は、関東だと神奈川県や千葉県、群馬県があります。一番高い年収の地域は意外にも京都府なのです。京都府で525万くらいの年収です。大阪や滋賀も500万前後くらいなので、関東や関西地域の年収が高いことが分かります。 逆に年収の低い地域はどこでしょうか。一番低い年収の地域は熊本県で年収400万と切って390万くらいです。その次が宮崎県です。鹿児島も400万くらいなので、九州エリアが年収が低い地域と言えるでしょう。 ただ九州は物価も安い為に、年収も低いことが考えられます。

看護師の年収は1,000万を超えることはできるのか

年収は高い方の看護師ですが、1,000万以上を稼ぐことは可能なのでしょうか。年収1,000万の職業は、医者やパイロットなどが思いつきます。パイロットと同じくらい稼ぐと考えても分野が違うの想像つきませんね。 医者は同じ医療関係の仕事ではありますが、医者の医療知識や技術は看護師よりも高度です。医者と同じくらい稼ぐとなると、同じくらいの知識や技術が必要に思えます。認定看護師や専門看護師は専門性が高いのですが、実際はそんなに年収に差がなかったことから考えるとやはり1,000万稼ぐのは無謀に近い用に思えます。 しかし看護師にも管理職があります。普通の会社では管理職につけば年収は間違いなくアップします。 看護師においてはどのくらい年収がアップするのでしょうか。

看護主任の年収

看護師管理職の一つに看護主任という役職があります。上には看護師長という役職があり。看護師長の補佐をする役割があります。病院全体の取り組みや方針を伝えたり、上司不在のときに代理業務を行います。 他には看護師が働きやすい環境を作るのも大事な役割です。上司と部下の架け橋になって部下の要望を上司に伝えたり、他のスタッフとも人間関係がうまくいくように間に入って調整したりします。 気になる年収ですが、400万から550万で他の看護師とあまり変わらないのが現状です。 管理職手当としてつくのは、10,000円前後だと言われています。看護主任の年収は、認定看護師と専門看護師と同じくらいだと言えます。

看護師長の年収

看護師長はどうでしょうか。看護師長は看護主任よりも立場が上になります。責任もそれだけ大きく、患者や家族のクレーム対応をしなければなりません。患者同士のトラブルであったり、患者と医師とのトラブルにも間に入って対応します。他にも所属部署の看護師や他のスタッフが働きやすいように環境を整え役割もあります。看護師のシフト管理も担当します。勤務表の作成から、シフトの変更や調整をします。それだけではなく働いている看護師の体調や心の状態も気にかけ、心身ともに働きやいk環境を作るように努めています。 年収は450万から650万と言われています。看護主任の年収に比べるとやはり高いですね。しかしその差も他の看護師とあまり変りません。管理職手当は大体20,000円前後くらいと言われています。 責任が重いのは間違いないのですが、それに対する手当が少し少ないようにも思えます。

総看護師長・看護部長

総看護師長・部長という役職はご存じですか?部署の最高責任者としての役割を任されています。看護師の人事を担当している場合もあり、職員採用や人員配置など任されることが多いです。年間目標や運営方針の方向性を決定する権限を持っていて、決定した目標や方針を病院の運営や計画に反映させることまでします。 あとは新人看護師の指導計画や計画にそって運営できるように予算確保もします。病院の経営の役割を果たすこともあるのです。 看護師の最高責任者なので年収にも期待してしまいますが、実際はどのくらいなのでしょうか。年収は何と、600万から1,000万です。ここにきて年収1,000万の可能性が出てきました。看護師の業務から人事や経営まで幅広く仕事をするので高い年収が支払われるのも納得ですね。

看護師管理職にキャリアアップ

看護部長のクラスになると何と年収1,000万も夢じゃない話なのです。病院の規模によっても年収は様々だとは思いますが、看護師であればキャリアアップして管理職に就きたいものですよね。 看護師の管理職に就く為にはどうすれば良いのでしょうか。 日本看護協会では看護管理者にも専門的な研修がいると考え、役職や経験に合わせた研修を行っています。研修は3段階に分かれていて「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」があります。それぞれの研修を受けることによって管理職に就くための知識を身に付けられます。

ファーストレベル

ファーストレベルでは主任クラスの知識が習得できます。研修内容は下記の通りです。 1.看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を身につける 2.看護を提供するための組織化ならびにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を身につける 3.組織的看護サービス提供上のいろいろな問題を客観的に分析する能力を高める 研修時間は150時間です。 ファーストレベル受けるには条件が要ります。 1.日本国の看護師免許を有する者。 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。 3.管理的業務に関心があり、管理的業務に従事することを期待されている者。 以上3つの条件を満たしている人が受講できます。

セカンドレベル

セカンドレベルでは看護師長クラスの知識が得られます。研修内容は下記になります。 1.第一線監督者または、中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を身につける 2.施設の理念ならびに看護部門の理念との整合性をはかりながら、担当部署の看護目標を設定し、その達成をめざして看護管理過程が展開できる能力を高める 研修時間は180分です。セカンドレベルを受講できる人の条件は下記の通りです。 1.日本国の看護師免許を有する者。 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。 3.認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。 または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。

サードレベル

最後にサードレベルです。サードレベルになると看護部長クラスの知識が習得できます。研修内容は下記の通りです。 1.社会が求めるヘルスケアサービスを提供するために看護の理念を掲げ、それを具現化するために必要な組織を構築し、運営していくことのできる能力を高める 2.看護事業を起業し運営するにあたって必要となる経営管理能力に関する知識・技術・態度を身につける 研修時間はセカンドレベルと同じ180分です。受講できる人の条件は下記の通りです。 1.日本国の看護師免許を有する者。 2.看護師免許を取得後、実務経験が通算5年以上ある者。 3.認定看護管理者教育課程セカンドレベルを修了している者。 または看護部長相当の職位にある者、もしくは副看護部長相当の職位に1年以上就いている者。

看護師管理職に求めらること

上記での課程を踏めば管理職になれる、という訳ではありません。管理職の仕事というのは年収が高い分、仕事内容もハードです。看護師の管理側になるということは、その人間性も見られるでしょう。 もちろん現場での十分な経験実績とリーダーシップが求められますし、看護師としての幅広い知識や高い技術力も必要です。調整力や管理力もないと難しいでしょう。 医療機関によって違いますが、認定看護師であるということも求められます。認定看護師と聞くとやることが増え、責任も重くなった割には年収が増えないということから、わざわざ認定看護師になろうという人もそんなにはいないのではないでしょうか。常に向上心を持ち、給与とは関係なく看護師の仕事を追及していく必要があります。

看護師の年収と公務員の年収

看護師の年収について詳しく見てきて景気に関係なく安定して高収入なことが分かりました。同じく公務員も高収入で安定しているイメージです。公務員と比較してどちらが年収が高いのでしょうか。 公務員と言っても職種が色々あります。例えば内閣総理大臣だと推定年収5,000万を超えます。公務員の中では一番高い年収ですね。都道府県の議会議員だと1,600万くらいだそうです。市区長村の議会議員だと推定年収は760万くらいです。高等学校教員も大体同じくらいで公務員の中だと年収は低い方です。しかし、看護師と比べると高いですね。ですが、看護師も経験を積んで管理職になれば年収600万から1,000万も夢ではありません。

その他の職業の年収との比較

その他の職業と比べてみましょう。大体看護師と同じくらい稼げる仕事はどんなものがあるでしょうか。 看護師の平均年収が300万から400万くらいなので、同じ平均年収の職業を探してみましょう。一級建築士が平均年収が450万前後と言われています。獣医師が490万前後、システムエンジニアも同じくらいの年収です。どの職種も専門性や技術力も高く、簡単にはなれなさそうですね。 では看護師はどうでしょうか。看護師に転職をする人が最近増えてきています。医療現場で働くので看護師になるのも難しいのではないでしょうか。

看護師になるには

看護師になるには、いくつかの方法があります。要は看護師国家試験に合格すれば看護師になれるのです。 しかし、看護師国家試験を受ける為には看護系の学校を3年以上通わないといけません。 正看護師ではなく准看護師であれば准看護学校に2年以上通っていれば、都道府県が実施する准看護師になる為の試験を受けて合格すれば大丈夫です。しかし准看護師は、将来的に廃止になる検討が進められています。 准看護学校も少なくなってきているので、正看護師を目指していかないと将来的に厳しくなっていくでしょう。

大学

看護系の大学を4年制です。短大や専門学校に比べると1年長いです。長く学ぶことが出来るので、より専門的に学習できます。学習内容も一般教養科目があるので、幅広い知識が習得できます。取得できる資格も多く、在学中に取る人が多いでしょう。取得できる資格は、下記の通りです。 ・看護師国家試験受験資格 ・保健師国家試験受験資格 ・助産師国家試験受験資格 (助産師課程がある大学において所定の科目を履修した場合) ・保健師資格を取得すれば申請により養護教諭二種免許が取得可能 卒業するには124単位を取る必要があります。学士の学位を取得できたり、大学院への進学も出来ます。 より専門的に学びたい人は大学へいくことをお勧めします。

短大

普通の短大は2年制のところが多いですが、看護系の短大は3年制です。大学よりも早く卒業ができるので早く就職したい人は短大の方が良いでしょう。大学が4年勉強できる分、短大は勉強できることの限りが出てきます。取得できる資格も大学に比べると少ないです。 下記が短大で取得できる資格です。 ・看護師国家試験受験資格 ・養護教諭二種免許が取得できる学校がある 以上の2種類のみです。短大から大学への編入も可能です。短大で卒業する為には93単位以上を取らないといけません。大学に比べると少ないですが、大学と同等の124単位を取得すると、大学評価が与えられます。大学と同じように学士の学位を取得できたり、大学院へ進学出来ます。

専門学校

看護系の専門学校は短大と同じで3年制です。取得できる資格も1種類のみになります。 ・看護師国家試験受験資格 (保健師・看護師統合カリキュラム校は、保健師国家試験受験資格も取得可能) 取得できる資格は少ないですが、大学や短大に比べて実践的な教育に重点をおいてます。現場での判断能力や即戦力を養いたい人にとっては専門学校の方が良いかもしれません。また編入学資格が取得できる学校もあります。その資格が取得できれば、大学への編入も短大と同じように可能です。また短大と同じように93単位と取れば卒業できるのですが、124単位を取得できれば学士の学位が取得出来たり、大学院への進学も出来ます。そして、学校によっては専門士の称号が与えらることもあります。

看護師国家試験

看護系の学校を卒業したら今度は国家試験に受からないといけません。看護師国家試験とはどんな試験なのでしょうか。試験科目は何と10種類もあります。 ・人体の構造と機能 ・疾病の成り立ちと回復の促進 ・社会保障制度と生活者の健康 ・基礎看護学 ・在宅看護論 ・成人看護学 ・老年看護学 ・小児看護学 ・母性看護学 ・精神看護学 この科目全てを1日で行います。何だか難しいそうな試験ですが、看護師国家試験の難易度はそんなに高くありません。専門性の高い職業ですから簡単には受からないだろうと思っている人もいるでしょう。しかし、合格率が90%なのです。3年以上学校に通って、ちゃんと学習していれば殆どの人が合格できるのです。

看護師へ転職希望

看護師の就職率は100%です。看護師の資格を持ってて希望すれば必ず看護師として働けるのです。看護師の年収も高いし景気に関係なく安定して働けるので、看護師になりたいと考える人も多いと思います。実際に看護師へ転職する人は増えています。看護師になる為には3年以上学校に通わないといけないので、働きながら稼ぐのは至難の業です。 しかし、上記で少し触れましたが、准看護師なら働きながら資格を取得することが可能です。准看護学校には定時制があるところが殆どなので、仕事をしながら通うことが出来ます。その後、2年通信制の正看護師になる為の課程を終えれば、正看護師への道が開けるのです。 しかし、上記で述べたように准看護師の制度が廃止へと向かっています。今現在、看護師になっている人達が職を失うということはありませんが、准看護学校の廃止が決定している地域もすでにあります。 働きながら看護師を目指すなら早めに行動しないといけません。

看護師になるまでにかかる費用

看護師になるまでにかかる費用を調べてみましょう。一番高いのが私立の4年制の看護系大学です。学費は500万以上にもなります。看護系の短大だと約300万くらいです。専門学校も同じくらいかかります。国公立の4年制の大学だとどうでしょうか。学費は200万くらいだそうです。3年制の専門学校もあります。学費は150万くらいです。一番安いのは国公立の専門学校のようですね。 働きながら看護師を目指す人はどうでしょうか。准看護学校の費用は100万から200万くらいだそうです。そして正看護師になる為の通信制の学費は100万弱かかります。 合わせると200万から300万くらいかかるということですね。

看護師になるまでにかかる時間

では看護師になるまでにどのくらいの時間が必要なのでしょうか。最短で考えると高校を卒業した後にすぐ、短大や専門学校に3年通ったあとに国家試験を受けてストレートに合格するコースですね。最短で3年で看護師になれます。高校卒業後に大学へ通うコースは大学が4年制である為、短大や専門学校に比べると時間がかかります。 では現在は違う仕事をしているけど看護師に転職したいと考えている人の場合はどうでしょうか。働きながら看護系の大学に通う人もいないことはないのですが、体力的な問題と時間的な問題でなかなか難しいでしょう。准看護学校の定時制に通い准看護師になってから正看護師を目指すという人が殆どだと思います。どうなるとどのくらいかかるのでしょう。 まず准看護学校は2年生ですが、定時制だと3年かけて通う人もいます。3年後に准看護師の試験にストレートで合格するとします。その後は正看護師になる為に2年の通信学習をするのですが、その前に7年の実務経験が必要です。トータルで考えると、約12年かかるということです。

看護師になった理由

現在、看護師として働いている人はどんな理由で看護師になりたいと思ったのでしょうか。 年収が高いのと安定して稼げるのは魅力的なので、それを理由に看護師になった人は多いと思います。 収入面に関してだけではなく、昔からの夢で看護師を目指したという人もいます。 自分が入院してたときに親切に対応してもらったことから、看護師という職業に憧れを持ったという人達もいるのです。 女性に関して言えば、結婚して出産した後にも職場復帰できることが魅力的だからという意見もあります。

看護師のメリット

看護師になって良かった点はなんでしょうか。 やはり収入面が大きいと思います。上記で述べた出産後にも働けるという環境もメリットでしょう。 看護師という職業は専門性も高く、人から感謝される仕事なので、やりがいを感じるという点も大きなメリットだと思います。

看護師のデメリット

では逆にデメリットとは何でしょうか。看護師には夜勤があります。就業時間も様々でサービス残業をすることもあるそうです。体調管理をしっかりしてないと自分が倒れてしまいます。看護師は人の命に関わる仕事です。それ故、責任が重くストレスを抱えがちです。精神的にも体力的にも決して楽な仕事ではないでしょう。

看護師を目指す前に

看護師の年収が高くて安定して稼げることや出産後も安心して働けるので、看護師の転職を考える人も多いと思います。しかし、看護師という仕事は決して楽な仕事ではありません。看護師になってもすぐに辞めてしまう人も多いのです。看護師がどういう仕事ちゃんと分かった上で、自分に向いているのかよく考える必要があるでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング