IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験の事務職への志望動機|未経験でも正社員は可能?

職種研究

未経験で事務職を目指すには、正しい方法が必要です。ここでは、望動機の例や自己PR文の書き方や例文、未経験で事務職を目指す場合は派遣社員と正社員、どちらをめざすと良いのかといったことの他、未経験で事務職を目指す場合におすすめの派遣会社について解説します。

更新日時:

事務職の種類

一口に事務職と言っても仕事の種類も多岐にわたります。 時間内で数多くののデータを入力することが必要なデータ入力を行う事務職から経理や営業からの見積りや顧客問い合わせの対応などを行う営業事務、他にも翻訳などの専門的知識を必要とする事務職までその種類は多岐にわたります。

データ入力

数字やアルファベットの入力作業を中心に行うのがデータ入力の事務職です。ブラインドタッチやテンキーでの早い入力スキルがあった方が仕事には有利ですが、入力の規則などを覚えてしまえば、未経験でも短時間で仕事の流れを覚えることが可能です。 データ入力と出力してのチェックを行う場合もありますが、必要なスキルは間違いが無く 入力をできることが一番大切になります。処理のスピードに関しては業務をこなして行く中で徐々に上がってゆくので、周りとの比較をしてプレッシャーに感じてしまわないことが仕事を長く続けるコツでしょう。 基本は一日中のほとんどを座っての仕事になります。パソコンと書類を見続けて仕事をすることになるので、可能でれば適度に休憩をとりつつ仕事を進めるのが大切です。

一般事務

データ入力や文書作成と言った仕事の他に、電話や受付・来客への応対、メールへの対応などオフィスでの業務全般に拘る必要があるのが一般事務の仕事です。 少人数の会社や営業所などではオフィスの備品の管理やダイレクトメールの発送などの他にも銀行の入金業務はや小口現金の精算業務など、総務や庶務的な業務を行う場合もありますし、

営業事務

営業の補佐役として、見積もりや納品書などの書類作成、営業リストやプレゼン資料の作成補助など、営業が外回りに専念できる様にオフィスワーク全般のサポートを行うのが営業事務の仕事です。 一般事務と大きく違うのは仕事の内容について通常の事務よりも精通している必要がある事でしょう。営業担当に連絡がつかない場合には変わって顧客からの電話やメールなどでの問い合わせに対応することもあります。顧客応対で臨機応変な対応が求められる場合もあり、未経験の場合、一般事務に比べて少し専門性が高い事務職と言えるでしょう。

専門的事務

専門的事務職とは総務や経理、外国語を駆使しての専門的な対応をすることが必要になります。語学力や経理の知識など専門的なスキルが必要とされる事務職ですので、未経験の転職にとり、一般事務やデータ入力の事務職と比べてハードルが高い職種であると言えます。仕事は実務を通して覚えることが可能ですが、より仕事のスキルを上げたいのであれば、資格を取得するのも良いでしょう。

事務職が未経験の場合の志望動機

事務職が未経験の場合に必要なことは、今までの経験や持っている資格など、事務職の現場でも役立つスキルや経験を、わかりやすく述べながら、なぜ事務職を志望したのか、どのような仕事をしたいのか、将来どの様に働いて行きたいのか…などを自分の原状に合わせてアピールする必要があります。 また、未経験の転職には、事務職が全く未経験の場合の他、他の業界の事務職への転職や一般事務から営業事務へといった場合も含まれます。業界や働き方が違えば同じ事務職でも仕事が全く違ってくる場合も少なくないからです。 ここでは3つの未経験の場合の志望動機を例にあげて開設します。一つ目は事務職の経験がある場合の志望動機、二つ目は事務職の経験はないが、資格をとり終章を目指す場合、三つ目は事務職以外就職経験があり、資格をこれから取ろうと考えている場合です。

事務職経験あり、未経験職種での応募

前職では貿易会社の一般事務職をしておりました。今回御社で新たな営業拠点を開設し、営業サポートの事務職を募集していると言う事を知り、前職での経験を活かして働けると考えました。営業事務は未経験ですが、前職の経験を活かしてお役に立ちたいと考えてます。

社会経験なし、資格あり 事務職未経験

前職では事務職とは違うコンビニエンスストアのアルバイトで働いておりました。前職のアルバイトでは売上数字を扱う機会もあり、経理事務の職業を目指そうと考えました。事務職は未経験ですが、 仕事に少しでも役立てたいと思い、日商簿記の3級資格を取得して更に上級の資格を目指して勉強しています。早く現場での仕事を覚えて、御社の戦力の一員となりたいと考えております。

社会経験あり、資格なし 事務職未経験

前職はアパレル関係の会社で店長業務を任されておりました。売り上げ計画の立案と実行など店長としてやりがいもありましたが、数字を扱うより専門的な仕事をしてみたいと考え経理事務への転職を考える様になりました。 経理事務は未経験ですが、前職の経験を活かして御社のお役に立てればと思います。また、経理に関する勉強は必要だと考えましたので、仕事に役立てるために簿記資格の勉強を始めました。

事務職にあった方が良いスキルや資格

事務職の面接では経験があることが一番重視されますが、未経験の転職の場合、各種の資格を持っていることは婦プラスになります。関わる業務が専門的になればなるほど、予備知識として資格の勉強をしておくことは大切になってくるでしょう。 まず出来るようになっておきたいことはパソコン関係のスキルです。エクセルやワードといったオフィス業務で使われることの多いソフトについて操作方法を知っておくと良いでしょう。また、書類作成やデータ入力のスピードや正確さを上げることが必要なので、パソコンの操作が未経験でもブラインドタッチを少しずつできる様に練習しておくことも役に立ちます。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSはオフィスでの必須ソフトであるエクセルやワード・パワーポイントなどのソフト会社であるマイクロソフトが実施しているパソコン技能の検定試験です。民間の資格でありながら世界150カ国以上で実施されており、国際的にも通用する資格と言えるでしょう。エクセルやワードなどの機能や操作知識を学ぶことができます。

日商PC検定

日商簿記などの資格試験を運営する日本商工会議所が実施しているのが、この日商PC検定です。エクセルやワードの最低限の機能を使用して、ビジネスの現場で使われる書類作成についての知識と実務を学ぶことができます。実際の試験でも書類の作成課題が出題されます。書類作成の経験がない場合にはより実践に即した資格試験だと言えるでしょう。

秘書検定

秘書というと、社長のスケジュール管理などを行うイメージがありますが、秘書検定ではビジネスの現場で必要とされるマナーや立ち振る舞いなど、オフィスで働く際に必要な作法について学ぶことができます。接客や受付など来客者の対応もする場面が多い事務職の場合には身につけておきたいスキルだと言えます。

ブラインドタッチ

ブラインドタッチは資格ではありませんが、パソコンを使う上では必要なスキルです。事務職ではデータ入力や書類の作成を効率よく行う必要があるためにキーボードやテンキーになどを使い、 手元を見ないで入力ができるブラインドタッチができることが仕事の効率を上げる大きな要素となるからです。 ローマ字入力などの指の運びを体に覚え込ませることが必要になりますが、反復練習を行うことが上達への近道です。未経験でも勉強しやすい様に有料ソフトなども販売されていますが、インターネット上でもブラインドタッチの無料の練習サイトなどがありますのでそういったものを利用すると良いでしょう。

専門分野で変わって来る資格

事務職は様々な業界で必要とされています。未経験であっても、目指す業界ややりたい仕事が絞れているのであればその業界に沿った資格を取得するのも良いのではないでしょうか。例えば経理事務を目指すのであれば、簿記検定や外資系の企業や取引先が海外の企業での事務職を目指すのであれば英検やTOEICなどの英語検定の資格が必要です。 また病院や薬局、介護関係などの医療関係であれば医療事務の各種資格が、不動産業であれば事務所で顧客への契約書の重要事項説明の際に必須である宅地建物取引士の取得を目指してみるのも良いのではないでしょうか。未経験の就職に役立つはずです。

資格の勉強方法

未経験で事務職を目指すには資格の勉強もプラスになりますが、勉強方法は独学で行う方法の他、学校に通う方法や、自学で通信教育を受講する方法などがあります。自分の状況により最適な方法を使い分けることで、効率よく資格取得の勉強をすすめることが可能です。

独学での勉強

教科書や参考書、過去の問題集、予想問題集などを使い勉強するスタイルです。 自分の生活やスケジュールに合わせて勉強の時間自由に取ることができるという 点がメリットです。資格取得の勉強を始めるにあたっては、どのようなものかまずは独学 から始めても良いかもしれませんね。ただ一人で勉強するため、モチベーションを保ち辛いというデメリットがあります

スクールに通っての勉強

資格専門学校などのスクールに通う方法も勉強のひとつです。同じ目的を持って勉強する仲間が周りにいるのでモチベーションアップにも役立ちます。また、わからない点を講師に直接質問できる点や資格受験の生情報などを周りの受講生達と交換できるでもメリットの一つです。カリキュラムの設定により、時間の制約を受けてしまうのがデメリットです。

通信教育での学習

独学での学習と同様に時間に融通が利くのが通信教育による時効です。回数制限はありますが、担当講師に分からない点などの質問お手紙はメールで送ることもできます。自宅での学習なので、しっかりと時間を管理することが必要なこと、モチベーションを保つようにすることが必要になります。

資格取得の補助制度

資格を取得するには様々な補助制度があります。雇用保険の受給者を対象とした職業訓練制度や通学や通信教育の受講などで資格取得の勉強をする場合に教育訓練給付金制度など、様々なバックアップ制度が用意されています。 中には仕事に通いながら学べる制度もありますので、転職を考え始めた時だけでなく、転職した後でも自分の知識やスキルの向上を目指すことができるので、活用してみて下さい。

未経験での自己PRの書き方と例文

自己PRの目的は企業に自分の良い所をアピールするためのでは、ありません。自分の中のスキルや経験が仕事を通じて企業の役に立つのかをわかりやすくまとめることが必要です。 企業が事務職に求めることは仕事の正確性、早さや計画的に仕事を進めることができるかです。資格についてPRすることで、真面目さ、几帳面さ、努力家…といった仕事を学ぶ上で大切な資質をアピールすることが可能です。他にも、会社の中で仕事を進めることが多いため、コミュニケーション力についても重要視されるでしょう。

未経験での転職、自己PRの例文

以前はコンビニエンスストアで3年ほどアルバイトをしておりました。経験年数が長いため、売上集計などの補助業務を任されることもありました。接客をしながら集計業務をしなければならないこともあり、仕事を早く進めることが必要でしたが、売上の集計は仕入れにも影響してくることでしたので、同時に集計を正確に行うことが必要でした。 アルバイトではありましたが、数字を扱うことの大切さや緊張感を学ぶことができました。経理職は未経験ですが、数字を扱う基本知識を身に付ける必要があると考え、計画を立て、3ヶ月で日商簿記3級を取得いたしました。今後はさらに上級の資格を取るための勉強もすすめようと考えています。 経理事務の現場で一日も早く実務を覚えたいと考えております。

未経験で正社員は可能?派遣の転職が良い?

事務職が未経験であってもデータ入力などで正社員を募集している場合はパソコン操作のスキルがあれば、正社員への就職も不可能ではないでしょう。データ入力などのアルバイトを募集している会社も珍しくありません。そうした場面で経験を積み、簿記などの資格を勉強するなどして、知識を蓄えるなど、順を追って経験やスキルを積み重ねていけば正社員になることも可能ではないでしょうか?

派遣のメリット

派遣社員として事務で働くメリットは働いた分だけ給料が支給されるということの他、一定の期間だけの就業ですので、職場に人間関係の悩まされることが少ないこともメリットの一つです。また、正社員への就職活動が上手くいかない場合に、派遣で色々な会社で働くことで見聞を広めつつ、スキルを磨くことで就職の際に即戦力として経験をアピールすることもできるでしょう。

派遣の仕事の選び方

派遣の仕事はスキルがないと厳しい、ハードルが高い…などと思っていませんか?確かにスキルの高さを要求される時給の高い仕事が存在するのも確かですが、例え未経験であっても仕事の選び方で派遣社員として仕事をすることが可能です。

未経験で事務職を始めるのにおすすめの派遣会社

未経験で事務職を始める場合には、良い派遣会社を選ぶことが重要です。取引先が大手で安心できることはもちろんですが、応募条件が未経験でもOKであり、未経験の人に相談やスキルアップなどのバックアップがしっかりしていることが重要です。ここでは未経験でも安心な大手の人材派遣会社を選んで見ました。

スタッフサービス

47都道府県に拠点がある人材派遣会社です。時給は割と高めに設定されていることも多く人気が高い派遣会社の一つです。未経験でも安心なエクセルやワードが学べる無料のビジネススクールが開設されており、応募前にスキルアップをすることができます。社会保険や有給休暇、健康診断などの福利厚生も提供しています。

リクルートスタッフィング

リクルートグループの運営する派遣会社で取引先も大手企業が多数あります。業界ごとの専門のコーディネーターに相談して仕事を探すことができるのもうれしいところです。教育制度に関しては自宅で学べるエクセルやワードのプログラムや資格取得支援制度など充実しています。

テンプスタッフ

40年近い歴史を持つ派遣会社で全国258の拠点があり、登録者へのサポート体制も整っています。自宅や最寄りのオフィスで学習やトレーニングを行うことが可能で、経理や人事などの事務職に特価したスキルアップのための支援講座も容易しています。またスポーツクラブやショッピング、カルチャーセンターなど、仕事以外の場でのサービスや特典も魅力です。

派遣会社のサービスの活用

各人材派遣会社とも、派遣するスタッフのスキルアッププログラムを各種用意しています。未経験で応募する場合、少しでもスキルアップをしておくことは派遣先での仕事に役立ちます。 無料の講座もあるので、事務業界もOA関係も未経験の場合は、こうしたサービスを利用して勉強を始めたり、資格取得を目指してみても良いでしょう。また、志望職種や経験の度合いなどに応じて業界専門の担当者などに相談にのってもらえるのも心強いと言えるでしょう。

事務職に必要なこと

事務職全般に必要なことはオフィスでの仕事が業務のメインなので、仕事がスムーズに進められる様に周りとコミュニケーションをとることができたり、周りに気配りができることも大切なスキルであると言えるでしょう。

事務職の仕事で気をつけること

事務職は一日中座っての仕事になるので、目や肩・腰などの負担がかかることも多く、眼精疲労、肩のこり、腰の痛みと言ったことの悩まされる人も少なくありません。また、夏場などでは冷房による体の冷えや体調不良について気をつける必要があります。仕事を長く続けるためには、体調を崩さない様に、自分なりに気をつける必要があります。

自分に合った転職を

未経験での事務職への挑戦であっても、データ入力など、難易度の優しいものから営業事務、経理事務など交渉力や専門的な知識が必要な事務職へとステップアップして行くことが可能です。いきなり正社員を目指すのではなく、派遣社員でオフィスワークの経験とスキルを積み希望の事務職で必要な資格なども取得することで正社員への道も開けて来るのではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング