IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーターと正社員の違い|生涯賃金の差・正社員への転職方法

社会人常識

現在、働き方は多様化しており、さまざまな働き方をすることができます。特に、フリーターや正社員として働く方が多いと思いますが、2つの働き方の違いとは、どのような点にあるのでしょうか?このページでは、フリーターと正社員をテーマに、さまざまな情報をまとめています。

更新日時:

フリーターと正社員の違いとは?待遇の違いや生涯賃金の差

現代社会では、働き方やライフスタイルが多様化しており、いろいろな人生を送ることができます。 フリーターとして自由に働くこともできれば、正社員として安定した社会人生活を送るという選択肢もあり、生き方の選択肢は大幅に広がっていると言えるでしょう。 そこで今回は、「フリーターと正社員」をテーマにして、フリーターと正社員の違いや、生涯賃金の差などをご紹介していきます。

フリーターと正社員の違い

早速ですが、フリーターと正社員の違いについて、比較していきたいと思います。 フリーターと正社員の、働く上での待遇の違いや、社会人としての生活の違いなどをご紹介していきます。

自由や責任

フリーターと正社員の大きな違いとして、自由な時間の有無や責任の大きさが挙げられます。 フリーターの場合は、好きなシフトや勤務時間で働けることが多く、自由な時間やプライベートを優先した働き方をすることができます。 社会人として働きながらも、やりたいことに挑戦したり、家族との時間を大切にしたりすることが可能です。 一方で正社員の場合は、フリーターのように好きな時間に働くということは難しくなります。契約に従って、基本的にはフルタイムで働かなくてはならず、時には残業や休日出勤をしなければならないこともあります。 このような点から、正社員はフリーターと比較して、自由な時間が少ないと言えるでしょう。 また、フリーターと比較すると、正社員の方が大きな責任を背負っています。正社員は、仕事をミスしたり、急に欠勤になったりした場合、その分を取り戻さなければならないことがあります。 しかしフリーターの場合は、規約などにもよりますが、欠勤をしても正社員ほど問題にならないことが多いようです。 このように、責任という観点から考えても、フリーターの方が正社員よりも自由な存在だと言えるでしょう。

福利厚生や待遇

続いて、福利厚生や待遇といった観点で、フリーターと正社員を比較してみましょう。 フリーターの場合、パートやアルバイトとして働くことがほとんどだと思いますが、会社の福利厚生を受けられない可能性があります。 また、福利厚生が適用されても、一部だけであったり、正社員が受けられるものと異なったりすることが多いようです。 一方で正社員の場合は、ほとんどのケースで福利厚生をしっかり受けることができます。福利厚生の内容などは、企業の方針によって異なりますが、福利厚生をフルに活用することで、金銭的にかなり得をしたり、快適に働けたりします。 福利厚生をしっかり受けられたり、良い待遇で働けたりするという点から見ると、正社員の方がフリーターよりも、働きやすいと言えそうですね。

社会的な信用

また、フリーターと正社員の違いとして、社会的な信用もその1つと言えるでしょう。 フリーターだからといって、その人間性などが信用できないということはありませんが、ローンや契約などの際には、形式的に正社員の方が信用されやすい傾向にあります。 フリーターの場合は、収入や責任の面から、社会的な信用はあまり高いとは言えません。 その為、ローンなどにおける信用性としては、正社員の方が有利だと言えるでしょう。

フリーターと正社員の生涯賃金の違い

上記で、フリーターと正社員の違いについてご紹介しましたが、両者の違いはまだまだ存在します。 特に、生涯賃金の違いは大きいと言われている為、ここでは両者の生涯賃金の違いについて、更に掘り下げて考えていきたいと思います。 「ハタラクティブ」に掲載されているデータによると、フリーターの生涯賃金は男女共に、6000万円(※1)前後とされています。 一方で正社員の場合は、学歴によっても生涯賃金は大きく異なりますが、フリーターの生涯賃金よりも高額であることが多いようです。 例えば、高卒や短大卒の正社員の場合は、男性が2憶4000万円(※1)、女性が1憶8000万円(※1)程だそうです。 また、大卒の正社員であれば、男性が2憶8000万円(※1)、女性が2憶4000万円(※1)となっています。 正社員の場合、男女の間で金額に差がありますが、いずれもフリーターの生涯賃金を大きく上回っています。 生涯賃金という観点でフリーターと正社員を比較すると、収入としては正社員の方が圧倒的に安定していると言えるでしょう。

フリーターから正社員を目指す場合の転職方法

上記でご紹介したように、フリーターは自由な時間が多い反面、正社員と比較すると収入が不安定であったり、受けられる福利厚生が限定されていたりする可能性があります。 このような背景から、フリーターとしての生活を脱出して、正社員になりたいという方も多いと思います。 そこで、続いてはフリーターから正社員を目指す方法についてご紹介していきます。

ハローワークを利用する

フリーターから正社員を目指すのであれば、まずは正社員の求人情報などに応募をして、転職・求職活動をする必要があります。 正社員の求人情報の探し方の1つとして、おすすめしたいのが、ハローワークの利用です。 ハローワークでは、さまざまな求人情報を取り扱っており、パソコンなどで閲覧することができるようになっています。 また、ハローワークの職員に相談などをすることもでき、気になる求人情報について詳しく調べてもらえたり、求職活動のポイントなどについて教えてもらえたりもします。 このように、ハローワークは、フリーターから正社員を目指すのに役立つ情報やサポートがたくさんあるので、求職活動に慣れていない方などは、まずはハローワークを利用してみてはいかがでしょうか?

民間の転職サービスを利用する

「ハローワークへ行くのは、敷居が高い」「ハローワークへ行く時間がない」という方は、民間の転職サービスを利用することをおすすめします。 最新の求人情報が随時更新されて掲載されるので、気軽に最新の求人情報をチェックすることができます。 簡単な登録を済ませれば無料で利用できるサービスも多数あるので、民間の転職サービスは、いつでもどこでも、好きな時に好きな場所で利用することが可能です。 アルバイトやパートが忙しくてなかなか転職活動を始められないという方や、正社員になりたいけれどその為の第一歩をなかなか踏み出せないという方は、まじは民間の転職サービスを利用してみると良いかもしれませんね。

アルバイト・パートとして働いている職場で正社員を目指す

上記でご紹介した2つの方法は、求人情報を元に正社員として内定がもらえるよう、求職活動をするというものでしたが、現在アルバイトやパートとして働いている職場で、正社員を目指してみるのも、フリーターから正社員になる方法の1つです。 職場や職種、また契約内容などにもよりますが、企業の中には、アルバイトやパートから正社員に登用する制度を導入している場合もあります。 そのような制度では、必ず正社員になれる訳ではありませんが、アルバイトやパートとして長年勤めていたり、仕事で確かな業績を残せたりすると、正社員として採用してもらえる可能性もあります。 働き慣れた職場や仕事で、正社員としての生活を送っていきたいという方で、上記のようなチャンスがある場合は、正社員を目指して挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

フリーターから正社員になる為の面接ポイント

「正社員として働きたい!」と思える企業や職場、求人情報を見つけたら、応募をして選考を受けるというのが一般的な就職活動の流れです。 しかし、そこで問題となってくるのが、面接です。新卒ではなく、フリーターから正社員を目指すとなると、面接の段階で「なぜフリーターをしていたのか」といった質問をされることがあります。 企業としては、フリーターを採用したくないと思っているわけではないものの、なぜフリーターをしていたか、またフリーターとして働いていて何を学んだのかといった点に興味を持つことが多いようです。 上記のような質問に備えて、今までフリーターとして働いていた理由を面接官に尋ねられても、相手を納得させられるような理由を考えておくことをおすすめします。 また、これまでアルバイトやパートで培ってきた経験や知識が、志望企業や業務に対して、どういかせるのかも説明できるようにしておきましょう。

フリーターと正社員、どちらにもメリットがある

いかがでしたでしょうか?今回は、「フリーターと正社員」に注目して、それぞれの働き方を比較したり、生涯賃金の差をご紹介したりしました。 収入面や生活について考えると、フリーターよりも正社員として働く方が、安定していると言えます。 しかし、オフやプライべートという観点では、フリーターの方が自由に動けるというメリットがあります。 フリーターと正社員、それぞれの働き方に、メリットとデメリットがあります。自分に合った働き方はどちらなのかよく見極め、自分らしい人生を送れるように考えることが大切です。

※1:6000万円・2憶4000万円・1憶8000万円・2憶8000万円・2憶4000万円

関連タグ

アクセスランキング